Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月21日

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

カードローンを利用したいが、審査に通らないという人や家族や会社にばれるのが不安で利用できないという人は多いです。審査なしで借りることのできるカードローンはあるのでしょうか。今回は、審査なしで借りられるカードローンについてご紹介します。

審査なしで借りられるカードローンはあるのか

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

お金を借りたいが、審査に通らないことや、家族や会社にカードローンを利用しているのがばれてしまうのが不安と感じている人がいます。審査なしで借りることのできるカードローンはあるのでしょうか。今回は、審査なしで借りられるカードローンについてご紹介します。

WEB完結の場合在籍確認なし

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

カードローンの中には、在籍確認の審査なしで利用できるカードローンがあります。WEB完結できるカードローンであれば、在籍確認の審査なしで利用ができます。

WEB完結できるカードローンを利用するためには、指定された銀行口座を準備する必要があります。WEB完結できるカードローンの場合、口座を申し込んだ時の個人情報を照会して、審査とするので銀行の口座情報が必要となります。

在籍確認の審査なしでカードローンを利用したい場合には、WEB完結できるカードローンの利用を視野に入れるようにしましょう。

一般のカードローンでも電話審査なしにできる?

電話審査があると職場にばれてしまうのではないかと心、不安になることがあります。一般のカードローンを借りる場合、電話審査なしにしてもらうことはできません。しかし、電話審査が職場にばれないように交渉することはできます。

カードローンを利用していることがばれることによって、人間関係や職場の立場が悪くなるのであれば、カードローン会社に代替措置を取ってもらうことはできないか相談してみましょう。

カードローン会社側もどうしてもやむをえない事情があると理解できれば、その時々に合わせて代替措置を取ってもらえることもあります。代替措置の交渉に成功すれば、電話審査なしで書類の提出で在籍確認を行ってもらえる可能性もあります。しかし、中には電話での在籍確認のみ認めているカードローンもあります。

審査なしにできない理由

カードローンを提供している業者は、お金を貸すことを生業としています。仕事をしておらず、安定した収入がない場合や、すでに借金があるような人にお金を貸すことはできません。

審査なしでお金を貸してしまえば、お金を返済してもらえずに会社は経営破綻する可能性が高くなります。審査は、お金を貸す相手に返済能力があるのかどうか、判断するために行われますので、カードローンでは必ず審査が行われます。

審査なしと謳っている業者は違法

審査なしにカードローンを利用できると謳っている業者は、違法である可能性が高いです。カードローンは審査なしに利用することはできないので、審査なしと記載しているのであれば、誇大広告になります。

正規の金融機関であれば、審査なしで融資を行うとは記載しません。そのため、審査なしと謳っている業者は違法となります。

違法業者は、法外な金利で融資を行ったり個人情報が漏れるなどの危険性があります。お金に困っていたとしても、審査なしと謳っている業者は利用しないようにしましょう。

カードローンの審査に通らない原因

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

正規の金融機関であれば、審査なしでカードローンを利用することはできません。しかし、カードローンの審査を通過できずに、審査なしのカードローンを探しているのであれば、カードローンの審査を通過できない理由を考えてみましょう。カードローンの審査に通らない原因をご紹介します。

収入が安定していない

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

カードローンの審査で、重要とされるのが収入です。どのような金融機関の申し込み基準であっても、安定した収入がある人という基準が設けられています。

安定した収入とは、その場限りではなく、将来的に継続して収入を得られることが必要となっています。そのため、アルバイトやパートよりも公務員などの正社員のほうが審査に通過しやすいです。

投資やギャンブルで生計を立てている場合、いくら年収が高い場合であっても審査落ちしやすくなりますので注意しましょう。

総量規制

消費者金融やクレジット会社には総量規制があります。年収の3分の1の金額しか借りることはできません。貸金業者ですでに年収の3分の1の借入を行っている場合、他の業者であってもそれ以上借りることはできなくなっています。

金融事故

自己破産や長期延滞などの金融事故を起こした経験がある場合、信用情報機関に金融事故の情報が記録されます。信用情報は一定期間記録されます。例えば、長期延滞であれば、延滞が解消してから5年間は信用情報に長期延滞の履歴が残ります。このような金融事故の情報が信用情報機関に記録されている間は審査に通過することは困難です。

他社借入

他社借入額や件数が多い場合、多重債務者と判断されます。多重債務者は、カードローンの返済を借金で返済している可能性が高いので、審査落ちする可能性が高いです。審査に通過したいのであれば、カードローンの申し込みを行う前に、他社借入の件数を減らしておきましょう。

短期間での借入件数

今すぐお金が欲しい場合や他のカードローンの審査に落ちてしまうことに不安を感じ、短期間で複数のカードローンに申し込むのは控えましょう。短期間で複数のカードローンに申し込むと、お金に困っている人と判断されて審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

カードローンを申し込む際は、事前にカードローンを調べて条件に合うカードローン一社だけに申し込むようにしましょう。

カードローンの審査に通るコツ

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

カードローンの審査なしにお金を借りることはできませんが、カードローンの審査にどうしても通過したい場合は、どうすれば良いのでしょうか。カードローンの審査に通過するコツをご紹介します。

