Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月28日

携帯料金を滞納した時の携帯会社別対応・リスクと3つの解決方法

今回は「携帯料金を滞納した時の携帯会社別対応・リスクと3つの解決方法」と」題して、「携帯料金を滞納した時の携帯会社別対応・リスクと3つの解決方法」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「携帯料金滞納時」のお役立ち情報をご紹介します。

携帯料金を滞納したらどうなるのか

携帯料金を滞納したらどうなるのか

現代のほとんどの人が使っている携帯電話(スマートフォン・iPhone・タブレットも含む)ですが、それぞれの携帯電話にはすべて「基本料金・通話料金・パケット通信料」などの携帯料金が掛かっています。

もちろんこの携帯料金を規則どおりに支払わなければ「利用停止」となり、その後の催促通知もさらに無視すると「強制解約」の運びとなります。

利用停止

携帯電話の使用料を支払わず、携帯料金滞納のままにしていると「はじめに催促通知」がきて、その上で「一定期間(携帯料金を支払うまでの期間)の利用停止」となります。この利用停止というのは一般的によく見られるケースで、「携帯料金払うのを忘れていた」というド忘れ的な感覚でのケースとなります。

しかし、この携帯料金滞納期間が長引くことによって、次第に「強制解約」への運びになるため注意が必要です。

強制解約

強制解約というのは先述のように、「利用停止の状態をさらに引き伸ばすように、その後も携帯料金滞納期間をそのまま延長させること」で発生します。その利用者は携帯料金をその後も支払う気がないと見なされることとなり、その時点で「携帯利用契約を強制解約させられる」ということになります。

携帯会社大手3社の対応比較

携帯会社大手3社の対応比較

携帯料金の滞納によって発生する「利用停止」や「強制解約」までの流れが実際にどのようなものであるかについて、大手携帯会社で取られる顧客への対応の実情をもってご紹介します。

この内容を基にした上で「携帯料金の滞納」が世間ではどのようなものかを再確認しておきましょう。

ドコモ

一般的にドコモの場合の携帯料金の支払いは「翌月の末」となり、この期限までに携帯料金を支払わなければ「滞納」が決まります。たとえば8月の携帯料金はその翌月の「9月30日まで」が携帯料金の締め日となるため、その日までに支払わなければなりません。

その期日が携帯料金滞納のまま過ぎてしまうと、ドコモから「振込通知書」が届きます。それでも滞納を続けるとその翌月(10月)の末に「利用停止」となります。

au

次に人気携帯機種のauの場合ですが、まずauの場合では「翌月の25日」が携帯料金の支払い日となります。この「25日」を携帯料金滞納のままで過ぎてしまうと、ドコモの場合と同じく「滞納後、一週間以内に携帯料金支払いの催促状」が届きます。

そのまま無視して滞納を続けると「3週間以内で利用停止」、さらに「本来の支払い期日から約3か月以内の滞納で強制解約」となります。

ソフトバンク

ソフトバンクでは滞納料金を請求する際に「10日締め」の場合と「20日締め」の場合との2種類の催促が届きます。ソフトバンクの場合では携帯料金の締め日は「翌月の16日」となり、そのまま滞納すると「約1週間以内に督促状」が届きます。

それでも滞納を続けた場合、それから2週間前後で「利用停止」となり、「本来の支払日から90日以内の滞納」によって「強制解約」となります。

利用停止や強制解約より怖いのは

この携帯料金の滞納によるペナルティよりもさらに注意しなければならない点としてあげられるのは、「クレジットカード利用」や「カードローン利用」などに際する「信用情報にバツが付く」という失点です。

これによって「クレジットカード利用が不可」となったり、さらに「裁判にて起訴される場合」などの最悪のケースに発展することがあります。

信用情報の記録

「携帯料金未納・滞納」というのは「本来の取り決めにおいて契約違反した」というペナルティにより、信用情報が減点されるという汚点が記録されます。この記録は主に「金融機関で共有されるリスト」において掲載されるため、クレジットカード利用・カードローン利用などの、他の金融機関利用時に重点的に参照されることがあります。

クレジットカードが使えなくなる

先述しましたように、携帯料金の滞納ということは「金融上の契約違反」と同じことになるため、キャッシング・カードローン利用・クレジットカード利用などの同じく金融上の契約においても、「信用できない」という罰則(ペナルティ)が課されることになります。

つまり、あまり頻繁に携帯料金の滞納が目立つ場合は「金融上の契約を守ることができない」と見なされ、金融上の契約・取引そのものができなくなる状態になります。

ローンが組めなくなる

これも先述と同じく、カードローン利用・クレジットカード利用(特に借入サービスを受ける際)においてのペナルティとなりますが、カードローン利用では必ずその借入の際に「返済プランを組む」という項目が課されます。

この場合に携帯料金の滞納があまりに多い場合、その顧客は問答無用の形ではじめから「ローンを組めない状況」を課される場合があります。

裁判になることもある

この場合は主に民事裁判となりますが、携帯料金の滞納というのは法律上では「公式な商取引における契約違反」と見なされるため、「携帯料金の滞納した側が100%悪い」となります。これによって携帯会社などは「100%勝てる裁判」に踏み込むこととなるため、場合によっては普通に裁判で起訴することが見られます。

