カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月28日

土日でもキャッシングは可能か・即日融資を受ける方法・条件

皆さんこんにちは、今回は「土日でもキャッシングは可能か・即日融資を受ける方法・条件」と題して、「土日でもキャッシングは可能かどうか」に関する詳細情報のご紹介をはじめ、「キャッシング時に即日融資を受けるいろいろな方法と条件」についてご紹介します。

土日でもキャッシングは可能か

土日でもキャッシングは可能か

「土日でもキャッシングは可能か」についてですが、これはよく借入サービスを利用する際に疑問になることでしょう。結論から言えば「土日でもキャッシングは可能」になります。最近の金融機関ではこの「土日・祝日でのキャッシング」に尽力している機関も多くあり、「いつ・どこでもキャッシングが可能」というウリを看板にする傾向があります。

ただしこの「土日・祝日でもキャッシング可能」の場合は、無人契約機やATMなどが最寄りにある場合に限られる場合がほとんどであるため、まず「土日キャッシング」を希望する場合は「自宅の周辺にATMがあるかどうか」の確認をしておきましょう。

ATMから可能

この「土日・祝日のキャッシング」についてはどの金融機関・カードローン社でも採用しているサービスになりますが、そのキャッシング先はATMなどの無人契約機と同じ「機械相手の作業」になります。

もちろん土日・祝日でも開店している店舗の場合(独立金融など)は別になりますが、基本的にはATMでのキャッシングが一般的になります。そのため「土日でのキャッシングを希望する場合」はまず先述のように「自宅にATMが設置されてあるかどうか」をきちんと確認しておくことが大切です。

上記に加えて「土日キャッシングを行なう際にATMを利用する場合」は、独立金融でも銀行系カードローンの場合でも、その金融機関と提携しているATMでなければいけません。この辺りの情報についてもしっかり事前確認をしておきましょう。

キャッシングで土日に即日融資を受ける方法

キャッシングで土日に即日融資を受ける方法

「即日融資」というのは非常に多くの金融機関で採用している「即決で資金を融資してくれるサービス」になりますが、この「即日融資」を利用する場合にはまず「即日融資申請」という別途の申請をする必要があります。

基本的に即日融資を土日のキャッシング時に行なう場合は、先でご紹介しましたようにまず「自宅から最寄りのATM・その金融機関が提携しているATM」を確認しておき、そこから即日融資を受ける形になります。

具体的な手続きとしてはまず、インターネット上にあるその金銭期間のホームページから「即日融資申請」をクリックして申請し、無人契約機でローンカードを受け取って、提携ATMからキャッシングを行なうという流れになります。

自動契約機での対応

自動契約機での対応

土日にキャッシングを行なうという場合にはまず、「初回利用時」か「継続利用している間での融資・キャッシング」かという2種類の状況によりますが、初回利用時の場合は初めに「信用審査基準を満たしておく必要」があるため、即日融資がその日に可能かどうかはその審査にかかる時間によって変わります。

一般的に即日融資を申請する場合は、まず本人情報の提示と「勤続先の会社の基本情報」とが必要になるため、それらの証明書類を提示する必要があります。運転免許証や健康保険証などの本人情報の提示、勤続先の会社に確実に勤務していることを証明できる書類、この2つの書類が必要で、それらの書類を設置されているスキャンで送信する形になります。

土日にキャッシングの即日融資を受ける条件

土日にキャッシングの即日融資を受ける条件

まず先述しましたように、土日キャッシングの場合は「無人契約機を使用して即日融資を受けるための申請手続き」が必要となるため、それ用の準備をすることが必要です。さらに、それまでにその金融機関で借入を行なっていた場合は、その借入の返済額(完済額)と見比べて即日融資が可能かどうかを審査するため、「必ずできる」とは確約されません。

一般的にほとんどの金融機関で即日融資を申請する場合は、「現在どれだけの借入を行なっているか」という、現行での借入合計額が重視されます。これは他社金融から借入をしている額も総額として認められます。

