カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

プロミスでお金を借りる方法・メリット・デメリット|金利/即日

SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」は業界大手の消費者金融です。テレビCMでもおなじみで身近で明るいイメージがあります。プロミスでお金を借りる時、どのような方法で借りるのか、お金を借りる時のメリットとデメリットをご紹介します。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

プロミスってどんな会社?

プロミスってどんな会社?

プロミスの正式社名は「SMBCコンシユーマーファイナンス」という1962年に設立した消費者金融会社です。創業50周年を迎えた年にSMBCコンシユーマーファイナンスに社名を変更しました。

社名変更を機に三井住友ファイナンシャルグループの一員になり、金融事業の他に保証事業や債権管理業務を手掛けています。連結子会社には、消費者金融のモビットがあります。モビットはもともと三和銀行、アプラス、プロミスの合弁会社として2000年に誕生しました。その後、三菱東京UFJ銀行と合併をして、2014年にSMBCコンシユーマーファイナンスの子会社となりました。

2005年には三井住友銀行のアットローンを連結子会社化して、2010年に三洋信販を吸収して力を付けていきます。大きく成長した会社ですが、現在も旧社名であるプロミスを使い続けています。

プロミスに即日融資を申し込む

プロミスでお金を借りる方法

プロミスでお金を借りる方法

プロミスでお金を借りる方法はいくつかあります。自分にあった方法でお金を借りましょう。

ATM

プロミスでお金を借りるには、プロミスのATM、提携コンビニ、銀行ATMを使って行います。ATMでは返済もできるので、コンビニATMを使えば24時間好きな時にプロミスでお金を借りることができます。

プロミスのATMなら、7時~24時まで手数料無料で使用できます。プロミスは多くの場所でお金を借りることができますから、カードを持っていると急な出費にも対応できます。

借入

プロミスからお金を借りる方法は、直接口座に振り込んでもらう事もできます。パソコンや携帯からプロミスインターネット会員サービスにログインすれば、簡単な手続きで振込キャッシングができます。最短10秒程度で指定の口座に振り込まれるから、急ぎの出費にも対応できます。

最短でお金を借りたい時は、平日の9時~14時50分までに利用しましょう。それ以外の時間ですと、振り込みまで時間がかかってしまいます。三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っている人は、24時間いつでも最短振込みを利用できる「瞬フリ」サービスが受けられます。

インターネットなどの手続きが苦手な人は、24時間無料の電話からお金を借りることもできます。

アプリ

プロミスではアプリを使って、カードなしでお金を借りられる「アプリローン」があります。はじめての利用なら、30日間無利息で利用できるキャンペーンを行っています。webだけで完結するので、家族に知られずにお金を借りることができます。

利用条件は、アプリから申し込みで口座振り込みによる返済希望者が対象です。24時間いつでも申し込みができ、営業時間内に連絡をすれば最短30分で審査結果が出ます。融資が受けられたら、カードなしでセブン銀行のatmから借り入れが可能です。

最大500万円まで借り入れができ、新規契約の人は借入利率4.5~17.8%で利用できます。返済方式は、残高スライド元利定額返済ですから、借りる前にHPでシュミレーションをしてから計画的に利用しましょう。

プロミスに即日融資を申し込む

プロミスでお金を即日借りることはできるか

プロミスでお金を即日借りることはできるか

プロミスの特徴は、借り入れまでのスピードです。三井住友銀行かジャパネット銀行の口座を持っていれば、手数料無料で深夜でも土日祝日24時間最短10秒で振り込んでくれます。その他の銀行でも、平日の9時から14時50分の間に手続きが完了すれば、当日中に振り込みが可能です。

プロミスに即日融資を申し込む

プロミスでお金を借りるメリット・デメリット

プロミスでお金を借りるメリット・デメリット

業界大手のプロミスですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。よく確認をしてお金を借りる時に参考にしましょう。

メリット

プロミスでお金を借りる最大のメリットは振り込みまでの早さです。瞬フリに対応できる人ならスムーズに取引ができるでしょう。そして、審査の早さにも定評があります。最短30分で審査結果がわかり、審査後に正式な借入限度額が決まります。この対応の早さはお金を借りる人にとってメリットになるでしょう。

