Search

検索したいワードを入力してください

アイフルに落ちる理由とは?勤続年数が審査に与える影響を解説

初回公開日:2019年01月25日

更新日:2019年11月27日

記載されている内容は2019年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アイフルの審査において「勤続年数」はとても重要な項目です。本記事ではこの勤続年数がどのようにアイフルの審査に影響を与えるのかを解説します。また、どうすれば勤続年数が短くてもアイフルの審査に通過しやすくなるかポイントもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

アイフルは、自動契約機「てまいらず」やインターネットから簡単に申し込みをすることができる大手消費者金融の一つです。

アイフルの審査に申し込む際は、勤続年数は長い方が有利と言われており、短くても勤続年数が6ヶ月以上あるとよいと言われています。

この記事では、審査で勤続年数が見られる理由や勤続年数が短い人でも審査に通過しやすくするためのポイントを紹介します。

アイフルの審査で返済能力を判断する8項目

審査基準の項目
①年収
②職業
③雇用形態
④勤続年数
⑤住宅ローンの有無
⑥他社の借入残高
⑦他社の借入件数
⑧延滞情報

アイフルで行われる審査は、基本的に上記のような項目を参考にして判断を行います。この項目からわかることは収入と支出です。現在の収入やそこから支払われる金額の情報をもとに返済能力の有無を判断します。

審査の仕方としてはこれらの項目を総合的にみて行います。ですので、勤続年数が短くても他の項目がよければそれだけ審査通過率が高まります。

以下の記事では、アイフルの審査基準に関して詳しく説明しています。

アイフルの審査で勤続年数が見られる理由とは

色々ある項目の中で、「勤続年数」が判断基準としてある理由はなんなのでしょうか。

勤続年数とは、「一つの会社で勤務している期間」のこと。これによってその人の収入が安定しているかどうかを見極めることができます。

「収入の項目があるから勤続年数はいらないのでは」と考える人もいますが、勤続年数が短くてもボーナスなどで一時的に収入が増えることもあるので、収入の項目だけではその人の収入が安定しているかどうかを判断することができません。

このことから、アイフルでは勤続年数が長ければそれだけ収入が安定している可能性があるとして審査を進めます。

アイフルの審査に与える影響を期間ごとにチェック

中には「消費者金融を利用したいけど入社してから間もないから審査に通るか不安」「いつから勤続年数が長いと判断されるのかわからない」と不安に感じる方も多くいることでしょう。

そこで次では、アイフルの審査に与える影響を期間ごとにチェックしていきます。

勤続年数1ヶ月未満

新卒で入社してすぐ、もしくは1ヶ月未満である場合はアイフルの審査に通る難易度は高いと言えるでしょう。

1ヶ月未満であれば、まだその会社から給料が出ていない時期ですし、今後いくらの収入が入るかもわからないので借り入れ額の上限に関しても正確な判断ができません。

アイフルとしても、今後しっかりとした収入があって返済能力があるかどうかを見極められないので、お金を貸すことに高いリスクがあります。

最低でも入社してから3ヶ月たってから申し込みをするようにしましょう。

勤続年数6ヶ月

勤続年数が6ヵ月の場合は、「安定した収入がある」と認められる可能性が高くなります。また6ヶ月の場合に見られる点としては、今後同じ会社でどれだけ勤務をするのかという点です。

なるべく早くアイフルを利用したい人でも、最低6ヶ月勤務をしてから審査を受けましょう。

勤続年数1年

勤続年数が1年ある方はアイフルの審査に問題なく通ると考えても良いでしょう。

銀行系カードローンであれば最低1年勤務していなければ利用することができませんが、消費者金融であるアイフルでは1年あればいい評価を受けることができます。

勤続年数3年以上

勤続年数が3年以上なのであれば勤続年数としての評価は高くなります。これぐらいの勤続年数であれば今すぐ申し込んでも問題ない評価と言えます。

3年も経てば年収も上がり、総量規制で借りれないということはあまりなく、ある程度の信用もついてくる時期です。審査項目全体で高く評価される可能性も十分あります。

アイフルの審査に勤続年数の短い人が通過するためのポイント

ここまで読んで「勤続年数が低いからアイフルは諦めよう」と考えている方もいることでしょう。ですが安心してください、次では勤続年数の低い人が審査に通るポイントについて解説していきます。

借入希望額を少額にする

アイフルが勤続年数の低い人に融資をしないのは「お金を返済してもらえない可能性」があるからです。

勤続年数の短い人が多額の借入を申し込んでも、安定した収入があると見込まれないため審査に通すことができません。

ですので、上記の年数を参考にして「自分は融資をしてくれる可能性が低い」と感じたら、まずは10万円前後の少額で申し込みをして見ましょう。そうすることでアイフルのリスクも少なくなり貸付を行なってくれる可能性が高まります。

借入先をひとつにする

もしアイフルだけではなく他のところからも借入を行なっているのであれば、借入先をひとつに絞るようにしましょう。別の金融の審査に落ちてしまえばそれだけ信用情報の評判が下がってしまい「返済能力がない」と判断されてしまうからです。

