Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

半数以上の現代人にとって、とても身近にあると言える「キャッシング」ですが、この「キャッシング」と呼ばれる金融システムが、どのようなことなのかを忘れてはいませんか?現利用者、契約検討中の方など、「キャッシング」の基礎知識だけでもちゃんと学んでおきましょう。

そもそも、キャッシングとは?

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

「キャッシング」という言葉はよく見聞きしますが、そもそもキャッシングとは何でしょうか。すでに契約している方が多い世の中ですが、改めて確認しておくのも良いでしょう。また、これから契約しようか悩んでいる方も、ちゃんと学んでおくことをおすすめします。

キャッシングって?

「キャッシング」とは、一般的に「クレジットカードに付帯するキャッシング機能を使ってATMやCDなどから金銭を借りること」を言います。ATMとは「Automated Teller Machine」の略語で、「現金自動預入払出機」のことです。そして、CDとは「Certificate of Deposit」の略語で、「譲渡性預金」と和訳されます。

借入限度額はどのくらい?

借入限度額とは、「借りることができる最高額」のことです。キャッシングの借入限度額は、数万円〜数十万円であることが多いです。この限度額は、他の借入方法と比較して少額と言えます。キャッシングの魅力はその「少額から借入可能」な点であり、このように少額から借入できる融資を「小口融資」と呼びます。

返済方法はどうなっている?

返済方法は、翌月一括払い・残高スライドリボルビング払いなどがあります。多くのキャッシングは金利が高く、それはキャッシングにおけるマイナス点と言えます。

金利とは、「貸金や預金に対する利子やその割合」のことです。「利子」とは「借りた側が貸した側に支払う一定利率の対価」を言います。つまり、「金利(利子)が高いほど返済額につく対価の額が増える」=「使用分以外での返済額が高くなる」ということです。

キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

キャッシングはカードローンと混同されがちですが、金融的には違うものになります。カードローンとは何なのか、キャッシングとはどう違うのか、ご紹介します。

カードローンとは?

「カードローン」とは、主に「銀行やノンバンクが発行したカードを使用してATMやCDなどから金銭を引き出すこと」または「指定金融機関の口座振込で金銭を借りること」を言います。借入限度額は、カードローンの契約をする際に定められた審査結果に応じます。つまり、契約者の所得(返済能力)により借入限度額が変化します。

平均としては、数十万円〜数百万円の借入限度額となっています。原則は、借入限度額の範囲内であれば、何度でも借りることが可能です。返済は、残高スライドリボルビング払い・毎月分割払いなどで、それら返済方法を採用しているカードローンが多いとされます。金利は、キャッシングと比較すると、少し低めであることが多いです。

キャッシングとカードローンの違い!返済方法

「キャッシング」と「カードローン」の明白な違いは、「返済方法」と「金利」にあります。「キャッシング」の返済方法は「翌月一括払い・残高スライドリボルビング払い」が一般的ですが、「カードローン」の返済方法は「分割払い・残高スライドリボルビング払い」が一般的です。

「残高スライドリボルビング払い」は共通していますが、「翌月一括払い」と「分割払い」といった違いがあります。キャッシングの「翌月一括払い」は「ひと月ごとに返済額の請求が来て、毎月支払う」=「前月使用分を翌月に払う」返済方法になります。「分割払い」は「借入額を分割して払う」ことであり、「定額をひと月ごと」の場合もあれば「ボーナス払い」などもあります。

キャッシングとカードローンの違い!金利

続いて「金利」の話ですが、キャッシングは「金利が高め」です。そして、カードローンは「金利が低め」です。「金利が高めの一括払い」のキャッシングは、後々の返済で負担が生じます。金利だけで言えばカードローンが良いのですが、一概には言えません。合った借入方法を選ぶことが、最善と言えます。

キャッシングの使い方!ATMやネット

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

キャッシングは、ATM・CD・ネットで使うことができます。ATMの使い方とは、ネットでのキャッシングの仕方とは、といった使い方についてをお伝えしていきます。

ATM

キャッシングは、銀行やコンビニで見かけるATM(現金自動預入払出機)で使うことができます。順序は、キャッシングの会社やATMの種類により多少の違いが見られる場合もあります。また、日本国外のATMは、日本国内のATMとは使い方が違うことが多いです。

まず、銀行に置かれているATMの使い方とは?ですが、基本は「カードのボタンを選択→カードを挿入→出金を選択→暗証番号入力→借入金額入力(1万円以上)→円を押す→確認を押す→返済方法を選択→現金と明細が出てくる→完了」です。

コンビニに置かれているATMの使い方とは?の答えは、「カードを挿入→ご出金を選択→暗証番号入力→借入金額入力(1万円以上)→円を押す→確認を押す→返済方法を選択→現金と明細が出てくる→完了」です。銀行のATMと大きな違いはありません。また、CDの手順は、ATMとは大きな違いがありません。

ネット

これまでの通常は「キャッシング」=「カードを使ってATMから借りる」という借入方法でしたが、現代には「インターネットでキャッシングできる会社」が存在します。その場合は、インターネット上で借入の動作を行うことができます。つまり、カードを持ってATMに行かなくても金銭を借入できるということです。

ただし、現金としての金銭ではなく、引き落としに使う金銭・相手の口座に振り込む際の金銭としての借入になります。インターネットで動作すると自宅などに金銭が届くのではなく、「インターネット上だけで借入した金銭を引き落としや振り込みに使える」のがネットキャッシングです。

ネットでキャッシングする際の一般的な借入方法は、「契約キャッシング会社の専用マイページにログイン」したら「借入金額・支払方法」を選択して「暗証番号入力」するだけです。手順は会社により多少違いますが、基本的に簡単と言えます。

手数料はどのくらいかかるの?

