Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月03日

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

大学の学費が払えないという場合に滞納しつづけると、どうなるのでしょうか。また、学費が払えない場合の対処法はあるのでしょうか。ここでは、学費が払えないために滞納し続けた結果どうなるか、またその場合の対処法をいくつかご紹介します。

1分でわかるこの記事の要約

  1. 学費の滞納が続き、納入のお願い督促状が来ても学費を払わなかった場合には除籍される!
  2. 大学によっては学費振込の期日を伸ばしてもらうこと(延納)や分割での振込(分納)を認めてもらえることも!
  3. どうしても払えない場合は保護者の方にカードローンでお金を借入してもらおう!
  4. 学費が期日までに払えないことがわかった時点で、学費担当窓口の学生課、経理課、会計課、財務課などに相談に行こう!

勉強したいという情熱があって大学に進学を決めたにも関わらず、学費が払えなくなり大学に通えなくなってしまうのは非常に残念なことです。アコムでは2016年の7月から借入の上限が800万円に上がったため、まとまったお金の借入にも適しています。また、初めてのお借入であれば30日間の無利息期間が付いていますので、金利0%でのお借入も可能です!大学内の窓口に相談しに行った後で、どうしてもお金が必要な状況になってしまったら初めての方にもおすすめの「アコム」にご相談ください!

大学に対応してもらえるか確認しよう

大学の学費を支払えずに悩んでいるご家庭は多いです。公立大学を4年で卒業するにしても、入学金に授業料その他で400万円前後かかる時代です。

子供が小さい頃からコツコツと準備していたり、裕福な家庭であれば問題ありませんが、毎日の生活でいっぱいというご家庭には、このような大金を一度に払うのは困難です。

実際に学費が払えずに退学を余儀なくされた学生も多いでしょう。しかし、そのように学費が払えない状況になっても、すぐに退学という道を選ばず打つ手はあります。

ここでは、学費が払えない場合に大学に対応してもらえるか確認すべき便利な制度をいくつかご紹介します。

学費が払えない場合の対応;大学に相談

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

まず大学の学費が払えないことがわかったときには、学費担当窓口の学生課、経理課、会計課、財務課などに相談に行きましょう。

大学によって異なりますが、学費が払えない場合は延納を認めてくれたり、分納で納めるようにしてくれることがあります。

学費は一括で払わなければならないという決まりはないです。

学費が払えない場合の対応:延納

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

延納とは、字のとおり学費を納める期限を延ばしてもらうことで、経済的理由により期限までに学費を納められない学生に対して納入期限を延期します。

ただし、これは大学によって異なり、延納を認めていない大学もありますし、中には特に理由がなくても延納可能な大学もあります。

また、延期できる期間は大学や学部によって決められており、その期間を自分で指定することはできません。それぞれの大学によっては、2週間だけの延納を認めるところもあれば、半年も延納を認めてくれる大学もあります。

どちらにしても、延納の場合は延滞の追加料金などは求められませんので、一時的な資金難で学費が納められないという場合には利用してみる価値はあります。

もし仮に一時的な資金難で、数ヶ月先にまとまった収入の見込みがある場合は、カードローンをご利用するのも一つの手です。「アコム」や「プロミス」などの大手であれば、しっかりと返済しきることを考えて融資をしますのではじめての方でも安心してお金を借りることができます。

延納のデメリット

学費の延納にはデメリットもあります。それは、前述のように各大学によって延納できる期間が決まっているため自分の都合に合わせてもらえないです。

大学によっては延納した期限を超えて学費が納められないのであれば「除籍されても文句は言わない」という約束がなされるところもあります。

また、延納したからといってその後の学費も合わせて期限が伸びるわけではありませんので、次回の学費までの期間が短くなります。

どうしても除籍を免れたい場合には、カードローン等でお金を借りるなどの選択肢も検討する必要があります。

学費が払えない場合の対応:分納

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

大学の学費は、前期と後期の二回に分けて支払います。

しかし、その二回に分けた金額も支払えないという場合には、分納といって、それをさらに2~3回に分けて支払う制度があります。支払い総額は分納によっても変わりません。

分納したい場合には、期限までに分納願いを提出します。分納も大学によってできるところとできないところがありますので、自分の大学に分納制度があるかをきちんと調べておきましょう。

