カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月17日

楽天銀行スーパーローンの返済額は?返済方法3つと利率

本記事では「楽天銀行スーパーローンの返済額は?返済方法3つと利率」について紹介していきます。カードローンを利用していく上で返済額は重要なポイントになるので、楽天銀行スーパーローンを検討している方は十分注意して支払い方法などチェックしていきましょう。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

楽天銀行スーパーローンとは

楽天銀行スーパーローンとは

楽天銀行は日本最大級のインターネット銀行であり、この楽天銀行が運営しているカードローンにスーパーローンがあります。審査基準については、規定を満たしていれば主婦や学生でも入会できると人気です。

本記事では「楽天銀行スーパーローンの返済額は?返済方法3つと利率」について紹介していきます。楽天銀行スーパーローンを返答している方は無理のない返済をするために返済額、返済方法についてしっかり学んでおきましょう。

1:満20歳から満62歳の人が利用できる

楽天銀行スーパーローンは満20歳から満62歳の人が利用できます。クレジットカードは18歳以上で契約することは可能ですが、カードローンは消費者金融系、銀行系共に下限年齢は20歳以上です。これは法律で決まっています。

上限年齢が満62歳というのは、そのほかのカードローンと比べるとやや制限が厳しい傾向にあるでしょう。一般的に銀行系は65歳くらい、消費者金融系は69歳くらいまでが上限年齢となっています。

2:収入が安定していれば学生でも申し込める

大学生になると、コンパや旅行など出費がかさむ交友が増える傾向にあります。そのためカードローンが何歳から利用できるか気になる人は多いのではないでしょうか。楽天銀行スーパーローンは20歳以上で収入が安定していれば学生でも申し込むことができます。

収入が安定というのはアルバイトなど月のお給料を安定的に受け取っている人が対象ということになります。学生でなくてもアルバイト・パートで20歳以上の方も入会可能です。

3:借入金額に応じて楽天ポイントが付与される

楽天銀行スーパーローンは借入金額に応じて楽天ポイントが付与されるという特徴があります。楽天ポイントは、楽天市場など楽天グループが運営するサービスで現金のように利用できます。

楽天銀行スーパーローンでの借入金額が20万円~30万円であれば500pt、借入金額が30万円~50万円であれば1000ptなど、借入金額に応じて楽天ポイントが付与されていきます。楽天ポイントを効率よく貯めたい方におすすめです。

4:800万円まで借りられる

楽天銀行スーパーローンは最高800万円まで借りることができます。利用限度額は10~800万円です。最初から上限の800万円借りることができるということはそうないですが、増額の審査の結果や利用時の信用度により利用限度額が800万円まで上がる可能性はあります。

利用限度額の枠内であれば繰り返し借入や返済することが可能です。お金を借りなければ利息は発生せず、使い道も自由なので緊急時の備えとしても有用です。

消費者金融よりも利用しやすい楽天銀行に申し込む

楽天銀行スーパーローンの返済額はいくら

楽天銀行スーパーローンの返済額はいくら

返済額というとちょっと怖くなってしまいますが、お金を借りるということは返済額はつきものです。楽天銀行スーパーローンの返済額はいくらになるのでしょうか。

次は楽天銀行スーパーローンの返済額について紹介していきます。気にするポイントとして返済額だけではなく利息についても注意が必要です。毎月の返済額が利息を含めてどのくらいなのか、支払っていくことができるか、など考えながら見ていきましょう。

1:残高スライドリボルビング返済方式Dによる返済

楽天銀行スーパーローンの返済額は残高スライドリボルビング返済方式Dを用いて算出されていきます。残高スライドリボルビング返済方式Dは借入残高に応じた返済額が設定されるシステムです。

借用金額が10~30万円以内であれば毎月の返済額は5000円など、利用可能枠の中であれば、追加で借入を受けた場合でも返済額は一定です。借入残高が大きいほど返済額も大きくなり、利息分もかかる点は気を付ける必要があるでしょう。

