Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月12日

定率リボルビング方式とは・返済方法・計算方法|定額リボルビング

キャッシングの返済方法にはいくとおりかの種類があります。消費者金融大手のアコムが採用しているのは定率リボルビング方式です。定率リボルビング方式とはどんな方式なのか、そのほかにはどんな返済方法があるのか、また定率リボルビング方式での返済額の算出方法をご紹介します

定率リボルビング方式とは

キャッシングするときに気をつけたいのは、返済方法を確認することです。多くの消費者金融や金融機関では、「残高スライドリボルビング方式」を採用しています。そのほかにも、「残金スライド元利定額返済方式」や「定率リボルビング方式」などがあります。

定率リボルビング方式とは、借入金残高に決められた割合を乗じて返済額を算出する方法です。定率リボルビング方式には、借入金(元金)に乗じる<元金定率リボルビング方式>と、借入金と利息(元利)に乗じる<元利定率リボルビング方式>があります。

返済方法の一種

定率リボルビング方式は返済方法一種で、主に消費者金融のアコムにて採用されている方式です。

定率とは、元金または元利の一定の割合のことを表し、リボルビング方式とは段階的に返済額が変化する方法を指します。借入残額が減れば、返済額も少なくなり負担も少なくなりますが、返済期間が長期化するとその分利息も多く取られるので注意が必要です。

借入残高に決められた割合を乗じた金額を返済

定率リボルビング方式は、元金または元利の一定の割合で返済額が決まり、段階的に返済額が変化する返済方式です。定率に当たる元金または元利に乗じられる割合は、貸金業者が設定します。乗じられる割合は利用限度額に応じて決められ、追加借入しない限り最小返済額は変わりません。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

定率リボルビング方式以外の返済方法

返済方法は、定率リボルビング方式以外にも、「借入後残高スライドリボルビング方式」、「残高スライドリボルビング方式」、「定額リボルビング方式」があります。返済方法によっては利息を多く支払うことになるため注意が必要です。

借入後残高スライドリボルビング方式

借入後残高スライドリボルビング方式は、返済途中に借入した場合、その最終借入残高に応じて返済額が設定されます。追加借入しない限りは最小返済額は変わりませんが、返済途中で借入した場合には、「初めの借入金の残高」プラス「新たな借入金」の合計額が、元金、つまり総額の借入金になり、その借入金額に応じて最小返済額が設定されます。

そのため、最初の借入金を返済していたときには、一万円だった返済額が、新たに借入れた後には、八千円に減額されることもありますが、返済期間が長引き、利息を多く取られることになるので繰り上げ返済を行うことをおすすめします。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式は多くの貸金業者および銀行で採用されている返済方法です。返済額の設定は借入後残高スライドリボルビング方式と変わらず、借入残高に応じて返済額が増減します。

借入後残高スライドリボルビング方式との違いは、借入後残高リボルビング方式は、返済途中に新たな借入をしない限り返済額は変わらないままですが、残高リボルビング方式は、返済途中であっても残高が減っていけば、その残金に応じた最小返済額に移行するという点です。

三十万借入た場合、初めは七千円の返済額が、返済が進み残高が20万になると最小返済額が五千円に減額されます。返済額が下がり、負担が好きなくなりますが、返済期間は長くなり、利息を多く支払うことになりますので、繰り上げ返済をお勧めします。

定額リボルビング方式

定額リボルビング方式は、毎月の最低返済額が一定額の方式です。定額リボルビング方式には、<元利定額リボルビング方式>と<元金定額リボルビング方式>があります。

元利定額リボルビング方式では、毎月返済額は一定ですが、返済額から利息を引いて元金に当てるため、元金の返済は一定額ではありません。そのため、返済期間が長くなります。

定額リボルビング方式では、毎月定められた返済額に利息を加えて支払い、利息以外の支払いは全て元金返済に充てられます。そのため、毎月の支払い額は利息によって変動しますが、元利定額リボルビング方式に比べて、早く返済が完了します。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

定率リボルビング方式の返済方法

定率リボルビング方式では、利用者によって設定されている「利用限度額」に応じて割合が決められます。利用限度額に応じて設定された割合を借入金に乗じた額が返済額になります。

元金定率リボルビング方式の場合

元金定率リボルビング方式の場合は、割合を乗じて求められた返済額は、利息を含んでいないため、別途利息分が請求されます。そのため毎月の請求額は一定ではありません。しかし元金に毎月決まった金額を返済できるので、返済期間が短くなり、結果利息の節約になります。

元利定率リボルビング方式の場合

元利定率リボルビング方式の場合は、割合を乗じて求められた返済額に利息が含まれているため、毎月の支払額は一定です。しかし返済額から利息を引いた額が補充されるため、元金が減りづらく、返済期間が長くなり、利息が多い結果となります。

なんで借金を完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

定率リボルビング方式の返済額の算出方法

定率リボルビング方式の返済額は、利用限度額ごとに設定された割合を借入金に乗じて算出されます。

下表のような限度額の割合が設定されていた場合で、20万円キャッシングした場合、20万円×4.2%=8,200円となり、最小返済額が8,200円になります。元利定率リボルビング方式であれば、この金額が毎月の返済額になりますが、元金定率リボルビング方式ならば、これに利息を含んだ額が返済額になります。

利用限度額割合
1万円〜30万円4.2%
30万円〜100万円以上3.0%

定率リボルビング方式と定額リボルビング方式の違い

定率リボルビング方式と定額リボルビング方式は、利用額に応じて設定される最小返済額の算出方法が違います。「定率」は返済額にある一定の割合を乗じて求められます。「定額」は利用限度額に応じた最小返済額が設定されています。

定率リボルビング方式のカードローン

消費者金融、銀行ともに、多く採用されている返済方法は、「残高スライドリボルビング方式」です。定率リボルビング方式を採用しているのは、消費者金融の大手アコムです。

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属する貸金業者の大手です。アコムでは即日融資に対応しており、最短で一時間で融資が受けられます。

アコムでは、最小限度額が定率リボルビング方式で算出されるため返済額は平均額〜少々高めに設定されます。また、6つの返済方法が用意されており、繰り上げ返済などが容易に行えます。インターネット決済やアコム自社や、提携金融機関、提携コンビニのATMを使うことで手数料が無料になり、気軽に追加返済を行うことができます。

返済額を多くして早く完済しましょう

定率リボルビング方式は、アコムで採用されている返済方法で、借入限度額に応じて設定された割合を、借入額に乗じて返済額を算出する方法です。算出された返済額はあくまで「最小返済額」です。算出された額よりも多く支払うことで、完済までの道のりが短縮でき、また利息の節約にもつながります。

無理のない返済額を設定し、余裕のある月には追加返済するなど、早く返済を終わらせことで、信用情報に傷がつかずにその後の借入審査にもプラスに働きます。

消費者金融の借金を完済したら利用しやすい金利の銀行系カードローンがおすすめ

消費者金融の借入を完済または、完済に近づいたら、利用しやすい金利の銀行系カードローンの申込みをしましょう。消費者金融系よりも、銀行系カードローンのほうが、審査が厳しく少し時間がかかる分、金利が利用しやすいという特徴があります。今のうち銀行系に申し込んでおけば、もし次また急にお金が必要になったときに、利息を無駄に払うことなく借りられます。銀行系ならやっぱり楽天銀行がおすすめですね。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 最短翌日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 最短翌日

目次に戻る

関連記事