分納のデメリットは、支払い回数が増えてしまうことです。また支払い期限や回数は自分で指定できません。

学費が払えない場合の対応:免除

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

大学によっては、経済的理由により学費支払いが難しい学生を対象に学費援助制度が設定されており、その中には学費免除があります。学費免除とは学費の支払いそのものが全て免除されるという制度です。

そのほかにも、全額とはいかないものの学費を減額してもらったり、返済不要の給付型奨学金などの制度がある大学もあります。

これらの制度は、特に優秀な学生のみという印象をお持ちの方が多いでしょうが、実際には困窮する学生を救済することを目的としています。

もし、経済的理由で学費が払えないという場合には、学生課などで情報を集めておきましょう。

学費免除や給付型奨学金は条件あり

学費免除や給付型奨学金が認められる生徒は、一定の基準に達していることを条件としている大学は多いです。

例えば、一定以上の成績を納めること、またご家庭の収入証明書を提出する申請時期が決まっているなどの条件をクリアして初めて認可される可能性があります。

申し込む前に、自分がその基準を満たしているかを確認しておきましょう。

学費を滞納し続けるとどうなる?

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

大学で学費が払えないために支払を滞納している場合、どのようになるのでしょうか。ここでは、学費を滞納しつづけた結果どうなるかについてみていきます。

納入のお願い

学費を納入期限までに納めない場合には、学校側から「納入のお願い」が郵送されます。

小規模な学校の場合は手渡しで封書が手渡される場合もあるでしょう。この「納入のお願い」には、新たな納入期限が明記されています。

その期限までに学費を納めた場合には、罰則滞納者としての扱いは受けません。

督促状

「納入のお願い」の新たな納入期限までにお金を納めることができなかった場合には、督促状が郵送されます。

もし、学費未納の学期が終了しても未納の場合は、督促状が送付されます。

督促状の場合は、「納入のお願い」よりも厳しめの文章で学費を納付期限までに納めるように、また納めなかった場合には退学手続くをとる旨の記述が記されることもあります。

除籍

学費の滞納が続き、納入のお願いや督促状が来ても学費を払わなかった場合には、除籍されることになります。

大体1年ほどの滞納で除籍処分となる大学が多いです。

除籍とは事務上の処理を言う言葉で、退学と同じような意味ですが、大学にいた事実は消えません。しかし、抹籍となった場合には大学の籍そのものが消されることになり、除籍とは異なります。

どのくらい滞納すると除籍になる?

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

以前は2年程度の学費滞納で除籍処分となっていましたが、今は学費を滞納する人も増えており、学校側にとっても滞納者にとっても負担が増えるということで、学費が払えないために滞納となってから1年ほどで除籍処分とする大学が多いです。

除籍後の復学は可能か

学費が払えないことから滞納し、結果大学を除籍されたとしても、途中まで大学にいたことの記録は残ります。

そのため、学校によって違いますが、除籍後に滞納金を支払うことで入学試験を受けて再入学もできるところがあります。

ただし、この場合の復学条件としては、滞納して退学してから3年以内という期限が決められているため、もし復学したいのであればできるだけ早めに滞納金を支払うようにしましょう。

学費が払えない時の対処法1:奨学金を借りる

学費が払えない時の対処法として、奨学金を借りるという方法があります。

大学入学前に既に奨学金を申し込んでいるという場合もあるでしょうが、もし大学入学後に学費の支払が難しいとなった場合でも、各大学の学生課などに相談すれば、貸与型の奨学金給付型の奨学金の案内をしてくれます。

ただし、申し込む場合は、受付期限を厳守し、その他掲示される内容を見落とさないよう気を付けましょう。

学費が払えない時の対処法2:国の教育ローン借りる

学費がおもっていた以上にかかり、学費の納付期限までにお金が払えないという場合には、 教育ローンを組むという方法があります。

国の教育ローンは銀行などの金融機関で取り扱っている商品よりは金利が安いというメリットがあります。

ただし、奨学金よりは金利が高めになります。国の教育ローンを借りるのは、入学金や前期の学費など、緊急で払わなければならないものに適しています。

もし、後期の学費が払えないとあらかじめわかっているのであれば、奨学金で賄うことも可能です。ただし、その場合は春の奨学金募集の締切りまでに申し込む必要があります。

学費が払えない時の対処法3:休学して稼ぐ

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

学費が払えない時の対処法として、休学してその間にバイトに励むなどして学費を稼ぐという方法があります。しかし、この方法は危険な方法です。

なぜなら、休学してアルバイトに励んだとしても、アルバイトの給料では貯めてもせいぜい1年程度の授業料だからです。それでは一年後にまた休学しなければならなくなります。