残高スライドリボルビング返済方式D

ご利用残高 毎月返済額
10万円以内 2千円
10万円超30万円以内 5千円
30万円超50万円以内 1万円
50万円超100万円以内 1万5千円
100万円超150万円以内 2万円
150万円超200万円以内 3万円
200万円超250万円以内 3万5千円
250万円超350万円以内 4万円
350万円超400万円以内 4万5千円
400万円超500万円以内 5万円
500万円超600万円以内 6万円
600万円超700万円以内 8万円
700万円超800万円以内 10万円

出典: https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/details/ |

2:10万円以内なら返済額は月2000円

2:10万円以内なら返済額は月2000円

楽天銀行スーパーローンは残高スライドリボルビング返済方式Dによって借用金額が10万円以内なら返済額は月2000円という少ない返済額から返していくことが可能です。

主婦や学生など、月のお給料がそこまで高くない人にとって返済額は月2000円というのは返済しやすいでしょう。ただ、毎月支払いの際に返済額には利息がかかってくるので、少しづつ返すよりも一気にまとめて返済したほうが借金事態は少額に収まります。

3:100万円を超えると返済額は月2万円が最低

楽天銀行スーパーローンは借用金額が100万円を超えると、残高スライドリボルビング返済方式Dによって返済額は月2万円です。

しかし「月2万円返していけばいいんだ」と思ってしまうと、返済の回数が増えていき、それだけ借金の利息分が膨らむことになります。

下記リンクに、楽天銀行スーパーローンの返済がシュミレーションできるサイトがあるので、どのくらいの回数借金の返済にかかってしまうかチェックしてみましょう。

4:最高返済額は月10万円

楽天銀行スーパーローンは、残高スライドリボルビング返済方式Dによって最高返済額は月10万円になります。最高返済額10万円になる場合は、700万円~800万円以内の借用金額がある人です。

10万円ずつ返していくとすると、金利にもよりますが返しきるまでには100万~300万円ほど多く金利で支払ってしまうことになるでしょう。

金利を膨らませないためにはまとまったお金が入った時に一括返済を行う必要があります。

消費者金融よりも利用しやすい楽天銀行に申し込む

楽天銀行スーパーローンの返済方法3つ

楽天銀行スーパーローンの返済方法3つ

次は楽天銀行スーパーローンの返済方法、指定口座から自動振替・提携ATMからの返済・インターネットで返済の3つについて紹介していきます。

カードローンを利用するには、金利などの条件が良いことも大事ですが、自分にとって返済しやすいかどうかという視点も大切です。

楽天銀行スーパーローンは残高スライドリボルビング返済方式Dによる返済になるので、利息を増やしすぎないよう随時返済も視野に入れておく必要があります。

1:指定口座から自動振替

楽天銀行スーパーローンの返済方法1つ目として「指定口座からの自動振替」があります。登録した指定口座から自動的に振替られ、これが楽天銀行スーパーローンの基本的な返済方法になります。

ほぼすべての金融機関から自動振替可能ですが、ゆうちょ銀行・自分銀行・新東京銀行は不可となっています。

指定口座からの自動振替の返済方法は、毎月決まった日に指定口座から落とされるので、うっかり払い忘れてしまう心配がありません。

2:提携ATMからの返済

楽天銀行スーパーローンの返済方法2つ目として「提携ATMからの返済」があります。ATMからの返済は繰り上げ返済の扱いになります。繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別に、一部または全ての返済することをいいます。

提携金融機関のATMは、ローソンATM・セブン銀行・イオン銀行・みずほ銀行・りそな銀行・三井住友銀行・東京都民銀行・イーネット・ステーションATM・PatSatなど、全国に10万台以上あります。

3:インターネットで返済

3:インターネットで返済

楽天銀行スーパーローンの返済方法3つ目に「インターネットで返済」があります。楽天銀行スーパーローンのインターネット返済が可能な金融機関で、インターネットバンキングを利用している場合可能です。

インターネットで返済する方法も繰り上げ返済の扱いです。繰り上げ返済した分の金額が毎月の口座振替金額よりも低かった場合、不足分が口座から引き落としされます。足りている場合は口座からその月分は引き落としされません。

