Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月10日

ブラックとはどういう状態なのかを徹底解説!再度融資を受けるには?

ブラックとはどういう状態を指すのでしょうか。カードローンで借入を行う際に、審査がまず通らなくなるブラックを避ける方法は一体何でしょうか。ブラックは一度なってしまったら、二度と抜け出せないのでしょうか。ブラックにまつわる基本情報をまとめました。

ブラックとは

カードローンで言う「ブラック」「ブラックリスト」とは、どういう意味でしょうか。カードローン(金融)の世界で使われる「ブラック」という言葉に、法的な定義が存在するわけではありません。しかし一般的に「ブラック」という言葉は、クレジットカードの作成や、ローン審査が通らない人のことを指して用いられます。

各個人が金融機関で起こした金融事故を信用情報機関が握っており、その信用情報機関の持つ「要注意人物」リスト(=ブラックリスト)に載ると、制約を受け色んな事ができなくなってしまいます。なぜ、ブラックリストに載るとそのような事になってしまうのでしょうか。

金融機関からお金を借りる時、借入者は審査を受けることになります。具体的には、「クレジットカードに入会するとき」「カードローンを始めとするローンに申請するとき」「銀行から資金の借り入れをするとき」「金融商品を購入するとき」にすべての人は審査を受ける必要があります。

審査の目的は、簡単に言えば借入者の信用度チェックです。お金が帰ってこなければ、お金を貸す金融機関の人も困ってしまう為、人にお金を貸す前に金融機関は必ずその人の事を審査します。審査内容としては、仕事の内容や年収、預金残高、他の金融機関との取引履歴等が挙げられます。そういった審査情報から、支払能力(与信)を測ります。

その際に過去の返済遅延や、滞納、支払督促、自己破産などの「金融事故情報」が見つかった場合には、カードローンを含めるローンの審査にも通過できません。また、クレジットカードを作る事もできません。逆に、過去に深刻な金融事故を起こしているにもかかわらず、何かしらの理由で記録が残っていない人は「ブラック」とは呼びません。

自分が起こした金融事故が信用情報機関に認知されてしまった場合、そこで始めて「ブラック」化してしまいます。

カードローンの信用情報機関とは

このようにブラックの話をされると、「自分はブラックに登録されてないかな」という疑問を持つ方も多いでしょう。ここでは、ご自身の信用情報をチェックする方法をご紹介します。

信用情報機関には、「日本信用情報機構(JICC)」「クレジットインフォメーションセンター(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」があり、それぞれ主として提携している業者が異なります。それぞれ、JICCは消費者金融やクレジットカード会社、CICはクレジットカード会社や信販会社、JBAは銀行を相手に情報提供を行っています。したがって、ご自身が金融事故(カードローンの返済延滞など)を行った金融機関に合わせて信用情報機関を選ぶ必要があります。

自分に関係のありそうな信用情報機関がわかったら、その信用情報機関の公式ホームページにアクセスし、そこで「情報開示」を申し込むと、個人信用情報を開示してもらうことができます。この個人情報はかなり機密性の高い情報となる為、情報開示は有料(1000円程度)となっています。

なお、信用情報の中には「異動情報」という項目がありますが、この異動に何かしら記録されている場合は、いわゆる「金融ブラック」と呼ばれる、延滞をある一定期間以上継続した場合に記録される「要注意人物」に区分されています。この「金融ブラック」に記録されている間は、ほとんどの金融機関の提供するサービスの審査に通らない可能性が非常に高いです。

最短審査で即日融資を申し込むならどこ?

ブラック化の条件と審査、カードローン契約の可否

金融事故履歴(異動情報)は5年から10年の間、個人信用情報機関に保管されます。この期間にカードローンやクレジットカードの審査に通る事は、基本難しいと考えて良いでしょう。

それでは、どういった金融事故が信用情報に記録されるのでしょうか。金融事故情報に含まれるのは、「支払いを一定期間以上延滞した」「代位弁済を行った」「債務整理、自己破産などの法的整理を行った」「強制解約になった」などの履歴です。聞き慣れない用語があると思いますので、それぞれの条件について簡単に説明します。

ブラックになる条件5つ

条件1:61日以上または3ヶ月以上の延滞

カードローンやその他ローンなどの返済を3か月以上もしくは61日以上延滞・滞納すると、金融事故情報が個人信用情報機関に登録されます。さらに、支払いの遅延を何度も繰り返すとクレジットヒストリー(クレヒス)の支払い状況欄に「本人都合による延滞」記号「A」が記録され、「この人はいつも返済に遅れる人で信用できない」という判断のもと審査に通りにくくなります。

