カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月06日

アコムは他社からの借り入れがあっても審査に通るのか・通るコツ

審査のときに、他社からの借り入れがあると審査に影響が出るとよく言われます。では、アコムから借り入れをする際には他社からの借り入れがあるとどの程度の影響があるのでしょうか。また、他社からの借り入れがある状態でアコムから借り入れをすることはできるのでしょうか。

アコム(Acom)は消費者金融系カードローンの中でも大手にはいります。顧客利用数でいえば業界トップを誇っています。顧客利用数が多いため、顧客のさまざまな課題に向き合ってきたのも事実です。その中でも、店舗に行かなくてもWebで申し込めるWeb完結申し込み、顧客の課題を解決する中で生まれた即日融資が得意な点や、在籍確認を別の方法で代替可能である点、審査が最短30分で完了する点などがユーザーからも評価されているポイントです。

今回の記事では、「アコム以外のプロミス、SMBCモビットやアイフルといった他社から借り入れてる状態でもアコムの本審査に通るのかどうか」に加えて本審査に落ちた原因・特徴を紹介します。

結論:すでに他社借り入れがあったとしても、総量規制や信用情報に問題がないなどの条件をクリアすればアコムで新規の借り入れをすることが可能な場合があります。

理由:個人の属性情報によって差はでてきますが、基本的には他社借り入れがある人がアコムで新規の借り入れをするには、
●他社での借り入れ件数が3社以内であること
●他社借入額とアコムの借り入れ額が年収の3分の1以下であること
●他社借り入れの返済を延滞・滞納していないこと
などの条件に問題なければ可能だと言われています。


まずはアコムの特徴から見ていきましょう。

アコムの特徴
  • 30日間無利息 → それ以降の利息は利用日数分。利息を払いたくない人には最適
  • 審査は最短30分、振込は最短1分 → 即日融資も可能。今必要という人のためには最適
  • 無人契約機(自動契約機)の申込は8AM~10PM → 他社より1時間早く申し込める。急いでる方には最適
  • 仕事で忙しくても24時間365日ネットとATMから借入可 → 場所を問わず借り入れできる。移動が多い人にも使いやすい
  • 在籍確認を電話以外で対応してもらえる → 周りの人にバレたくないという人でも安心
  • 返済3日前、返済日当日、返済日経過後にメールで通知 → 金融事故の予防。今後の金融商品の審査もスムーズに
  • 金利は3.0%~18.0%→消費者金融カードローン会社の平均的な金利設定

審査通過率は驚異の50%越え!

他社借り入れとは?

まずは「他社借入」とは何なのかを説明していきます。

他社借入とは、アコムに申し込む際に、すでにアイフルやプロミスなどアコム以外の消費者金融・銀行から融資(無担保ローン)を受けている状態のことを指します。この他社借入があるかどうかでアコムの審査難易度が変わってきます。

アコムでは他社借入をしていても審査の難易度が上がるだけで、申込者の返済能力に問題がなければアコムの利用は可能です。

「他社借入」になるローン(無担保ローン)
  • カードローン
  • フリーローン
  • クレジットカードキャッシング
  • ブライダルローン
  • 教育ローン

アコムの前審査では「他社からのお借入金額」という項目がありますので、上記のローンを組んでいる人は記載してください。

「他社借入」にならないローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 事業者ローン
  • 奨学金
  • 携帯電話や家電のローン
  • 家族や友人からの個人的な借金

アコムであれば貸し付けられている会社が3社以内であれば審査難易度が極端に上がる可能性は低いです。

審査通過率は驚異の50%越え!

下の記事では、アコムの審査において他社からの借り入れ数以外でみられているポイントを詳しく紹介しています。アコムへの申し込みを考えている人は必読です。

アコムに即日融資を申し込む

他社借り入れがあってもアコムの審査に通るには

他社借り入れがアコムの審査に少なからず影響を及ぼすが、他社借入がある場合でもアコムの利用は可能だとお伝えしました。では、具体的に他社借入を行っているときにどうすればアコムの審査に通るのか、そのポイントを解説していきます。

