カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

プロミスの審査で落ちる人の特徴|審査の流れ・必要書類・在籍確認

皆さんこんにちは、今回は「プロミスの審査で落ちる人の特徴」と題して、プロミスの審査の流れ・必要書類・在籍確認などについて詳細な情報をご紹介します。プロミス審査は比較的誰でも簡単に利用できる金融機関の1つですが、押さえておくべき点もありますのでご確認ください。

プロミスの審査基準とは

プロミスの審査基準とは

「プロミスの審査基準」というのは「消費者金融であるプロミスを利用するのに信用が足りるかどうか」を裁定する基準のことであり、逆に言えば、その基準を満たさない人はプロミスを利用することができないとなります。

このいわゆる「信用情報」は信用情報機関において管理されており、利用期間中はずっとこの「信用情報」に基づいて利用継続が認められる形となります。この信用情報というのは基本的に各金融機関が個別で管理しているもので、別の金融機関にリークされることはありません。

さらにプロミス利用に重要な基準として「在籍確認」というものがあり、この在籍確認というのは別名「本人確認」とも呼ばれ、主にクレジットの申し込みを行なう際に必要な本人情報の確認を意味します。「本人が確実に当該住所に在籍しているか・当該勤務地に在籍しているか」を確認するのが在籍確認の主な目的です。

プロミスの審査に落ちる人の特徴

プロミスは金融機関の1つであるため、まず「信用」が第一になります。この信用を損なう傾向があまりに強く目立つと、それだけでプロミスの審査に落ちてしまう場合があるため、まずは「相手への印象をはじめ、信用を確認してもらうこと」が大事になります。

プロミス審査に落ちる人の特徴として最も代表的な「事故情報リストに載っている人」の場合であり、「長期延滞(3カ月以上の支払い滞り)」、「違反したりして強制解約を受けたことがある」、「自己破産などをして債務整理を申し出ている」、「支払いが滞り代位弁済によって支払建て替えをされている」、これらの経験がある場合は審査に落ちてしまいます。

審査を通すためのコツ

審査を通すためのコツ

「審査を通すためのコツ」について考慮する場合、プロミスはいわゆるカードローン審査を組むことから、まず第一に「過去において金融トラブルがないこと」や「膨大な借金がないこと」、また本人情報によって「印象や即答性があること」や「非合法な金額を借りようとしないこと」などがあげられます。

自分の年収と対照させる上で、それに適当な金額の借り入れを申し込むことによって、「借りたお金をきちんと返済できる」という信用が付くことになります。またインターネットから申し込む形を取り、審査基準を1つ1つ確認する形で、きちんと返済計画を整理して借りることも効果的です。

さらに銀行などの公共の金融機関を利用する際にも、必ず所得証明書類を用意しておき、「自分の収入が現在どれだけあるのか」ということを第三者に明白にしておくことも大切です。そして金融機関からの連絡には小まめに応答することも好印象につながります。

プロミスの審査結果が来ない

プロミスの審査結果が来ない

基本的にプロミスの審査結果の進展とその連絡は早いですが、稀に遅延する場合もあります。申し込んでから審査結果が出るまでの最短時間は30分から1時間程度と言われますが、審査を決定するまでに多くの顧客との連絡が混み合っている場合は、どうしても連絡に遅延が発生します。

その場合はまず自分申し込んだ金融機関(プロミスでかまいません)に連絡をし、在籍確認情報、信用情報の1つ1つを再確認してもらい、審査に合格できるようプロミスそのものに働きかけることも大切です。ほとんどの場合は「在籍確認に時間がかかっている場合」か「他の顧客との連絡で多忙になっている場合」が多く見られます。

プロミスの審査の手順・タイミング

プロミスの審査の手順・タイミング

プロミス審査で許可を得るためには、申し込み時のツール利用や、本人情報・信用情報の充実性がまず大事になります。多くの審査ではあらかじめ決められている基準があるため、すべてはその基準を満たしていれば問題ありません。

プロミス審査の場合では、確実に重視される点が先述しました「金融上のトラブルが過去になかったかどうか」と「在籍確認がしっかり取れるかどうか」という点で、この2点をまず押さえておくことで審査の基準は大方満たすことになります。

またプロミス審査で合格する場合には上記のように在籍確認が必ず必要で、その在籍確認をするために「電話で確認される」という場合が多くあります。この電話で在籍確認されることを拒否することができ、このタイミングは土日祝日よりも平日に申し出ることがベターです。

必要書類

必要書類

プロミス審査で必要な書類は「本人確認書類」とも呼ばれ、つまりは「本人の基本情報を確認する上で、信用できるかどうかを確認できる書類」となります。プロミスではまずその本人確認書類として、免許証、健康保険証、住民票、(ある場合は)パスポート、収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)の提出を要求します。

