Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月10日

金融機関のブラックリストから消えるまでの期間|要点5つ

ブラックリストは消費者金融や銀行とのトラブルが発生してしまうことで記載されてしまうものなのですが、消えるまでの期間やどのような弊害が発生するのかを把握していない人は多いです。今回はブラックリスト入りをしてしまった後の消えるまでの期間を中心に記載します。

ブラックリストとは

ブラックリストとは

映画や漫画の中で登場人物が「ブラックリストに記載されている」なんて表現をするときは、いわゆる賞金首や標的という扱いになりますが、現実世界におけるブラックリストはそのような使い方をする人は実に少なく意味合いも異なります。

まずは、この日本でよく使われるブラックリストの意味についてわかりやすく解説いたしますのでご確認ください。

過去に支払いの延滞などを行うと載る

ブラックリストとは、消費者金融や銀行のカードローンにおいて、支払いの延滞や滞納といったトラブルが発生してしまった人が記載されてしまうリストのことです。

基本的に、消費者金融や銀行でお金を貸すかどうかの判断はいろんな審査を用いて行いますが、それらはすべて「信用できるかどうか」の一点で判断していますので、ブラックリストは信用が全くできない人が記載される場所です。

個人信用情報機関が記録している

しかも、このブラックリストはキャッシングやローンなどの情報を管理する個人信用情報機関に登録される情報なので、確実に記録としてのこり続けます。これは色々と足を引きずる情報となり消えるまで邪魔をしてきます。

この個人信用情報機関への登録はカードやキャッシングを利用する人ならば必ず登録しなければいけない機関なので、ごまかしは一切利かず消えるまでは残り続けます。

ローンやカードの作成ができなくなることも

先ほど記載したようにブラックリストに記載されたことは個人信用情報機関に登録される情報となりますので、他のローン会社や消費者金融にも共用されます。こうなると、それらの会社に「この人は信用できない」と消えるまで言われ続けます。

その場限りの借金でたまたま延滞しただけだから消えるまで残ると言われてもダメージがないという人もいますが、住宅ローンもできないのでその日まで気がつきません。

ブラックリストから消えるまでの期間

ブラックリストから消えるまでの期間

このブラックリストに載ると消費者金融を利用できなくなるだけではなく、住宅ローンや車のローンといったローンを組むのが当たり前のものにまで悪影響をもたらしますので、消えるまでの間かなり苦労します。

住宅ローンや車のローンが組めないと人生設計が狂ってしまうこともありますので、消えるまで我慢する時にはどの程度になったら消えるのかを把握しておくといいでしょう。

要点1:情報機関や掲載理由によって期間は異なる

これは車の減点方式と一緒で、どのような罰則をしてしまったのかで機関は異なります。飲酒運転ならば一発で免停ですが、法定速度をちょっと超えてしまって捕まったといった具合ならば一発免停はないといった違いです。

滞納したとしてもそれが1日といった本当に短い期間ならばブラックリストに記載されないこともありますし、それが60日以上ならばブラックリストに記載されて消えるまで時間がかかるようになってしまいます。

要点2:消えるまでは5年のことが多い

ブラックリストに記載されてしまうと最低でも5年間は記載されることになるでしょう。この5年はブラックリストへの記載が消えるまでの最低期間とか目安といった声が多数あるので、間違いないと考えてください。

もちろん、消えるまでの5年は短い方という指摘も多いのでこれ以上になってしまうこともあります。ブラックリスト入りはこのようにかなり重いペナルティなので乗らないことが大切です。

要点3:掲載理由によっては1年や10年の場合も

ブラックリストといった情報を管理しているのはJICC(日本信用情報機構) と個人信用情報機関の一つであるCICとKSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つです。これらの3つは管理の仕方が異なりブラックリスト入りの期間も異なります。

61日以上の滞納、3ヶ月以上の連続滞納、自己破産など色々とありますが、掲載理由によっても消えるまでの期間が異なり、短いと1年になります。

要点4:滞納分は完済しないとダメ

ブラックリストはその原因から発生している滞納金もしっかりと完済しないと消えるまでの期間もそれだけ延びていきます。最も多いパターンが返済ができずに滞納して、そのままブラックリスト入りしてしまい、消えるまでの期間に悪戦苦闘するという流れになっていますので本当に注意してください。

要点5:リストに載っているかは訊けば分かる

ブラックリストに消えるまでの期間はそのままでは知ることができませんが、それぞれの個人信用情報機関に問い合わせを行えば確認することはできます。

ただし、かなりプライバシー性の高い問題になりますので本人確認などの手続きは本格的で、ブラックリスト入りから消えるまでの期間がどうなっているのかの確認は時間がかかると考えてください。

ブラックリストに載らないために

ブラックリストに載らないために

このように一度ブラックリストに記載されてしまうと、なかなか面倒な状況になってしまいますので、消えるまでの期間は色々と生活において足を引っ張ってしまいます。頻繁に消費者金融や銀行からお金を借りないという人でも、住宅ローンや車のローンが組めないのはかなりしんどいです。

そんな状況を回避する、つまりブラックリストに記載されないようにするにはどうしたらいいのかを考えましょう。

ポイント1:預金残高は常に把握しておく

借金地獄になってしまうことでブラックリスト入りしてしまい、消えるまでの期間がさらに悪戦苦闘することになりますので、その状況を改善することが急務です。その方法の一つが預金残高を常に把握して、使いすぎを防ぐことでしょう。

しっかりとした経済観念を持って、自分の預貯金を含めてお金がどれくらいあるのかを理解すれば、ブラックリストから消えるまでの期間なんて考える必要はありません。

ポイント2:身の丈に合わない出費はしない

収入が少ない人でも借金まみれにならないで生活できている人はこの世の中にはたくさんいます。そんな人たちの共通認識として存在しているのが、身の丈に合わない出費をしないという考え方です。

収入が少ない人ならば余計な出費を減らせば、それだけブラックリスト入りは避けられますし、消えるまでの期間を心配する必要もありません。

ポイント3:カードの使用を控える

ポイント3:カードの使用を控える

浪費癖がある人は、どうしても欲しいものがあると次々とカードを使って購入してしまいます。そうすると、出費が膨れあがってローン地獄になり、いつの間にかブラックリスト入りして消えるまで悪戦苦闘してしまうでしょう。

ついついカード払いをし続けてしまうという人は思いきってカードが無い生活をすることも有効です。

ブラックリストから消えるまでの期間は5年が多い

ブラックリストから消えるまでの期間は5年が多い

ブラックリスト入りしてから消えるまでの期間は通常では5年以上なので先ほど記載したように人生設計も狂ってしまいます。特にマンションや家の購入の時にローンを組めないのは大きいので、必ず回避するように意識しましょう。

クレジットのトラブルを予防する

クレジットのトラブルを予防する方法はいくつかありますが、最もいい方法は延滞時のリスクをしっかりとリスクして、ブラックリスト入りしてしまうとどうなるのか、消えるまでの長い期間どのような弊害が発生するのかを理解することです。

また、キャッシングやカードローンとはどのようなものなのかを理解することも大切なので、その仕組みも確認してください。

関連記事