その上で、「所得証明書」や「給与明細書」などの収入証明書の提示が必要となり、「現在、稼いでいる固定収入によって、確実に返済が可能かどうか」を確認した上で「即日融資が可能かどうか」の採択がなされます。

22時まで

22時まで

「22時まで」というのは基本的に「ATMが開いている時間帯」を指す言葉になりますが、たとえばアイフルが提携しているATMの開業時間帯は「8時から21時45分まで」の間となるため、土日キャッシングの場合でも、この時間帯に合わせて利用することが必要となります。

上記に対照する形でたとえばアコムの場合では、「楽天銀行口座を利用する場合は24時間土日も振込反映可能」や「むじんくんを利用する場合であれば、8時から22時まで利用が可能」となるため、利用する金融機関によって「ATMが利用できる時間帯」は変わってきます。

カードなしでもスマホATM取引可能

カードなしでもスマホATM取引可能

先述しましたように、まず特定の金融機関によってその提携しているATMの取引時間帯は変わってくるため、前もって「何時まで開いているか」という確認をしておきましょう。その上で、現在では「電子上のキャッシング」が可能となっている金融機関が多く登場し始めているため、ローンカードがなくても、スマホやパソコンからATM利用が可能です。

土日にキャッシングの即日融資をうけられる会社

多くの金融機関では独立金融や銀行系カードローンなどを含め、「土日キャッシング」が採用され始めている機関が実に多彩にあります。即日融資の利用を含め、「実際に土日キャッシングができるのかどうか」をしっかり確認するためにも、自分が利用する特定の金融機関の関連情報はきちんと把握しておきましょう。

即日融資が受けられる会社は、アコム、プロミス、レイクALSA、SMBCモビットなどがあげられます。

アコム

アコム

先でご紹介しましたように、アコムを利用する場合であれば「楽天銀行の口座を持っていることによって、土日・祝日でも来店なしでキャッシングや即日融資が可能」となります。基本的には土日・祝日というのは店頭が休みになるため、楽天銀行口座を持っていない場合は融資を受けることは不可能となります。

プロミス

プロミス

大手金融のプロミスですが、プロミスでも通常借入サービスの場合であれば「提携しているATMからのキャッシングが可能」となりますが、たとえば即日融資申請をする場合では、新たに審査を受ける必要が出てくるため、土日・祝日の場合は「審査の持ち越し」がなされ、土日を過ぎた平日にキャッシングの運びとなる場合が一般的です。

しかしこの場合でもアコムの場合と同じで、三井住友銀行、あるいは、ジャパンネット銀行の口座を持っていることによって「土日祝日でも即日融資可能」となります。

レイクとは

レイクとは

レイクALSAなどのレイク系カードローン社の場合ですが、レイクの場合は「最短30分の審査」で借入ができるという特典がまず付き、その利用限度額も「1万円から500万円」と、独立金融では平均的な限度額を借入することが可能となります。

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAの場合は提携ATMや自動契約機での手続き時間帯(営業時間帯)が「店舗によって変わる」ため、事前確認が必須となります。基本的には「24時間営業」の自動契約機がほとんどですが、「第3日曜日に限り、審査が19時まで」と限定される場合があるため、その辺りの確認はしっかりしておきましょう。

上記の「第3日曜日に限り、審査が19時まで」という取引時間帯を除いた上で取引を進めることによって、土日でも提携ATMからのキャッシングが可能となります。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの場合は「土日・祝日にこそ借入・即日融資が可能である」という看板を出している、唯一の「いつでも利用可能な金融機関」として認められています。ただし「即日融資を受けるための審査基準を満たしておく必要」があるため、先述しましたように「その手続きに必要な提出書類をスキャンによって送信すること」は必須となります。

即日融資を受けられる条件を満たした上で、SMBCモビットの場合は「ローンカード利用」がメインとなるため、カード系機器類を利用する場合であれば提携ATMからすぐにキャッシングすることが可能になります。

日本保証フリーローン

日本保証フリーローン

インターネット上の情報での口コミサイトなどでは、あまり情報が寄せられていない日本保証フリーローンですが、日本保証フリーローンの利点と言えば「即日融資がすぐできる」という特典と、「簡単なWeb申し込みによって、24時間対応でキャッシングが可能」と2つの特典が付くことで有名です。