源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などについてですが、源泉徴収票と確定申告書については最新の物を用意しておき、給与明細書については直近2ヶ月と明細と1年分の賞与明細書を用意しておくと完璧です。

書類提出方法

プロミス金融を利用する場合、その利用に際して必要書類の提出方法には「インターネットを利用するWEB提出」、「店頭窓口から提出する」、「無人契約機から提出する」、「郵送によって提出する」という4パターンがあります。

どのツールを利用してもかまいませんが、インターネットを利用する場合は24時間受付のため、誰でも便利に利用できるでしょう。

WEB完結の場合

WEB完結の場合

WEB完結というのは「WEB上ですべての書類審査・書類送付を行ない、WEB上で契約を取り交わすこと」を言い、多くはカードローン利用する場合によく使われています。これは郵送物を一切必要としないため、送料がまずかからず、おまけに24時間いつでも「自分のペース」で契約に必要な連絡交換をすることができるため、多くの人に利用されています。

必要書類をWEB上で送付する場合は主にスキャナが使用され、あらかじめ用意されたプロミスのホームページから会員ログインをして、スキャナでパソコンに取り込んだ画像をプロミス側が指定するメールアドレスに添付送信するだけでOKです。

自動契約機の場合

自動契約機・無人契約機の場合では、あらかじめコピーアウトした必要書類を持参しておき、画面上のタッチパネルの案内にしたがいながら書類送付をすることになります。この場合も自動契約機に設置されているスキャナで必要書類を読み取り、スキャンした画像はそのまま自動的にプロミスに送信される仕組みになっています。

特に在籍確認証明は非常に重要になるため、せっかく契約機まで書類を持参したのに「もう一度送付してください」というようなことにならないよう注意しましょう。

またよくあることですが、スキャンして送信したことで満足して、必要書類をそのまま置き忘れることがあります。この場合も「在籍確認書類」はプライベート情報となるため、絶対に忘れないよう特に注意しておきましょう。

審査結果の連絡方法

審査結果の連絡方法

「プロミス審査が合格したかどうか」という連絡になりますが、ここで一番に想定されるのが「電話での通知か、メールでの通知か」ということでしょうか。結論から言いますと、プロミス審査の結果は「メール」通知されることがほとんどです。

これは顧客の方から「メールにしてほしい」という要求が多いことに起因しており、電話では口頭での通知となるため、後で反省できない点が不都合になることが多いためです。メールの場合はずっとその通知記録を保存することができ、必要なとき(随時)に通知内容を反省することができるという点が大きな利点となります。

審査に必要な書類

審査に必要な書類

先述でもご紹介しましたが、プロミス審査に必要な書類は以下のとおりです。特に在籍確認に必要な書類(勤務場所の住所と基本情報、住民票)は重視されますので特に注意しましょう。

・免許証
・健康保険証
・住民票、
・勤務場所の住所を含む基本情報
・(所有している場合は)パスポート
・収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)

源泉徴収票や確定申告書が紛失してしまって、すぐに用意できないという場合は、可能であれば勤務場所と市役所にて申し出て発行してもらい、審査に間に合うよう迅速に手続きすることが必要です。

本人確認書類

本人確認書類

いわゆる本人確認書類というのは、「本人の基本情報が明記された書類」のことを意味し、健康保険証、免許証、パスポート、住民章などになります。特に免許証や健康保険証などは常に携帯しているため、あらかじめ用意しなければならない物は住民票や、勤務場所の基本情報となるでしょうか。

これらは在籍確認に直結する形で確認される書類となるため、すべての金融機関を利用する際にも必ず提出が求められます。在籍確認というのは金融機関にとって「本人の信用情報の土台」ともなる書類ですので、必ず落ち度のないようしっかり準備しておきましょう。

収入証明書

収入証明書

本人情報・在籍確認書類に次いで大切な書類がこの「収入証明書」です。収入証明書をしっかり準備しておくことで、プロミスを含むすべての金融機関は「この顧客にお金を貸しても、必ず返済する能力がある」と認める土台となるため、この書類も必ず必要となります。

収入証明書というのは、先述でもご紹介しました「確定申告書」、「源泉徴収票」、「給与支払明細書」などを一般的に指します。確定申告書と源泉徴収票は直近の物(最新の書類)を用意しておき、給与明細書の場合は直近から2カ月以内の明細書と、過去一年間の明細書を合わせて持参することが必要です。

プロミスの在籍確認方法

プロミスの在籍確認方法

プロミスでは必ず在籍確認が行なわれ、それによって得た情報を本人情報の土台として認めます。在籍確認というのは、「本人が提出した書類どおりに、本当にその住居に居住しているか」、「(本人が提出した書類どおりに)本当にその勤務場所に勤めているか」ということを確認することを言います。

