カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月02日

奨学金を滞納したらブラックリスト入り?|返済できないときの対処法

大学へ進学する人が増える一方で、奨学金制度を利用する人も増えています。その結果、奨学金の滞納が問題になってきています。今回は、どうして奨学金の滞納者が増えてしまうのかや、奨学金を滞納してしまった場合の対処法などについてまとめました。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

奨学金の延滞リスクと対策

奨学金の延滞リスクと対策

大学進学率が約50%になりましたが、進学者の奨学金利用率も約50%とされ、国公立・私立を問わず「奨学金を利用して大学へ進学する」ことが当然の時代になってきました。その一方で、大学別・平均偏差値別の延滞率がテレビや新聞で取り上げられるなど、滞納者の多さだけでなく、債務者としての責任意識の低さが目立っています。

奨学金を実際に滞納をすると、どのような未来が待っているのでしょうか。また、奨学金の返済が難しくなってきた際には、どのような対処が可能なのでしょうか。こちらの記事では、奨学金を滞納するとどうなるのか、返済が困難な場合の対処法について詳しく解説いたします。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

奨学金の滞納実態

日本学生支援機構が平成25年12月に実施した調査に基づくと、奨学金の滞納者数は33万4,000人で、その金額は約1,000億円にも上っていることが判明しました。平成16年度の滞納者数が24万9,000人で、滞納額が約500億円でだったことを踏まえると、10年間で約1.5倍の学生が約2倍の滞納をしていることになります。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

奨学金の返済延滞をしてしまうワケ

奨学金の返済延滞をしてしまうワケ

この10年間で奨学金の返済延滞者が急増していますが、どのような理由によるものなのでしょうか。

第一に挙げられるのは、学費高騰による滞納です。大学の学費は年々引き上げられており、奨学金で受ける貸与金額も増加傾向にあります。つまり、学費高騰が滞納者数や滞納金額の増加に拍車をかけています。

第二に挙げられるのが経済的な理由です。「収入が減った」または「家族が増えた」など、支出増加による返済能力低下により、滞納している人が半数に上ります。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

奨学金を滞納したらどうなる?

奨学金を滞納したらどうなる?

実際に奨学金の返済を怠った場合、どのような処罰を受けることになるのでしょうか。ここでは、貸与型奨学金について解説していきます。

貸与型奨学金とは、分かりやすい表現を用いると「借金」のことです。銀行や消費者金融などから受けるローンと、法的性質の特異はありません。つまり、返済を怠ると一般的に3ヶ月でブラックリストに載ることとなります。

ブラックリストは金融業者が取引時に確認する情報のことで、債務や滞納の有無などに関する信用情報の中で、滞納の有無に関する情報(事故情報)を指します。

信用情報内に事故情報が登録されてしまうと、ローンを組む、クレジットカードを作るといったことができなくなります。また、この事故情報は債務完済直後に消えるものではなく、完済後約5年は記録が残るとされています。

催促の流れと種類

催促の流れと種類

ここでは、奨学金の督促方法などについて解説いたします。

1度だけ返済が遅れてしまった場合

翌月27日に2ヶ月分をまとめて引き落としされます。その際、1回目の滞納延滞金は請求されません。

■5/27の引き落としが遅れた場合
6/7以降:催促の入電があります
6/10以降:「奨学金返還の振替不能通知」が郵送されます
7/17以降:「個人信用情報機関への登録について」が郵送されます
6/27:2ヶ月分(5月分+6月分)が引き落とされます

二度の返済が遅れてしまった場合

翌月27日に3ヶ月分+延滞金の合計額がまとめて引き落としされます。2回目の滞納から延滞金が発生し、延滞金利率は年利5%と決められています。正確な延滞金額は2回目の返済遅れが確認された後に郵送される「奨学金返還の振替不能通知」に記載されています。

■5/27・6/27の引き落としが遅れた場合
7/7以降:催促の入電があります
7/10以降:「奨学金返還の振替不能通知」が郵送されます
7/11日以降:連帯保証人へ「奨学金の返還について」が郵送されます
7/17以降:「個人信用情報機関への登録について」が郵送されます
7/27:3ヶ月分(5月分+6月分+7月分)+延滞金の合計額が引き落とされます