そのようなことを繰り返していれば、いずれ退学という選択をしてしまう可能性があります。

休学が何度もあれば、就職活動でも不利になります。学費が払えない場合にはまずは大学に相談して、奨学金などを貰えないか、または教育ローンで一時的に賄えないかとする方が良いでしょう。

学費が払えない時の対処法4:知り合いに借りる

学費が払えない時の対処法としては、 知り合いに借りるという方法もあるでしょう。

しかし、知り合いという薄い関係では、教育費にかかる巨額なお金を簡単に貸してくれる人はほとんどいません。

もし、身近にそのような人物がいれば借りるのも良いですが、通常であれば断られるでしょうから、初めからローンや奨学金を考えた方が無難です。

学費が払えない時の対処法5:学生ローン

学費が払えない時の対処法として、学生ローンを借りるという方法があります。現在では、インターネットなどで学生ローンを扱っているサイトが多数あります。

学生ローンとは、18歳以上の学生を対象としており、即日融資ができたり、最初の30日間は無利息サービスなどをやっている消費者金融もあります。

とはいえ、学生がお金を万単位のお金を借りるというのは非常に勇気のいることであり、信頼のおける金融機関で借入をすることが重要になります。例えば、国内でも約140万人のユーザーがいる「アコム」であれば、学生の方でも安心してご利用いただけます。

学費が払えない時の対処法6:カードローン

学費が払えない時の対処法として、カードローンで借り入れするという方法があります。

カードローンは、理由を深く聞かれることがなく借り入れでき、また申し込みから借り入れまでの時間が短いということではおすすめです。

ただし、カードローンは学生ではなく、保護者から借り入れしてもらいましょう。

また、その場合も一時的な借り入れである場合に限りましょう。カードローンで何回も借り入れをして学費を払っていれば、いつか首が回らなくなります。

長期的に学費が払えないとわかっている場合には、まずは学校へ相談し奨学金学費の延納・分納などを検討してみましょう。

アコムのカードローンの詳細・お申し込みはこちら!

学費が払えない場合には然るべき所に相談する

学費を滞納し続けるとどうなる?|学費が払えない時の対処法まとめ

いかがでしたか。

大学の学費は非常に高額で、学費を払えないという方も多いです。そのように学費が払えないとなった場合に、どの程度滞納すると除籍処分となるのかがわかっていただけたでしょう。

どうしても納期限までに支払えない場合には、大学の窓口に相談すれば、分納や延納などを認めてもらえたり、奨学金や学費免除などの制度を教えてもらえます。

学費が払えないという場合には、誰かにお金を借りる、カードローンや学生ローンで賄う、休学して学費を稼ぐなどいろいろな対処法がありますが、どれも一時しのぎで、後にさらに苦しくなる対処法です。

学費を支払えないとわかった場合には、できるだけ早めに大学の然るべき部署に相談するようにしましょう。

1分でわかるこの記事の要約

  1. 学費の滞納が続き、納入のお願い督促状が来ても学費を払わなかった場合には除籍される!
  2. 大学によっては学費振込の期日を伸ばしてもらうこと(延納)や分割での振込(分納)を認めてもらえることも!
  3. どうしても払えない場合は保護者の方にカードローンでお金を借入してもらおう!
  4. 学費が期日までに払えないことがわかった時点で、学費担当窓口の学生課、経理課、会計課、財務課などに相談に行こう!

勉強したいという情熱があって大学に進学を決めたにも関わらず、学費が払えなくなり大学に通えなくなってしまうのは非常に残念なことです。アコムでは2016年の7月から借入の上限が800万円に上がったため、まとまったお金の借入にも適しています。また、初めてのお借入であれば30日間の無利息期間が付いていますので、金利0%でのお借入も可能です!大学内の窓口に相談しに行った後で、どうしてもお金が必要な状況になってしまったら初めての方にもおすすめの「アコム」にご相談ください!

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事