カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

カードローンの一括返済はお得なのか|メリット・デメリット

カードローンの返済を行う際に、借りたお金を一回で全て返済してしまうことを一括返済と呼びます。一括返済を行えば、返済期限や返済金額が少なくなりますが、デメリットも存在します。今回は、カードローンの一括返済のメリットやデメリットをご紹介します。

カードローンの一括返済はどんな時にするべきなのか

カードローンの一括返済はどんな時にするべきなのか

カードローンを利用して返済を行う場合、毎月返済する方法もありますが、借りたお金を一回で全て返済してしまう方法もあります。これを一括返済と呼びます。返済途中の金額の残りを一気に返済することも一括返済と呼ばれます。カードローンの一括返済はどんな時にするべきなのでしょうか。

一括返済を行えば、その分の利息がかからないので、返済期限や返済金額が少なくなります。毎月の家計や貯金など金銭的に余裕があり、大きくお金を消費する予定がないのであれば、一括返済を行うことをおすすめします。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

カードローンの一括返済のメリット・デメリット

カードローンの一括返済のメリット・デメリット

カードローンを一括返済することにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。カードローンの一括返済のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

カードローンを一括返済するとメリットが得られる場合が多いです。カードローンを一括返済するメリットをご紹介します。

利息が減る

カードローンを一括返済することで、カードローンを返済するまでの利息を減らすことができます。カードローンのホームページなどで行える返済シミュレーションを利用することで、どれ程利息を減らすことができるか確認しましょう。

必ずしも一括返済をしなかったとしても、毎月の返済額を増やすだけで利息が減り、返済総額も安くなります。

返済期間の短縮

一括返済を行えば、毎月返済を行う必要はありません。返済シミュレーションで確認して、借り入れの返済まで何ヶ月必要となるのか確認しましょう。カードローンの返済を考えながら過ごす期間を少なくしたい場合には一括返済がおすすめです。

利用限度額が増える

カードローンを利用している場合、借り入れ金額が多ければ多いほど、利用限度額は少なくなります。一括返済を行うと、また利用限度額分借り入れすることが可能です。利用できる借入額に余裕を持ちたい方は一括返済を行いましょう。

借り入れの際の審査に通りやすくなる

カードローンを一括返済することで、信用履歴が増えるので、再度カードローンで借り入れを行う際に有利になります。カードローンをこれからも利用したい場合には、一括返済を行うことも視野に入れましょう。

デメリット

カードローンで一括返済すると利息を節約できるといったメリットが大きいです。しかし、カードローンの一括返済にはデメリットも存在します。カードローンで一括返済を行う際のデメリットをご紹介します。

生活が苦しくなる

カードローンの一括返済を行うことで、生活が苦しくなってしまう人もいます。例えば、毎月の生活費に余裕がある人であれば、一括返済を行うこともできますが、毎月の生活費に余裕の無い人であれば、一括返済を行うことで、生活に支障が出てしまう可能性があります。

また、生活費だけでなく、貯金に余裕が無い人が一括返済を行う場合もデメリットが生じる場合があります。貯金を一括返済に充てることで、急に入院や冠婚葬祭などの行事があった場合にお金に困ることとなります。いつ何があるかわからないものですので、貯金にも余裕を持つようにしましょう。

気軽に返済することができない

一括返済する際には、何千円何万円ではなく1円単位で支払う必要があります。ATMでの支払いの場合には、硬貨が使用できないことが多いです。

銀行口座振込みや口座引き落としに対応している場合や、インターネットバンキングが使用できる場合には自宅でも簡単に一括返済することが可能です。金融会社によっては、一括返済を行う時には店頭窓口でのみ対応可能であることもあるので、事前に確認しておきましょう。

カードローンは気軽に利用できることがメリットですが、一括返済にすることによって手間がかかってしまう場合もあります。

利息計算の例

利息計算の例

カードローンは無利息期間がある場合以外であれば、日々利息が発生することになります。金利が15パーセントの場合であれば、100万円を1年借りると15万円の金利がかかることとなります。

利息は具体的には、どのようにして計算すれば良いのでしょうか。利息の計算方法は、借入残高と適用される金利を掛けて1年である365日で割り算をします。その数字を借り入れする日数に掛けることで計算されます。