三度の滞納でブラックリスト入り

奨学金返済を三度滞納すると、個人信用情報機関に滞納記録や個人情報が登録され、いわゆるブラックリスト入りとなります。一度ブラックリストに登録されると、返済完了後5年間は記録が残るので、その間はクレジットカードが作れない、家や車のローンを組めないなど、生活に大きな悪影響をおよぼします。

三度の返済が遅れた場合

翌月27日に4か月分+延滞金の合計額が引き落としされます。正確な延滞金額は3回目の返済遅れが確認された後に郵送される「奨学金返還の振替不能通知」に記載されています。

■5/27・6/27・7/27引き落としが遅れた場合
8/7以降:催促の入電があります
8/10以降:「奨学金返還の振替不能通知」が郵送されます
8/11以降:連帯保証人と保証人に「奨学金の返還について」が郵送されます
8/17以降:「個人信用情報機関への登録について」が郵送されます
8/27:4ヶ月分(5月分+6月分+7月分+8月分)+延滞金の合計額が引き落とされます

滞納した奨学金の分割は可能なのか

滞納した奨学金の分割は可能なのか

日本学生支援機構の場合は、返済額を1/2にできる「減額返済制度」を利用することができます。これは「一定期間に限り1回あたりの当初返済額を1/2に減額する」ことができる制度で、減額返還適用期間に応じて返還期間延長できるシステムです。

つまり、2年間だけ1回あたりの返済額1/2にした場合、減額した分の2年は返済期間はが延びることになります。これは返済額を「半分にして返済期間を延ばす」ことが目的で、返済額が半分に減るものではないので注意が必要です。また、一度の申請に対する適用期間は1年ですが、最長で10年まで申請することが可能です。

繰り上げ一括返還とは何のこと?

未払い奨学金+利息+延滞金を全て一括で払うことを請求されることを「繰り上げ一括返還」と呼んでいます。奨学金の返還は分割払いが一般的ですが、滞納を繰り返すと3ヶ月程度で分割払いが認められなくなります。

延滞金はいつから発生?

延滞金はいつから発生?

延滞金は「支払い(返還)が予定より遅れた場合に、遅れた期間に応じて追加請求されるお金」のことで、「遅れた期間=滞納している期間」として増額されます。そのため、滞納が長引くほどに増額されていきます。

また、延滞金は2回目の滞納から発生しますので、くれぐれも滞納をすることのないようお気を付けください。

滞納金の計算方法

滞納金の計算方法

延滞金は年率で設定され、滞納1日ごとにその金額が増えていきます。1日ごとに増額する滞納金は「年率÷365日」の日割り計算で算出します。

どうしても返済が難しいときの対処法

どうしても返済が難しいときの対処法

奨学金の返済滞納すると大きなデメリットが待っています。しかし、転職による年収の低下や家族が増えたことによる支出の増加などによる理由から、計画とおりに奨学金を返済することが難しい場合もあります。その場合には以下の救済措置があります。

奨学金の減免

奨学金によっては減免制度を設けている場合があります。減免制度の存否や利用可否については、事前に確認しましょう。

減額返還制度

毎月の返済額を減らせる減額返済制度を設けている場合があります。これは毎月の返済額を減らせるので、一時的に収入が減る場合には有効です。ただし、返済総額が減額されるわけではありませんので注意が必要です。

返還期限猶予制度

貸与型の奨学金の多くが、返済期限の猶予制度を設けています。猶予が認められた期間は返済を休止できる制度のことで、猶予期間後には返済が再スタートします。返済を休止していた期間の延滞金や遅延損害金が付加されることはありません。経済的理由、病気や進学などによる理由であれば、猶予制度を利用できる場合がほとんどです。

債務整理

これらの制度を利用しても返済の継続が困難な場合は、個人再生や自己破産などの債務整理を検討する必要があります。ただし、債務整理を行った場合には、信用情報に事故情報の登録が行われるので、滞納した場合以上のデメリットを覚悟する必要があります。

財産を差し押さえられる?

