Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月11日

カードローン申し込み方法と借りる方法

本記事ではカードローンの申し込み方法と借りる方法について解説を行っていきました。様々な条件の人を想定して書いていきました。また、カードローンは「怪しい」などと思われますが、借入する際に自分にあった方法を見つけて計画的に返済を行う事ができれば大きな助けになります

本記事ではカードローンの申し込み方法の種類や消費者金融の特徴や銀行カードローンの特徴、またお金を借りる方法について解説を行っていきます。

生活費のためのお金を借りる際には、申し込み方法や借入する際に確認しておきたい特徴などについて書いていきました。

お金を借りる方法には、銀行や消費者金融以外にも市役所や区役所、日本政策金融公庫など様々な方法があります。お金を借りる際には、自分の条件に合った借入方法を選ぶ事が大切です。

また、「当サイト money-city」では無理な借入を推奨するために作られたものではありません。借入をする際は返済計画を立ててから利用しましょう。

カードローンの申込方法の種類とは

カードローン申し込み方法と借りる方法

カードローンの申込方法は主に4種類の方法があります。ここから申込方法について解説を行うので借入を検討している方は参考にしてください。

申込方法メリット
電話専用ダイヤルへかけるわからないことを聞く事ができる
店頭窓口店舗に赴いて申し込みをする細部の不安なことを相談しながら進める事ができる
無人契約機無人契約機で申し込みをする申し込みから契約までスピーディ
インターネット(Web)パソコンやスマートフォンから申込みをする24時間好きな時に、好きな場所から申し込みをする事ができる

パソコンやスマートフォンから借入を申し込めるインターネット申し込みは、24時間好きな時間に、場所を問わず申し込みを行う事ができるのが魅力的です。

近くに無人契約機や店頭窓口がない方にとってはとても利便性が高い申し込み方法です。また、電話や店頭窓口で申し込みを行う際は「審査を受ける前に不安な点」や「疑問点」などを解決しながら申し込みを進める事ができます。

電話の申し込み方法

ここから電話を使った申し込み方法について解説を行っていきます。

電話を使った申し込み方法を選ぶポイントとして、担当者と相談しながら審査を進められる事が大きな特徴として挙げる事ができます。

また、急遽今日中にお金を借入したい場合は、電話担当者に「審査を早めてもらいたい」と相談して審査に申し込みを行う事で審査の順番を早めてもらえる可能性が高くなります。(*審査は申し込み順で行われます)

電話での申し込みだけでなく、自動契約機やインターネット(web)を使って申し込みをした際にも電話で相談を行う事で審査時間を短縮してもらえる可能性があるので、今日中にお金が必要になった場合は試してみましょう。

なお、銀行系カードローンの場合は、審査が終わる前に3営業日~5営業日ほどの期間がかかってしまうので即日融資を行いたい方は消費者金融に申し込みを行いましょう。

店頭窓口の申し込み方法

店頭窓口をつかった申し込み方法について解説を行っていきます。

また、電話申し込みと同じく不安なことや悩んでいることを聞く事ができるメリットもあります。

店頭窓口へ赴いて申し込みをする際は本人確認書類を持参しなくてはいけません。

本人確認書類を郵送する場合は、契約完了までに時間がかかるので注意が必要です。

[ 持参する本人確認書類は以下の通りです ]

必要な本人確認書類
  • 住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • パスポート(写真および住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 住民基本台帳カード(変更事項がある場合には両面必要)
  • 運転免許証(変更事項がある場合には両面必要)
  • 在留カード(変更事項がある場合には両面必要/外国人の方のみ)

無人契約機の申し込み方法

無人契約機で申し込みを行うメリットは、申し込みから契約までがとてもスピーディーなところです。

店舗窓口から申し込みを行う時と同じく本人確認書類は、契約機の指示に従い所定の場所で提示する必要があるので持参が必要です。上記の「店舗窓口に申し込み方法」を参考にしてください。指定された必要書類が用意できない場合、審査を受ける事ができませんので注意しましょう。

