Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月02日

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

生活が苦しいと感じる時は誰にでもあります。苦しい生活から抜け出す方法はとてもシンプルで、収入と支出のバランスを保つことです。なぜ生活が苦しいのかを考えて、苦しい生活から抜ける方法を考えてみましょう。そして、一人で解決できない時の相談先もご紹介します。

生活が苦しくなっている原因を考えよう

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

生活が苦しいと感じる人は原因が必ずあります。どのような事を考えたら良いかチェックしてみましょう。

収入が少ない

お給料を受け取ると税金や年金など多くの支出があり、手元に乗った金額では生活していくのに困難な場合があります。支出が多くあって、肝心の収入が少ないと生活が苦しくなります。何かしらの対策を考えないと、ひと月の生活が成り立ちません。

最近、アベノミクス効果で景気が回復しているとニュースなどで伝えられていますが、実感しているのはごくごく一部でしょう。国民の生活基礎調査では、生活が苦しいと答えている人が半数以上で幸せムードはありません。

収入が少ないと感じるなら、収入に見合った生活にしなければなりません。毎月の固定費を見直して、無駄な買い物は控えます。あたりまえのことのようですが、自分に甘かったりすると支出が多くなっていきます。生活が苦しい状態から抜け出すには、収入を増やすか支出を減らすしかありません。

出費が多い

生活が苦しい人は出費が多いからです。収入と支出のバランスが取れておらず、収入を考えずに衝動買いをしたり、とても多くの通信費を支払っています。細かい節約法はいくらでもあります。節水タイプのシャワーヘッドに変えたり、ペットボトルの購入は控えて水筒を持参するなど、考え方を変えるだけで毎日節約はできます。

継続的に節約をしても出費が抑えられない時は、部屋を整理してみましょう。自宅にある不要なものは案外多いでしょう。部屋を綺麗に片づけることで、ものを増やさないで済みますし、一度捨てたものは買わなくなります。身の回りを綺麗にすることで、無駄遣いを見直すことができます。

そして、生活が苦しいなら毎月どんなものにいくら使っているのかをきちんと把握をして、頭の中も整理しましょう。毎月の出費をきちんと計算をして、収入に対して使い過ぎていないか、無駄は無いかを見直しましょう。

ローンがある

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

生活が苦しいと感じる原因のひとつに住宅ローンがあります、住宅を購入する時にはよく考えてローンを組みますが、実際に生活をスタートさせると想定したとおりにならない場合があります。特にバブル期に高額な住宅を購入した人は、長期的に住宅ローンが残ってしまい、収入に見合わない支払額を払い続けているケースもあります。

もし、住宅ローンの支払いで苦しくなったら、無料相談などを利用して専門家や弁護士に相談しましょう。金融機関に相談すると良いと聞きますが、実際に困って相談してもあまり役に立つことはありません。特に会社の倒産などで支払いのめどが立たない時は、弁護士に相談した方が良いでしょう。

生活が苦しい人の特徴

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

生活が苦しい人はどのような人か見ていきましょう。

専業主婦

専業主婦は現状に満足をしている人も多くいますが、中には生活が苦しいと感じている人もいます。専業主婦は優雅に見られますが、働きたくても働けない事情を抱えていたり、自由に使えるお金が無いと感じている人もいます。

一時的に生活が苦しい場合は、貯金を切り崩して生活すれば耐えられますが、長期的に生活が苦しい場合は働くことを考えるしかありません。憧れの専業主婦だからと、いつまでも働かずにいると生活は苦しいままです。

現在の働き方は実に多様で、空いた時間だけ働くこともできます。職業を選ばなければ自分のペースで収入を得ることは可能です。特に若い世代はアルバイトなどの雇用が多く、好みの時間や曜日で働けます。生活が苦しいと感じたら、家計を助けるためにも働きましょう。

生活が苦しい時の相談先

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

生活が苦しいと感じたら誰かに相談する事が大切です。相談先は、市役所や市や区が行っている無料の何でも相談会、ネットなどを使う人はNPOの窓口にメールを送ってみても良いでしょう。生活再建の相談に乗ってくれる場所が多くあります。

