Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月12日

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

虫歯の治療費は虫歯の程度によって異なり、場合によっては高額になることがあります。治療費が高額で払えないというトラブルに発展しないように、虫歯の治療費について知っておくことをおすすめします。今回は、虫歯の治療費や利用できる制度についてご紹介します。

虫歯の治療費は初期治療が一番安い

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

虫歯の治療費は、虫歯の進行状況によって高額になることがあります。生活費に負担がかかるまで治療費がかかれば、治療費を払えないなどのトラブルも生じてきます。

虫歯は初期であれば治療費も安く、何度も歯医者に通う必要もありません。虫歯の進行状況でどの程度治療費が変わってくるものなのでしょうか。今回は、虫歯の治療費についてご紹介します。

虫歯の進行状況を確認しよう

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

歯医者では虫歯の進行状況をC0やC2と表記します。虫歯の進行状況によって治療費が異なってくるので、まずは虫歯の進行状況を確認しておきましょう。

初期の虫歯の場合

C0は虫歯になりかけている歯です。歯の表面が溶けかけて白っぽくなっているのが特徴です。そのまま放置していると虫歯になる可能性があります。C1は初期の虫歯を指し、歯のエナメル質に虫歯が進行している状況です。エナメル質内の段階であれば、痛みを感じることはありません。

初期の虫歯であれば、虫歯になっている部分を削ってレジンを詰める作業を行うだけで済みますので治療費は1,000円~3,000円程度です。初期の虫歯であれば、治療費も安いので払えないというトラブルは起こりにくいです。

進行してしまった虫歯の場合

C2は虫歯がエナメル質を超えて進行してしまった状態です。冷たい物を食べると染みるといった自覚症状が表れてきます。C3は虫歯が神経にまでおよび、ズキズキと歯が痛みます。C4になれば、歯の上の部分が崩壊してしまい、根っこのみ残った状態です。

進行してしまった虫歯であれば、歯を削るだけでなく、詰め物や被せ物をする必要があります。治療費は2,000~10,000円と高額になります。また、詰め物や被せ物は型を取ってから歯にセットするので複数回歯医者に通う必要も出てきます。払えない金額ではないですが、何度も通院することで治療費が嵩んでいきます。

詰め物や被せ物の種類によってはさらに高額になる可能性もあります。処置後に払えないといったトラブルにならないために金額を確認しておきましょう。

慢性型と急性型

虫歯には慢性型と急性型があります。慢性型は成人以降の虫歯に多く、長期間C1やC2の状態の虫歯が続きます。

急性型は乳歯や子供の虫歯に多くみられ、C3の進行度まで急速に進行して神経を失ってしまうこともあります。子供の歯科検診は定期的に行うようにしましょう。急に虫歯が進行してしまえば、治療費も高くなる傾向にあります。治療費を払えないようになる前に初期の段階で虫歯を治療しましょう。

虫歯の治療方法別の費用一覧

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

虫歯の治療費はどの程度必要となるのでしょうか。治療費以外でも費用として必要になるお金もあります。虫歯の治療方法別の費用をご紹介します。

治療費以外に基本的にかかるもの

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

虫歯の治療を行うために歯医者にいくと必ずかかる費用が初診料や再診料です。初診料は初めて歯医者で治療を受ける際に必要となり、次回治療を受ける際には再診料となります。新しい歯医者で治療を受けるのであれば、また初診料から支払う必要があります。

初診料は約700円で再診料は約140円です。再診料の方が安い値段となっていますので、よほどの理由がない限り同じ歯医者で治療を受けることをおすすめします。

詰め物や被せ物の治療費

歯の状態によっては詰め物や被せ物を行います。銀の詰め物の場合は、保険が適用されるので治療費は2,000~10,000円の料金で済みますが、金属アレルギーの人はアレルギー症状が起こる場合があり、色も黒っぽく見えます。

金属アレルギーの人や見た目にこだわりたい人であれば、他の詰め物をセットすることもできます。セラミックスであれば見た目も綺麗ですし、アレルギーも起こりにくいですが、54,000円前後の費用がかかります。

被せ物は詰め物よりも費用がかかり、保険が適用されるレジンの被せ物であっても1万円前後の費用がかかります。セラミックスであれば10万円程の費用がかかります。10万円は即座に払えない人も多いです。どのタイプの被せ物にするかを十分に考慮しましょう。

抜歯に関わるもの

抜歯は抜歯する場所によっても費用が異なってきます。奥歯や前歯の抜歯にかかる費用は2,000円ですが、横向きや埋まってしまっている親知らずを抜歯する場合は4,000円かかる場合もあります。

抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントの処置を行います。入れ歯とブリッジは銀のブリッジやプラスチックの入れ歯であれば保険適用となります。異なる素材のものやインプラントの場合は自費診療となります。

インプラントは歯の負担が少なく、自らの歯のように噛むことができますが、自費診療で30万円前後の費用がかかります。抜歯だけであれば、払えない金額ではありませんが、インプラントであれば払えない人も多いです。インプラントの場合は、事前に計画を立てておきましょう。

治療費の保険・補助制度を利用しよう

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

歯医者の治療費が高く、家計に負担がかかり、払えないといった場合には治療費の保険・補助制度を利用しましょう。歯医者の治療費で利用できる保険・補助制度としては、高額療養費制度と医療費控除があげられます。

高額療養費制度

高額療養費制度は、1ヶ月間保険適用内での自己負担額が高額になった際に受けることのできる制度です。70歳未満で医療費が高額になることが事前にわかっていれば、限度額適用認定証を提示する方法もあります。

高額療養費制度は、自己負担限度額を超えた額が返金されますが、自己負担の限度額は所得によって異なります。自己負担限度額がいくらかどうかは、全国健康保険協会のホームページなどで確認することがおすすめです。

高額療養費制度は、加入している保険会社に申請を行い、返金処理を行なわれます。高額療養費制度は審査が行われるため、返金は2~3ヶ月かかります。

医療費控除

医療費控除は、1年の間で納税者と生計を共にする家族が支払った医療費の額によって、所得税などが軽減される制度です。医療費控除となる金額は、歯の治療費だけでなく他の病院での治療費や病院に行く時に利用した公共交通機関のお金や市販の風邪薬の代金も含まれます。

医療費控除は確定申告の際に申し込みます、5年以内であれば申告はできるので、領収書は保管しておくようにしましょう。

払えない時の対処法

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

歯医者の治療費は、治療内容によっては非常に高額となります。急な出費となるので、払えないと感じる人も多いです。治療費を払えない時の対処法についてご紹介します。

払えない場合は担当医に相談してみよう

虫歯の治療費は、高額であることも多く払えない人も多いです。歯医者の治療費が払えない場合は、まず担当医に相談してみましょう。自費診療の料金であれば分割払いなどに対応してくれる担当医もいます。

保険適用されている治療費であれば、分割などの対応は難しいですが、高額医療費制度や以医療費控除の対象となります。

しかし、高額療養費制度は返金されるものの、払い戻しに時間がかかります。全国健康保険協会では、医療費の支払いのために無利子でお金を貸してくれる高額医療費貸付制度もありますので利用するようにしましょう。

払えない場合は知り合いに借りよう

担当医に相談するのは勇気がいる場合や相談する程の金額でもないが払えないといった場合には、知り合いにお金を借りるという方法もあります。正直に治療費が払えないという理由を話し、礼儀を忘れないようにしましょう。

お金を返さないなどのトラブルがあれば、人間関係にも亀裂が入ってしまいます。治療費が払えない時に知り合いにお金を借りるといった場合には、十分に注意をしてお金を借りるようにしましょう。

払えない場合はカードローンも活用しよう

治療費が払えないが、担当医や知り合いに頼ることができないばあいや、払えない額が高額である場合には、カードローンの利用も検討しましょう。

治療費を払えないからといって治療をやめてしまうのは虫歯が進行してしまうことにも繋がります。健康を第一に考えてカードローンでお金を借りるというのも1つの選択肢となります。

最近では即日融資が可能なカードローンもありますので、必要であればカードローンを利用するようにしましょう。

例えばアコムなら、初めての方に限り最大30日間無利息で借り入れができるなど、非常に利用しやすくなっています。

「実際にどれくらい返すことになるの?」という方のために、大手消費者金融で10万円借りた場合の実際の返済額をまとめた記事がこちらにあります。

一番のおすすめは、最短でその日のうちに借りられて、初めてなら最大30日間無利息で借りられるアコムです。

早めに治療を受け治療費を安くしよう

虫歯の治療費が払えないときの対処法|治療方法別の費用と補助制度

歯医者の治療費は自己負担で支払うこともあり、高額になる場合があります。窓口での請求で金額に驚く人もいます。治療費をなるべく抑えるために歯医者の定期健診を受け、虫歯がある場合は初期の段階で治療を行いましょう。

虫歯が進行してしまい、治療費が高額になってしまった場合は、担当医や知り合いなどに相談したり、カードローンを利用して適切に治療を受けるようにしましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事