また、申し込むカードローン会社によって必要書類は異なるので借入する前に確認してから申し込みを行いましょう。

インターネット(Web)の申し込み方法

インターネット(Web)申し込みの最大のメリットは、24時間好きな時に、好きな場所から申し込みを行う事がメリットだと言えます。

一部の銀行カードローン会社などは、インターネット申し込みでしか申し込みが行えないこともあるので、申し込みを行うなら事前に公式サイトで申し込み方法を確認しましょう。

消費者金融系カードローンの申し込み方法とは

カードローン申し込み方法と借りる方法

ここでは消費者金融5社のカードローン申し込み方法について解説を行っていきます。

以下のテーブルにまとめたので参考にしてください。

カードローン名電話店頭窓口無人契約機インターネット(web)申し込み
アコム○ *女性専用ダイヤルありあり
プロミス○ *女性専用ダイヤルあり○ ※三井住友銀行ローン契約機も利用可能あり
アイフル○ *女性専用ダイヤルありあり
レイクALSA×あり
SMBCモビット×あり

大手消費者金融の中でも、すべての申し込み方法について対応しているのはアコムプロミスアイフルの3社であることがわかりました。

申し込み方法を決めてないのであれば、出来るだけ全ての申し込み方法に対応している3社を選ぶことをおすすめします。

また、プロミスであればプロミス独自の「瞬フリ」という振込融資サービスがあります。プロミスのカードローンを契約した後、「瞬フリ」を利用すれば24時間、深夜でも最短10秒で振込融資を受ける事ができます。

プロミスの「瞬フリ」については、「プロミスの即日融資を受ける方法・土日も融資可能なのか・在籍確認」こちらの記事で解説をしているので参考にしてください。

銀行カードローンの申し込み方法とは

カードローン申し込み方法と借りる方法

大手消費者金融カードローンの申し込み方法について解説をしたので、大手銀行カードローンについても解説を行っていきます。

カードローン名電話店頭窓口無人契約機インターネット(web)申し込み
楽天銀行スーパーローン×××あり
みずほ銀行カードローン×あり
三井住友銀行カードローン×○ *プロミスの自動契約機も利用なし
バンクイック×なし

全ての申し込み方法に対応している銀行カードローンはありません。また、楽天銀行カードローンの申し込み方法はインターネット限定なので申し込みの際には注意をしましょう。

また、みずほ銀行カードローンは専用のアプリを提供しています。カードローンに限らず、普通口座の管理も可能となっているため、普通口座を利用する機会が多い方は、操作性を確認した上で利用を検討してください。

いますぐカードローンを借りる方法について解説

カードローン申し込み方法と借りる方法

すぐにお金を借りる事ができて、便利なカードローンですが、消費者金融(消費者金融カードローン)と銀行(銀行系カードローン)では、取り扱っている審査期間が異なります。

銀行カードローンは、審査に時間がかかりますが、金利が低いのと利用限度額が高いのが特徴です。ただし、即日融資には対応をしておりません。しかし、消費者金融は金利が高い分、カードローンの即日融資に即日対応している事が強みになります。

即日融資対応表のテーブルを下記にまとめたので参考にしてください。

カードローン名審査時間即日融資
アコム1時間対応
プロミス1時間対応
アイフル1時間対応
楽天銀行スーパーローン1~3営業日非対応
三井住友銀行カードローン1~3営業日非対応

上記の通り、銀行系カードローンは即日融資に対応していません。よって、急遽お金が必要な時は消費者金融からの借入の検討をお考えください。

消費者金融カードローンの中でもアコムは最短30分で即日融資を受ける事ができます。急遽お金を借入したい場合はアコムからの借入を検討してみましょう。また、即日融資については「アコムの即日融資を受ける方法・時間・流れ|土日/20時まで」こちらの記事で解説を行っているので参考にしてください。

