Search

検索したいワードを入力してください

アコムで返済を延滞したときの延滞金・利息・連絡

初回公開日:2018年05月15日

更新日:2019年11月21日

記載されている内容は2018年05月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アコムで返済を延滞したときにはどのような対応がアコム側から行われるのかがとっても気になります。延滞金はどうなるのか、延滞してしまった場合のアコム側のアクションはどうなるのか、ブラックリストに登録されてしまうのかと心配になる項目が盛りだくさんです。

アコムの特徴
  • 30日間無利息 → それ以降の利息は利用日数分。利息を払いたくない人には最適
  • 審査は最短30分、振込は最短1分 → 即日融資も可能。今必要という人のためには最適
  • 無人契約機(自動契約機)の申込は8AM~10PM → 他社より1時間早く申し込める。急いでる方には最適
  • 仕事で忙しくても24時間365日ネットとATMから借入可 → 場所を問わず借り入れできる。移動が多い人にも使いやすい
  • 在籍確認を電話以外で対応してもらえる → 周りの人にバレたくないという人でも安心
  • 返済3日前、返済日当日、返済日経過後にメールで通知 → 金融事故の予防。今後の金融商品の審査もスムーズに
  • 金利は3.0%~18.0%→消費者金融カードローン会社の平均的な金利設定

在籍確認はバレない!

アコムで返済を延滞したときの延滞金

超有名消費者金融のアコムで仮に返済を延滞してしまった場合、延滞金はどうなってしまうのでしょうか。借りた物は必ず返すのが基本ですが、遅れてしまった場合の延滞金や対応がどうなるのかはとっても気になります。

延滞金は存在する

基本的にアコムで返済が遅れて延滞状態になってしまうと、延滞金が発生します。この延滞金は遅延損害金とも呼ばれていて、アコムの場合の計算方式は借入残高に20%をかけてそこから365日をさらにかけ、延滞日数で割った値になります。

返済のための借り入れも必要なのか

アコムで延滞金が発生している状態でさらにアコムで借りることはもちろんできません。どうしてもお金がないという状況になってしまった場合は、他社から借りるという選択肢を考える方もいらっしゃると思います。

しかし、この選択肢を実行するとさらに借金が増えることを意味していますので、負のスパイラルに陥って借金しまくりの人生になってしまうでしょう。そんな状態を回避するためには負のスパイラルに陥る前に、アコムのコールセンター等に連絡して相談することからスタートしてください。

アコムで延滞すると連絡が来るのか

アコムで延滞が発生してしまった場合は連絡が来るのかどうかが気になります。延滞が発生したときのアコム側の対応を確認していきましょう。

メールの後に電話が来る

返済日が過ぎてしまうと、延滞状態になりますのでアコム側の対応が開始します。まず、返済日が過ぎてしまった場合は翌日以降に登録していたメールアドレスに催促の連絡が来ます。基本的には翌日と考えてください。内容は他の会社とにたりよったりで「返済期日が過ぎて返済されていないので、早めに返済をお願いします」といった催促です。

ここで返済すればこれ以上の延滞に対する催促連絡はないのでこれで終わりです。もし、延滞する必要がある場合はアコムのコールセンターに必ず連絡してください。

次の対応は登録している携帯電話に

返済日が過ぎてしまった場合の最初のステップはメールでの確認と催促になりますが、そこでも返済がされないと、延滞金を含めた返済のために直接携帯電話に連絡が来るようになります。

ここでアコム側の賢いところは最初にアコムからの連絡であるとは名乗らないで、返済滞納者であるのかを担当者名を使って駆使するところです。そこで延滞していることが確定した場合はアコムからの連絡であると言うことを明かします。

この電話対応がくるのはメールが来てからになりますので、だいたい延滞がスタートしてから3日が経過した後となります。3日は最短なので3日~1週間以内でアコムから電話が来ると考えましょう。