携帯料金を滞納した際の3つの解決方法

携帯料金を滞納した際の3つの解決方法についてですが、つまりは「滞納している携帯料金を完済すればよい」ということです。そのための算段をいろいろな方法によって駆使することとなるため、この場合は「個別に最適な方法」を取ることがベストとなります。

方法1:家族や友人に相談する

「家族や友人に相談する」という方法ですが、この場合は「どのようにして携帯料金を工面するか」という相談と、「携帯料金納付の方法(遅延してからの)」を具体的に教えてもらうという形になるでしょう。

しかし、いくら相談しても「滞納している携帯料金を支払うこと」には変わらないため、相談する場合は「携帯会社に直接相談すること」の方が大事となります。

方法2:携帯会社に相談する

先述の続きとなりますが、携帯料金を滞納した場合に「携帯会社に直接問い合わせ、滞納後の料金納付の方法について具体的に相談すること」が手っ取り早い解決法となるでしょう。この場合には携帯会社の方から手取り足取り教えてくれるため、そのとおりに滞納分の携帯料金を支払うことでトラブルは回避できます。

方法3:カードローンやキャッシングを利用する

先述しました「家族・友人との相談」や「携帯会社との相談」においても、「滞納している携帯料金を支払うこと」が大事となるため、その滞納分の料金の工面がいずれにせよ必要となります。

その場合に「どうしてもすぐに工面できない」となった際には、カードローン利用でのキャッシングを活用することも視野に入れ、とにかく納付するべき携帯料金を工面できる工夫をしましょう。

携帯料金を滞納しないように注意する

携帯料金を滞納しないように注意する

携帯電話は使うと非常に便利な物ですが、その携帯料金を滞納すると「とても怖いペナルティ」が課される場合があります。そのため、携帯電話を利用する際にはどんな場合でも「必ず携帯料金を期日までに支払うこと」を自分に義務付けておき、他の金融ツールを利用する際のペナルティを課されないように注意することが大切です。

携帯料金の滞納はふとしたときにやってしまうものなので、日頃からの納付期日の確認が必要です。

すぐにお金が必要な時にできること

この「滞納している携帯料金を今すぐに支払わなければならない」となった場合、先述でご紹介しましたように「カードローン利用やクレジットカード利用ができない場合」も想定されるため、親や友人から一時的に資金を工面してもらうことも大切な方法になります。

また消費者金融カードローンを検討することが大切で、消費者金融カードローンでは審査のハードルが低いため、このような場合でも借入できる場合が多く見られます。

選ぶポイントは金利&審査スピード!

カードローンを選ぶ中で金利と審査スピードはとても重要な指標になっています。なぜなら、金利はお金を借りることに対してのサービス料金を決める割合、審査スピードはどれくらい早く必要な額が受け取れるかということだからです。サービス料金は安い方が良いですし、必要な時に必要な額を受け取れなければ意味がありません。

銀行 vs 消費者金融

金利と審査スピードを説明するに当たって、知っておくべきことがあります。それは、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの違いです。それぞれの特徴を下記にまとめました。

銀行系カードローンの特徴
  1. 金利幅の平均が約1%〜14.5%に設定されている。
  2. 融資まで数週間かかることが大半!
消費者金融系カードローンの特徴
  1. 金利幅の平均が3%〜18%に設定されている。
  2. 融資までのスピードが早く最短1分で振込が可能な消費者金融が存在!

以上のように銀行系は金利が安い分、審査が長いです。銀行は人、会社の信用を買って投資している、もしくは銀行の信用を売って資金を得て運用しています。ですので、銀行に預金しているお客様に対してお金を戻せないとなると銀行そのものの信用がなくなり、利用者がいなくなってしまいます。結果的に、融資をする場合は融資先の人がどれだけ信用あるのかを慎重に確認する必要が出てくるのです。これが審査が長い理由です。金利が安い理由としては、審査に通った人たちは信用があるので安心して融資できる点にあると言えます。

楽天銀行などの大手金融機関などが代表ですね。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

一方で、消費者金融は審査スピードが早く、金利は高く設定されています。審査スピードが速いのは審査システムに理由があります。消費者金融では本審査の前にスコアリングシステムで仮審査を行うことがあります。仮審査をすれば審査を受ける資格があるのかどうかを最短1秒で判断できますので、消費者金融側では審査で重要な部分をピンポイントで人が行なっていきます。

アコムでは、最短で1時間後には借りることも可能なほど審査が早いのが特徴です。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

それでは金利の比較を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利審査スピード
楽天銀行1.9%~14.5%申し込み時から数日間
三井住友銀行4.0%~14.5%最短翌営業日
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%最短翌営業日
アコム3.0%~18.0%最短1分: 楽天銀行・ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方


楽天銀行: 0:10 〜 23:50の間に申し込み
ゆうちょ銀行: 9:00 〜 14:30に申し込み

最短30分: その他の口座
プロミス4.5%~17.8%最短1分: 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

最短30分: その他の口座

ここで重要なのが、いつまでに融資を受ける必要があるのか?ということです。急いで融資を受ける必要がない場合は、金利が安い銀行系の方がお得です。

一方で、今すぐ必要!という方には消費者金融向けと言えます。金利は少し高くなってしまいますが融資までのスピードが優先となるので割り切りましょう。

関連記事