Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月05日

スカイオフィスの特徴6つ|申し込み方法と11の融資基準

皆さんこんにちは、今回は「スカイオフィスの特徴6つ|申し込み方法と11の融資基準」と題して、「スカイオフィスの特徴6つ|申し込み方法と11の融資基準」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「スカイオフィス」に関するいろいろなお得情報をご紹介します。

スカイオフィスはどんな会社か

スカイオフィスは福岡県博多区に本社を置く中小消費者金融で、「即日融資」をモットーにした有名なカードローン金融会社のことを指します。スカイオフィスで設定されている借入時の金利率は「15.0%から20.0%程度」であり、やや高い金利であることを把握しておきましょう。

上記のスカイオフィスに関する基本情報を確認しながら、「自分に見合ったカードローン社であるかどうか」を踏まえて利用することが重要です。

スカイオフィスは闇金ではない

スカイオフィスはきちんと会社登記をしており、また顧客とスカイオフィス側でしっかりとした借入プラン・返済プランなどを供託の形で進めていくという利用環境が完備されており、「闇金融」に見られるような「顧客側に隠されている情報画策」などは一切ありません。

特にカードローン社を利用する場合はこのスカイオフィスを含め、カードローン社のあらゆる情報を下調べしておくことが肝心です。

審査の最低条件

スカイオフィスを利用する場合に限らず、カードローン利用時には必ず「信用審査」を受けてそれにパスしておくことが課されます。この審査にパスすることがまず「最低条件」となり、その審査内容にはその会社独自に設定している多彩な審査内容があります。

このスカイオフィスのカードローンを利用する場合にまず大切なポイントは、「収入面の安定性」と「年齢制限」で、この2つをクリアしておくことが重点となります。

条件1:20歳以上

スカイオフィスでカードローン利用する場合にはまず、「年齢が20歳以上であること」が課されます。この「20歳以上」をパスした上で、収入面の安定性が求められ、さらには「金融トラブルが過去にないこと」があらかじめ求められる条件となります。

条件2:毎月収入がある(パート・アルバイト可)

次にスカイオフィスでのカードローン利用では、「収入面の安定性」を考慮した上で「パートでもアルバイトでも、この収入面の安定性が確認できれば利用可能」という特典が付いてきます。

多くのカードローン社ではこの「パート・アルバイトの利用」が不可能とされている場合が多く見られるため、このようにきちんと配慮されている点は大きな魅力となります。

条件3:総量規制

総量規制というのは、「年収の3分の1以上の借入サービスを利用することが法律上できない」という取り決めのことで、これはスカイオフィスだけでなく、他にも多くのカードローン社で普通に採用されている規制になります。

つまり、年収が低ければカードローン利用ができない可能性が出てくるため、あらかじめ自分の年収と借入金額とのバランスをきちんと確認しておきましょう。

やっぱりお金を借りるならアコムが1番?

スカイオフィスの特徴6つと申込手順4つ

さて、先述ではスカイオフィスでのカードローン利用時に必要な「信用審査」のポイントや、さらにはスカイオフィスのカードローンを利用する際に課される必要条件などについてご紹介しました、

ここからは具体的なスカイオフィス利用時の特典や魅力、さらに詳細なカードローン利用時の注意点などについてご紹介していきます。

スカイオフィスの特徴6つ

スカイオフィスのカードローンを利用する場合の特徴として、一般的には「6つの特徴」があげられます。これは他の金融カードローン利用時にも注目される項目となりますが、特にそれぞれのカードローンを利用する場合には「自分にとって少しでも有利になるよう、利用できるサービスの特徴」をしっかり把握することが大切です。

特徴1:ブラック対応・スピード融資

スカイオフィスでのカードローン利用時の大きな魅力・特徴としてあげられるのが、まずこの「ブラック対応・スピード融資」です。この場合の「ブラック対応」というのは、顧客が金融トラブルを引き起こしていても、ほぼ利用可能ということになります。

そしてスピード融資に優れているカードローンとしてスカイオフィスはあるため、この場合でも「すぐにニーズを満たしてくれる優良なカードローン」として認められます。

特徴2:貸し付け条件は低限度額・高金利

スカイオフィスのカードローン利用時のポイントとしてあげられるのは、この「貸し付け条件は低限度額・高金利」という、やや顧客にとっては厳しい貸付条件です。低限度額というのは一般的に「利用限度額」のことを意味しており、いわゆる「借入金額」のことを指します。

つまり、借入できるお金は少ないけれども、その少ない金額に掛かる金利は高いということになります。

特徴3:現在は遠方からの即日融資は非対応

ほとんどのカードローン社にはこの「即日融資」という借入サービスが採用されていますが、中には「遠方に住んでいる顧客に対しては、その即日融資の対象外」という規定が設けられている場合があります。