財産を差し押さえられる?

日本学生支援機構は奨学金の回収率向上の取り組みの1つとして、法的措置を強化しています。法的措置の強化とは、裁判所に訴え差し押さえを強制執行することです。つまり、奨学金の滞納を続けると、差し押さえを受けることになります。

奨学金滞納で差し押さえを受けている人は実に多く、「平成26年度業務実績等報告書-JASSO」の公式資料に基づくと、8,495件/年の法的措置が執行されています。これは23人/日が奨学金滞納で裁判所に訴えられている計算になります。

奨学金を滞納してるとローンが組めない?

奨学金を滞納してるとローンが組めない?

奨学金には4つの種類があります。

・独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)奨学金
日本で最も有名で、かつ利用者が多い貸与型の奨学金です。利息のない「第一種奨学金」と在学猶予終了後に利息が発生する「第二種奨学金」に分類されています。返済滞納問題へ対処するため2010年にKSCに加盟。

・大学内奨学金制度
多くの私立や国公立大学で利用できる大学独自の奨学金です。「給付型」の融資対象者は極めて少なく、多くの学生は「貸与型」を利用します。「給付型」は返済義務のない融資なのに対して「貸与型」は返済義務のある融資です。

・地方自治体の奨学金
保護者が在住していることを条件に、奨学金を利用できる地方自治体もあります。

・民間やその他の奨学金
育英団体などにも独自の奨学金があります。

これら4種類の奨学金団体がある中で、延滞が信用情報に響くのは「独立行政法人日本学生支援機構奨学金」です。

信用情報

カード会社は信用情報機関へ信用情報の照会を行います。深刻な延滞(事故情報)がある場合は、多重債務防止のために各機関間で情報共有されます。仮に事故情報がKSCにしか登録されていないとしても、カード会社がCICやJICCしか照会していなくても、信用情報機関で事故情報は共有されます。

また、カード会社は審査時以外にも定期的に信用情報を照会しています。カードの引き落としに問題がなくても強制解約になった場合は、定期の信用情報照会が原因だと考えられます。

住宅ローン

JASSOでの延滞が「事故情報(金融事故)」として扱われるようになったことで、「住宅ローンの審査に落ちた」といった返還者が増加しています。

クレジットカード

JASSOが事故とする延滞期間は「連続3か月の滞納」です。返還開始直後の人は「6ヶ月経過時点で3ヶ月以上の延滞」または3ヶ月以上の長期延滞をすると、事故情報として信用情報機関に記録が残るとともに、債権回収会社からの支払督促が始まります。

クレジットカード会社が審査を行い、これらの情報に基づいてカード発行の拒否や強制解約が行われることがあります。

奨学金は借金と同じことを忘れずに

奨学金は借金と同じことを忘れずに

奨学金を滞納するとどうなるのか、返済困難になった場合の対処法についてなどをご紹介いたしました。

前述したように、貸与型奨学金はローン/借金と同じです。「多くの学生借りているから」という理由で気軽に借りるのではなく、奨学金が本当に必要なのか、返済プランをどうするかなどをしっかり検討した上で、貸与を受けることが重要です。

それでも滞納する可能性が出てきてしまった場合には、各種制度を利用することも視野にいれて返済に取り組みましょう。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

消費者金融の借金を完済したら利用しやすい金利の銀行系カードローンがおすすめ

消費者金融の借入を完済または、完済に近づいたら、利用しやすい金利の銀行系カードローンの申込みをしましょう。消費者金融系よりも、銀行系カードローンのほうが、審査が厳しく少し時間がかかる分、金利が利用しやすいという特徴があります。今のうち銀行系に申し込んでおけば、もし次また急にお金が必要になったときに、利息を無駄に払うことなく借りられます。銀行系ならやっぱり楽天銀行がおすすめですね。

即日融資 金利 審査時間
不可能 1.9%~14.5% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 -- --
\  ネット銀行ならではの金利で /

目次に戻る

関連記事

最新の記事