Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月16日

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

今回は「ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律」と題して、「ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「カードローン利用に際する金利」の具体的な見分け方をご紹介します。

カードローンの大手

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

カードローン利用時にはまず、「自分のニーズに合わせたカードローン社を選ぶこと」が必須となります。その上で、それぞれのカードローン社で設定されている金利や利用限度額の高低などを把握しておき、その自分のニーズを満たすカードローン利用をすることが大切になります。

アイフル

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

金利というのは基本的に「借入サービスを利用した後の返済シミュレーション」において非常に重要なポイントとなるため、必ずカードローン利用前に把握しておくべき点となります。アイフルで設定されている金利は「3.0%から18.0%」であり、これはカードローン利用時の平均的な金利率から見ると「比較的、低い金利」となります。

プロミス

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

プロミス金融の場合もアイフルと同じく、カードローン社の中では大手金融としてとても有名です。プロミスで設定されている金利は一般的に「4.5%から17.8%」となっており、もちろん「低い金利率でカードローン利用する場合には、それだけ利用限度額が多額であること」が条件となります。

アコム

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

無人契約機の「むじんくん」で有名なアコムですが、このアコムもカードローン利用時には必ずと言ってよいほど利用検討にあがる名前であり、多くのカードローン社の中で比べてみても、その特典は特に「借りやすい・利用しやすい」という点にあるでしょう。

アコムで設定されている金利は「3.0%から18.0%」であり、アイフルの場合と同じになります。

カードローンの金利比較

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

カードローン利用時にまず検討するべき点としては、先述のように「自分のカードローン利用時におけるニーズを満たせるかどうか」となります。そのニーズを考慮する場合には「それぞれのカードローン社で設定されている金利率・利用限度額の高低」をはじめ、「毎月の最低返済額」や「返済プランのシステム」などを把握することが大切になります。

アイフル

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

アイフルで設定されている金利率は先述のように「3.0%から18.0%」となるため、これは独立金融カードローンの中では実に平均的な(理想的な)金利率となります。その上で信用審査スピードは「最短30分」と短く、その上での融資スピードは「最短で1時間」であるため、あらゆる顧客にとって利用しやすいカードローン社になるでしょう。

プロミス

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

まずプロミスで設定されている利用限度額は「500万円まで」となっており、先述のアイフルの「800万円」の場合と比べれば、利用限度額の幅は狭まります。この辺りの「借入できる金額」の徹底検証もカードローン利用前にはしっかりしておきましょう。

プロミスで設定されている実質金利率は「4.5%から17.8%」となるため、低額の借入サービスを利用する場合には、いささかアイフルよりも不利な条件となるでしょう。

アコム

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

一般的に独立金融カードローンを利用する場合の利用限度額においては、「50万円」から「300万円」程度がすぐに借りられる相場となります。

このアコムで借りられる利用限度額も「800万円」であり、独立金融カードローンの中ではかなり高額の部類に含まれます。その上で金利率は「3.0%から18.0%」となるため、顧客にとってはありがたいカードローン社となるでしょう。

金利で選ぶなら銀行系カードローンおすすめ5選

先述でご紹介しました独立金融カードローンとは別に銀行系カードローンがあり、この銀行系カードローンの利用時の特典としては「信頼性があること」、「セキュリティ面がしっかりしていること」、「利用限度額が独立金融カードローンに比べて破格に高額であること」などを含め、利用時の環境においてあらゆる特典が付いてきます。

ただし、銀行系カードローンの場合は「金利が高いこと」を念頭に置くことが必要です。

おすすめ1:りそな銀行

りそな銀行で設定されている金利は「9.0%から12.5%」となるため、独立金融カードローンで設定されている金利率に比べてかなり高くなってしまいます。これはりそな銀行で扱っているクイックカードローンの場合であり、その利用限度額は「200万円」となる上で、その審査時間は2時間程度になります。

おすすめ2:イオン銀行

イオン銀行カードローン利用時の特典と言えばまず「金利率が他の銀行系カードローンと比べて低い点」であり、その上で「24時間いつでも借入サービスを受けることができる」という利便性を兼ねそろえた点が大きな魅力となるでしょう。

イオン銀行カードローンを利用する場合の金利は「3.8%から13.8%」であり、インターネットバンキングやATMを利用する上で手数料は無料になります。

おすすめ3:ソニー銀行

現代のカードローン利用においてかなり有名になってきているソニー銀行カードローンですが、このソニー銀行カードローン利用時にまず特典としてあげられるのは「2.5%から13.8%」という金利の低さで、これは大手カードローン社と比べてみても「かなりの低金利」として認められます。

上記に加えて「50万円」であれば専業主婦でも学生でも借入することができ、カードローン利用時にはかなり利便性が高くなるでしょう。

おすすめ4:みずほ銀行

みずほ銀行カードローン利用時の特典としてもまずあげられる利点は「2.0%から14.0%」という金利率の低さとなります。しかしこのみずほ銀行カードローン利用時に課される信用審査では「金融トラブル」を敬遠しておくことが必須条件になるため、その辺りに「借入サービスを利用する際に必要な状態」を確認しておくことが大切です。

おすすめ5:三井住友銀行

三井住友銀行カードローン利用時の特典を挙げる際にも、一般的には「独立金融カードローンよりも低い金利」としてよく宣伝されています。その金利率は「4.0%から14.5%」となるため、「18.0%」がたいていの独立金融カードローンで設定されている上限に比べてみると、確かに低い金利と言えます。

