Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月02日

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

「気づいたらお金が足りない」という人は、本当にお金が足りていないのでしょうか。お金に関する管理ができず、足りない状態に気づくまで、何の管理も対策もしていないというのが現状です。本記事では、お金が足りなくなったときに考えるべきことについて、ご紹介します。

「毎月気づくとお金が足りない」という状況の整理

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

「毎月、気づいたらお金が足りない」という人は、悪い意味でお金に対する執着の足りない人です。お金に執着しすぎるのも好ましくありませんが、執着が足りないのも、身を滅ぼす結果になりかねません。「気づいたら」というその時任せではなく、「なぜ足りないのか」をきちんと自覚しましょう。

「お金が足りない」という厳しい現実から目を背けるのではなく、「なぜ足りないのか」「本当に足りないのか」「何に使っているのか」など、分析し、把握するように心がけましょう。

収支の整理

「気づいたらお金が足りない」という人は、自分の収入と支出のことを、どの程度把握できているのでしょうか。社会人であれば、収入は概ね給料の手取り金額を把握できていれば良いでしょう。投資の配当金なども収入として考えられますが、「気づいたらお金が足りない」という金銭管理の人は、投資をするのは危険です。すでに投資しているのなら、一旦やめましょう。

把握しづらいのは、「支出」の金額です。カード払いしているものは、実際の支払い時期(銀行引き落とし)は、翌月以降となるので、いつの支出と捉えたら良いか迷います。

保険の支払いなど、定期的に支払っている金額を把握できていない人が多く見受けられます。日常生活で、小銭で支払うような「ちょっとしたもの」が「支出した」という感覚から漏れていることもあります。

お小遣い帳をつけてみる

まずは、子供のお小遣い帳レベルで構わないので、ひと月に使ったお金を書き出してみましょう。カード払いの場合は、引き落とし月ではなく、物品を買った月に計上します。家計簿のように、「収入がいくらで、今までいくら使ったから、残金はいくらのはず」という整合まで取らなくて構いません。とにかく、支出する度に、お小遣い帳に書き留めるようにしましょう。

実際に書き出してみると、「いつのまにか消えていたお金」が記憶に残りにくい、無駄な支出として浮かび上がってきます。明確になった支出を見て、自分のお金の使い方を自覚しましょう。

お金が足りない場合支出を減らす

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

お金が足りないなら、使わなければ良い、というのは、もっとも簡単な理屈です。しかし、それができていれば、お金が足りないわけがない、という言い訳もできます。また、無謀な我慢は、ストレスとなり、散財したくなってしまうという弊害を生む可能性もあるので、注意が必要です。

支出を書き出して、自分がひと月の中で、どのようなものを購入しているか、しっかりと自覚できたら、何を減らせるか考えてみましょう。第一段階はとにかく「これはいらないんじゃないか」と自発的に思える、我慢をしなくても減らせる支出を見つけ出します。

無駄な出費を抑える

支出を把握したら、「無駄な出費を抑えよう」と考えるのは当然ですが、「無駄な出費」とは何でしょう。一般的には、飲み代、タバコ代、飲食費、遊興費などが「無駄遣い」と呼ばれますが、これらを100%カットすることは、必ずしも良い結果にはつながりません。ストレスが溜まって、生活が暗くなったり、ストレス発散のための散財につながる可能性さえあります。

自分の趣味に費やしているお金については、100%カットではなく、20%カット程度に収めるか、ほかの「無駄な」支出を探し出して、自分の趣味は100%残しておくという方法もおすすめです。ストレスを感じないため、長続きする倹約につながります。

無駄な出費を洗い出す際は、「買ったけど食べなかったもの」「買ったけど読まなかった本」など、本当に何の役にも立っていない出費の洗い出しから始めるのがベストです。

固定費を減らす

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

「気づいたらお金が足りない」と悩んでいる人は、とかく「だから、倹約しなければ」と、毎日の生活費を切りつめようとしてしまいます。しかし、毎日の生活費を切り詰めることは「我慢」することで、ストレスを生みやすくなります。もちろん、無駄は省く必要がありますが、過度な倹約は好ましいものではありません。