審査通過率の低いところでの申込み

カードローンの審査は、金利が低ければ低いほど難しくなります。そのため、銀行系のカードローンの方が審査は厳しい傾向にあります。審査に通過したいのであれば、金融系のカードローンの申し込みを行いましょう。

保証会社が複数あるところ

保証会社が複数あれば、どれかの保証会社の保証が得られれば、カードローンの審査に通過することができます。そのため、なるべく保証会社が複数あるカードローンを選ぶようにしましょう。

審査で家族にばれないのか

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

審査なしでカードローンを利用することはできませんが、審査を受けることで、家族にカードローンを利用していることがばれてしまうのではないかと不安に感じる人も多いです。

カードローンの契約はプライバシーへの配慮がされていることが多いので、封筒にカードローンとは記載を行っていません。また、本人以外が書類を受け取らないようになっています。しかし、それでも家族にばれてしまうのが心配になる人も多いです。カードローンの審査は家族にばれないのかをご紹介します。

郵送物に注意

いくら郵送物にカードローンと記載されていなかったとしても、自宅に届いた郵便物を家族が開けてしまえば、家族にカードローンを利用していることがばれてしまいます。なるべく、郵送物なしでカードローンを利用したいと考える人が多いです。

三井住友銀行やプロミスなどは郵送物が届くことなく借入できるカードローンです。郵送物で家族にばれたくないのであれば、郵送物が届かずに使用できるカードローン会社を選びましょう。

消費者金融なら在籍確認は書類提出に変更可能

カードローンは審査なしには借りることができないので、在籍確認をされることになります。在籍確認を行うのであれば、勤務先に電話がかかってきます。在籍確認の電話が原因でカードローンの利用が会社の人にばれることは少ないですが、避けたいと考える場合カードローンの会社に相談をしましょう。

在籍確認は、その人が今会社に勤めているかを確認するため、必ずしも電話連絡を行わなければならないということはありません。カードローンの会社によっては、電話審査なしで社会保険証や給料明細書の提出で在籍確認としてくれる場合もあります。

審査なしにカードローンは利用できない

審査なしで借りられるカードローンはあるのか・審査に通るコツ

カードローンは返済能力や信用情報を確認して利用可能かどうか判断するため、審査なしでカードローンを利用することはできません。しかし、審査は厳しい業者ばかりではありません。審査難易度の低い業者を選べば、審査に通過することができる場合もあります。

また、在籍確認や電話確認などもWEB完結のカードローンを使うなどの対策を行うことで省くこともできるので、家族や会社にばれたくない場合でもカードローンを利用してみましょう。

選ぶポイントは金利&審査スピード!

カードローンを選ぶ中で金利と審査スピードはとても重要な指標になっています。なぜなら、金利はお金を借りることに対してのサービス料金を決める割合、審査スピードはどれくらい早く必要な額が受け取れるかということだからです。サービス料金は安い方が良いですし、必要な時に必要な額を受け取れなければ意味がありません。

銀行 vs 消費者金融

金利と審査スピードを説明するに当たって、知っておくべきことがあります。それは、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの違いです。それぞれの特徴を下記にまとめました。

銀行系カードローンの特徴

  1. 金利幅の平均が約1%〜14.5%に設定されている。
  2. 融資まで数週間かかることが大半!

消費者金融系カードローンの特徴

  1. 金利幅の平均が3%〜18%に設定されている。
  2. 融資までのスピードが早く最短1分で振込が可能な消費者金融が存在!

以上のように銀行系は金利が安い分、審査が長いです。銀行は人、会社の信用を買って投資している、もしくは銀行の信用を売って資金を得て運用しています。ですので、銀行に預金しているお客様に対してお金を戻せないとなると銀行そのものの信用がなくなり、利用者がいなくなってしまいます。結果的に、融資をする場合は融資先の人がどれだけ信用あるのかを慎重に確認する必要が出てくるのです。これが審査が長い理由です。金利が安い理由としては、審査に通った人たちは信用があるので安心して融資できる点にあると言えます。

楽天銀行などの大手金融機関などが代表ですね。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 金利(1.9%~14.5%) 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

一方で、消費者金融は審査スピードが早く、金利は高く設定されています。審査スピードが速いのは審査システムに理由があります。消費者金融では本審査の前にスコアリングシステムで仮審査を行うことがあります。仮審査をすれば審査を受ける資格があるのかどうかを最短1秒で判断できますので、消費者金融側では審査で重要な部分をピンポイントで人が行なっていきます。

アコムでは、最短で1時間後には借りることも可能なほど審査が早いのが特徴です。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利息期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分

それでは金利の比較を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利審査スピード
楽天銀行1.9%~14.5%申し込み時から数日間
三井住友銀行4.0%~14.5%最短翌営業日
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%最短翌営業日
アコム3.0%~18.0%最短1分: 楽天銀行・ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方


楽天銀行: 0:10 〜 23:50の間に申し込み
ゆうちょ銀行: 9:00 〜 14:30に申し込み

最短30分: その他の口座
プロミス4.5%~17.8%最短1分: 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

最短30分: その他の口座

ここで重要なのが、いつまでに融資を受ける必要があるのか?ということです。急いで融資を受ける必要がない場合は、金利が安い銀行系の方がお得です。

一方で、今すぐ必要!という方には消費者金融向けと言えます。金利は少し高くなってしまいますが融資までのスピードが優先となるので割り切りましょう。

関連記事

最新の記事