消費者金融よりも利用しやすい楽天銀行に申し込む

楽天スーパーローンの利率を紹介

楽天スーパーローンの利率を紹介

実際に楽天銀行スーパーローンを利用する場合、どのような利率で返済していくことになるのでしょうか。最後に楽天スーパーローンの利率を紹介について紹介していきます。

利率とは元金に対する利息の割合のことを指す言葉です。元金に対する割合なので、単位は%(パーセンテージ)になります。

1:借入金が低いほど利率は高い

楽天銀行スーパーローンは、借入金が低いほど利率は高くなります。借用金額が高いということは利用限度額が高いということになり、利用限度額によって借用利率の範囲が設定されています。

例えば、借用金額が800万円の場合、利率は1.9~4.5%になりますが、借用金額が100万円以上200万円未満の場合、利率は9.6%~14.5%になります。

ご利用限度額 お借入利率
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

出典: https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/details/ |

2:100万円未満なら14.5%

楽天銀行スーパーローンの利率は1.9%~14.5%と表示されているので1.9%で契約できるのでは、と期待してしまう人もいるでしょう。しかし下限金利の1.9%で契約できる人は借入金額が800万円以上の人であり、それだけではなく信用度が高いことも必要になります。

借入金額が100万円未満なら利率は14.5%と決まっています。100万円を超えた場合には審査次第でもう少し低い金利になる可能性もあるでしょう。

3:800万円借り入れると利率は1.9~4.5%

楽天銀行スーパーローンで利用限度額の800万円を借り入れた場合、利率は1.9~4.5%です。最初から800万円借用できることはまずありませんが、利用限度額の増額を依頼すると審査が行われ審査の結果に応じて利用限度額の増額や利率の引き下げが可能です。

800万円でも利率は1.9~4.5%と幅があるので、少しでも低い利率にするにはキャッシングを利用し滞りなく返済を続けるなど信用を高める必要があるでしょう。

4:遅延すると19.9%の利率で計上

楽天銀行スーパーローンの返済が遅延した場合、返済日の翌日から遅延損害金が発生がします。遅延損害金は借入残高全額に対し、年19.9%の利率で1年を365日とした日割計算で計上されます。

例えば、借入残高40万円で5日延滞した場合は、40万円(借入残高)×19.9%÷365日×5日(滞納日数)=1090円となります。延滞日数が伸びていけばいくほどに金額は上がります。

楽天銀行スーパーローンの返済は着実に!

楽天銀行スーパーローンの返済は着実に!

「楽天銀行スーパーローンの返済額は?返済方法3つと利率」について紹介しましたが、内容は理解できたでしょうか。

楽天銀行スーパーローンは、残高スライドリボルビング返済方式Dによる返済なので、毎月、設定されている最低返済額で支払える点では無理なく返済できますが、返済期間が長引くほど支払う利息の額も大きくなり、返済額が増えてしまいます。

随時返済などを入れて返済は着実に小さくしていきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

楽天スーパーローンについて『楽天スーパーローンの返済額・返済方法・返済期間』『楽天銀行のおまとめローン「スーパーローン」の特徴・口コミ』という2つの記事にも詳しく紹介されています。

楽天スーパーローンは楽天スーパーポイントを貯めていきたい人にはメリットも大きいカードローンです。これから楽天銀行スーパーローンを申し込む方は、無理なく上手に返済していくために内容についてはよく理解しておきましょう。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

金利が利用しやすい銀行系カードローンがおすすめ

アコムなどの消費者金融系よりも、銀行系カードローンのほうが、審査が厳しく少し時間がかかる分、金利が利用しやすいという特徴があります。銀行系カードローンの中でも審査が比較的早い楽天銀行カードローンが特におすすめ。楽天スーパーカードローンは楽天ポイントも付いてくるので、お得に借入ができます。

即日融資 金利 審査時間
不可能 1.9%~14.5% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 -- --
\  ネット銀行ならではの金利で /

目次に戻る

関連記事

最新の記事