Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月06日

セブン銀行カードローンの審査基準・審査に通るコツ・落ちたとき

セブン銀行カードローンでは、どのような基準で審査しているのでしょうか。また、審査に通るコツはあるのでしょうか。このぺージでは、セブン銀行カードローンの審査の基準や通りやすくなるコツ、審査に落ちたときの対処法について、考察・ご紹介していきます。

覚えておきたい!セブン銀行カードローンの審査基準

セブン銀行カードローンの審査基準・審査に通るコツ・落ちたとき

大手コンビニと言えば、セブンイレブンを連想する方も、多いと考えられます。そんなセブンイレブンなどに設置されているATMは、ほとんどの店舗がセブン銀行のものとなっています。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどにATMが設置されていることから、利用しやすいと高い評価を得ているセブン銀行は、カードローンにも対応しています。利用しやすいセブン銀行のカードローンということもあり、セブン銀行カードローンの利用者や利用を検討している方も、多いと予想できます。

今回は、そんな「セブン銀行カードローン」をピックアップし、セブン銀行カードローンの審査について、基準や審査に通るコツなどについて、考察・ご紹介していきます。

セブン銀行カードローンの審査基準

セブン銀行カードローンの審査基準・審査に通るコツ・落ちたとき

冒頭でも触れたとおり、セブン銀行は、大手コンビニであるセブンイレブンなどにATMが設置されていることから、「使いやすい」と利用者の人気を集めています。そんなセブン銀行のカードローンもまた、最近注目されているカードローンの1つと言えますが、利用するには審査に通る必要があります。

まずは、セブン銀行カードローンの審査の基準や内容について、考察していきます。

収入が安定しているか

セブン銀行カードローンの審査で、特に重視されるのが、申し込み者の収入が安定しているかどうかという点です。申し込み者の収入が安定していないと、お金を貸してもきちんと返済されない可能性が出てきます。そのため、収入が安定していない申し込み者は、審査をする金融機関や保証会社の立場から見ると、返済が延滞する危険性のある人物ということになります。

上記のような背景から、セブン銀行カードローンの審査では、返済能力がある人物かどうかを確認するために、収入が安定しているかどうかについて、詳しく確認していると言われています。

ブラックでない

金融業界では、「ブラック」という言葉があります。ブラックとは、信用情報に過去の金融事故の情報など、致命的と言える問題がある人のことを指します。

上記のように、ブラックと呼ばれる人は、セブン銀行カードローンでも、審査に落ちる可能性があります。ブラックの人は、過去に金融に関するトラブルや事故、問題を起こしたことがある人です。ですから、金融機関からすると、貸付をするのに不安要素がある人ということになるのです。

上記のような背景から、セブン銀行カードローンの審査では、申し込み者の信用情報を確認し、ブラックでないかどうかについても、チェックしていると言われています。

複数社に申し込んでいないか

セブン銀行カードローンに限らず、多くのカードローンでは、信用情報などをもとにして、申し込み者のカードローンやクレジットカードの使用状況についても、確認したり審査の判断材料として使ったりしていると言われています。

複数の企業やグループへカードローンなどの申し込みをしていると、金融機関などは、申し込み者がお金に困っていたり、資金繰りが怪しかったりしていると疑います。また、返済能力が低い人と見られる可能性もあると予想できます。

上記のような背景から、セブン銀行カードローンでは、申し込み者が他の企業やグループにも、カードローンの申し込みをしていないかどうかも、確認していると考えられます。

セブン銀行カードローンの審査に通るコツ

セブン銀行カードローンの審査基準・審査に通るコツ・落ちたとき

続いては、どのようにすれば、セブン銀行カードローンの審査に通りやすくなるのか、コツやポイントをご紹介していきます。

セブン銀行カードローンの審査基準とともに、通りやすくなるポイントも押さえておくことで、審査に通る可能性も高まると予想できます。

コツ1:嘘をつかない

セブン銀行カードローンに限らず、カードローンの審査は、嘘をついているとバレた時点で審査に落ちると言われています。

お金を貸す立場にあたる金融機関としては、申し込み者が返済できる人物だと信用できなければ、お金を貸すことはできません。返済の延滞などのリスクが考えられるためです。申し込みの内容に嘘があった場合、金融機関は申し込み者のことを、信用できないと人物だと判断します。そのため、審査に落ちてしまうのです。

ですから、セブン銀行カードローンの審査へ申し込む際は、嘘をつかずに正確な情報で申し込みをするようにしましょう。

コツ2:同時に複数社の申し込みをしない

セブン銀行カードローンの審査基準・審査に通るコツ・落ちたとき

セブン銀行カードローンへ申し込みをする際、同時に他の金融機関のカードローンへも申し込みをしていると、審査に落ちやすくなると言われています。

カードローンを複数同時に申し込むと、信用情報を確認した際に、その事実が判明すると言われています。複数の企業やグループのカードローンに同時に申し込みをしていると、資金繰りが危ういのではないかと、金融機関や保証会社は疑います。

