Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月06日

アコム審査の流れと審査基準について

この記事はアコムの審査について徹底解説しています。アコムの仮審査と本審査の違い、審査基準8つ、審査に落ちる人の特徴8つ、審査に落ちた時の対処法5つに加え、少額融資になってしまう人の特徴なども紹介しています。この記事を読めばアコムの審査について理解できます。

初めてカードローンから借入をする場合は、無事に審査を通過するかどうかが気になりますよね。

今回の記事では、アコムの審査の流れや審査の基準について、またアコムの審査に落ちてしまう人の特徴やアコムの審査に通りやすくなる方法について詳しく書いていきます。

今回の記事では大まかに
・アコムの審査基準と申し込み資格
・アコムの審査は通りやすい?
・アコムの審査基準
・アコムの仮審査の流れ
・アコムの本審査の流れ
・アコムの審査に落ちる人の特徴
・アコムの審査に通りやすくなる方法

の順番について書いていきます。

アコムの審査基準と申し込み資格

アコムのホームページには、申込資格に「満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方 ( パート ・ アルバイトで収入のある方も可 )」 と記載されています。

そのため、20歳以上で安定した収入があれば、正社員や派遣社員(契約社員)はもちろん、アルバイトをしている学生・フリーターの方でも、アコムのカードローンに申し込むことが可能です。
ただし、専業主婦の方は、配偶者に収入が合っても申込者本人に収入がないのでアコムには申し込みできません。

結論として、アコムの借入を考えていて安定した収入が無い人は最低でも2ヶ月の期間を空けてアコムに申し込みをしましょう。

アコムの審査は通りやすい?

アコムから借入を考えてる人にとって、アコムのカードローンに申し込もうとしている人にとって、アコムの審査にが甘いのか他社と比べて審査の通りやすさなどが気になる部分だと思います。

そこでアコムと大手消費者金融の成約率について下記の表にまとめましょう。

金融機関名2017年12月2018年3月2018年6月2019年3月
アコム45.4%※144.8%※144.6%※150.0%※1
アイフル47.3%46.5%48.2%※2None
プロミス44.8%45.6%45.7%42.9%※3
レイクALSA36.7%※432.0%※128.9%None

※1:アコム:マンスリーレポートより
※2:2018年5月度の成約率です。
※3 : SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標より
※4:2018年3月以前の成約率は「新生銀行カードローン レイク」のものです

上記のグラフを見る限り成約率ではアコムの50.0%が1番高いですが、アコムの審査に一定の基準を満たしていない方は落ちてしまいます。
なので、これから書く審査基準や落ちてしまう人の特徴などを読んでアコムから借入をする際は参考にしてください。

アコムの審査が落ちるかどうか不安な方は3秒診断を受ける

アコムの審査に通過できるか不安な方は、カードローン申込前にアコムの公式サイトから「3秒診断」を受けてみましょう。

お借入できるか不安な方もいるかと思います。そこでお借入診断を受けてみることをお勧めします。お借入診断とは、「生年月日」「年収」「他社借入額」を入力するだけで、アコムからお借入できるかどうかを確認できる作業です。

お借入診断で「融資可能」と表示された人は、アコムから借り入れができる可能性が高いです。ただし、あくまでもアコムのお借入診断は、融資可否の目安を判断するサービスであるため、本審査と結果が異なる場合があります。

特に他社借入の件数が3社以上であったり、金融事故を起こしたことがある人は、お借入診断の結果が「融資可能」でとしても、本審査に通らない可能性があります。

アコムの審査基準

大手消費者金融であるアコムの公式ホームページには、利用条件に「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社の基準を満たす方」と記載されています。

パチンコのギャンブルやメルカリなどのフリマアプリなどの収入は不安定な収入と判断され、利用条件に記載されている「安定した収入」の条件に満たされないです。

20歳以上で安定した収入があれば、正社員や派遣社員はもちろん、アルバイトをしている学生やフリーターの方でもアコムのカードローンに申込ことができます。

スコアリング審査

スコアリングは一般的に仮審査の段階で行われる審査のことです。

スコアリングとは、申込者から提供された個人情報を元に、本人の属性を統計的に処理しスコア化(点数化)、アコムが決めた一定の基準点を超えた申込者を、スコアリング審査の合格者とするシステムです。

合否判定は自動的に行われるのでスコアリングの結果が出るのも極めて早いです。

信用情報に基づく外部調査

アコムでは、スコアリング審査とは別に加盟する信用情報機関に申込者本人の信用照会を行い、その結果を審査の判定に利用しています。

他社からのカードローンのキャッシングを行い、返済を延滞していたり携帯電話の料金の未払いやクレジットカード利用の強制解約などを受けると信用情報に傷がついてしまいます。「信用情報」に傷がある状態だと、アコムの本審査に通るのは難しくなります。