他社借入額+アコムの希望借入額 < 年収の1/3

アコムを含め、プロミス、アイフルといったすべての消費者金融は賃金業法に従って運営されています。そしてこの賃金業法の中に「総量規制」という項目があります。

「総量規制」とは簡単に言うと「個人が消費者金融会社から借入を行える額が、その個人の年収の1/3までに制限する」という法律です。

下記を例にして300万円を借り入れるコツを解説します。

例①
Aさん
年収:300万円

この場合、Aさんはアコムから100万円(300万円の1/3)を超える融資は受けれません。よって、アコムでの限度額は100万円になります。

例②
Aさん
年収:300万円
他社借入:プロミスから50万円

この場合、Aさんはアコムから50万円を超える融資を受けれません。①の例では他社借入を行っていない為、アコムでの限度額は100万円でした。しかし、今回はすでにプロミスから50万円の借金をしているため、アコムからは50万円(限度額の100万円 − プロミスでの借入額である50万円)までしか借りることができません。

総量規制は法律なので、消費者金融会社は遵守しなければなりません。破った場合はアコムが違法になってしまいます。なので、いかに返済能力が高くても、自分の年収の1/3を超える借入を希望している場合は審査に落ちます。

少なくとも借り入れ金額は年収の1/3以内の金額でアコムに申し込みをしてください。

他社借入の返済を延滞・滞納していないこと

他社借入の返済の延滞・滞納は絶対にしないでください。もし、他社借入の返済を延滞してしまった場合、アコムの審査難易度は上がってしまいます。なぜなら、「プロミスで返済できないのに、アコムで返済できるのか。返済能力がないのでは?」とアコム側が考えるからです。

他社での返済実績はアコムが加盟している信用情報機関(CIC、JICC)で確認できます。アコムのカードローン・キャッシング申し込みの際に嘘や虚偽の情報を記載しても、信用情報機関で情報を照会すればバレてしまいます。嘘や虚偽の情報がバレると審査に落ちる可能性があがりますので気を付けてください。

逆にプロミスでしっかり返済を行っていれば返済能力をアピールできる可能性があります。での返済実績をしっかり作ることがアコムの審査に通るコツになります。

他社の借入件数は3社目まで

仮に、他社借入をしている場合は3社までに留ておきましょう。

他社借入が4社目以上だと、多重債務者として扱われる可能性があります。つまり、返済能力が乏しい」と扱われてしまう可能性があります。

次の項目でもう少し詳しく見て行きましょう。

国内ユーザー140万人以上

アコムに即日融資を申し込む

他社借り入れがアコムの審査に及ぼす影響

他社借り入れがアコムの審査に及ぼす影響

アコムの審査では、他社からの借入があると審査に影響が出るとよく言われます。では、アコムから借り入れをする際には他社からの借り入れがあるとどの程度の影響があるのでしょうか。また、他社からの借り入れがある状態でアコムから借り入れをすることはできるのでしょうか。

他社借入:1社目

他社からの借り入れがあったとしても、1社くらいであれば審査に大した影響はでません。しかし、1社であっても返済状況などによっては影響が出ることもあります。

他社借入:2〜3社目

他社からの借り入れが2、3社あると、担当者から詳しく状況を確認されます。

ですが、返済状況に問題がなく、収入と比較して無理のない範囲と判断されれば審査を通ることはできます。

他社借入:4社目

他社からの借り入れが4社ともなってくると、さすがに審査に大きな影響がでてきます。よっぽど信用性の高い人でないと、審査を通ることは難しいでしょう。

他社借入:5社目以上

人によって条件が異なるため必ずというわけではありませんが、5社以上他社からの借り入れがある場合は審査を通ることはまずできないでしょう。

もし問題なく返済ができていたとしても、多くの会社から借り入れがあることで単純に信用性が落ちてしまいます。

最短即日融資も可能

アコムに即日融資を申し込む

他社借り入れがある場合のアコムの審査に通るコツ

先に述べた通り、条件は人によって違うため、他社借り入れがあっても借りれる可能性があるのがアコムです。

他社からの借り入れがある場合は申し込みをする前にいくつか注意点を意識することで、審査が通りやすくすることができます。

アコムに申し込みをする前には、できるだけ審査に影響を与えてしまうことや、信用性を落としてしまうようなことを回避しておく必要があります。なので、どのようなことがあると、アコムの審査に影響を与えてしまうかを事前に知っておく必要があります。

申し込み前の注意点1:延滞

アコム以外の会社であっても、返済の延滞があると、その情報は個人信用情報機関に記録されます。審査のときには信用情報にある延滞の記録も審査基準の1つとなり、返済の延滞があると信用を落としてしまい、審査が通らないことがあります。