ストレスを感じずに、支出を抑えるためにおすすめなのは「固定費」の見直しです。家計における「固定費」とは、ローンの支払いや保険料の支払いなど、年間支出金額が決まっている費用です。「支出が決まっている費用は、変えることができない」と決めつけるのは早計です。

住宅ローンと保険料の見直しが王道

住宅ローンは、契約時と現在の金利が変わっていれば、借り換えにより総支払い額を減らせる可能性があります。

保険料に関しては、見直してみると、過剰な死亡保険金や保証のついた保険を契約している可能性も高く、契約内容を見直せば、保険料の減額につながります。また、ほぼ同じ内容の保証でも、積立型から掛け捨て型に変えることで、支払う保険料は大幅に減らせます。

家計簿アプリ

「気づいたらお金が足りない」という状態に陥る人の場合は、自分の家計の「変動費」「固定費」を把握できていないと考えられます。変動費を減らす、固定費を減らす、という対策を考える以前に、それらの費用をきちんと把握するために、家計簿をつけましょう。

収支を整理するために始めた「お小遣い帳をつける」という作業の延長で、家計管理のできるアプリを利用してみましょう。

iPhoneでもAndroid端末でも利用可能な「Zaim」や「MoneyForward」などは、日々のお小遣い帳をつける感覚で、家計の総合収支の管理ができるので、おすすめです。

支出を減らしてもお金が足りない時は収入を増やす

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

どんなに見直しても、支出が減らないという場合は、収入を増やせないか検討することになります。収入を増やすというのは、簡単なことではありませんが、検討してみることにしましょう。

転職

現在の仕事が薄給だからと、安易に転職を考えるのは危険です。自分の能力に対する適切な金額が支払われていないと感じても、自分が適切だと考える金額を支払ってくれる企業が存在するとは限りません。

転職を考える場合は、現職の仕事の合間に、転職先を探すよう努力し、転職先が見つかるまでは、現職に不満があってもしっかりと務めましょう。仕事に対する真摯な態度は、次の仕事にもつながります。

副業

お金がどうしても足りない場合、時間を作って副業するのがもっとも建設的な行動といえます。ただし、副業を禁止している企業も多く、懲戒になる可能性もあるので、自分の勤務先の規則をきちんと確認しましょう。副業としてはコンビニの深夜バイトや内職などが考えられますが、本業に影響を与えない配慮は必要になります。

お金が足りないときクレジットカードは使わない

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

お金が足りないということは、財布の中に現金がない、銀行口座にも残金がない、という状態です。「現金がないなら、支払いを先送りにできるクレジットカード払いにしよう」という安易な発想はやめましょう。あくまでも「先送り」であって、先送りした時点で支払える目処がついているのでなければ、「返す宛のない借金」になってしまいます。

リボ払い

リボ払いは、クレジット残額がいくらであれ、月々の支払い金額は固定となる支払いです。大きな借金になっても、月々は数万の固定金額で済むので、借金の上積みをしやすい仕組みとなっています。リボ払いは、特にお金の管理ができない人にとっては、安易にクレジット額を増やしてしまう仕組みです。

「気づいたらお金が足りない」と言っているような、お金の管理ができていない人は、リボ払いにすることは絶対に避けましょう。

カードローンやキャッシングで生計を立て直す

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

カードローンやキャッシングは、横文字で気軽な雰囲気を醸し出していますが、あくまでも「借金」です。クレジットカードの分割払いよりも、金利も高く、「お金が足りない」という人にはおすすめできません。「利息」という無駄なお金を支払うことになります。お金の管理をできない人は、返済の計画を守れる可能性も低いことを自覚しましょう。

家計を立て直すために、一時的にどうしてもお金が足りない場合は、安易にカードローンやキャッシングに頼るのではなく、地域の相談窓口やファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

家計はしっかりと把握しましょう

「気づいたらお金が足りない」という人の対処法|収支管理の徹底方法

「気づいたらお金が足りない」という人は、気づくまではお金の管理に無頓着だったということです。支出が収入を下回っている間は、自分のお金の使い方を顧みることもなかったのでしょう。お金が足りないことに気づいたら、そこからでも遅くありません。「お金の管理」に対し興味を持ち、きちんと自分のお金を把握できるようにしましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事