Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

大きな病気をすると入院費用が多くかかります。もし、支払えない程の入院費用が発生したら、あなたはどうしますか。万が一、怪我や病気で発生した高額な入院費用をカバーできる、治療費を助けてくれる保証制度一覧を詳しくご紹介します。

入院費用が払えないとどうなる?

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

病気やけがをすると病院にお世話になり、入院費用が発生します。数字の入院でも3割負担の保険で10万円ほどかかります。長期になるほど高額になり支払えない場合があります。入院費用を払えない時はどうなるのでしょうか。

保証人への請求

入院する時に保証人を立てている場合は、支払い分の入院費用は保証人へ請求が行くことも考えられます。本人に何度催告しても支払わない場合は、保険者に請求する事も可能ですが、実際はほとんど行われることがありまません。

内容証明

本人に催告しても支払えない時は、内容証明郵便で催告されることがあります。これは催告したことを証拠として残すためで、この時点で弁護士へ回収を委託して弁護士事務所から直接内容証明郵便が届く場合もあります。訴訟になると大変なので、少しでも早く入院費用を支払うようにしましょう。

裁判

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

再三の最速にも耳を貸さず知らん顔していると、最終手段として裁判手続きされることがあります。これは、60万以下なら少額訴訟として扱われ、60万円を超える時は支払督促や通常訴訟になります。話し合いで解決する内容なら、民事調停を利用することもあるでしょう。

裁判手続きで支払いの義務が生じて支払えない場合は、給料や財産を差し押さえて強制に回収される事も考えられるでしょう。

入院費用が払えないときに一番困るのは「出産」

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

貯蓄も無いのに妊娠をしてしまうと、出産費用が支払えないケースがでてきます。出産は分娩代や入院費など、さまざまな金額がかかりかなり高額になるでしょう。通常分娩でも30~40万円ほどかかるので、かなり負担になるでしょう。

基本的に出産一時金で42万円ほどは支給されるので問題はありませんが、通常分娩以外ですと予想外の入院費用や医療費がかかり自腹で負担できない場合があります。もし、出産費が支払えない時は、病院に相談をして分割払いにしてもらいましょう。また、病院によってはクレジットカードを利用できる所もあります。

どうしても支払えない場合は国が行っている「生活福祉化資金貸付制度」を利用する事ができます。この制度は、年の金利が3%と大変低く返済しやすいです。とても便利な制度ですが、利用するには基準があり低所得者もしくは障害者世帯に限ってです。もし、該当するのなら利用してみましょう。

入院費用が高い病気一覧

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

病気の種類はさまざまですが、中でも高額医療費の病気をピップアップしてみました。入院費用は病院によって大きく違いますから目安として考えましょう。

・胃の悪性新生物=262,520円~184,089円
・結腸の悪性新生物=248,460円~178,341円
・気管支および肺の悪性新生物=336,490円~192,780円

この金額は3割負担の入院費用の目安です。高額入院になるのは悪政新生物の入院が多いでしょう。投薬の種類によってより高額になるケースもあります。入院保険だけでは支払えない場合もあるでしょう。

入院費用を払えない時助けてくれる制度

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

収入が少なかったり、働けなくなったら入院費を支払えなくなります。そのまま放置していると面倒な事になるので、入院費用を支払えない時は助けてくれる制度を利用しましょう。

健康保険・保険控除

健康保険料を支払っていると、年齢に応じて入院費の負担額が変わります。75歳以上の人は1割負担で現役並みの所得がある人は3割負担、70~74歳までは2割り負担で、現役並みの所得がある人は3割負担です。そして、70歳未満は3割で、義務教育就学前の6歳未満は2割です。

保険控除を利用するには、一定額を過ぎた入院費用を確定申告すると一部が還付される制度です。

高額療養費制度

とても高い入院費用になると、患者の負担が大きくなります。どうしても支払えない時は、高額療養費制度が利用できます。これは、現在の所得に応じてひと月あたりの自己負担額を決めた制度です。限界額を超えた場合は、保険から払ってもらえる制度です。社会保険でも国民健康保険でも利用できますから安心感があります。

高額療養費制度は入院費を支払う前から申請できますし、支払った後でもかまいません。入院費用を支払う前に申請すると、限度額適用認定証の交付を受けられます。事前に申請をしておけば、所得区分の確認をされた後に送付されます。この書類と保険証を一緒に、病院の窓口へ提示すると負担額が低くなります。

入院費用を支払った後に申請する場合は、いったん全額を自己負担することになります。その後、申請すると3か月程度で自己負担限度額の超過分が支給されます。入院費用を支払えない場合は、前もって申請したほうが良いでしょう。

高額療養費貸付制度

高額医療貸付制度は、高額療養費制度で支給される見込み金額のうち社会保険なら8割、国民健康保険なら9割無利子で貸し付けをしてくれます。加入している健康保険に申請を行えば、2~3週間で指定の口座に貸付金が振り込まれます。入院費用を支払えない時は、早めに申請をすれば退院に間に合うケースもあります。

