Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

カードローンの審査とはどのような流れで行われるのでしょうか。カードローンの審査で見事に落ちてしまう人はどのような特徴を持っているのでしょうか。カードローンの審査は会社によって異なりますが、審査基準はそれほど大きく異なりません。基準を知って審査にとおりましょう。

目次
  1. カードローンの審査ってどんな審査をするの?
    1. カードローンの審査に必要な申告情報とは?
    2. カードローンの審査に必要な生活情報
    3. カードローンの審査で重要な勤務先の情報について
    4. 個人信用情報もカードローンの審査には必要なこと!
    5. カードローンの審査に落ちる人の特徴とは?
    6. 安定した仕事ではないか勤続年数が短い
    7. 他社でも多額の借金がある場合
    8. 過去の未払いや延滞は審査に響く
  2. 一般的なカードローンの審査の流れとは
    1. 仮審査はコンピューターが判断する
    2. 基本的な申し込み条件として設定されているもの
    3. メジャーなカードローンの基本申し込み条件
    4. どれも安定した収入があることが基本
    5. 配偶者に収入があれば申し込める場合もあり
    6. 本審査はどうやって行われるの?
  3. 審査が甘いカードローン業者TOP3発表!
    1. ランキング3位:プロミス
    2. ランキング2位:アイフル
    3. ランキング1位:アコム
    4. 第1位はアコム業界最大手で貸付残高もナンバーワン
  4. 審査なしOKのカードローン業者ランキングTOP3
    1. 審査なしはNG!でも在籍確認電話連絡なしはいける
    2. ランキング3位:SMBCモビット
    3. ランキング2位:プロミス
    4. ランキング1位:アイフル
    5. 在籍確認なしで審査を受けることは可能
  5. カードローンの審査の流れを知って有利に借りよう!
    1. 選ぶポイントは金利&審査スピード!

      カードローンの審査ってどんな審査をするの?

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      多くの人がカードローンを利用している昨今、最初に借り入れる際には必ず審査を受けます。その審査とはそもそもどのような審査なのでしょうか。

      カードローン、キャッシングは急にお金が必要な際に手元に現金がない場合、融資を受けることができる便利なシステムです。しかしその融資を受けるにも審査がとおらなくては融資を受けることができません。

      では審査とはどのような審査をするのでしょうか。

      カードローンの審査に必要な申告情報とは?

      カードローンの審査は簡単に言えば、申し込み時に入力された情報をもとに、その人の信用度を知るために行われます。

      審査に必要な項目は、本人や家族の情報です。名前や生年月日、性別や結婚しているかどうか、子供がいるかどうかです。一般的には既婚者よりも独身の方が、子供がいるよりいないほうがお金を自由に使えると判断されます。

      ただ、1人暮らしや独身、子供なしの場合、既婚者で子供がいる人と比較すると家族に対して責任感は軽く、借金を踏み倒すという可能性も高くなります。

      それにひきかえ持ち家で既婚男性、子供がいる場合は社会的な責任がありますから、借り逃げする可能性は低いと見られます。しかし住宅ローンや子供にお金がかかるため、自由なお金は少ないでしょう。

      独身で子供がいないほうが返済能力は高いけれど、既婚者で子供がいるほうが信用度は高いということになります。

      カードローンの審査に必要な生活情報

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      また生活情報もカードローンの審査の1つです。住所はもちろんですが、持ち家なのか賃貸なのか、公営住宅もしくは社宅なのかによって異なります。

      一戸建て、アパート、マンションかによても違いますし、ローンの負担額によっても審査の目は変わります。さらに居住年数も見られます。

      住居に関しては持ち家、一戸建てが信用度が最も高く、次にマンション、社宅や寮、賃貸の一戸建てやアパートやマンション、最後に公営住宅です。

      公営住宅は低所得者向けの住居なので審査としては最も低く見られます。そして賃貸より持ち家、アパートより一戸建てやマンションの方が有利です。さらに固定電話があるほうが審査には有利です。

      居住年数に関しては、長ければ長いほど審査にとおりやすいです。1つの土地に長く暮らしているという信頼度があるからです。転勤でもない限り引っ越しはないでしょうから、本人への連絡もしやすいとみなされます。

      カードローンの審査で重要な勤務先の情報について

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      カードローンの審査では勤務先の情報も聞かれます。会社名はもちろん、勤務先の住所から、電話番号、その業種や職種、社員数や自分の雇用形態を聞かれます。

      さらに勤続年数と年収、収入は固定給なのか一部歩合なのか完全歩合なのか、さらに保険証の種類として国民健康保険なのか社会保険なのか、組合保険なのか、共済保険なのか問われます。

      審査の中では正社員が最も有利で公務員が最も有利です。正社員の次に契約社員、派遣社員、アルバイトやパート、自営業となります。自営業は安定した収入を得られないと見られます。