基本的にプロミスでの在籍確認方法は、電話によって確認される場合が多いです。たとえばA社にBさんが勤めていたとして、そのBさんの在籍確認をする場合には、実際にプロミスからA社に電話を入れて「Bさんはその会社に勤めていますか」という旨の連絡をします。そして連絡が取れれば、「在籍確認をさせていただきました」となります。

つまり「リアルタイム確認」の形で在籍確認が行なわれ、「本当にその会社に勤めているか」ということを確認する手続きになります。

電話の場合の在籍確認

電話の場合の在籍確認

先述しましたように、在籍確認を行なう場合のほとんどが「電話での確認」がなされます。しかし、プライベートで電話されることを嫌う顧客からこの「電話での在籍確認」を拒否することもできます。その場合はあらかじめプロミスに連絡しておき、拒否するのに相当する(妥当と見られる)理由付けが必要となります。

その理由が妥当と認められ、「電話による在籍確認」が免除になった場合には、その代わりに「実際に勤めている会社名と、自分の名前を明記した給与明細と健康保険証の写真をメール・FAX・専用アプリで送信すること」が要求されます。

電話で在籍確認される場合でも、そのほとんどが「プロミスから会社へ電話が入り、直接、本人としか通話しない」という経過のため、この「電話による在籍確認」を拒否する人は少ないと言えます。

WEB完結の場合の在籍確認

WEB完結の場合の在籍確認

WEB完結で「在籍確認」を行なう場合は、先述しましたように、「勤務している会社名と自分の名前が記載された直近の給与明細書、源泉徴収票、健康保険証の基本情報」をスキャンしてパソコンに取り込み、そのデータを添付ファイルによって指定されたアドレスに送ることになります。

派遣の場合の在籍確認

派遣の場合の在籍確認

たとえば派遣社員が臨時的にプロミスを利用する場合でも、基本的に先述しましたプロミス審査の過程は変わりません。必ず「勤務している会社名と自分の名前が記載された直近の給与明細書、源泉徴収票、健康保険証の基本情報」などを証明する必要書類の提出が求められ、また本人の信用情報の確認も行なわれます。

派遣社員の場合は、現在において実際に勤務している会社がA社であっても、派遣登録会社が別にあるため、そのどちらに在籍確認の電話が入るがわからない状況があります。その場合は派遣登録会社の方に電話が入り、そこで「実際に派遣社員として勤務している」という在籍確認が行なわれます。

水商売の場合の在籍確認

水商売に携わる人がプロミス審査を受ける場合でも、必ず在籍確認が行なわれます。水商売の場合は主に「在籍確認が行なわれる時間帯」が問題になるため、あらかじめ開店している時間・営業時間の情報をプロミスに伝えておく必要があります。

また水商売に携わる場合、本名と源氏名を分けて仕事に就いていることがほとんどのため、本名をプロミスに伝えていてもスムーズに連絡が行き届かない場合があります。そのため、この源氏名についてもあらかじめプロミスに伝えておき、在籍確認が行なわれる際には「源氏名で在籍確認をしてもらうこと」を相談しておくとよいでしょう。

プロミスの申し込みはこちらから

プロミスの申し込みはこちらから

基本的にプロミスを利用する場合・申し込む場合は、かなりスピーディに審査が行われることが多いです。金融機関を利用すると言っても「借金」となると周囲の人に知られたくないため、「こっそりと借りたい」と言う場合もあります。

そのためプロミスでは、利用申し込みできる方法を複線化していて、店頭窓口まで行かなくても、あるいは郵送によって申し込みをしなくてもよいように、WEB上の申し込みだけですべての契約をまとめられる方法が用意されています。

電話での申し込み/WEB申し込み/自動契約機を利用した申し込み/三井住友銀行内ローン契約機からの申し込み/店頭窓口からの申し込み/郵送による申し込み

一般的にプロミスではこれらの申し込み方法が用意されており、顧客が個別で利用しやすい方法での申し込みが可能となっています。

レディースローンの審査と在籍確認

レディースローンの審査と在籍確認

レディースローンの審査では、主に女性利用者にとって簡単な手続きだけで済み、書類審査についてもすべて「女性オペレーターによる案内」によって丁寧に教えてくれるという利点があります。いわゆる女性専用のカードローンを意味し、カードローンをこれまで利用したことがない人のために「わかりやすくシステム設計」されたローンです。

審査基準は先述しましたように「本人情報が確認できる書類の提出」によって行われ、在籍確認などもまったく同じ方法で行われます。審査時間はおよそ1時間程度で、即決で利用することも可能となります。