高額療養費委任払い制度

入院することが決まって、まだ治療前でも高額の入院費用が見込まれる場合は保険者に申請して、限度額適用認定書を交付しておくことで、病院の窓口で負担が軽くなり支払えない事が無くなります。

これは、限度額適用認定証制度を利用できない場合、高額療養費受領委任申請書を窓口に提出します。すると、支払い額が自己負担限度額までになり、入院費用を支払えない悩みが解消されます。高額医療費の請求や受け取りを病院で代行してもらう方法です。

傷病手当金制度

傷病手当金制度は、会社に勤めていた人が病気やケガで入院する場合に傷病手当金の申請が可能です。傷病手当金は、社会医療保険に加入している人が受け取れる制度です。利用するには条件があります。

「仕事以外で行基やケガを負い、療養するために休んでいる事」「病気やケガにより仕事に行けない状態である事」「連続して3日以上休んでいる事」「休んでいる間、給与支払いがなされない事」が条件です。

勤務できなくなってから4日~1年半に渡って受給することができます。計算式は「支給開始前年1年の月収平均÷30日×2/3」です。上記でお話しした以外にも、休業している間の給与支払いがあっても、傷病手当金の支給額より少ない場合は差額を受け取れることができるので注意しましょう。

高額療養費制度の詳細

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

高額療養費制度は、入院費用が支払えない人の味方になってくれます。医療費を支払えない可能性が考えられるなら、ぜひ利用したい制度です。利用のやり方を見ていきましょう。

対象者

この精度は、入院費用だけではなく外来でも利用することができます。限度額適用認定証を申請すると、窓口での支払いを自己負担限度額までにとどめることができ、支払えない状態になりにくくなるでしょう。

自信が加入している保険者に申請すれば、公布される認定証で受診時に医療機関の窓口に提示すると支払額を抑えることができます。入院などしていて自己負担限度額が超えるか超えないか不明な時も限度額適用認定証を支給申請しておくこともできます。

入院額が支払えない可能性があるなら、この制度を早めに利用しておくと良いでしょう。

必要書類

利用する時に必要な書類は「領収書」「保険証」「印鑑」「振込口座のわかるもの」が必要になるでしょう。簡単に用意できる書類なので、大きな負担がありません。

申請の流れ

申請の流れは加入している保険者によって変わりますから、保険証に記載されている保険者に問い合わせをしましょう。国民健康保険の場合は、市区町村によって異なります。住んでいる地域の国民健康保険担当窓口で確認をしましょう。

事後手続きの場合

事後手続する場合は、医療機関などの窓口で自己負担分はいったん支払います。その後、保険者に申請して払い戻しを受けます。入院費用が払えない場合は、早めに事務手続きをしたほうが良いでしょう。

それでもお金がないなら

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

制度など利用しても入院費用を支払えない時があります。そんな時は身近な人たちに相談をしてみたり、他の方法を考えましょう。入院費用が支払えないで困った時の対策をご紹介します。

病院に相談

病院から入院費用の請求が来て、支払えないからといって放置していると迷惑を掛けてしまいます。どうしても支払えない時は、病院に相談してみましょう。今現在で利用できる制度を紹介してくれたり、アドバイスをしてくれるでしょう。病気だけでも大変ですから、入院費用の事は早めに相談して最適な方法を考えましょう。

知り合いに借りる

よっぽどの場合でないと、入院費用が全額無料になる事は難しいでしょう。さまざまな制度を利用しても自己負担額を支払えない時は、知り合いに借りるのも良いでしょう。きちんと返済方法を提示して相手に分かってもらいましょう。

カードローン

自己負担額を支払できない時、借りる人もいないならカードローンを使うのも良いでしょう。定額を毎月返せるカードローンを利用すれば、生活が苦しくなることも無いでしょう。ただし、カードローンを利用すると金利がかかります。借りる金額が大きいと負担が増えてしまいますから、返済できる目途がある人のみおすすめします。

入院費用が払えない時のカードローンはこちら

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

制度を利用して戻り金が入るまでの間や、どうしても入院費用が足りない時はお金を借りる方法がります。銀行系のローンなどは、医療費を目的にしたローンを扱っていません。入院費を払えない時は、フリーローンを利用することになるでしょう。

フリーローンを扱っている会社は、オリックス銀行、プロミス、みずほ銀行、楽天銀行など多数あります。会社によって審査内容が違いますから、比較して検討すると良いでしょう。フリーローンを契約できれば、カードを使ってお金を借りることができます。支払いも無理の無い金額で利用できますから便利です。大きな病院なら病院内のATMで使える会社もあるでしょう。

入院費用を払えない時は制度を利用する

入院費用が払えないとどうなる?|治療費を助けてくれる保証制度一覧

病気の症状によって高額の入院費用が発生する事があります。病気と闘いながらお金の心配をするのは難しいので、利用できる制度を見つけて補助してもらいましょう。年収に合った入院費用になるので、払えない事は少ないでしょう。病院ともよく話し合って、最適な方法を見つけましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事