カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月06日

おすすめの金利が安いカードローン|銀行/消費者金融/主婦

消費者金融や銀行カードローン、どこを利用するか選ぶときに金利を気にしていますか?金利は返済額に影響するため、低いところで借りた方が得になります。金利以外に気をつけたいことや学生や主婦が借りられる金利の安いカードローン、カードローンの口コミなどを紹介!

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

おすすめの金利が安いカードローン

おすすめの金利が安いカードローン

カードローンでお金を借りたとき、金利を気にしていますか?実際にお金を返すときは借りた金額+金利分を支払わなければなりません。そのため、金利が安ければ安いほど返済金額が減ることになります。カードローンを利用するときは、金利も気をつけたいポイントです。

最低金利ではなく最高金利を見る

金利が安いカードローンを選びたいとなっても、「1.0%~15.0%」となっていた場合1%の方、最金利の方で比べてもあまり意味がありません。金利は審査結果で決まるため、カードローン利用側が選択することではないからです。はじめての利用や審査結果によっては、最高金利が適用されることも少なくありません。金利の高い安いは、最高金利で比較しましょう。

銀行のカードローン

銀行のカードローンは、基本的に消費者金融よりも金利が安い傾向があります。中でも金利の安いカードローンは「住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース)、1.99%~7.99%」です。借り入れ限度額は1,000万円まで、最短60分で借りられます。ただ、この金利はプレミアムコースのものなので審査結果によってはスタンダードコースになる事があります。

次に金利が安いのは「りそなプレミアムカードローン、3.5%~12.475%」「りそなクイックカードローンの9.0%~12.475%」の金利です。どちらも最高でも12.475%までとなっています。

「イオン銀行カードローンの金利3.8%~13.8%」も金利が安い方です。たいていの銀行カードローンは、14%台の金利となっているので覚えておきましょう。

消費者金融のカードローン

消費者金融の金利は法律で定まっている範囲になっています。このため、どんなに高くても「20.0%」までとなっており基本的には「金利18.0%以下」となっている消費者金融が多いです。

消費者金融で金利が安いのは「オリックスカードレスVIPの1.7%~16.6%」、「オリックスVIPローンカードの1.7%~16.8%」です。金利が17.0%を下回っているので安いです。続いてCMなどでお馴染みの「プロミスの4.5%~17.8%」です。

アコムやアイフル、レイクALSA、SMBCモビットなどは「最高18.0%」までとなっています。

貸付金額消費者金融の上限金利
~10万円未満の場合年20.0%まで
10万円~100万円未満の場合年18.0%まで
100万円以上の場合年15.0%まで

30日間無利息でお金を借りる方法

学生におすすめの金利が安いカードローン

学生におすすめの金利が安いカードローン

学生でも借りられる、金利が安いカードローンを紹介します。学生がお金を借りるには「学生ローン」か「銀行カードローン」、「消費者金融カードローン」を利用することになります。このうち未成年の学生は基本的に「学生ローン」しか利用できません。

学生ローン

「学生ローン」の名のとおり、学生のためのローンなので学生であっても審査にとおりやすいです。未成年でも利用可能なため、未成年の方は「学生ローン」しか選べないと考えた方がよいでしょう。

しかしデメリットとして学生のためのローンなので使用目的がギャンブルなど、学生の生活に不似合いなものだと断られる可能性があります。なんでも使用okなローンではないので注意しましょう。しかし、学生向けなだけに学生であっても10万円以上借りられる(限度額は50万円)というメリットもあります。親権者の同意や保証が必要なことがあるので注意しましょう。

金利が安いのは「イーキャンパスの14.5%~16.5%」、「キャンパスの14.4%~16.8%」、「アミーゴの14.4%~16.8%」となっています。

銀行カードローン

銀行カードローンは金利も安いため利用したいところです。しかし、銀行のカードローンは一般的に消費者金融よりも審査は厳しいと言われています。学生で、アルバイト収入での申し込みでは審査にとおらない可能性が高いことが最大のデメリットです。また、借りられる金額も「10万円」位になります。