例えば40万円を金利が18パーセントで30日間借りる場合であれば、40万円×18パーセント÷365日×30日≒5917と計算され、日々5917円の利息が発生することがわかります。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

他の返済方法との比較

他の返済方法との比較

カードローンは一括返済の他にも約定返済といった返済方法があります。約定返済は、毎月決められた期間までに一定の金額を返済していくことです。金融機関によって約定返済の方法は異なりますが、毎月一定の日に引き落としされたり、返済間隔が決められている場合があるので確認しておきましょう。

約定返済の場合には、必ず返済日を守って返済する必要があり、遅延することによって遅延損害金が発生する可能性があります。遅延日数が長いほど遅延損害金も多い額になり、信用情報にも傷がつきます。期日を忘れてしまいがちな人には、約定返済はおすすめできません。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

各カードローンサービスごとの一括返済の方法

各カードローンサービスごとの一括返済の方法

カードローンを一括返済で返済する場合には、各カードローンサービスごとに返済方法や手数料が異なります。金額が3万円を超えると手数料が発生する場合もあります。一括返済を行う際には、金額が高額になる場合もあるので、手数料が少ない方法を選択するようにしましょう。各カードローンサービスごとの一括返済の方法をご紹介します。

アコム

アコムのカードローンは店頭窓口や銀行口座振込みによって一括返済を行うことができます。ATMで一括返済を行うこともできますが、ATMであれば千円単位の返済になるため、端数は返済できなくなるので注意しましょう。

アイフル

アイフルのカードローンを一括返済する際には、事前に会員ページでや専用ダイヤルで返済金額を確認して置きます。アイフルのATMや提携先のATMでも返済は可能ですが、硬貨を扱うことができないので、硬貨を使用して返済したい場合には、銀行振り込みか店頭窓口での返済を行う必要があります。

銀行のカードローンの場合

三菱UFJ銀行バンクイックの一括返済の方法は、引き落とし・ATM・振込み・インターネットバンキングが可能です。ATMは三菱銀行ATMであれば振込み手数料もかかりません。みずほ銀行カードローンの一括返済の方法は、引き落とし・ATM・インターネットバンキングが可能です。ATM自体は原則手数料が必要となります。

楽天銀行のスーパーローンの一括返済の方法は、口座振替・ATM・インターネットが可能です。楽天銀行のスーパーローンであれば基本的に手数料がかからないのでおすすめです。

一括返済する際にはネットバンキングを使用しよう

 一括返済する際にはネットバンキングを使用しよう

一括返済を行う際には、ネットバンキングがおすすめです。カードローンを利用されている人の中には、仕事を行っている方も多いです。金融機関の窓口は、平日の夕方までしか営業していないので、窓口まで行くことができない場合もあります。

ATMや振込みでの一括返済では、手数料がかかる場合も多く、端数が支払えないこともあります。ネットバンキングであれば、手数料がかからずにスマートフォンやPCでいつでもどこにいても返済を行うことができます。返済額もホームページで確認してから返済できるので、返済額を間違えてしまうといった心配もありません。

カードローンは一括返済がおすすめ

カードローンは一括返済がおすすめ

カードローンは気軽に利用できますが、借り入れ金額は全て返済する必要があります。長期間にわたって返済することで、利息が嵩み返済金額が増えてきます。貯金や毎月の生活費に余裕があるのであれば、一括返済をおすすめします。

今後カードローンを使用しないのであれば、一括返済を行った際にカードローンの解約も行いましょう。一括返済で借り入れ金額を返済するだけでは、カードローンを解約することができませんので注意しましょう。

カードローンを利用する場合には、返済することも考えながら計画的に利用するようにしましょう。

消費者金融の借金を完済したら利用しやすい金利の銀行系カードローンがおすすめ

消費者金融の借入を完済または、完済に近づいたら、利用しやすい金利の銀行系カードローンの申込みをしましょう。消費者金融系よりも、銀行系カードローンのほうが、審査が厳しく少し時間がかかる分、金利が利用しやすいという特徴があります。今のうち銀行系に申し込んでおけば、もし次また急にお金が必要になったときに、利息を無駄に払うことなく借りられます。銀行系ならやっぱり楽天銀行がおすすめですね。

即日融資 金利 審査時間
不可能 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 -- --
\  ネット銀行ならではの金利で /

目次に戻る

関連記事

最新の記事