カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

SMBCモビットの審査と携帯に関する代金の延滞・滞納って関係あるの?

SMBCモビットの審査と携帯に関連する代金の支払いの関係は知っていますか?携帯関連の代金でも、本体代金の支払いと通信料に関する支払いでSMBCモビットの審査に与える影響が違うのです。この記事では携帯に関連する代金とSMBCモビットの審査との関係がわかります。

SMBCモビットの審査と携帯電話関連の返済を滞納・延滞は関係があるのでしょうか。実は携帯電話の端末代金と通信料の滞納・延滞はそれぞれSMBCモビットの審査に与える影響が違います。

今回の記事では、携帯電話の端末代金と通信量がそれぞれ、どのような理由でどのような影響をSMBCモビットの審査に与えるのかをまとめてみます。

SMBCモビットの特徴
  • 実質金利は3.0%~18.0%と利用しやすい!
  • 無人契約機でスムーズにお借入が可能!
  • 10秒で簡易審査が完了!
  • WEB完結は郵送物なしで借入可能!

  • 手厚いカスタマーサポート!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 実質金利 審査時間
可能(条件あり) 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 なし 最短3分で振り込み

SMBCモビットの審査と携帯関連代金の返済の延滞・滞納の関係

携帯関連の支払いは大きく2つに分かれます。携帯の端末代金の支払いと携帯を使うための通信料の支払いです。

携帯の端末代金の支払いと携帯を使うための通信料の支払いのどちらを延滞・滞納するかによってSMBCモビットの審査における影響が変わります。

それぞれ確認してみます。

SMBCモビットの審査基準を詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。

携帯の端末代の延滞・滞納がSMBCモビットの審査に与える影響

携帯の端末代の延滞・滞納はSMBCモビットの審査にどのような影響を与えるのでしょうか。

結論からいうと、携帯の端末代の延滞・滞納をすると、SMBCモビットの審査に悪影響を与えます。なぜなら、携帯端末代金の分割支払いはローンの一種だからです。

携帯の本体を購入するときには、分割での支払いが行われます。これは毎月支払って完済するローンを組んでいることと同じことです。ローンの支払い情報はSMBCモビットの審査において返済能力を評価する重要な要素の1つです。

そのため、携帯の端末代の延滞・滞納があると借入をSMBCモビットから借入を行えなくなる可能性があります。

携帯の端末代の延滞・滞納はSMBCモビットの審査に悪影響を与えるのです。

携帯の通信料の延滞・滞納がSMBCモビットの審査に与える影響

携帯の通信料の延滞・滞納はSMBCモビットの審査にどのような影響を与えるのでしょうか。

実は携帯の通信料の延滞・滞納はSMBCモビットの審査となんの関係もありません。 通信料の支払いはローンではないため、利用料金のみの滞納は信用情報機関に記録されないからです。たとえば携帯電話端末料金はすでに支払いが終わっており、通話料だけを支払っている状態で滞納をしてもSMBCモビットの審査にはなんの影響も及ぼしません。

各種料金の支払いの延滞・滞納とSMBCモビットの審査の関係を詳しく知りたい方にはこちらの記事もおすすめです。

SMBCモビットなら10秒で無料簡易審査ができる

「SMBCモビットでお金を借りられるかとにかく知りたい」、「とにかく早くお金を借りなければいけない」というように、細かい審査基準を自分で吟味している暇がない人もいるでしょう。

そんな方には、SMBCモビットの無料簡易審査がおすすめです。なんと、たったの10秒で終了します。

さらに、他の消費者金融とちがってこの無料簡易審査の結果は借入のための本審査に引き継がれます。そのため、SMBCモビットの無料簡易審査では。10秒で正確に借りることができるかどうかを判断できるのです。

時間がない方やとにかく早く借入できるかどうかを知りたい方におすすめのサービスです。

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットなら10秒で無料簡易審査ができる

SMBCモビットの審査で携帯の端末代金を延滞・滞納すると不利になる理由

携帯端末代金の返済を延滞・滞納すると、SMBCモビットの審査でマイナスの評価をうけるのはなぜでしょうか。それはローンの返済を延滞・滞納をすると信用情報が傷つくからです。

ここでいう信用情報とは、各種ローンや公共料金等の支払い情報のことです。携帯電話の本体の代金を分割で支払っているのなら、それはローンの一種なので、その返済に延滞や滞納があると当然に信用情報は傷つきます。

SMBCモビットは信用情報が傷つくいた人のことを、返済の義務を果たさない可能性が高い人という評価をします。そうなれば、SMBCモビット側は借りたお金が返ってこないことを心配してその人にお金を貸しません。

このように、携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納すると信用情報が傷つき、借入を行えなくなります。

なぜSMBCモビットは信用情報を知ることができるのか

SMBCモビットが借入希望者の信用情報を知ることができるのは、信用情報機関に加盟しているからです。

信用情報機関とは、クレジットカードやローンの利用に関する情報である信用情報を様々な金融機関から集めて管理している組織です。信用情報機関に登録されている情報は、その信用情報機関に加盟している金融機関であれば参照することができます。

SMBCモビットは信用情報機関に加盟しており、通信会社の大手キャリアもまた信用情報機関に加盟しています。そのため、携帯の本体代金の返済の延滞・滞納に関しても知ることができます。

携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納してしまったらどうなるのか

携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納してしまったらどうなるのでしょうか。

信用情報が傷ついたらいつまでその影響が残るのかと、携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納しないで済むための対処法についてまとめます。

傷ついた信用情報はいつ回復するのか

信用情報機関の延滞記録は、
・JICC(日本信用情報機関)
・CIC(指定信用情報機関)
・全国銀行個人信用情報センター
のいずれの信用情報機関であっても、延滞解消日から5年間は記録として残り続けます。この期間内はSMBCモビットをはじめとする全ての消費者金融の審査に悪影響が及びます。

これはいわゆる「ブラック」と呼ばれる状態で、SMBCモビットのの新規申し込みの審査に通ることは非常に困難です。

カードローンの審査に通るには、5年が経過して信用情報から延滞の履歴が消えるのを待たないとならないかもしれません。

SMBCモビットの審査に落ちてしまう人について詳しく聞きたい方にはこちらの記事がおすすめです。

携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納しそうなときにはどうすれば良いのか

携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納しそうな時こそ、SMBCモビットを使いましょう。

携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納をしてしまうと信用情報に傷がついてしまいます。信用情報の記録は5年間消えないので、それまでは借入やローンを組むことが非常に難しくなってしまいます。

だからこそ、携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納しそうな時にSMBCモビットを使わなければなりません。携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納する前であれば、他の条件次第で借入を行える可能性が高いです。一時的にSMBCモビットで借入をして、携帯電話の本体代金の返済をすることは、信用情報を傷つけずにすむので長期的な視点で見ると賢い選択だといえます。

もし携帯電話の本体代金の返済を延滞・滞納してしまいそうであれば、SMBCモビットを賢く利用しましょう。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 実質金利 審査時間
可能(条件あり) 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 なし 最短3分で振り込み

関連記事