その上で「手数料無料で利用できる提携ATMが豊富」という点も魅力の1つとなります。

カードローンを有効に利用したいあなたにおすすめ

今回「カードローンを有効に利用したいあなた」におすすめするのは、「カードローン利用のカラクリをじっくり説明してくれる一冊」です。

本書では「どのようにしてカードローン利用が始まり、またそのカードローン利用をどのように把握すればさらに有効に利用できるか」といった、すべての顧客にとって活用度の広い情報内容が満載です。

カードローンに関する法律

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

カードローン利用に際して、「これだけは守らなければならない」とされた法律規制はかなり多くあります。多くは商取引法において定められた契約・規約になりますが、このうちでも特に「銀行法」をしっかり熟知しておくことによって、さらに効率の良いカードローン利用に結び付けることができるでしょう。

貸金業法

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

「貸金業法」というのは一般的に、「多重債務によって返済ができなくなる顧客の状態」を回避するために定められた法律であり、たとえば総量規制などによって「その顧客の年間所得の3分の1以上の借入サービスは原則として認めない」などの、借入サービスにある程度の規制を施すための法律となります。

これによって顧客はもとより、借入サービスを提供するカードローン社側の債務不履行も阻止することができます。

銀行法

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

「銀行法」というのは一般的に、昭和56年に制定された「普通銀行の業務において通常の事業運営を位置付ける法律」です。この場合も先述の「貸金業法」の本質を取る形で、特に「カードローンをはじめとする借入サービスを提供する際に、その利用顧客と金融側との信用問題を維持する法律」として認められます。

利息制限法

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

「利息制限法」というのはその名称が示すとおりに、「特定のカードローン社によって暴利をむさぼる程の金利設定をまず規制し、カードローン社側も顧客側も正当な金利率・利息率の下で借入サービスを利用することができる」という約束を公に取り決めた公約になります。

この利息制限法があるからこそ、顧客は暴利をむさぼられることなくカードローン利用が可能となります。

出資法

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

「出資法」というのは「カードローン社で行なわれるすべての借入サービスを提供する際に適用される約定」のことです。先述の「利息制限法」や「銀行法」などを加味した上で、ノンバンクなどの「無担保で借入サービスの利用を提供するカードローン社」に対してもこの出資法の約定は適用されます。昭和29年に制定された法律になります。

低金利ローンに借り換え

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

カードローン利用時に押さえておくポイントとしては、まず「金利が低いカードローン社を選定しておくこと」が大切で、その上で利用限度額や返済プランの詳細情報を確認しておき、自分のニーズを満たせるカードローン社を見付けておくことが必須となるでしょう。

現代ではいろいろなカードローン社が存在するため、膨大な量の情報が流れています。このような膨大な量の情報から「自分に必要な情報だけ」を選定しましょう。

法律もある程度知る事の大切さ

ローンの徹底比較・低金利ローンおすすめ5選と関連法律

先述しましたように、カードローン利用時にはいろいろな法律による約定によって、そのカードローン利用時に関わるさまざまな情報内容・プランの組み立てが行なわれます。その場合でも、まずは顧客側もある程度の「商取引法における法律のあり方」を把握しておき、自分が損しないようにカードローン利用ができるよう配慮することが大切です。

どこのカードローンを利用しようか悩んでる方に!

ここまで記事を読んんでも結局どこを利用しようかまだ悩んでいるあなたに編集部からのおすすめをご紹介します。大まかにどこを利用するかの判断基準は金利か審査スピードになるかと思いますので、この2つでおすすめを紹介していきます。

金利で選ぶなら楽天銀行

金利で選ぶなら楽天銀行がおすすめです。まずは金利の比較表を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

ご覧のように、楽天銀行の上限金利が一番安くなっています。借入金額にもよりますが、100万以下であれば14.5%が適応されます。

30日以内に返済できるという方

仮に、「30日以内で返済できてしまうよ」という方にはアコムがおすすめです。アコムは初回のお客様に限って無利息期間を設けています。なので30日間以内であれば金利が0%になります。

無利息期間はプロミスなどにもありますが、アコムは即日振込も対応しているので評価が上がっています。

審査スピードで選ぶならアコム!

アコムの審査スピードは最短30分です。プロミスも最短30分ですが、アコムの方が評価が高い理由としては即日振込がある点です。審査が通っても融資までの時間が長ければあまり意味がないと考えるからです。そこできになるのがアコムの振込までのスピードですが、インターネットからの申し込みの場合、最短1分でお振込が完了します。それではいつ申し込みしたら良いのでしょうか?下記をご覧ください。

金融機関曜日受付時間振込目安
楽天銀行の口座月曜 〜 日曜・祝日0:10 〜 23:50申し込み後、約1分
ゆうちょ銀行以外の銀行口座月曜 〜 金曜9:00 〜 14:30申し込み後、約1分

楽天銀行の口座をお持ちの方は基本的にはいつ申し込んでも約1分後には振込をしてもらえます。ゆうちょ銀行以外の口座をお持ちの方であれば、9:00 〜 14:30の間に申し込みをすれば1分後には振り込んでもらえる可能性があります。

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方に関しては1分後に振込みされない可能性が高いです。ゆうちょ銀行の口座に対する振込実施目安は下記を参照してください。

曜日受付時間振込目安
月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃

関連記事

最新の記事