      しかし自営業でも弁護士や開業医などは審査はとおりやすくなります。勤務先の規模は倒産の危機がない大きい会社ほど有利で、勤続年数も長いほど審査に有利に傾きます。できれば1年以上は勤続年数が欲しいところです。

      収入や保険証によっても審査基準が変わってくる

      また収入形態については、固定給、一部歩合、完全歩合の順で有利になります。一部歩合という収入形態をご存知でしょうか。これは基本給が決まっており、営業などの実績に応じて歩合が加算され、給与が支払われるという仕組みです。

      完全歩合は働いたぶんだけ給与がもらえる給与形態です。ですからでき高が収入になる自営業、時給や日給のアルバイトやパーとは完全歩合です。

      また保険証ですが、公務員は共済保険で、大企業なら組合保険、中小企業なら社会保険で自営業、アルバイトやパートで家族の扶養に入っていない人は国民健康保険です。

      カードローンの審査では、先から順に信用度が高いとみなされます。勤務先の情報の審査で見られるのは、安定感です。しっかり返済できるかどうかを審査されることになります。

      個人信用情報もカードローンの審査には必要なこと!

      以上の申告内容をもとにして、カードローン会社は信用情報機関に信用情報を照らし合わせます。信用情報機関ではどのようなことがわかるのでしょうか。

      まず、他社での借入件数や借入額がわかります。そして現在利用中のローン、クレジットカードの契約内容もわかります。今までのクレジットカード、ローンの利用状況や返済状況も判明します。

      さらに事故情報として、自己破産をしたことがあるかどうか、債務整理をしたことがあるかどうかということも信用情報でわかります。

      消費者金融の場合、貸金業法という法律で決められている総量規制というものがあり、その人の年収の3分の1以上は借り入れできないようになっています。

      ですから他社で延滞や事故情報がないとしても、借りすぎてしまうことは不可能です。

      カードローンの審査に落ちる人の特徴とは?

      カードローンの審査には受かる人と落ちる人、見事にわかれます。審査に落ちてしまう人はなぜ落ちてしまうのでしょうか。その特徴をあげてみましょう。

      安定した仕事ではないか勤続年数が短い

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      カードローン、クレジットカードともに言えることですが、仕事が安定していなければ審査にはとおりません。単発のアルバイトをして生活をしている人は、カードローンの審査には特にとおりにくいでしょう。

      もちろん無職や生活保護、年金受給者でも審査をとおりにくいです。

      専業主婦に関して言えば、数は少ないですが、借り入れできるカードローン会社はあります。配偶者の同意を得ることができれば借り入れすることができるカードローンがあります。

      他社でも多額の借金がある場合

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      また他社で多額の借金を抱えている場合、審査をとおるのは難しくなります。現在は総量規制で年収の3分の1以上は借り入れすることができませんから、それ以上借り入れすることはできません。

      これはどのカードローン会社でも同じことが言えます。自営業者専用ローンやビジネスローンという、総量規制対象外のローンも、所得の3分の1以上の融資は貸し倒れするリスクがあるとして、ほぼ受け入れられませんから注意が必要です。

      過去の未払いや延滞は審査に響く

      過去に未払いや延滞があった場合、カードローンの審査はとおりにくいです。自己破産や債務整理、特定調停などもカードローンの審査にはとおりにくいです。

      金融事故を過去に起こしてしまった場合、信用情報の照会をしてみましょう。各カード会社は金融事故を起こしていないかどうか、信用情報を利用して審査を行っています。

      一般的なカードローンの審査の流れとは

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      では一般的なカードローンの審査の流れをざっくりと見ていきましょう。カードローンの審査はまずは仮審査から入ります。申し込み条件を満たしているかどうかが基準です。

      仮審査はコンピューターが判断する

      仮審査はコンピュータが申し込みの内容を判断し、条件に合わない人を落とします。どのようなカードローン会社でも、入力項目はあまり変わりません。

      申し込み者本人について、住居や家族について、勤務先について、その他保険証や他社での借り入れ、希望借入額です。

      基本的な申し込み条件として設定されているもの

      では次に基本的な申し込み条件として設定されているものをチェックしてみましょう。

      メジャーなカードローンの基本申し込み条件

      大手、メジャーなカードローンの申し込み条件を調べてみましょう。下記にグラフとなっているのがメジャーなカードローンの申し込み条件です。

      会社申し込み条件
      SMBCモビット満20歳以上69歳以下で安定した収入がある人
      プロミス20歳以上69歳以下で安定した収入がある人
      レイク満20歳以上70歳以下で安定した収入がある人
      アイフル満20歳以上69歳以下で安定した収入がある人
      アコム20歳以上69歳以下で安定した収入がある人
      オリックス銀行満20歳以上69歳未満で原則として毎月安定した収入がある人
      みずほ銀行満20歳以上66歳未満で安定した収入が見込める人
      三井住友銀行20歳以上69歳以下で原則として安定した収入がある人