そして、カードローンの支払いやクレジットカードの支払いを繰り返し延滞(1年間に3回程度)すると、ブラックリスト入りした上でカードが強制解約になります。 クレジットカードが強制解約になると、個人信用情報機関のJICCにも強制解約の情報が記録されます。 強制解約の履歴が個人信用情報機関に登録されると、返済能力のない人とクレジットカード会社の審査担当者が判断できるため、以降の審査に通りにくくなってしまうという訳です。

これは、クレジットカードのキャッシング機能で借りたお金を返済延滞した場合も同様です。

また、カードローンやクレジットカード以外で延滞が記録されてしまう意外なケースが「携帯本体の分割料金を含んだ携帯料金の延滞」です。通常、携帯料金の延滞が信用情報に記録されることはありませんが、近年は本体料金の分割料金を含めた料金プランが多くなっており、この本体料金の分割には「割賦販売法」という法律が適用されています。

この割賦販売法には利用者の返済能力を調査する義務があり、購入時に信用情報が利用されています。つまり、本体料金を分割で購入する時点で信用情報機関のデータベースに購入情報が記録されており、本体料金を含む携帯料金を延滞することで、信用情報に延滞履歴が記録されてしまうのです。

以上から、金融事故を記録されない為に、カードローンや携帯代金の支払いも含め、決して延滞をしない事が肝要です。

条件2:代位弁済

代位弁済(だいいべんさい)とは、債務者に代わり第三者が債権者へ債務の弁済を行う行為です。カードローンの中には「保証会社の保証を受けられること」という申し込み条件を定めているものがあります。このようなカードローンで一般的には3ヶ月以上延滞し続けると、カードローン業者は保証会社に対して一括返済を求める手続きを取ります。

この手続きが「代位弁済」です。代位弁済が行われると、カードローン業者に対する利用者の返済義務が消滅します。そのかわり、保証会社に対する返済義務が発生します。代位弁済が行われた後は、金融機関に代わり保証会社から借金の返済の督促が行われるという訳です。

代位弁済は保証会社を定めている場合のみ行われますが、この代位弁済が行われてしまうと、金融事故として信用情報機関に記録され、様々な金融サービスの審査に通らなくなってしまいます。

条件3:強制解約

「強制解約」とは、何らかの理由でカードローン業者やクレジットカード会社が強制的にカードの解約を行う事です。クレジットカードやカードローンを強制解約されると、信用情報機関に強制解約の履歴が残り、信用力がなくなりブラックリスト入りします。また、一度強制退会されてしまうと、同じカードの審査に通過し利用再開することは困難になります。

クレジットカードおよびカードローンが強制解約になる条件は、大きくわけて2つあります。

1つ目は「カード会員本人以外のカード利用」です。クレジットカードの名義人以外がカードを利用した場合、強制解約となります。 クレジットカードが他人に不正利用された場合は、必ずカード会社に連絡し、個人信用情報が傷つかないようにしましょう。

2つ目は「クレジットカードの現金化」です。クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用して買い物をし、専門の買い取り業者に商品を買い取ってもらうことで現金を手に入れることです。これが発覚した場合は、カードの強制解約となります。

この他にも、虚偽の情報でクレジットカードを取得したり、カードローンでお金を借りた場合などは、カードの強制解約となり、他金融機関の審査も通らなくなってしまいますので、くれぐれも注意しましょう。

条件4:債務整理

債務整理(自己破産、任意整理、個人再生など)をした方は、個人信用情報機関に5年~7年間、事故情報としてブラックリスト入りします。

自己破産とは、財産を手放すかわりに借金をゼロにすることで、個人再生とは、借金の減額を法的に行い、減額された借金を3年から5年の間に返済する必要がある状態、任意整理とは、話し合いにより過払い金の返済請求する手続きのことを言います。

このように債務整理でブラックリスト入りした場合、通常最短5年で記録が削除されます。しかし、個人信用情報機関に5年以降もネガティブ情報が残り続ける「成約残し」となっている場合は永久にブラックリスト入り状態が続き、審査に永遠に通らなくなってしまいます。

この「成約残し」は個人信用情報機関のシステムエラーや、裁判所の手続きが漏れることなどで発生します。債務整理後、5年が経過しても個人信用情報に金融事故情報が登録されている場合、個人信用情報機関に連絡し記録を削除してもらう必要があります。

条件5:多重申込(申込みブラック)に注意

「多重申込(申し込みブラック)」とは短期間に複数のクレジットカードやカードローンに申し込むと記録されることがあります。カード会社・カードローン業者から入会特典目当て・不正利用目的で申し込みしていると判断されてしまう為です。