三井住友銀行のカードローンなら金利が「年4.0%~14.5%」という安い金利になっています。学生は審査にとおりにくいこと、未成年(20歳未満)は利用できないといった注意点に気をつけつつ申し込みましょう。

消費者金融

学生が借りやすく、利便性も良いのが消費者金融のカードローンを利用することです。しかし、消費者金融でもアルバイト収入を定期収入とはみなされないことがあります。学生のアルバイト収入でも借りられる消費者金融はプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなどです。

このうちプロミスは上で紹介したように金利が「4.5%~17.8%」となっており、金利が安い方でおすすめです。こちら以外はアコムもアイフルもSMBCモビットやレイクALSAも上限が「18.0%」となっており、どこが安いとかはありません。

30日間無利息でお金を借りる方法

主婦におすすめの金利が安いカードローン

主婦におすすめの金利が安いカードローン

主婦の場合は、消費者金融よりも金利が安い銀行カードローンを利用することがおすすめです。こちらでは金利が安い、かつ専業主婦でも申し込めるカードローンを紹介します。

「三菱UFJ銀行バンクイックは1.8%~14.6%」と利用しやすい金利設定です。郵送物がないため、家族にバレたくない主婦におすすめのカードローンです。

30日間無利息でお金を借りる方法

金利が安いカードローンのメリット

カードローンで金利が安いことによるメリットは、返済額が少なくなること、です。金利が18%か14.5%かで返済額が数万円変わってくることがあります。このため、基本的には金利の安いカードローンを選ぶのがおすすめです。

金利が安いカードローンのデメリット

金利が安いことにデメリットはあるのでしょうか。金利が安い傾向のある銀行カードローンの場合、基本的に「無利息期間」がつかないといったデメリットは考えられます。「無利息期間」は利息がつかない期間のことで、はじめて利用する人を対象に30日前後「無利息期間」がついて金利の面で有利になることがあります(無利息期間を設けていない消費者金融もあります)。

とくに返済までにかかる期間が半年以内など短い場合、「無利息期間」のある消費者金融などを利用した方が得になることもない訳ではありません。相談してみたりシミュレートで計算してみましょう。

金利が安いカードローンの口コミ

金利が安いカードローンの口コミ

金利が安いカードローンに寄せられている口コミを紹介します。

「住信SBIネット銀行 MR.カードローン」に寄せられた口コミではプレミアムコースで可決されたことを喜ぶ口コミ、スタンダードコースになったことを嘆く口コミがあります。どちらになるかは審査結果次第です。

「りそなプレミアムカードローン」では銀行なので金利が安い点が口コミでも好評です。

消費者金融からは金利の「プロミス」、口コミでは他社に申し込んで断られたけれどプロミスでは審査に通ったと喜びの声があります。また、対応も丁寧だと評判です。

金利の他に気をつけたいこと

金利の他に気をつけたいこと

金利の安いカードローンを紹介してきましたが、ウッカリすると安い金利で申し込んだのに高い金利を支払うことになるケースがあります。それは「最低返済額」、銀行や消費者金融によって毎月の「最低返済額」は変わってきます。ここで「最低返済額」の低いものを選んでしまうと、返済期間が長引いて結局高い金利を支払うことになってしまいます。

金利の安いところを選びつつ、月々の「最低返済額」は自分で余裕をもって支払える金額を設定するのがおすすめです。確実に返済できる金額で、早めに返済を終えることがコツです。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

アコムなら30日間無利息で借りられる

アコムがはじめての方は最大30日間無利息で借りられます。審査通過率も他の消費者金融と比較して高く、即日融資可能なので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアコムからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  最大30日間無利息付きで /

目次に戻る

関連記事

最新の記事