      どれも安定した収入があることが基本

      グラフを見るとわかるように、どれも安定した収入があることが基本条件です。さらに20歳以上ということも基本的な条件であることがわかります。

      66歳未満という年齢のカードローン会社もありますが、70歳という高齢でも利用可能なカードローンがありますから、安定した収入があり、高齢であってもカードローンを使うことができます。

      配偶者に収入があれば申し込める場合もあり

      上記の条件に満たしていない人は、仮審査の段階で落ちます。カードローンは基本的に申込者本人に収入がなければ申し込むことができません。

      ただ、収入のない専業主婦でも、配偶者に安定した収入がある場合はキャッシングしてくれるカードローン会社もありますから、調べてみると良いでしょう。

      本審査はどうやって行われるの?

      ではカードローンの仮審査にとおったとして、本審査はどう行われるのでしょうか。本審査は担当者が申込内容、必要書類、信用情報をもとに行います。

      必要な書類は本人確認書類と収入証明書類です。本人確認書類としては、運転免許証や健康保険証、パスポートなどがあります。

      収入証明書類としては源泉徴収票や所得証明書、給与明細などがあります。

      さらに契約前に、カードローン会社から審査以外に職場へ在籍確認の連絡が入ります。本当に記入された会社で働いているかどうかを調べるもので、ほぼ審査の段階で在籍確認を行います。

      会社にバレるのではないかと感じる人もいるでしょうが、個人名で電話はかかってきますから、会社バレする可能性はかなり低いです。

      本審査にとおれば連絡はメールや電話であり、カードローンを契約して借り入れすることができます。

      審査が甘いカードローン業者TOP3発表!

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      仮審査から本審査と、難しいことがたくさん行われるカードローンの契約ですが、審査が厳しい、甘い、と言われるカードローン会社もあります。

      できるだけ早く融資を受けたい人は、審査に落ちてばかりだとなかなか融資が受けられませんから、できれば審査の甘いカードローン会社で借り入れしたいところです。

      審査の甘いカードローン会社を3つ紹介しましょう。

      ランキング3位:プロミス

      ランキング3位はプロミスです。審査通過率は42.6%と高く、CMでもお馴染みなので皆さんよく知っていることでしょう。

      安心して借りることができる、30日間無利息サービスがあるなどカードローン初心者には嬉しいサービスがあります。

      ランキング2位:アイフル

      大手のカードローン会社でもアイフルは審査通過率が44.3%です。インターネット上で完結する、審査から借り入れまでネット上で全てできてしまうサービスが利用者にとって有難いです。

      必要な書類さえ揃っていれば、どこでも申し込みができるのが便利です。銀行の営業時間内であれば、即日融資も可能なのがアイフルです。

      ランキング1位:アコム

      審査が甘いカードローン第1位はアコムです。審査通過率はなんと48.9%です。これは申し込みにきた2人に1人が審査にとおっていることになります。

      もちろんアコムにもしっかりした基準のある審査はありますが、比較的審査が甘く、申し込みして審査にとおりやすいカードローンと言えるでしょう。

      第1位はアコム業界最大手で貸付残高もナンバーワン

      審査が甘いカードローン業者の第1位はアコムという結果になりました。街中でもよく看板をみかける大手のアコムですが、新規でアコムに申し込みをした人の、およそ2人に1人は審査をとっていることになります。

      アコムは利用者数や貸付残高も業界ナンバーワンです。知名度も高く、キャッシングが初めてだという人からも人気があります。

      審査なしOKのカードローン業者ランキングTOP3

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      審査が甘いカードローン会社があるのはわかりましたが、審査がない、審査なしで大丈夫なカードローン会社はあるのでしょうか。

      審査がなければスムーズに融資を受けることができますから、誰でも使えて大変便利です。しかしそれほど美味しい話はあるのでしょうか。

      審査なしはNG!でも在籍確認電話連絡なしはいける

      さすがに審査なしでとおるカードローン会社はどこを探してもありません。しかし交渉次第で会社への在籍確認をなしにしてもらう方法はあります。

      会社の社員証や給与明細で、在籍していることを明らかにすれば勤務先への電話連絡をなくし、審査を受けることが可能です。本人が直接電話連絡をして交渉する必要があります。