お金のことなので他人に相談するのは抵抗がありますが、親せきや親などに相談できない時は、自分の話しやすい場所に相談してみると良いでしょう。ひとりで悩むより、多くのアイディアを提供してくれるでしょう。

生活が苦しい時に抜け出すための方法

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

生活が苦しい時は何か方法を考えなければなりません。抜け出すためにはどのような方法があるか見ていきましょう。

就職

現在、仕事をしていない人は生活が苦しい人が多いです。まずは、収入を増やさないと生活が苦しい状態から開放はされません。就職活動をしてきちんと毎月収入を得ることから始めましょう。

就職する方法は、ハローワークに行っても良いですし、求人広告を見て直接連絡をしてもかまいません。まずは、一歩を踏み出すことから始めます。条件が合わないと何度も不合格になるでしょう。しかし、どこかに就職をしないと生活が苦しいままです。

そして、無事に就職先が見つかったら長期的に働くことです。一度退職すると再就職は難しくなります。長期的に働くことで昇給もあり、やりがいが感じられます。まずは、自分のペースに合った職場を見つけて収入を得ることが大切です。

転職

すでに仕事をしていても給料が残らず、生活が苦しいケースもあります。収入が低い場合は、長期的に働いても生活が苦しいままです。収入より支出が多いとバランスが崩れますから、支出に合った会社に転職を考えると良いでしょう。

今よりも高い給料が得られる会社があるなら、思い切って転職するのも良い方法でしょう。しかし、給料面だけを考えて転職をすると予想しなかった事に戸惑うことがあります。とても残業が多い会社だったり、休日が減るでしょう。

多くの収入を得るにはラクして働けるケースは少ないでしょう。今よりも厳しい状況でも耐えられると考えたら転職してみましょう。

副業

最近は大手の企業でも副業を認めている会社が増えました。副業の良い所は、自分のペースで得意な事をできることです。生活が苦しいと感じるなら、自分の得意分野で副業をスタートしてみましょう。

副業がある程度成功すると、将来年金暮らしになっても収入が確保できます。退職金を支払わない会社が多くなってきたので、安定した老後を考えるためにも副業は最適でしょう。ただし、リスクを伴う副業はかえって生活が苦しいと感じる事になりますから、投資系の話には注意しましょう。

生活保護

日頃から生活が苦しいと感じており、貯金が底をついたら再建のめどがたちません。そんな時は、公的機関を頼って生活保護の相談をしてみましょう。何らかの事情を抱えて生活が苦しいと感じているなら相談する価値はあります。

生活保護を受けるには条件がありますが、問題なければ生活していける最低水準のお金を国がサポートしてくれます。生活保護を受けることで、負担の多い税金も免除してもらえたり再建へのステップとなります。

また、子供がいる家庭なら教育扶養を受けることも可能です。他にも光熱費や賃貸住宅の更新料、保育園代、NHKの視聴料金など、給付を受けることができるので、再建のめどが立たず、生活が苦しい場合は一度相談してみましょう。

一時的な生活苦を立て直すならカードローン

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

冠婚葬祭が続いたり急な出費で生活が苦しい時、一時的な生活苦ならカードローンを利用してみると良いでしょう。ただし、カードローンを利用する時は、給料日までの一時的な場合や借りたお金を返せる予定がある時に限って利用しましょう。

お金を借りる事は金利がかかります。借りた分より多く支払うので、返済すると生活が苦しいと感じる事になります。すると、またお金を借りて返済しての繰り返しになり、生活はどんどん苦しくなります。

また、返済しきれない額のお金を借りてしまうと返済困難に陥るケースもあります。一時的だと思ってカードローンを利用してしまうと後悔する場合もあるので、よく考えてから利用しましょう。

生活が苦しい時はよく考えよう

苦しい生活を抜けるための方法とは?|生活が苦しい人の特徴・相談先

生活が苦しいと感じる時は原因を見つけることが大切です。原因がわかれば生活再建ができますし、その後の失敗が減ります。原因がわかっても改善できない状態なら、話しやすい人に相談をしてみましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事