また、担当者次第では登録している携帯電話以外に自宅に連絡をすることもありますが、そのときも本人以外にアコムと名乗らないですし、用件も言わないので安心しましょう。

配慮の心つまり善意で考えましょう

なぜこのような対応をしているのかというと、本人以外が電話に出てしまったときにアコムからお金を借りているということがバレないようにするためのアコム側の配慮です。また、ここで使われるアコムの電話はACサービスセンターの番号なので、電話番号からもわからない状況になります。

電話の中身について

この電話の中身はイメージとして脅されて命を狙われると考えてしまう人もいますが、罵倒されることもなければ怒鳴られることもありません。内容としては「延滞していますがどうしましたか」といったシンプルな確認です。

ここで嘘をついてしまうと、さらに状況が悪化してしまうので、返済がすぐにできない場合はいつまで支払うことができるのかを嘘をつかないように正しい内容を伝えましょう。ここで伝えた内容がアコムとの約束日になりますので、支払い方法などもまとめて連絡してください。

延滞金がどうなるのか、最少返済額はどうなるのか、支払時の手数料はどうなるのかなどをわかりやすく教えてくれますので、疑問点はこのアコムとの電話のやりとりで解決しましょう。

封書(督促状)がくる、ハガキではない

この電話対応も完全に無視した人はアコムから封書という名前の督促状が来ます。消費者金融にも夜でしょうが、アコムの場合はハガキというよりは封書の形式できます。ただし、この封書も「アコム」という名前ではなく「ACサービスセンター」という名前で送られますので外見から家族にばれることは稀でしょう。

内容はシンプルで「延滞が発生しているので早めに返済してください」という催促です。できる限り速やかに督促状が来る前に返済してください。

最後は勤務先に電話が来る

この督促状までも無視すると、最終手段として勤務先に連絡が来ます。ここでもアコムであるとは名乗らないようですが、会社にまで連絡が来るようになってしまうのは最終段階なので、こうなる前に必ずアコムに返済するようにしましょう。

アコムで延滞したときの利息

先ほど説明したように、返済日を1日でも過ぎてしまった場合には必ず延滞金(遅延損害金)が発生します。この延滞金はアコムの場合の計算方式は借入残高に20%をかけてそこから365日をさらにかけ、延滞日数で割った値になります。

数学的に記載すると「借入残高×20%÷365日×延滞日数」が延滞金、いわゆる利息に該当するということです。要するに、延滞すればするほど利息も一気に増加していってしまうので、1日でも早く延滞金を含めた返済をするのが正解と言うことです。

アコムで延滞すると損害金があるのか

これは先ほど説明した延滞金が遅延損害金に該当しますので、延滞金=損害金と考えてください。つまり、延滞するという行動そのものがアコムにとって損害を与える行動ということです。

アコムで延滞するとブラックリストに入れられるのか

これはどの程度の延滞なのかにもよりますが、1日でも延滞をしてしまった人は個人信用情報に「延滞が発生した」という事実が記載されるようになるので、自分の信用度は必ず低下すると考えてください。

アコムへの延滞がひどすぎる、具体的には返済日から61日以上も超えてしまった場合には「異動」という非常に悪い証がついてしまい、どの審査も通らなくなります。

アコムで延滞すると増額できなくなるのか

信用度に傷がついてしまうので、延滞をしてしまった人は増額審査で圧倒的に不利になります。今後アコムを利用するという方でも、今までのように増額できないと考えてください。

アコムで延滞の相談をする方法

延滞が発生するケースでも、状況次第で延滞金の利息が発生しないケースもあります。これはその人の状況次第ではありますが、アコム側と相談することができれば救済されるケースもあると考えて行動しましょう。

具体的には、アコムのコールセンターである「0120-07-1000」に連絡するか、アコムのプッシュホンサービス24「0120-134-567」に連絡してください。

延滞をしないことが大前提

1日でも延滞してしまった人は信用度が失墜してしまうのは避けられません。約束を守れない人と見なされてしまいますので、アコム以外の消費者金融にも対応されなくなります。

また、延滞金もかなり高く設定されていますので返済総額も非常に大きくなり負担は増えます。そのような状況を避けるためにも必ずしっかりとアコムの返済期日を守って対応してください。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み


アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

関連記事