金利を抑えて借りる方法

カードローンから借入を行う際はなるべく利息が膨らまずに返済を行いたいです。

ここでは、どのように金利を抑えて借入を行う事ができるのかについて解説を行っていきます。銀行カードローン消費者金融カードローンの金利を比べるので参考にしてください。

[ 消費者金融カードローンの金利 ]

消費者金融カードローン金利(年率)
アコム3.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
アイフル3.0~18.0%
レイクALSA4.5~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%

[ 銀行カードローンの金利 ]

上記を見てみると消費者金融カードローンの金利の中で一番低金利なのはプロミスです。銀行カードローンの金利の中で一番低金利なのはみずほ銀行カードローンです。

また、消費者金融カードローンの金利が年率3.0%〜18.0%程度なのに対して、銀行カードローンの金利は3.0%~14.0%程度に設定されています。初回契約時では、上限金利が適用される事が多いので、低金利で借入を検討している場合は銀行カードローンからお借入をしましょう。

なお、消費者金融カードローンは、無利息サービスを行っている会社が多いです。中でも、レイクALSAは初回契約時に3種類の無利息サービスを選ぶ事ができます。 お金が急遽必要になった方で短期間の借入を考えている方は、無利息サービス中に返済を行うのも1つの手段だと言えます。

そのため、無利息期間中に返済を行いたい方は、レイクALSAへ申し込みましょう。レイクASLAの金利や無利息サービスについては、「レイクALSAの金利は?無利息サービスや利息の計算方法を解説」を参考にしてください。

学生がお金を借りる方法

カードローン会社の貸付対象条件は「20歳以上~65歳未満で安定した収入を得ている」事が条件の会社が多いです。

よって、学生がカードローン会社からお金を借りる方法は20歳以上のアルバイトなどの安定した収入がある学生であれば、審査に通る可能性が高いです。また、消費者金融カードローンと銀行カードローンでも無担保かつ保証人を立てる必要がないため家族や両親にお金を借りている事がバレを避けたい学生に向いています。

なお、カードローン商品を取り扱っていて、即日融資を扱っているのは消費者金融カードローンなので、少しでも融資を急ぎたい方は申し込みをしましょう。

たとえば、三菱UFJフィナンシャルグループに所属する日本最大手の消費者金融である「アコム」は最短で30分で融資が受けれるスピードが魅力的です。また、初回契約時から30日間無利息サービスを提供しているので、金利による利息なしで借入する事ができます。

少しでも利息を抑えて借入を検討している学生は、アコムの借入を検討してみてはいかがでしょうか。

未成年者がお金を借りる方法

未成年者がお金を借りる事ができるかについて、結論からいうと、20歳未満の学生は、カードローン契約ができません。民法で未成年者の契約行為を認めていません。

よって、カードローン会社は未成年者の判断力の甘さを意識しているので、貸倒れを防ぐために「20歳以上」という年齢制限を設けており、親の同意書などを提出してもお金を借りる事ができません。

しかし、民法では未成年者に関する例外規定があり、会社の経営者や既婚者であれば「成人」とみなされる場合があります。

カードローン会社はそれぞれ審査基準が異なっているので、会社によっては例外規約が認められる場合がありローンを利用する事ができるので、申し込みを行う前に電話などで相談してみましょう。

パート・アルバイトがお金を借りる方法

カードローンの基本的な貸付対象条件が「年齢が満20歳以上65歳の方 / 安定した収入を得ている方」なので条件を満たしていれば、アルバイトやパートの方でもお金を借りる事ができます。