信用情報は、業界内で共有されるため、クレジットカードの審査やカードローンの審査に影響を及ぼします。

また、信用情報機関の取り扱い機関は3つあります。

信用情報機関
  • JICC 日本信用情報機構
  • CIC シー・アイ・シー
  • JBA 全国銀行個人信用情報センター

\  審査通過率は50%近く! /

アコム仮審査の流れ

アコムのカードローンの申し込みが終了すると、仮審査というものが行われます。ここでは、アコムの仮審査についての流れを確認していきます。

アコムの仮審査の流れ
  1. 申込内容が正しいかを確認する
  2. 提出書類が正しいかを確認する
  3. 信用情報機関に信用情報の照会をする
  4. プロミスの仮審査の注意点

アコムの仮審査では独自のアルゴリズムによって審査が行われます。
入力された個人情報を点数化して、基準以上のスコアであれば仮審査を通過してそれ以下であれば審査落ちと、機械的に判定していきます。

申込内容が正しいかを確認する

申込時に申告した個人情報が「申込者の情報なのか」「間違った記載情報はないのか」ということを確認していきます。

アコムの申込条件である
・年齢が20歳以上70歳未満である
・安定した収入があること

上記を満たしていない方は、この段階で審査に落とされてしまいます。

提出書類が正しいかを確認する

先述したように、アコムの審査には必要書類が存在します。

この必要書類のデータと申込内容にズレや誤りがないかどうかを確認します。

年収などの必要な情報がうまく読み取れないように印刷していたり、不鮮明であったりする場合は、再提出もしくは審査に落ちてしまいます。

信用情報機関に信用情報の照会をする

アコムの仮審査では、スコアリング審査とは別に加盟する信用情報期間に申込者本人の信用照会を行い、その結果を審査の判定に利用しています。

他社からのカードローンのキャッシングを行い、返済を延滞していたり携帯電話の料金の未払いやクレジットカード利用の未払いが続いて、強制解約などを受けると仮審査に落ちる可能性があります。

アコムの仮審査の注意点

ここで、アコムの仮審査の注意点についてまとめておきましょう。

本審査の人力作業とは違い、仮審査ではスコアリングシステムによる機械的な判断が行われています。そのため、どのような事情があろうが、信用情報に傷があったり、年収や借金に問題がある場合などは自動的に審査に落ちてしまいます。

逆に、機械で審査が行われるので一定の基準を超えている場合は仮審査に通ることができます。

アコムの本審査の流れ

アコムの仮審査を通過すると受けられるのが本審査になります。

ここでは、アコムの本審査の流れについて解説をしていきます。
本審査では以下のような流れで行われます。

本審査の流れ
  1. 申込内容の確認
  2. 提出書類の確認
  3. 信用情報の確認
  4. 本人確認の連絡
  5. 在籍確認
  6. 利用限度額を決定する

それぞれの項目について解説をしていきます。
申込内容の確認、提出書類の確認、信用情報の確認はアコム担当者が人力で行ってくれるので申込者が関わるのは本人確認の連絡からです。

本人確認の連絡

本審査ではまず、アコム側から「申し込みをした人が本当に本人だったのか」を確認する連絡をします。

基本的には担当者から電話の連絡がきますが、メールで連絡がくることもあります。連絡方法を変更したい場合は、直接アコムに問い合わせてみましょう。

もし、申告した本人確認や個人情報などに誤った場合は、電話で修正をお願いすれば修正してもられる場合があります。

在籍確認

まず在籍確認とは、申込者がカードローン申し込み後に申告した勤務先で本当に働いているのかを確認するために、アコムの審査担当者が申込者の勤務先に電話連絡を入れることにします。

利用限度額を決定する

在籍確認が完了したことで、本審査の次の家庭ではクレジットカードで使える利用限度額を決めることです。

消費者金融の利用限度額とは、消費者金融から借りられるお金の上限を意味します。

消費者金融からお金を借り、借りたお金の返済計画を立てるには、契約時の利用限度額と借入額の返済日を把握することが不可欠です。
消費者金融を利用する前に必ず確認するように注意しましょう。

アコムの本審査の注意点

ここまでがアコムの本審査の流れになります。さらに抑えておきたい注意点を書いていきます。

本審査の中でも注意したいことは、在籍確認の際に虚偽の申告をしないことや、金融事故に扱われてしまう借入の返済や携帯電話の支払いの先延ばしなどはしないように注意しましょう。

また、在籍確認では土日で会社が休みであっても在籍確認が取れないと、アコムの本審査をパスすることはできないので休日に申し込む場合は注意しましょう。

詳しくは、アコムのお問い合わせフォームに問い合わせてみましょう。

アコムの審査に落ちる人の特徴

アコムの審査に落ちた原因については、審査に落ちた時に理由などを言われないので気になる方も多いかと思います。そこでアコムの審査に落ちた原因には様々な原因があります。

アコムの審査に落ちる人の特徴一覧
  • 申込内容の不備
  • 安定した収入がない
  • 過去に金融事故を起こしている
  • 他社借入件数が多い
  • 在籍確認が取れない
アコムの審査に落ちる人の特徴