このスカイオフィスのカードローン利用時でも上記に即することになるため、あらかじめ「自分の所在地とスカイオフィスの即日融資の規定範囲」を確認することが必要となるでしょう。

特徴4:必要書類は本人確認書類・収入証明書類

先述しました「本人情報」の確認を含めたカードローン利用時に課される信用審査ですが、この審査では主に「書類選考」と「在籍確認」の2つの審査が行なわれます。その場合の書類選考時に提出が課される書類内容は、カードローン社によっていろいろ見られます。

スカイオフィスの場合は「身分証明書」と「収入証明書」の2点がまず重要で、他のパスポートや会社の基本情報などは必要ない場合が見られます。

特徴5:在籍確認は必須

先述しました「在籍確認」についてですが、この在籍確認というのは基本的に「顧客が提出書類に記載した会社で、本当にその顧客が勤続しているかどうか」を直接電話で確認することを指します。

この場合、前もってスカイオフィス側との相談によって「カードローン利用が周囲にバレないよう配慮されること」があるため、事前確認によってスムーズに行なえるよう配慮しておきましょう。

特徴6:貸し付けは原則一度だけ

これもスカイオフィスだけでなく他のカードローン社でも同じ採用基準が取られていますが、原則として借入サービスを受ける場合には、その借入金額を完済した後で「次の借入サービスを受けることができる」となります。

つまりスカイオフィスを利用する場合でも、一度借入サービスを受けた場合にはその借入金を完済し、借入残高をなくしておくことが必須となります。

スカイオフィスの申込手順4つ

スカイオフィスを利用する場合には一般的に「4つの利用申し込み段階」があります。顧客はこれらの申し込み方法やステップを前もって確認しておき、「自分にとって都合のよい方法」をもって利用申し込みをすることがベターとなります。

中には簡単に申し込める方法が満載のカードローン社もあるため、この「申し込み方法の事前確認」は必ず慎重に調べておきましょう。

ステップ1:インターネットから申し込み

基本的にスカイオフィスを利用する場合には「Web完結による利用申し込み」が可能であるため、インターネット上のスカイオフィスのホームページからアクセスし、利用申し込みの手続きをしていく形になります。

このWeb完結による申し込みは「24時間対応」であるため、完全顧客ペースで申し込みすることができ、手続きに際してもゆっくり・じっくりと申し込める環境を確保できます。

ステップ2:審査結果の連絡

先述しましたように、スカイオフィスを利用する場合には「信用審査」にパスすることが必須であるため、その審査の合否通知を受けることになります。この審査結果の連絡は基本的に電話かメールによって通知されるため、連絡ツールは確保しておきましょう。

ステップ3:契約書類記入

スカイオフィスのホームページ上の「申し込み用フォーマット」にあらかじめ「契約に際する必要事項の入力項目」が用意されているため、顧客は申し込む際、その各項目に必要情報を入力していくだけでかまいません。

これはWeb完結による申し込み方法の場合はどこでも同じ手順となるため、一度覚えてしまえば、他のカードローン利用時でも流用することができるでしょう。

ステップ4:振込

審査基準をパスした上でさらに利用契約申し込みをすべて終えた後は、希望した借入金額が自動的に「指定口座へ振り込まれる形」となります。この指定口座はあらかじめ申し込み用フォーマットに記入した顧客の銀行口座となるため、特に個別に銀行口座を開設する必要はありません。

やっぱりお金を借りるならアコムが1番?

スカイオフィスの融資基準

スカイオフィスを利用する場合には先述のように、まず「収入面の安定性」が絶対条件にあり、その上で過去の金融トラブルなどの有無が確認され、「顧客として迎え入れてよいかどうか」独自調査によって判断されます。

この審査基準をパスした上でも、スカイオフィスで利用できるサービス範囲は設定されており、さらにそれぞれのサービスの関連事項があるため、その辺りの情報をしっかり把握しておきましょう。

基準1:融資金額

スカイオフィスでのカードローンを利用する場合に利用できる融資金額ですが、これは「1万円から50万円」までとなります。基本的にこれ以上の金額を利用することはできないため、まず融資金額と自分の希望金額とが見合っているかどうかを確認しましょう。

基準2:利息

基準2:利息

次に利息ですが、これは「15.0%から20.0%」となるため、他の銀行系カードローンの場合と比べてやや高いか、平均的な金利・利息となるでしょう。

よく、消費者金融系カードローン利用時には「3.0%から14.0%」などの金利が見られますが、この場合は融資金額が多額であるため、金利をそれほど上げられないという法律上の規制があることに基づきます。

