Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月05日

アイフルの返済方法一覧とメリット・デメリット|返済が遅れた場合

急にまとまったお金が必要になったり、予定外の出費が重なったりすることはよくあります。このような場合に、アイフルを利用する人もいます。では、アイフルではどのようにすればキャッシングを受けることができ、どのような返済方法があるのでしょうか。

アイフルの返済方法とは?

急にまとまったお金が必要になったり、予定外の出費が重なったりすることはよくあります。そのようなときに手持ちのお金がなかったり、なくなってしまったりすることもよくあります。

このような場合に、アイフルなどのキャッシングを利用する人もいます。しかし、キャッシングを今までに利用したことがない人は、利用の仕方がわからなかったり、返済に対して不安を持ってしまうこともあります。

では、アイフルではどのようにすればキャッシングを受けることができ、どのような返済方法があるのでしょうか?

アイフルに即日融資希望で申し込む

アイフルでの借入

アイフルに返済するということは、アイフルから借入をしているということになります。では、今までにアイフルから借入を行ったことがない人はどのようにすればアイフルから借入をすることができるのでしょうか。

ATMからの借入

アイフルでは不動産担保ローンでない限りは、店舗での融資を行っていません。そのため、アイフルのカードローンの場合を李利用する場合は主にATMを使うことになります。ATMはアイフルのATM以外でも、コンビニや銀行などの提携ATMを使うことができます。

審査は最短で30分です。しかし、あくまでも最短なのでもう少し時間がかかると思っておいた方が良いでしょう。

ネットからの振込予約

アイフルはネットからも利用することができ、アイフルの会員ページから振込手続きを行うことができます。当日振込も条件によっては可能です。ただし、銀行カードローンの場合は銀行の営業時間である14:00までに手続きを完了しないと、振込が翌営業日になることがあります。

電話による振込予約

アイフルはフリーダイヤルを使うことでも振込予約を行うことが可能です。オペレーターに振込予約の手続きを希望していることを伝えると、必要な手続きを行ってもらえます。

アイフルでは会員専用ダイヤルの他に、女性専用ダイヤルも用意されています。また、振込名義が「アイフル(株)」と「AIセンター」のいずれかを選択することができるので、アイフルを利用していることを周囲に知られたくない場合は「アイフル(株)」という直接的な表現を避けてもらうことができます。

アイフルの最大限度額

アイフルでは借入の最大限度額は800万円となっています。当然ながら、この金額は条件を満たしている人のみ利用することができます。

初めてカードローンを利用する人の借入限度額は100万円以下で設定されることが多いです。アイフルを利用する人の中でも、それほど高額な借入を希望する人は多くないため、限度額が100万円でも十分な額となります。

アイフルに即日融資希望で申し込む

返済方法とそのメリット・デメリット

アイフルでは返済方法がいくつか用意されています。なので、自分に合った返済方法を選択する必要があります。

口座振替

返済方法を口座振替にしておくと、毎月の指定日に口座から自動的に返済を行うことができます。口座振替を選択することで返済を忘れてしまうことを防ぐことができます。

アイフルの口座振替はメガバンクだけでなく、地方銀行やネット銀行も対応しています。詳しくはアイフルのホームページなどで確認することができます。

ただし、当然ながら残高が足りていないと返済が実行できないため、返済遅延となってしまいます。特にアイフルの返済のためだけに使っている口座であれば、残高の確認を怠ることでよく発生してしまいます。

また、口座振替の場合、アイフルに引き落とし結果が反映されるまで3日ほどかかってしまうこともあります。そのため、急ぎでアイフルを利用しないといけない場面で、まだ引き落とし結果が反映されていないために、思っている額を利用することができないという場合もあります。

ATM

アイフルのATMは街中でも見かけることがあります。このアイフルのATMを利用して返済をすれば手数料がかかりません。提携ATMで返済すると手数料で100円や200円ほどかかってしまいます。1回くらいであれば大したことはありませんが、毎月の返済で毎回手数料がかかるとなるとそこそこな金額となってきます。

なので、近くにアイフルのATMがある場合は、そのATMを利用すると良いでしょう。ただし、アイフルのATMは意外と少なく、手数料を支払って提携ATMから返済をしているという人は多いです。

銀行振込

上記で述べた通り、アイフルのATMは意外と少なく、提携ATMから返済をしているという人は多いです。なので、アイフルへの返済を銀行に行って振込をしているという人は多いです。

しかし、手数料はかかってしまいますが、月末などに他の支払いもしなければならない場合は、一緒に支払いを済ませることができるので手間を省くことができます。

コンビニ

ローソンのLoppiや、ファミリーマートのFamiポートなど、アイフルの返済はコンビニからでも行うことができます。当然ながら、手数料はかかってしまいますが、コンビニは街中にたくさんあるため、いつでも気軽に利用することができます。

アイフルに即日融資希望で申し込む

月々の返済額は?