特に、見落としがちな「過去に金融事故を起こしている場合」「他社借入件数が多い」などには注意をしましょう。

申込内容の不備

アコムに申し込む前に、もう1度申込内容に不備があるかについて確認しましょう。申請した個人情報は確認作業が行われ、たとえ故意ではなくとも情報に間違いがある場合だと、審査に落ちる原因となります。

申し込み時の内容と確認方法をまとめました。アコムから借入を申し込む際に参考にしてください。

記載内容確認方法
電話番号・メールアドレス確認電話、確認メール
勤務先在籍確認
他社借入信用情報機関
雇用形態・年収 ※50万円以上の融資を希望する場合 雇用形態・年収 ※50万円以上の融資を希望する場合

勤務先の場所が申告した内容と違うのか、提出する本人確認書類に「顔写真があるかないか」「現住所と違う」という不備がある場合には、アコムの審査に通ることができません。

また、収入証明書類の「最新年度」が出ないと、現在の返済能力を証明することができないので、審査に時間がかかってしまったり最悪の結果審査に落ちてしまう恐れがあります。

安定した収入がない

アコムの利用条件にもあるように「年齢20歳 〜 69歳のご本人に安定した収入のある方」です。したがって、アコムをはじめとするカードローン審査では、継続的に返済する能力がある人を「収入の安定性」と判断しています。

アコムが定義している「収入の安定性」とは、年収が高くても不安定な稼ぎではなく、毎月一定の収入のある方が重視されます。

しかし、年金や生活保護などの国や公共団体から受給している給付金はお金として認められないので注意が必要です。また、両親の仕送りなども収入として認められないので注意しましょう。

過去に金融事故を起こしている

消費者金融のカードローンから借入をする際に大切なのは個人情報に傷がついているのか否かです。「信用情報」とは個人のローンや携帯電話の支払いの延滞やクレジットカードの利用履歴が記録されていることであり、「住宅ローン」や「教育ローン」「携帯電話の延滞」なども含まれています。

信用情報には傷がつかないように、返済には目処を立てて定期的に行いましょう。

金融事故の項目登録期間
長期延滞 ( 2ヶ月 ~ 3ヶ月 ) 1年 ~ 5年
代位代弁5年
債務整理 ( 自己破産・個人再生 ) 5年~10年
強制解約5年
貸付自粛依頼(協会停止)5年
保証履行5年 ( 本人の意志で取り消すことが可能)

他社からの借り入れ金額が年収の3分の1以下

アコムや他社の消費者金融から借入を行う場合は、少なくとも借入件数が1社や2社に抑えておきましょう。

他社借入件数残高が多いとアコムの審査に落ちる可能性が高いです。また、消費者金融では総量規制という貸金業法が定められています。
総量規制とは年収の3分の1を超える場合に、原則として返済能力を超えるものとして禁止されるのが総量規制です。

そのため、他社借入金額が年収の3分の1くらいの金額を他社から借入している場合や、複数の消費者金融から借入をしている場合でも審査に落とされる場合があります。

在籍確認が取れない

アコムの本審査の家庭の中で在籍確認が行われます。在籍確認の際に、申告した勤務先に所属していなかったりする場合は審査に落ちてしまいます。

アコムの審査に通りやすくなる方法

ここでは、アコムの審査に通りやすくなるh方法について書いていきます。
アコムの審査に通りやすくなるコツは以下の通りです。

アコムの審査に通りやすくなるコツ
  1. 勤続年数が長い勤務先を申告する
  2. 申込内容に記入ミスや虚偽の申告が内容にする
  3. カードローン会社への申し込みは1社ずつする

勤続年数が長い勤務先を申告する

アコムは会社員でもアルバイトやパートの場合でも、働き始めて3年~5年などと申告することで審査に通る可能性が高くなります。しかし、働き始めて役1ヶ月も経ってない場合では、「安定的な収入がない」と判断される確率が高くなってしまいます。

なぜかというと、働き始めて借入をして辞める人が中にはいるからです。なので、アコムから借入をしたい場合は安定的な収入を得てから申告するようにしましょう。

申込内容に記入ミスや虚偽の申告が内容にする

虚偽申告はアコムの審査に落ちてしまう原因となるので、申告内容は正確に偽りなく正確に申告しましょう。アコムはこれまでに膨大な取引実績があるので、申し込み者の不審な点は簡単に見抜きます。

審査に直接関係する重要な項目の本人確認書類や収入証明書類の提出により、他社借入や年収についての嘘がすぐにバレてしまうので絶対にやめましょう。

カードローン会社への申し込みは1社ずつする

消費者金融への借入は1社ずつ申し込むようにしましょう。
なぜなら、短期間に複数のカードローンに申し込むと、「申し込みブラック」という状態に陥ってしまいます。

申し込みブラックとは、3ヶ月以上にわたる長期延滞や自己破産などにより、信用情報にキズがついている状態のことです。
申し込みブラックに陥ってしまった方は、個人信用情報機関に金融事故記録が残ってしまうためクレジットカードやカードローンの審査に通過することができません。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み


アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

関連記事