      在籍確認の交渉がしやすいカードローン会社を3つあげてみましょう。

      ランキング3位:SMBCモビット

      SMBCモビットはWEB完結申込なら郵送物や電話連絡、ローンカードなしでOKのカードローンです。即日融資、フリーターも借り入れができる便利なカードローンです。

      ランキング2位:プロミス

      プロミスも在籍確認なしで審査可能なカードローンです。書類郵送もありませんし、収入証明も不要です。無利息期間もあり、初心者にも使いやすいカードローンです。

      ランキング1位:アイフル

      アイフルは審査時間が最短30分というスピードで、インターネット完結することができます。在籍確認なしの交渉もしやすく、収入証明も不要なため、借り入れしやすいカードローン会社です。

      またアイフルはカードローン会社として広く知られているため、初めて借りる人も借りやすいと評判です。

      在籍確認なしで審査を受けることは可能

      このようになっています。いずれも職場への在籍確認なしで審査を受けることができますから、安心して借り入れすることができます。

      カードローンの審査の流れを知って有利に借りよう!

      カードローンの審査とはどんなもの?|落ちる人の特徴・審査の流れ

      いかがですか。少しはカードローンがどのようにして個人にお金を貸しているのかがわかりましたか。やはり審査というものは大切で、カード会社も貸し倒れになってしまっては困ります。

      ですから信用情報で傷の有無を調べ、その人の返済能力を確かめる審査を行います。1度審査にとおってしまえば、あとは返済をきちんとしていれば、増枠の話もカード会社から振ってきますし、返済が滞らなければ信用情報に傷もつきませんから怖いこともありません。

      カードローンの審査の流れをよく知って、自分が有利に融資を受けられるように覚えておきましょう。

      選ぶポイントは金利&審査スピード!

      カードローンを選ぶ中で金利と審査スピードはとても重要な指標になっています。なぜなら、金利はお金を借りることに対してのサービス料金を決める割合、審査スピードはどれくらい早く必要な額が受け取れるかということだからです。サービス料金は安い方が良いですし、必要な時に必要な額を受け取れなければ意味がありません。

      銀行 vs 消費者金融

      金利と審査スピードを説明するに当たって、知っておくべきことがあります。それは、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの違いです。それぞれの特徴を下記にまとめました。

      銀行系カードローンの特徴

      1. 金利幅の平均が約1%〜14.5%に設定されている。
      2. 融資まで数週間かかることが大半!

      消費者金融系カードローンの特徴

      1. 金利幅の平均が3%〜18%に設定されている。
      2. 融資までのスピードが早く最短1分で振込が可能な消費者金融が存在!

      以上のように銀行系は金利が安い分、審査が長いです。銀行は人、会社の信用を買って投資している、もしくは銀行の信用を売って資金を得て運用しています。ですので、銀行に預金しているお客様に対してお金を戻せないとなると銀行そのものの信用がなくなり、利用者がいなくなってしまいます。結果的に、融資をする場合は融資先の人がどれだけ信用あるのかを慎重に確認する必要が出てくるのです。これが審査が長い理由です。金利が安い理由としては、審査に通った人たちは信用があるので安心して融資できる点にあると言えます。

      楽天銀行などの大手金融機関などが代表ですね。

      63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
      即日融資 金利 審査時間
      不可 金利(1.9%~14.5%) 数営業日
      Web完結 無利息期間 融資時間
      あり なし 楽天銀行なら即時

      一方で、消費者金融は審査スピードが早く、金利は高く設定されています。審査スピードが速いのは審査システムに理由があります。消費者金融では本審査の前にスコアリングシステムで仮審査を行うことがあります。仮審査をすれば審査を受ける資格があるのかどうかを最短1秒で判断できますので、消費者金融側では審査で重要な部分をピンポイントで人が行なっていきます。

      アコムでは、最短で1時間後には借りることも可能なほど審査が早いのが特徴です。

      63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
      即日融資 金利 審査時間
      可能 3.0%~18.0% 最短30分
      Web完結 無利息期間 融資時間
      可能 初めてなら最大30日 最短1分

      それでは金利の比較を見てみましょう。

      銀行/消費者金融金利審査スピード
      楽天銀行1.9%~14.5%申し込み時から数日間
      三井住友銀行4.0%~14.5%最短翌営業日
      三菱UFJ銀行1.8%~14.6%最短翌営業日
      アコム3.0%~18.0%最短1分: 楽天銀行・ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方


      楽天銀行: 0:10 〜 23:50の間に申し込み
      ゆうちょ銀行: 9:00 〜 14:30に申し込み

      最短30分: その他の口座
      プロミス4.5%~17.8%最短1分: 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

      最短30分: その他の口座

      ここで重要なのが、いつまでに融資を受ける必要があるのか?ということです。急いで融資を受ける必要がない場合は、金利が安い銀行系の方がお得です。

      一方で、今すぐ必要!という方には消費者金融向けと言えます。金利は少し高くなってしまいますが融資までのスピードが優先となるので割り切りましょう。

      関連記事

      最新の記事