Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月23日

キャレントの審査は甘い?厳しい?審査基準と審査に落ちる理由

ネット専業で有名なキャレントですが、審査が甘いのか厳しいのか気になりますよね。このページでは、キャレントの審査の難易度から、審査の流れ、審査基準と審査に落ちる理由を紹介していきます。今すぐキャレントでお金を借りたい方はぜひ参考にしてみてください

キャレントの審査の特徴
  • キャレントは正規のネット専業の消費者金融
  • 金利は7.8~18.0%と高い部類
  • 最短で1時間で審査が完了
  • 即日融資は朝10時までに申し込みが必要

キャレントは正規のネット専業の消費者金融です。金利は7.8~18.0%と高いことがデメリットにあげられます。即日融資が可能であるなど、地方消費者金融にしては素早い対応が魅力です。

消費者金融で借りる場合はなるべく大手で借りたほうが金利が低くなるため、大手消費者金融で審査に落ちたという人以外は、利用するなら大手消費者金融の方がおすすめです。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

キャレントの審査は甘いのか?

キャレントの審査基準が高いということはありません。金利も平均的ですし、審査基準も平均的です。その意味では甘いということはありません。

キャレントなどの地方消費者金融では、ブラックでも借りられた、金融事故を起こしていても借りられたなどの口コミや評判が多いですが、キャレントではそのようなことはありません。

また、ブラックでも借りられたという人のほとんどが、ブラック状態でも返済能力があったか、あるいはブラック状態だと勘違いしていたけれど、実際にはブラック状態ではなかったというケースがほとんどです。

そのため、キャレントの審査は平均的ですが、法人でも借りやすいという特徴があります。

キャレントで審査を受けた人の口コミ

審査がスムーズで即日融資してもらった
  • 口コミ:アコムに以前申し込んだが落ちてしまい、すぐにお金が必要だったのでキャレントで申しこんだ。速やかに対応してくれてすぐに借りられた。感謝している。
  • 職業:会社員
  • 性別:男性
  • 年収:350万
  • 借入額:30万

キャレントの審査の流れ

キャレントの審査は甘くはないですが、魅力的なのはそのスピードです。

審査は最短で1時間で終了します。時間が短いということはあまり審査に時間をかけていない=審査が甘いと判断する方もいますが、そのような相関性はありません。

Webで申し込みする

キャレントはネット専業の会社なので、申し込み方法は窓口や郵送ではなく、インターネットに限られています。

登録フォームで3分程度で情報を入力すると審査に移行します。

在籍確認される

キャレントでは審査のタイミングで在籍確認がされます。

非通知かつ、担当者の本名で電話がかかってくるため、同僚や職場の人にバレる心配はありませんが、なるべく自分が電話をとれるタイミングでお願いしましょう。

審査が完了

キャレント側での在籍確認が終了すると、審査の結果をもらえます。手段はメールか電話で、審査に落ちた場合も基本的に連絡が来ます。

審査はおおよそ1時間から2時間で結果が来ますが、時間帯や時期によってはもう少し遅くなる場合があります。

必要書類を郵送かFAXで提出する

無事に審査を通過したら、続いて必要書類をFAXもしくは郵送で提出しましょう。

本人確認書類は運転免許証や保険証、契約書類と、給与明細や源泉徴収票(一部の人だけ)を求められますので、先に準備しておくことをおすすめします。

借入額が振り込まれて完了

ここまでの流れの中で一切の不備がなければ、指定した口座にお金が振り込まれます。

ローンカードなどは発行されないため、注意しましょう。

キャレントの審査基準は甘くない

キャレントの審査基準は甘くない

キャレントは、審査が甘いと言われるほかの地方消費者金融と違ってブラック状態の人や、高齢者や20歳未満の人でも借りられるということはほとんどありません。

キャレントの審査基準はかなり一般的ですgあ、満たすべき条件を紹介します。

審査基準①:貸し付け条件を満たしている

申し込み年齢は20歳以上であったり、貸し付けの希望額が500万円以下であるなどの基本的条件を満たしていることが前提になります。

審査基準②:他社借り入れが年収の1/3に達していない

法律で決められた総量規制という法律で、年収の1/3を超える額は借り入れをすることができません。

そのため、他社から借り入れをしている人は、年収の1/3を超えると審査に通らなくなってしまいます。

審査基準③:申し込み内容に嘘や偽装がない

キャレントは審査の中で実際の勤務先が正しいかどうかを在籍確認、住所が正しいかを書類を送って確かめるなど、さまざまな方法で確認をとっています。

申し込み内容に虚偽や嘘が含まれると、審査に落ちてしまいます。これは、審査が甘いといわれる他の消費者金融でも同様です。

また、免許証や保険証に記載されている住所と違う場合は、別途書類を要求される場合もあるため注意しましょう。

キャレントの審査に落ちる理由

キャレントの審査は甘くないので、普通に落ちることがあります。

審査に落ちる理由を確認しておきましょう。

審査に落ちる理由①:年齢が20歳未満

学生でも借り入れは出来ますが、20歳未満では必ず審査に落ちます。

審査に落ちる理由②:他の消費者金融で延滞している

他の消費者金融で借り入れしている情報、延滞や滞納をしている情報、金融事故情報はすべて消費者金融や銀行が共有する信用情報機関という期間に記録されています。もしほかで延滞をしている場合は、返済能力なしと判断され審査落ちするケースがあります。

審査に落ちる理由3:ほかの消費者金融で高額借入をしている

他社での借り入れ額も信用情報に記録されているため、年収の1/3に借り入れ額が達していなくても、金額次第では返済能力なしと判断されて審査に落ちる場合があります。

関連記事