しかし日本保証フリーローンでは「土日・祝日でのキャッシング」は基本的に行なっていません。たとえば「土日にキャッシング・即日融資を受けるための審査」を行なう場合、それらの審査はまず「土日を繰り越した平日に行なわれる」のが一般的となります。

土日キャッシングの正確な情報を取得しましょう

土日キャッシングの正確な情報を取得しましょう

いかがでしたか。今回は「土日でもキャッシングは可能か・即日融資を受ける方法・条件」と題して、「土日でもキャッシングは可能かどうか」に関する詳細情報のご紹介をはじめ、「キャッシング時に即日融資を受けるいろいろな方法と条件」についてご紹介しました。

土日のキャッシング利用というのは金融機関を利用する顧客にとって、非常にメリットのある重要ポイントとして認められています。「即日融資を申し込む顧客」が最近特に増えてきていることから、この「土日・祝日キャッシングが可能」という特典は外せない特典の1になっています。

土日のキャッシング利用をする場合には、必ず前もって「自分が利用している金融機関の情報」を確認するようにしましょう。

選ぶポイントは金利&審査スピード!

カードローンを選ぶ中で金利と審査スピードはとても重要な指標になっています。なぜなら、金利はお金を借りることに対してのサービス料金を決める割合、審査スピードはどれくらい早く必要な額が受け取れるかということだからです。サービス料金は安い方が良いですし、必要な時に必要な額を受け取れなければ意味がありません。

銀行 vs 消費者金融

金利と審査スピードを説明するに当たって、知っておくべきことがあります。それは、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの違いです。それぞれの特徴を下記にまとめました。

銀行系カードローンの特徴

  1. 金利幅の平均が約1%〜14.5%に設定されている。
  2. 融資まで数週間かかることが大半!

消費者金融系カードローンの特徴

  1. 金利幅の平均が3%〜18%に設定されている。
  2. 融資までのスピードが早く最短1分で振込が可能な消費者金融が存在!

以上のように銀行系は金利が安い分、審査が長いです。銀行は人、会社の信用を買って投資している、もしくは銀行の信用を売って資金を得て運用しています。ですので、銀行に預金しているお客様に対してお金を戻せないとなると銀行そのものの信用がなくなり、利用者がいなくなってしまいます。結果的に、融資をする場合は融資先の人がどれだけ信用あるのかを慎重に確認する必要が出てくるのです。これが審査が長い理由です。金利が安い理由としては、審査に通った人たちは信用があるので安心して融資できる点にあると言えます。

楽天銀行などの大手金融機関などが代表ですね。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

一方で、消費者金融は審査スピードが早く、金利は高く設定されています。審査スピードが速いのは審査システムに理由があります。消費者金融では本審査の前にスコアリングシステムで仮審査を行うことがあります。仮審査をすれば審査を受ける資格があるのかどうかを最短1秒で判断できますので、消費者金融側では審査で重要な部分をピンポイントで人が行なっていきます。

アコムでは、最短で1時間後には借りることも可能なほど審査が早いのが特徴です。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

それでは金利の比較を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利審査スピード
楽天銀行1.9%~14.5%申し込み時から数日間
三井住友銀行4.0%~14.5%最短翌営業日
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%最短翌営業日
アコム3.0%~18.0%最短1分: 楽天銀行・ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方


楽天銀行: 0:10 〜 23:50の間に申し込み
ゆうちょ銀行: 9:00 〜 14:30に申し込み

最短30分: その他の口座
プロミス4.5%~17.8%最短1分: 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

最短30分: その他の口座

ここで重要なのが、いつまでに融資を受ける必要があるのか?ということです。急いで融資を受ける必要がない場合は、金利が安い銀行系の方がお得です。

一方で、今すぐ必要!という方には消費者金融向けと言えます。金利は少し高くなってしまいますが融資までのスピードが優先となるので割り切りましょう。

関連記事

最新の記事