ただ、勤続年数が長い方が審査に通る可能性が高くなるので、3ヶ月~6ヶ月ほど勤務先で働いたらカードローン会社に申し込みを検討してみましょう。

まだ働き始めの方の中は、毎月一定の安定した収入を得るまではカードローン会社の審査に申し込むことを控えましょう。

無職の人がお金を借りる方法

基本的にお金を借りる際には返済を考える必要があります。そのため、お金を貸す側であるカードローン会社は、収入のない無職の方にお金を貸すことはできません。

無職でもお金を借りたい場合は、収入がなくても借りれるところを探して利用することになります。

主な方法として以下のような事が考えられます。

・内定者ローン(大学卒業予定者のみ)
・生命保険の契約者貸付
・生活支援費

条件に合致する事ができれば、無職でも上記の方法でお金を借入する事ができます。

専業主婦がお金を借りる方法

消費者金融や銀行カードローンから借入を行った場合は、配偶者貸付の制度をご利用しましょう。返済能力がなく、本来であれば貸付対象者ではない「専業主婦」が金融機関で生活費を工面する場合、必要書類を提出すれば配偶者貸付でお金を借りる事ができます。

この制度は「本人と配偶者との年収合計額の3分の1までを利用限度額とする」という制度です。例えば、夫の年収が450万円、妻の年収が150万円の場合は、原則通りであれば、それぞれの年収の3分の1である、夫が150万円、妻が50万円の借入が上限です。

とは言っても、アコムやプロミスなどの大手消費者金融会社では、配偶者貸付を認めておりません。そのため、配偶者貸付を利用したい場合は、配偶者貸付を認めている小中消費者金融会社を選択する必要があります。

自営業者・個人事業主がお金を借りる方法

お金を借りたい自営業者・個人事業主は、日本政策金融公庫を利用しましょう。 日本政策金融金庫とは、政府が経済発展、中小企業の支援などの目的を達成するために設立した銀行であり、出資金の多くが政府が負担しています。また、金利が1%〜2%なのでご利用しやすいです。

自営業者や個人事業主の場合は、収入が不安定なこともあるので、貸倒れのリスクが高まります。そのため、資金が底を尽きそうになると事業資金を工面するのに苦労する方が多いです。

また、創業融資では、無保証・低金利の資金を提供しています。

参照元: 「日本政策金融金庫」

「新規企業育成貸付」は以下のような融資制度を設けています。

融資制度ご利用いただける方融資限度額
新規開業資金新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方 7,200万円(うち運転資金4,800万円)
女性、若者/シニア起業家支援資金女性または35歳未満か55歳以上の方であって、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方7,200万円(うち運転資金4,800万円)
再挑戦支援資金 (再チャレンジ支援融資)新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方7,200万円(うち運転資金4,800万円)
新事業活動促進資金経営多角化、事業転換などにより、第二創業などを図る方 7,200万円(うち運転資金4,800万円)
中小企業経営力強化資金外部専門家(認定経営革新等支援機関)の指導や助言を受けている方7,200万円(うち運転資金4,800万円)

セーフティネット貸付では以下のような融資制度を設けています。

融資制度ご利用いただける方融資限度額
経営環境変化対応資金売上が減少するなど業況が悪化している方4,800万円
金融環境変化対応資金取引金融機関の経営破たんなどにより、資金繰りに困難を来している方別枠4,000万円
取引企業倒産対応資金取引企業などの倒産により経営に困難を来している方別枠3,000万円

日本政策金融公庫は消費者金融や銀行よりも低金利で融資を行っており、さらに無担保・無保証で借入が可能です。

そのため、資金調達に悩んでる経営者や自営業者(フリーランス)の方は、お金を借りる際に検討しましょう。

ただし、営業時間は平日9時〜17時となっているので注意しましょう。

自分にあった申し込み方法と借りる方法を見つけよう

本記事ではお金を借りる方法について解説を行っていきました。カードローンでお金を借入するのが一番早く現金を手にする事ができます。しかし、その手軽さから気楽に借入をしてしまい、いつの間にか借金に慣れてしまう事があります。そのため、借入を行う前は返済計画をしっかり計画して、どこから借入を行えば自分が有効に使えるのかを考えてから借入を行いしましょう。

お金を借りることは返済をしなくてはならないということなので無理な借入には注意してください。