Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月03日

教育ローンの審査に落ちる理由5つと教育資金準備の対策法

家計のやりくりを考えるときに重要なのが教育資金です。お金がないときに教育ローンに頼って子どもを進学させたいけど、審査が通るかどうか不安になる家庭も多いです。今回は、教育ローンの種類と審査で落ちる理由、他の教育資金の準備方法を紹介します。

教育ローンとは

教育ローンとは

教育ローンとは、保護者が子供の教育資金のためにお金を借り、保護者が期限に返済するローンです。これとよく似た奨学金とは、子供が借りて子供自身が卒業後に返還します。

つまり、教育ローンと奨学金の違いは、返済者の違いになります。

教育ローンの種類

教育ローンには、大きく分けて2種類のものがあります。

1つは国(日本政策金融公庫)からお金を借りるものと、民間の金融機関(銀行、信用金庫、信販会社など)からお金を借りるものがあります。どちらも、教育関連費用に使うものとしてお金を借りることができます。それぞれの借入可能金額や審査基準などを確認しましょう。

教育ローン1:国の教育ローン

国の教育ローンは、最高350万円まで借り入れが可能です。また、民間に比べて金利が低く、年1.76%の固定金利をとっています。

また、在学中は、元金据え置きで利息のみの返済も可能です。金利が低いことから、申込者が多い人気の教育ローンです。ただし、保護者の年収制限があり、年収が高すぎると審査が通らず、国の教育ローンが受けられない可能性があります。

教育ローン2:民間の教育ローン

民間の教育ローンでは、銀行や信用金庫、バンク系からお金を借りることができます。国の教育ローンに比べて、審査が速く通りやすいです。借入額は300万〜500万円と、国の教育ローンよりも高い金額を借りることができます。

しかし、金利は国の教育ローンよりも高めで、ローンによって翌月から返済が開始されるものもあります。

国と民間で教育ローンの審査が通りやすいのは

どんな人が審査に通りやすいかを考えるときは、自分がお金を貸す立場になって、どんな人なら安心してお金を貸すことができるかを考えると良いでしょう。審査が通りやすい人は、安定した収入があり、利息分を含めて必ず返済してくれる人です。

逆に、安定した職業についていない人や、過去に何らかの金融トラブルを起こしたことがあるような前科持ちの人は要注意です。

最短審査で即日融資を申し込むならどこ?

教育ローンの審査に落ちる5つの理由

教育ローンの審査に落ちてしまうと、他の教育ローンでも審査に落ちてしまう可能性があります。これは、他のローン会社でも「あの会社が審査で落としたのなら、安心してお金を貸すことができない」と考えてしまうからです。

教育ローンを申し込む前に、教育ローンの審査に落ちやすい人の特徴を確認しておきましょう。

理由1:安定した収入がない

安定した収入がなければ、国やローン会社は返済を滞納してしまうのかと心配になり審査で落とすことがあります。そのため、貸す側は昨年度の年収と比較して無理のない範囲で返済できるか、仕事を転々としていないか、勤務先は安定した会社かどうかを調べます。

最低でも2年間は同じ企業に勤めていると、ローン会社も安心するので審査に通りやすくなります。転職して間もない人は、教育ローンを申し込む際は注意しましょう。

理由2:過去に金融事故を起こしている

代表的な内容としては、クレジットカードの未払いや自己破産、任意整理や個人再生などの債務整理の経験、代位弁済の経験がある人は審査が通らない可能性が非常に高いです。貸す立場に立てば、事故経験者に再びお金を貸すことは怖くてできません。

しかし、ローン会社によっては、ある程度の期間が過ぎれば審査が通過できることもあるので、申し込む際は会社に相談してみましょう。

理由3:延滞したことがある

ローン会社にとって、貸したお金はすぐに返してほしいです。延滞すればその分の利息がついて会社に戻るお金は多くなりますが、ローン会社が一番嫌なのは貸したままお金が戻ってこないことで、貸した相手とも連絡が取れないことです。そのため、会社によってはたった数日の延滞でも審査を落とすこともあります。

理由4:他社借り入れが多い

理由4:他社借り入れが多い

他社からの借り入れが多いということは、貯金がなく安定した収入を得ていない、延滞せずに必ず返済できるか信用できないということになります。

対象となる借り入れは、自動車ローンやクレジットカードのキャッシング、カードローンであり、中には住宅ローンや携帯電話の割賦払いも審査の対象にするところもあります。教育ローンを申し込むときは、自分の借入状況を正確に知っておきましょう。

理由5:カードローン・キャッシングを利用している

他にも借り入れがある場合も審査落ちの対象になります。教育ローンの申し込みを考えている人は、カードローンの利用をやめたり、クレジットカード支払いを一括にしたり、現金払いにするなどの、借り入れている状態を作らない工夫が必要です。

最短審査で即日融資を申し込むならどこ?

教育ローン審査に落ちたときの教育資金準備の対策法

教育ローン審査に落ちたときの教育資金準備の対策法

万が一、教育ローンの審査に落ちたとしても、落胆をすることはありません。教育ローン以外にも教育資金を補うための方法として、奨学金と大学の授業料免除制度があります。それぞれの内容を詳しくみていきましょう。

対策法1:奨学金

奨学金とは、学業成績などが高い生徒に対して、金銭の給付を行う制度のことをいいます。主な奨学金には、独立行政法人日本学生支援機構による奨学金と、病気や事故等により親を亡くした子供に対して奨学金を貸与するあしなが育英会による奨学金、民間企業や新聞社による奨学金があります。

奨学金の審査基準は、学業成績や親の年収になります。奨学金制度を受け続けるためには、一定基準の学業成績を保ち続ける必要があります。

対策法2:大学の授業料免除制度

大学によって、授業料または入学料を免除する制度もあります。主な申請資格として、学資負担者が死亡、もしくは風水害の災害を受けて入学料や授業料の納入が困難だと認められた場合や、学業が極めて優秀であると認められた場合に免除が適用されることが多いです。

大学進学が決まった時は、自分の大学にどのような免除制度があるか早めに確認しておきましょう。

最短審査で即日融資を申し込むならどこ?

しっかりと対策をして教育資金を準備しよう

しっかりと対策をして教育資金を準備しよう

大学進学を希望するなら、教育資金の準備は必ず必要になります。国公立大学の入学金を含めた4年間の費用は、250万円前後となります。しかし、私立大学の文系では417万円、理系では578万円、医歯系では6年間で3254万円が必要になります。また、仕送りの平均が月に7万円になるため、大学入学までに教育資金の準備が必要です。

教育ローン審査に落ちたらカードローンも検討しよう

教育ローン審査に落ちたり、奨学金制度や大学の授業料免除制度が受けられなかったりした場合は、カードローンを検討してみましょう。カードローンは銀行や消費者金融、信販会社から発行が可能です。それぞれ金利はもちろん、即日融資可能どうか、借り換え可能かどうか、審査基準はそれぞれ違います。

自分の収入や貯蓄額、ライフプランと合わせて、無理のないローン会社を選びましょう。

アコムならバレずに即日融資を受けられる

アコムなら最短審査時間30分、審査通過語の融資は最短1分です。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアコムからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  即日融資希望で /

関連記事