上記のような背景から、複数社に同時に申し込みをしていると、審査に落ちるケースが多いと言われています。ですからセブン銀行カードローンに申し込む場合は、他の企業やグループのカードローンに同時に申し込みをしないようにした方が、審査に通りやすくなると考えられます。

コツ3:口座開設

セブン銀行カードローンでは、利用する条件として、口座を解説する必要があると言われています。ですから、指示や手順に従って、口座開設はしっかり行いましょう。

セブン銀行カードローンの申し込みにおける口座開設は、本人確認などの審査もかねていると言われています。そのため、口座開設をきちんと行わなければ、セブン銀行カードローンを利用できないと考えられます。

セブン銀行カードローンの審査に落ちたときの対処法

セブン銀行カードローンの審査基準・審査に通るコツ・落ちたとき

続いては、セブン銀行カードローンの審査に落ちた場合、どうすれば良いのか、対策や対処法について考察していきます。

また、セブン銀行カードローン以外のおすすめのカードローンについて考えていくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

すぐに再申し込みすることは不可能

カードローンへ1度申し込みをすると、信用情報に申し込みをしたことが記録されると言われています。そのため、審査に落ちたからといって、すぐに申し込みをしても、受け付けてもらえないケースが多いと言われています。仮に申し込みができても、審査結果が変わらないため、再び審査に落ちてしまうでしょう。

ですから、セブン銀行カードローンの審査に落ちた場合も、基本的にはすぐに再申し込みをすることは、できないと考えられます。そのため、審査に落ちた場合は、他のカードローンを探して新たに申し込むか、カードローンの利用を諦める必要があると予想できます。

おすすめのカードローン

セブン銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、すぐに再申し込みをすることは難しいため、他のカードローンを探して申し込むことになります。その際、どのようなカードローンを選べば良いのか、考察していきます。

審査に落ちた原因にもよりますが、収入が不安定であったり信用情報に問題があったりした場合は、他の大手銀行系カードローンや大手消費者金融のカードローンも、審査に落ちてしまう可能性が高いと言われています。一方で、中小と呼ばれている消費者金融の場合は、大手の銀行や消費者金融よりは、審査に通りやすいと言われています。

ですから、セブン銀行カードローンの審査に落ちた場合は、中小に位置している消費者金融のカードローンの利用を検討してみるのも、1つの対処法だと言えそうです。

日頃から審査に通りやすくなる言動を取ることが大切

セブン銀行カードローンの審査基準・審査に通るコツ・落ちたとき

いかがでしたでしょうか?今回は、「セブン銀行カードローンの審査」をテーマにして、セブン銀行カードローンの審査の基準や通るコツ、審査に落ちてしまったときの対処法などについて、考察・ご紹介しました。

セブン銀行カードローンでは、信用情報をもとに過去の金融事故の有無を調べたり、収入が安定している人物かどうかについて考えたりして、審査をしていると言われています。ですから、いざという時に審査に通りやすくなるよう、日頃から意識して生活するようにしましょう。

どこのカードローンを利用しようか悩んでる方に!

ここまで記事を読んんでも結局どこを利用しようかまだ悩んでいるあなたに編集部からのおすすめをご紹介します。大まかにどこを利用するかの判断基準は金利か審査スピードになるかと思いますので、この2つでおすすめを紹介していきます。

金利で選ぶなら楽天銀行

金利で選ぶなら楽天銀行がおすすめです。まずは金利の比較表を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

ご覧のように、楽天銀行の上限金利が一番安くなっています。借入金額にもよりますが、100万以下であれば14.5%が適応されます。

30日以内に返済できるという方

仮に、「30日以内で返済できてしまうよ」という方にはアコムがおすすめです。アコムは初回のお客様に限って無利息期間を設けています。なので30日間以内であれば金利が0%になります。

無利息期間はプロミスなどにもありますが、アコムは即日振込も対応しているので評価が上がっています。

審査スピードで選ぶならアコム!

アコムの審査スピードは最短30分です。プロミスも最短30分ですが、アコムの方が評価が高い理由としては即日振込がある点です。審査が通っても融資までの時間が長ければあまり意味がないと考えるからです。そこできになるのがアコムの振込までのスピードですが、インターネットからの申し込みの場合、最短1分でお振込が完了します。それではいつ申し込みしたら良いのでしょうか?下記をご覧ください。

金融機関曜日受付時間振込目安
楽天銀行の口座月曜 〜 日曜・祝日0:10 〜 23:50申し込み後、約1分
ゆうちょ銀行以外の銀行口座月曜 〜 金曜9:00 〜 14:30申し込み後、約1分

楽天銀行の口座をお持ちの方は基本的にはいつ申し込んでも約1分後には振込をしてもらえます。ゆうちょ銀行以外の口座をお持ちの方であれば、9:00 〜 14:30の間に申し込みをすれば1分後には振り込んでもらえる可能性があります。

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方に関しては1分後に振込みされない可能性が高いです。ゆうちょ銀行の口座に対する振込実施目安は下記を参照してください。

曜日受付時間振込目安
月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃

関連記事

最新の記事