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

基本的には、キャッシングに手数料はかかりません。しかしながら全てのキャッシング会社が手数料無料なわけではないため、契約している・契約しようとしているクレジットカード会社の内容を確認してください。

銀行の預金残高をATMで引き出しをする時には、手数料を要します。そのためにキャッシングで金銭を借り入れする時にも手数料が発生すると思われがちですが、「借入」と「引出」は別の行動になります。

「引出」は「預金残高」という「現に自分のもので預けている金銭」を出すことですが、「借入」は「キャッシング」という「現に自分のものではない金銭を借りる意味で」金銭を出すことです。

「銀行の預金残高を引き出す(引出)」時には「銀行の金銭管理システムが動く」ために手数料を取られますが、「カード会社から借りる(借入)」時には「ATMの金銭受取システムを使う」だけなので手数料はかからないことが多いとされます。

忘れてはいけない!キャッシングの注意点とは?

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

キャッシング、すなわち「人様のお金を借りること」です。つまり、返済がつきものになります。借りたら返す、そんな当たり前のことを忘れてはいけません。また、収入証明書類や即日融資など、契約する時に注意したいこともあります。

無理ない返済計画を立てて借りる

キャッシングは、借入した翌月に返済になります。しかも金利が高いため、自分が返済できる程度で借入をしないと、毎月返済に追われます。金銭が必要な時、キャッシングなら一時的に補うことはできます。しかしながら、あくまで一時的です。翌月には返済する必要があること、すなわち「返済することを条件に使えるカード会社のお金」ということを忘れないようにしましょう。

収入証明書類が必要な場合もある

これは、クレジットカード契約時の注意点です。収入証明書類というのは「どれだけ収入を得ているのかを証明する書類」のことで、一般的には「他に借入がない場合」に消費者金融から50万円以上、銀行なら100万円以上の借入限度額にしたい場合には収入証明書類が必須となります。

即日融資が必ずできるとは限らない

即日融資は、契約してすぐに使える借入システムのことです。すぐに用立てたい時には飛びつきそうになりますが、即日融資可能と記載されていても、契約する日時によっては即日融資できない場合もあります。また、無条件で即日融資できない、場合によっては即日融資に当てはまらないために契約できないこともあります。

契約日時についてですが、無人契約機であれば午後8時くらいまで即日融資に対応しているところが多くあります。申込時間により、翌日の営業時間になるまでは審査を受けることができない場合もあるため、そのクレジットカード会社の契約方法などをちゃんと確認しましょう。また、即日融資という言葉だけで契約するのは軽薄と言えます。全体を見て、適した選び方をしてください。

おすすめのクレジットカードは?

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

クレジットカード会社はたくさんあるため、ごく一例になりますが、おすすめをご紹介します。

オリコカード・ザ・ポイント

CMでも見かけるオリコカード・ザ・ポイント、年会費無料で1.0%・Amazonでは2.0%の高還元率です。入会後6ヶ月目までは3.0%の還元率ですので、大きな買い物をする前に契約するなどの工夫をするとお得です。事前チャージ不要の後払い式電子マネーであるiDとQUICPayを搭載しており、ApplePayにも対応しています。

VIASOカード

年会費無料で還元率0.5%〜10%とかなり幅広ですが、10%の還元率は他と比較しても段違いな高還元率と言えます。VIASOカードの魅力としてあげられるのは「オートキャッシュバック対応」で、1P=1円のポイントが貯まっていれば、年1回、口座に自動でキャッシュバックされます。

楽天カード

年会費無料、1.0%〜4.0%の高還元率です。大手企業の楽天が提供するキャッシングサービスで、契約条件や審査が比較的に厳しくないところが魅力と言えます。高還元率であり、年会費も無料、使い方さえ間違えなければ得のあるキャッシングサービスになり得ます。

使い方を間違えると怖い!無理や無駄のない利用を

キャッシングとカードローンとの違いとは?|注意点と手数料

キャッシングとは、お金を借りることです。契約したカード会社がお金を貸してくれるシステムであり、それにより得たお金は自由に使えますが、「借りたら返す・貸したら返してもらう」ことが決まり事になります。

混同されがちなカードローンとは、返済方法や金利において違いがあります。「キャッシング=毎月一括払い・前月使用分を翌月に返済するため月々の支払い額は違う」、「カードローン=分割払い・借入額を分割して月々や指定回数などに合わせた定額を分けて返済する」ことです。金利は、キャッシングの方が高くあります。

キャッシングはカードローンとは違う金融システムです。キャッシングは金利が高いため、借入額を考えないと毎月返済に追われ、場合によっては他から借入して返済しようとするため、更なる負担となります。カードローンとキャッシング、どちらにするのかは、自分の生活能力・利用目的などに合わせて考えると良いでしょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事