他社からの借り入れを3社以内にする

アイフルの審査に申し込む前にすでに他社から借り入れをしているをしている場合は、そこも審査の対象となります。

特に3社以上借り入れをしている場合、返済がアイフル以外にもあると踏み倒される可能性があるため、アイフル側も審査に慎重になります。

ただでさえ、年収の不明確な勤続年数の短い人がアイフルの審査に通過しやすくなるためには、他社からの借り入れは少なければ少ないほど好印象だと言えるでしょう。

他社からの借り入れ状況の点において審査に不安があるのであれば、下の記事を参考にして対策をしましょう。

銀行よりも前向きな消費者金融カードローンを選ぶ

この記事の冒頭でも紹介しましたように、消費者金融系のカードローンは、審査項目として挙げられる8つの項目を総合的に評価します。そのため、勤続年数が短くても他の項目で評価が高ければ、審査に通過する可能性があります。

また、学生や主婦に対しては融資を断るところもある銀行系カードローンに対して、アイフルやプロミスなどの消費者金融系カードローンの多くはパート・アルバイトでも収入があれば審査を受けることができるので、より柔軟といえるでしょう。

学生や主婦の方でカードローンの利用を考えている人は以下の記事も参考にしてみましょう。

新卒の場合

新卒の方で「6ヶ月以内にどうしてもカードローンを利用したい」と考えている方は最低でも2回目の給料日までは待ちましょう。初めての給料だけでは、その人の収入を見極めることができませんが、2回目以降であれば今後の収入もある程度予想することができます。

転職の場合

転職先での勤続年数が低い場合は、アイフル申し込みの際に前職の給与明細を要求される場合があります。また現職の給料明細を合わせて提出することで前職よりも年収が上がったことを証明できれば、評価としては十分に上がることがあります。

アイフルの審査で勤続年数の嘘がバレるパターン

申し込みをする人の中には、審査に通るために勤続年数を誤魔化す人もいます。しかし、アイフルではちゃんと入力した情報が正しいかを確認します。つまり、嘘は通用しません。

また、嘘の情報だとわかれば審査に落ちる可能性は急激に高まりますし、最悪の場合「詐欺行為」として扱われ警察沙汰になることもあります。

クレジットカードなどの契約情報から勤続年数がバレる

基本的には審査を行う際は、申込者の情報が本当かどうかを確かめるための作業が入ります。クレジットカードの申し込み日・契約日」や「利用履歴」などを見られれば、申込者の様々な情報を割り出すことができます。

勤続年数に関しても本人の情報が正しいか見極めることができますので嘘がばれてしまいます。

在籍確認で勤続年数がバレる

カードローンの審査には「在籍確認」という作業が必ず入ります。「在籍確認」とは、申込者が本当に入力した会社に勤務しているか電話をかけて確認する作業のことを言います。直接勤務先に確認を行うので勤務に関しての嘘はすぐにバレてしまいます。

また、たとえ嘘をつくつもりでなくても「前職の勤務先」入力してしまうといった事例もありますので、そのようなことがないようにしっかりと確認をしておきましょう。

健康保険証、源泉徴収票から勤続年数がバレる

健康保険証や源泉徴収票の交付年月を確認すれば勤続年数がバレます。交付日と申請時に申告した勤続年数から勤続年数を推定できるからです。

前職で手に入れた源泉徴収票を使って申請しても在籍確認をした際にバレてしまうので、絶対にやめましょう。

アイフルの審査で嘘がバレたらどうなる?

アイフルの審査で嘘の申告をした場合は、ほぼ間違いなくバレるといっても過言ではないでしょう。審査の担当者は、申し込み内容が正しい情報かすみずみまでチェックしています。

虚偽の記載があった場合、審査に通らないのはもちろん下記のような対処が行われます。

審査に落ちてしまう

審査中に嘘の申告が発覚した場合、審査が打ち切りとなり、当然ですが審査落ちとなります。嘘の記載がなければ審査に通っていた可能性もありますので、非常にもったいないといえます。

また虚偽の申告があったことは社内で記録されてしまいますので、今後アイフルにカードローンの申し込みをしても、審査に通る可能性は非常に低くなるでしょう。

審査後に逮捕の可能性も

審査が終わったあとに虚偽の申告が発覚した場合、強制退会となってしまう可能性が高く、また一括での返済を求められます。このような場合、一括での返済が難しい状況だったとしても分割での返済はほぼできないでしょう。

一括での返済ができないと無視をし続けた場合、裁判となってしまいます。最悪の場合、財産の差し押さえもありえます。

また、嘘をついてアイフルからお金をだまし取ったということになりますので、「詐欺罪」や「詐欺未遂罪」に問われることもあります。ですので、絶対に虚偽の申告をすることはやめましょう。

アイフルは勤続年数が短くても審査に通るチャンスはある

いかがでしたでしょうか。勤続年数が長ければ長いほど「安定した収入が見込める」としてアイフルの審査に通りやすくなります。ただ、勤続年数が低いからといって絶対にアイフルを利用できないというわけではありません。

借入額を少額に抑えたり、転職をしたばかりの人は前職の給料明細を提出することで、問題なくアイフルを利用できたという口コミを聞くこともあります。

上記で紹介した審査項目を参考に、アイフルへの申し込みを検討して見ましょう。

初めての利用におすすめなのはアイフル!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1時間で振り込み

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事