ただ最近では、普通にプロミス利用する場合もこの「レディースローン」の特徴が特典として付けられていることが多く、「わざわざレディースローンを組まなくてもよいのではないか」という疑問もあがっています。

おまとめローンの審査と在籍確認

おまとめローンの審査と在籍確認

そもそも「おまとめローン」というのは「複数の金融機関から借り入れをしている人向けのサービス」としてあり、どこの金融会社からいくら借りているかわからなくなってしまう場合を回避するため、金融機関を「1本に絞ることができる」という1本化のローンを意味します。

一般的に「おまとめローン」の審査がユルイと言われる理由は、「他の金融機関を利用できていること」によって通常の金融機関による審査を経ていることもあるため、金融機関を利用するのに足りる信頼性が認められる点にあります。

この「おまとめローン」を利用する場合でもプロミス審査と同じく審査があり、「6カ月以上の勤務年数を証明できる書類」、「キャッシングにおける信用実績」、「在籍確認」が必要になります。しかしこの場合、他社金融に多額の借金がある場合は審査基準を満たしていても落ちることがあります。

プロミス審査の正確な情報を確認しておきましょう

いかがでしたか。今回は「プロミスの審査で落ちる人の特徴」と題して、プロミスの審査の流れ・必要書類・在籍確認などについて詳細な情報をご紹介しました。プロミス審査というのは一般的に「誰でもすぐに利用できる」と認識されがちですが、きちんと情報を確認してみると、しっかりとした情報提示が必要になります。

プロミスやアイフルなどをはじめ多くの金融機関では、「顧客との信頼関係」がまず大切になり、そのためには「必要書類の完備」と、「金融機関を利用できる審査基準」を満たすことが大切になります。

また審査基準を満たしていても、「多額の借金をしている場合」や「過去に金融トラブルが多く認められる場合」には審査に落ちてしまうこともあるため、自分の現在までの状況をしっかり事前確認しておくことも大切です。

どのカードローンを利用しようか悩んでいるあなたに

Logo
困ったガール
カードローンにはいろいろ種類があるのは分かったけれど、どれにしたらいいんだろう?
おすすめカードローンを2つに厳選したよ!
Logo
マネー卿

「結局、どのカードローンがいいんだろう?」「いろいろ種類があって分からない」

そんなあなたのために、編集部からのおすすめを2つに厳選してご紹介します。

スピードで選ぶならアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

スピードで選ぶなら、100万人以上の利用者を誇る国内最大手のアコムです。

審査はなんと30分で終了し、最短で1分で振り込まれるなど、とにかく早く借りられるのが特徴です。

スピードで選ぶならアコム!

家を出るときに申し込めば、会社に着くころにはもう口座にお金が振り込まれているようなイメージですね。

「お昼休みにお金を振り込まないといけない!」という時でも、家を出るときに申し込めば借り入れを受けることができます。

さらに楽天銀行の口座を持っている人限定で、ほぼ24時間振り込みが受けられます。

楽天銀行その他の銀行
借りられる曜日土日祝日も可能!平日のみ
融資可能な時間0:10~23:509:00~14:30

Logo
困ったガール
楽天銀行があれば無敵だね!

他の銀行でもすぐに借りられるから安心してね!
Logo
マネー卿

このように、アコムはトップクラスの審査スピードと融資スピードを兼ね備えているカードローンです。

審査の早さをうたうカードローンは多いですが、実際の融資までを含めると、アコムが業界最速といっても過言ないでしょう。

今すぐお金が必要なあなたは、間違いなくアコムがおすすめです。

金利で選ぶなら楽天銀行!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

「今すぐお金が必要なわけじゃないけど、2週間後には必要だなぁ」
「かなり高額なお金が必要になってしまった」

そんなあなたには、楽天銀行カードローンがおすすめです!

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

他の有名なカードローンと比べても、かなり低い利率ですね。

審査に数営業日かかってしまうため、今すぐ融資を受けることはできません。しかし、余裕のある今だからこそカードを作っておく、ということは大切です。

利用しなければ料金はもちろん発生しないので安心です。

返す期間が短い人はアコムの方がおすすめ

下の表をご覧ください。

返す期間が短い人はアコムの方がおすすめ

アコムより楽天銀行のカードローンの方が年率は低いです。

しかしアコムは初めてなら無利息期間があります。そのため、5ヶ月以内に返すならアコムの方が安く借りることが可能になります。

「すぐに返す予定だよ!」という方はアコムを利用したほうがお得です。30日以内に返せれば利息は0なので、かなりおすすめです。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

迷ったらアコムで決まりです!

関連記事

最新の記事