この記録は最低でも5年は残るため、これからアコムの申し込みを考えている人は、他社の返済も延滞しないように注意しておかなければなりません。

他社借り入れの延滞以外にも、信用情報に記録されてしまう支払い・ローンはたくさんあります。下の記事で確認してみましょう。

申し込み前の注意点2:他社からの借り入れ額

他社からの借り入れがあっても、1社や2社で返済に延滞などがなければ審査に与える影響はそれほど大きくはなりません。しかし、これらの条件でも、年収の3分の1を超える借り入れを他社からしていると、総量規制によってアコムの審査を通ることはできません。

なのでアコムの申し込みをする前に、借り入れ額が多額である場合は先にある程度の返済をしておきましょう。

申し込み前の注意点3:属性を確認する

アコムに限らず、審査を通るには最低限の属性が必要です。属性とは勤続年数や雇用形態、年収などのその人の返済能力に影響する環境などのことです。これらの属性を点数化することで審査の結果を判断されます。なので、アコムに申し込む前に、属性を確認しておきましょう。

しかし、属性に対してはそこまでシビアに考えることはありません。基本的には「安定した収入があること」と「他社からの借入額」、「金融事故の有無」に注意すれば良いです。

安定した収入と聞くと、正社員として働き、ある程度の額の給料をもらっていないと審査に通らないと思ってしまう人が多いです。ですが、安定した収入とは、毎月決まった時期に、ある程度の決まった額の収入があることを指します。なので、その収入の額はあまり重視されません。

そのため、アルバイトやパートなどで月に数万円の収入であってもアコムの審査のときには安定した収入として認められます。

下の記事では属性の1つである勤続年数がどのくれいあれば安心なのか、ということをテーマに詳しく解説しています。アルバイトやパートで収入を得ていて、勤続年数に自信がないという人はぜひチェックしてみてください。

申し込み前の注意点4:嘘の申告

審査を通りやすくするために、他社からの借り入れ額を少なくしたり、収入を多めにしたりなど、嘘の申告をする人は意外と多いです。しかし、アコムなどでは多くの人を審査しているので、嘘をついてもバレてしまい、評価が厳しくなる可能性が高いです。

また、個人信用情報機関などの嘘を確認する手段もいろいろと持っています。もし、嘘の申告をしたことがバレると、大きく信用を落としてしまうため、審査が通らなくなってしまいます。

もちろん嘘の申告をしただけでもアコムの審査に落ちる理由になり得ますが、実は嘘の申告以外にも「アコムの審査に落ちてしまう人に共通する特徴」があります。これからアコムの審査を受けようと考えている人は下の記事を読んで対策をしておきましょう。

他社か借入がありますが、借りれました。
  • 口コミ・評判:自分はアコムの審査に他社借入があっても申し込んでみましたしかし、アコム以外の借入が1社だったので審査に通ったんだと思います。ここに書かれている通り、5社とかは厳しそう。
  • 性別:男性
  • 年齢:20代
  • 年収:300万円~400万円

むじんくんで即日!

他社借り入れがあってもアコムで融資が受けられる場合がある

他社借り入れがあってもアコムで融資が受けられる場合がある

これまで説明したように、他社借り入れがあってもある程度の条件を満たしていれば、アコムでの新規の借り入れが可能だと言われています。

お金を借り入れすることは悪いことではありませんが、重要なのは返済計画です。多くの借り入れがあると、それだけ信用を落としてしまう可能性があります。信用がなくなると、必要なときに借り入れができなくなってしまうこともあります。

なので、お金は必要なときに使えるように、普段から上手に使って返済に回すように心がけておきましょう。

この記事では他社借り入れがある人が、アコムで新規の借り入れができるのかということについて取り上げました。

カードローンの審査は利用希望者の現状に大きく左右されますので、
「いつからアコムの利用ができるのか」
「審査なしにすることはできるのか」
「審査ではどんな点をみられて、どういう流れなのか」
「審査に落ちる人にはどんな特徴があるのか」

という点について、下の記事を読んでしっかり頭にいれておきましょう。

アコムならバレずに即日融資を受けられる

アコムなら最短審査時間30分、審査通過語の融資は最短1分です。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアコムからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  即日融資希望で /

目次に戻る

関連記事