アイフルでは「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」によって返済金額を決定しています。返済金額は最新の借入をした直後の借入残高によって判断されます。

もし、借入をして、その借入残高が10万円以下であれば返済金額が4000円、10万〜20万円の間であれば8000円などのように、借入残高によって返済金額を決められます。

また、借入残高が10万円以下のときに、新たに借入をすると、その直後に再び返済金額が見直されることになります。

手数料

先に述べたように、アイフルは返済方法によって手数料がかかったり、かからなかったりします。アイフルのATMや、店頭窓口から返済をすれば手数料がかかりません。

しかし、提携ATMなどを利用すると手数料がかかってしまいます。返済金額が1万円以下であれば108円、1万円を超える場合には216円の手数料が必要になります。

返済日はいつ?

借入をすれば毎月返済をしないといけません。アイフルでは、その返済期日を決める方法が2つあり、どちらかを選ぶことができます。

約定日制

約定日制は毎月支払いをする日を固定します。毎月の25日が給料日なので、返済日を毎月の25日にしておいたり、返済する前に別の支払いを済ませたいので、毎月5日を返済日に設定したりなど、自分の都合に合った日を設定することができます。

返済方法を約定日制の口座振替にしておくことで、毎月の返済し忘れということを防ぐことができます。ただし、返済日が決まっているため、前倒しで支払いを済ませておくことができないというデメリットもあります。

変更は可能?

転職によって給料日が変わったり、最初に設定した返済日よりも別の日の方が都合が良いことが後でわかったりなどすることもあります。このようなときは返済日の設定を変更してもらう必要があります。

アイフルの店頭窓口で担当者に返済日の変更を希望していることを伝えたり、アイフルの会員専用ダイヤルで相談をすれば、返済日の変更手続きをしてもらうことができます。また、ネットの会員ページからも返済日を変更することは可能です。

サイクル制

サイクル制は初めて借入をしたときに、その35日後までに1回目の返済をしないといけないということになっています。1回目の返済が済むと返済期日がリセットされて、次回の返済は1回目の返済日から再び35日以内となります。

なので、最新の返済日から常に35日以内に返済し続ければ良いというシンプルな返済方法です。約定日制と違って、返済のタイミングがある程度は自由となります。

返済が遅れてしまった場合どうなる?

うっかりと返済日のことを忘れてしまうということもあります。たとえ、返済日のことを思い出して、すぐ翌日に返済をしたとしても「遅延損害金」が発生します。「遅延損害金」が発生すると通常の返済金額よりも上乗せしないといけなくなります。

1週間以上返済が遅れた場合

返済日のことをすっかり忘れてしまっている場合は、1週間経っても返済のことを思い出さないということもあります。そのような場合は、アイフルから自宅や携帯に催促の連絡が来ます。場合によっては督促状などを送ってくる場合もあります。

なので、最悪すっかり返済について頭から消えていても、アイフルからのアクションで思い出させてもらうことができます。返済が難しい状態に陥っている場合は、担当者に連絡して相談するようにしましょう。

家や職場にアイフルが取り立てに来るようなことはありませんが、毎月のように返済が遅れたり、催促を無視したりなどすると、信用がなくなってしまうことになります。

信用がなくなると、金利を下げるための増額申請が通らなくなってしまったり、利用限度額を下げられてしまうこともあります。

ブラックリスト

上記で述べた通り、返済の催促を無視するような人もいます。返済が3ヶ月以上遅れると、信用がなくなってしまいます。すると、新たにお金を借りることが3年から5年はできなくなってしまいます。

また、この信用情報は信用情報機関で管理されています。信用情報機関はカードローン会社で情報を共有しているため、アイフルだけでなく、他者からの借入もできなくなってしまうことになります。

アイフルの申し込みはこちらから

アイフルを利用するのであれば、まずは申し込みをしないといけません。申し込みはネットからでも可能です。また、「はじめてのお客様専用ダイヤル」もあるため、わからないことがあれば電話で確認することもできます。

アイフル以外のおすすめのカードローン

アイフル以外にもカードローンはたくさんあります。アイフル以外でおすすめなのはアコムです。初めての人であれば最大で30日間は金利が0円となります。また、審査も最短で30分と早いです。また、条件が整っていれば、契約がネット上で完結する場合もあります。

お金は賢く使おう

カードローンを利用することに抵抗を感じる人は多いです。しかし、必要なときに必要なお金が用意できないことの方が困った状況を作ってしまうこともあります。そのようなときは、カードローンを利用することも選択肢の1つとして加えておきましょう。しっかりとした返済計画を立てて、その返済計画を守って賢くお金を回すようにしましょう。

アイフルならバレずに最短即日融資も可能

アイフルなら最短審査時間30分、審査通過後の融資は最短1時間です。このように便利のため、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアイフルからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
最短1時間で可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 審査後最短1時間

目次に戻る

関連記事