そして、多くの人がお金を借りる時、心配なのが在籍確認です。プロミスは通常申込時に在籍確認をしますが、要望がある場合は在籍の確認方法を担当者に相談できます。勤務先への電話連絡なしでお金を借りる事ができます。

家族などにお金借りたことがバレないように、口座振替やカードなしを選べば郵便物が自宅へ送られてくることもありません。借りる人の立場に配慮した借り入れができるメリットがあります。

デメリット

プロミスは多くのメリットがありましたが、デメリットも2点あります。プロミスは収入が無いとお金が借りられないシステムなので、専業主婦の人は申し込めません。そして、カードを使って提携のatmからお金を借りたり返済する時に、手数料がかかります。この2点が大きなデメリットでしょう。

プロミスでお金を借りるときの金利

プロミスでお金を借りるときの金利

プロミスのフリーキャッシングでお金を借りるなら、金利は利用日数分だけで返済する「日数計算方式」です。すぐに返済する短期の借り入れがお得です。フリーキャッシングプランの金利は、借入利率4.5%~17.8%(実質年率)です。

計算式は「金利=ご利用金額×借入利率÷365日×ご利用日数」です。この計算式に当てはめて、どれくらいの返済金が必要か確認した上でプロミスでお金を借りましょう。

プロミスでお金を借りる審査基準

プロミスでお金を借りる審査基準

プロミスでお金を借りる時には、審査が必要になります。人気の消費者金融ですから、審査スピードにも定評があります。プロミスは消費者金融なので、総量規制の対象になります。年収の1/3までしかお金を借りることができません。

審査のスピードはとても早く、土日も対応してくれるので会社員にとっては利用しやすいででしょう。まずは、借り入れが決まったら申し込みをしましょう。時間をかけたくないならネット申し込みがおすすめです。申込書に必要事項を書いて送れば、最短30分で結果がわかります。

審査基準はどのような内容か見ていきましょう。

属性調査

属性調査は、一般的に使用されるスコアリングシステムを使って調査されます。氏名や年齢など申込書に書いた内容を数字化して、過去に借り入れした人たちの情報を元に返済能力があるかチェックされます。持ち家、公務員、勤続年数が長い人は審査が有利になるでしょう。

信用情報

プロミス以外でもお金を借りる時は、必ず行われる信用情報チェック。他社からの借り入れ状況や過去に金融事故をおこしていないかなど、返済能力があるか確認します。

本人確認と在籍確認

申込時に書かれている名前や勤務先のチェックをします。在籍確認の時は、一般的に個人名で会社に連絡をするので、お金を借りることがわかりません。きちんと本人が勤務先で働いていることがわかればOKです。

プロミスでお金を借りるとやばいのか

プロミスでお金を借りるとやばいのか

プロミスは安心して借りられる会社のイメージですが、実際に利用した人たちはどのように感じているのか見ていきましょう。

口コミ・体験談

プロミスはスピード感のある借り入れで、多くの方が利用しますが、申込時には親切な対応ですが、支払いが遅れるとおそろしく取り立てをしてくる口コミが多くあります。電話の態度も良くないようで、対応がかなり悪いと評判です。

そして、金利が高く、返済しても元本が減らずに苦労している口コミもあります。数十万単位で借りる時は、計画的に利用しないと借り入れ後に後悔するでしょう。

取り立てが本当にやばい。録音していると話したら態度が豹変しました。

出典: https://www.karireru.com/iken?code=promise00&typ=users#re... |

プロミスは最速で借りられる消費者金融

プロミスは最速で借りられる消費者金融

プロミスは時間をかけずにお金が借りられる消費者金融でした。急いでお金を用意したい時は、大変助かるサービスでしょう。そして、大手の消費者金融は一度登録をして枠をもらうと、繰り返し利用できる点も良い所です。デメリットや悪い評判もありましたが、それらを知った上で計画的に利用しましょう。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

プロミスならバレずに即日融資を受けられる

プロミスなら最短審査時間30分、審査通過語の融資は最短10秒です。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはプロミスからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み
\  最短即日希望で /

目次に戻る

関連記事

最新の記事