基準3:遅延損害金年率

「遅延損害金年率」についてですが、これは「返済遅延をした場合に課される罰金」のことで、その損害金は主に借入金額を基準にした編率によって割り出される」という形になります。

スカイオフィスを利用する場合の遅延損害金年率は、基本的に「15.0%から20.0%」となり、これは先述の金利・利息と同じ利率となります。

基準4:返済方法

スカイオフィスを利用する場合に採用される返済方法は一般的に「元利均等方式」となり、これは基本的に「返済金額に含まれる元金と金利分の合計が、返済開始時点からその期間の終了時まで、すべて同じ金額となる」という方式を意味します。

つまり、借入金額が30万円でその金利が「17.0%」とされた場合、「毎月の返済額とその金利分が減ることなく、その返済期間の終了時まで払い続ける」という形になります。

基準5:契約・返済期間

スカイオフィスを利用する場合に課される返済期間は、一般的に「借入日から最長5年以内(最長で60回払い)」とされます。どんなに毎月の最低返済金額が安くても、この5年の期間内に必ず元金と金利分とを完済することが確約されます。

基準6:返済回数

先述でご紹介しましたが、スカイオフィスを利用する場合に課される返済回数は「最長の場合で60回払い」となります。もちろんこれは最長の場合であるため、顧客によってはそれより少ない「30回払い」や「20回払い」などで終了することが普通にあります。

基準7:極度額借入契約

基準7:極度額借入契約

まず「極度額」というのは「その現時点で顧客が借入できる最高金額」のことを意味し、これは通常の利用限度額とはまったく違う意味合いで使われます。スカイオフィスを利用する場合は先述のように「50万円まで」が利用限度額の上限となるため、それ以上の金額を借入することはできません。

上記を踏まえた上で、大きな金融トラブルを抱える顧客には、「10万円まで」などとペナルティが課されることがあります。

基準8:担保

スカイオフィスで利用できるカードローンの特徴は、まず先述のように「少々の金融トラブルがある顧客でも利用できる」という特典があるため、審査のハードルを含め、カードローン利用時の特典にも非常に配慮されています。

スカイオフィスを利用する場合には「担保・連帯保証人」の提示は不要であり、顧客が単独で利用できるカードローンとなります。

基準9:連帯保証人

連帯保証人というのは一般的に「債務者の依頼される形で、その債務を負担する(引き受ける)人」のことを意味し、つまりこの場合は、「借入サービスを受けた人が何らかの事情で返済できなくなった場合、その返済を肩代わりする人」のことを指します。

スカイオフィスを利用する際にはこの「連帯保証人」が不要であり、連帯保証人が付くことによって得られる返済における信用は不要となります。

基準10:必要書類

スカイオフィスでのカードローン利用時に提出が課される必要書類は、身分証明書(健康保険証・運転免許証など)、(所有する場合は)パスポート、収入証明書の3点です。なお、必要書類に署名する際に印鑑(実印が望ましい)が必要となる場合があるため、印鑑も用意しておきましょう。

基準11:元本及び利息の支払い

基準11:元本及び利息の支払い

基本的にカードローン利用時に注意する点としてあげられるのは、「借入残高と金利支払い」の義務遂行の点で、これはスカイオフィスでのカードローンを利用する場合でも特に注意すべき点となります。

スカイオフィスでのカードローン利用時では、「元利均等方式」が基本となり、借入残高がある場合は「元金と金利とを、借入サービスを受けた時点で設定した毎月の返済分と同額の金額を払わなければならない」となります。

やっぱりお金を借りるならアコムが1番?

スカイオフィスの特徴を理解して賢く使おう

スカイオフィスのカードローン利用時や他社金融のカードローン利用時の場合には、まず「自分にとってそのカードローン利用が適切かどうか」をしっかり確認することが重要となります。

必ず「無理のない返済プランを立てておくこと」が先決で、借入サービスを受けた時点から完済するまでの期間において、確実に返済できるという事前のプラン設計をしておきましょう。

ブラックでも借りられるキャッシング

このスカイオフィスのカードローン利用時の大きな特典は、「ブラックリストに氏名が掲載されるような顧客」であっても、カードローン利用が可能であることです。この特典は他の金融カードローンではほとんど見られない特徴となるため、上手く利用することによって、とても心強い顧客の見方となってくれることでしょう。

今すぐお金を借りるならアコムが1番?

アコムなら最短審査時間30分、審査通過語の融資は最短1分です。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずアコムにお申込みするのが一般的です。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 楽天銀行の口座をお持ちの方であれば、24時間最短1分で振込可能
\  即日融資希望で /

目次に戻る

関連記事