目安として、クレジットカードやカードローンに、半年の間に3件以上申し込むと、そのように判断され審査に落ちる可能性がありますので注意しましょう。

クレジットカードやカードローンの申込情報は6か月間程度、信用情報機関にて記録・保持されます。申し込みブラックになった場合は、最後のカード申し込みから6か月以上経ってから、新たなカードローン等に申し込むようにしましょう。

ブラックで審査をパスしカードローンを借りられるか

ブラックでも審査をパスし、借りられるカードローンはあるのでしょうか。ここでは、ブラックでも審査が通るカードローン業者について簡単にまとめました。

参考1:銀行系カードローンは審査が通らず無理

まず、銀行系カードローンは審査が厳しく、ブラックではまず審査をパスする事はできません。低い金利が魅力的な銀行系カードローンですが、それは信用のある人にだけ貸すというところで利益を担保しているという事です。ブラックとなってしまった場合は、審査がまず通らない銀行系カードローンはひとまず選択肢から外した方が良いでしょう。

参考2:消費者金融系で現在志向のカードローン

独自の審査体系をもっている消費者金融のカードローンでは、審査の際に信用情報機関の情報を参照しない為、ブラックの方でも借りられる可能性が高いです。中にはやや高い金利を設けているカードローン業者もあるので、くれぐれもご利用は計画的になさってください。

参考3:街金融機関の審査

いわゆる街金、中小企業のサラ金であれば、審査が早く、甘いのでブラックの方でも借入ができる可能性が高まります。しかし、審査が甘い分、金利は往々にして銀行系カードローンと比べてもかなり高く、かなり計画的にお金を借りて返済を行わないと、大変な事になってしまいます。

参考4:悪徳金融業者を見抜く

通常、貸金業を仕事にする場合、正規の業者としての登録を受ける必要がありますが、悪質な業者は未登録であったり、登録番号を偽造していたりするので、そこに見分けるポイントがあります。検討している業者がまっとうな業者かどうか、調査する方法に金融庁の登録業者情報検索サービスがあります。これを使えば、手軽に正規の業者かどうかを知ることができます。

悪徳金融業者(闇金)は、審査は無いに等しいですが、一度借りてしまったが最後、法外な利息を請求してきてとことん利用者を追い詰めてくるので、絶対に関わりを持たないようにしてください。

最短審査で即日融資を申し込むならどこ?

ブラック情報は消せるか

これまでブラックになる条件やデメリットなどについて解説してきましたが、一度ブラックになってしまったらもう二度とブラックから抜け出せないのでしょうか。また、二度と審査に通る事は、カードローンを利用する事はできなくなるのでしょうか。

ブラック情報を自由自在に消す事は、実はほぼ不可能と言って良いでしょう。ブラック情報は簡単に消す事のできない情報となっています。ただ、自分の好きな時に消す事はできませんが、自動的にブラックを解除されるタイミングがあります。そのタイミングについて説明します。

事故情報には保持期間がある

ブラックになってしまった場合の解除方法は、実は1つしかありません。それは、「時間の経過による履歴消去」です。

信用情報に記録された事故情報は永久に記録され続けるわけではなく、一定期間が経過すると自動的に消滅するようになっています。事故情報や異動情報の記録期間は信用情報機関により多少異なりますが、大体5~10年程度です。つまり、長くとも10年間が経過すれば、ブラックは解除され、審査も通過するようになります。

仮にブラックになってしまった場合は、時間が過ぎるのを辛抱強く待ちましょう。

最短審査で即日融資を申し込むならどこ?

ブラックの場合はとにかく信用を回復させよう

ブラックとなってしまった場合は、とにかく金融事故などを起こさず5~10年もの間、信用回復に務める事が大事です。ブラックはあらゆる審査が通らず、ブラックでない人と比べ、非常に不便な生活を強いられる事になります。もしブラックになってしまった場合は、「なぜそうなってしまったのか」をよくよく考え、原因を見つめて二度とそのような事が発生しないよう、対策を打つ事が大切です。

ブラックでも審査OKの借りられるキャッシング

ブラックでもお金を借りる事ができる金融機関は存在します。各業者共に、他業者と比べゆるい審査を設けている等、様々な特徴を備えていますが、そういったカードローン業者は他業者と比べて金利が高かったり、何らかのデメリットがあります。

関連記事のご紹介

ここでは、ブラックでも審査に通る、もしくは借りられるカードローンについてまとめた参考記事について紹介します。

アコムならバレずに即日融資を受けられる

アコムなら最短審査時間30分、審査通過語の融資は最短1分です。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアコムからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  即日融資希望で /

関連記事