Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

消費者金融ってたくさんあるけど、実際はどこがおすすめなのか。今回は大手消費者金融の「プロミス」と「アコム」に注目して、申し込みから返済方法までを詳しく徹底比較しました。これを読めばあなたにピッタリの金融会社が見つかります。

プロミスとアコムの徹底比較

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

消費者金融のカードローンを利用する時、まずは認知度が高い消費者金融を比較対象にするのが一般的です。今回は審査スピードや充実したサービスに定評がある人気の消費者金融「プロミス」と「アコム」のサービスについて徹底比較していきます。

プロミスで借りるか、アコムで借りるか悩んでいる方はこの記事を参考にあなたに合う消費者金融を選んでください。

審査の通過率の比較

2016年の審査通過率は、プロミスが43.5%、アコムが47.9%となっています。審査通過率を比較するとアコムの方がプロミスよりも高くなっており、単純に考えるとアコムの方が審査に通りやすいといえます。

しかし、審査通過率はあくまでデータの一つであり、参考程度に考えた方がいいでしょう。審査が甘いというよりも、どのようなお客さんが申し込んだかという方が影響するので、審査通過率はアコムの方が高いからといって審査に通りやすいというわけではありません。

金利の比較

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

大手の消費者金融はどこも18.0%が上限金利として定められています。プロミスのみが他の消費者金融よりも若干低い17.8%で貸付を行っています。その差は0.2%のため、少ない借入の場合は大して支払利息の変化がありませんが、利息が安くなるのでアコムよりプロミスの方がお得です。

また、消費者金融は100万円以上の借入をする場合、金利は15.0%が上限金利となるため、どの消費者金融も金利に差はなくなります。100万円以内の借入の場合は、プロミスの方が若干金利は低いという程度です。

無利息サービスの比較

プロミスとアコムは、はじめて借入を行う方に対し、無利息サービスを行っています。アコムとプロミスの無利息期間を比較すると、アコムとプロミス両社共に30日間無利息が設定されています。

ですが、プロミスの場合は30日間無利息となる条件として、メールアドレスの登録と、WEB明細利用の登録が必須となっています。そして、無利息期間は同じ30日間ですが、無利息期間の起算日はプロミスとアコムで異なります。

アコムの場合は、契約日から30日間なのに対し、プロミスは、初回借入日から30日間となっているため、契約しても借入を行わないのであれば、プロミスの方が借入してから30日間となるため、無利息期間は長くなります。契約してその日に借入する場合は、どちらを選んでも差はありません。

提携ATMの比較

提携ATMの多さは借入や返済の際に重視でするポイントでもあります。

アコムの場合はアコムATMであれば手数料無料になります。プロミスはプロミスATM、もしくは三井住友銀行ATMであれば手数料無料で出し入れが可能です。提携ATMがアコムよりも多い
プロミスは返済していく上で、手数料がかかりにくいので、プロミスの方がおすすめです。

即日融資の比較

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

即日融資を希望している場合は、アコムもプロミスどちらも差はほとんどありません。

ですが、プロミスの方が少しばかり即日融資は受けやすいです。プロミスの場合は、プロミス無人契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機でもプロミスの契約手続きを行うことができます。事前にインターネットで審査を完了させてから、最寄りの無人契約機やローン契約機でカードを発行し、その場で引き出しすることができるからです。

消費者金融の無人契約機に入ることに抵抗がある方や、近くにプロミスの無人契約機がない方でも、三井住友銀行のローン契約機が利用できるため、プロミスの方が即日融資を受ける上では利便性が高いと言えます。

借入限度額の比較

借入限度額はプロミスなら1〜500万円まで、アコムなら800万円まで借入ができます。

ですが、はじめて借入を利用する時には上限金額で借入をすることはできません。また、消費者金融の総量規制により、貸付額は年収の3分の1までと制限されています。

最低返済額の比較

金利だけを見て、お得さを決めることは良くありません。借りることより、返すことの方が、重要です。プロミスの月々の最低支払額は2000円です。アコムの月々の最低支払額は3000円です。

一見すると、プロミスの方が上限金利も低く、借りた方に優しいと思われがちですが、月々の返済を最低支払額のみで行う場合、結果的にプロミスの利息の方が、大きくなってしまいます。利息は日割りで計算されるため、返済が長引くほど、利息は大きくなって損をしてしまいます。

返済日の比較

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

プロミスの返済日は、毎月「5、15、25、末日」から選択することができます。ただし、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行以外からの、口座振替を行い返済する場合のみ、返済日は毎月「5日」と決まっています。

アコムの返済日は、口座振替の場合は毎月「6日」です。毎月自分で返済日を決めることができる「任意指定日」や最終返済日から、35日後が返済期限となる「35日ごと返済」があります。注意点は、返済日の15日以上前に返済を行うと、その返済額は前月分の追加返済という扱いになるので注意してください。

返済日に関しては、アコムの方が自分に合った返済日を決めることができるので、返済の自由度が高いです。

プロミスとアコムはどちらがいいのか

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

結論からすると、どちらもカードローンのサービスとしては最高レベルで、差はほとんどありません。普段のライフスタイルであなたに合った消費者金融を選ぶのが一番です。

即日融資の受けやすさや、無利息期間などの利便性で判断するとプロミスがおすすめです。
実際、アコムも消費者金融の中ではサービスレベルが高いカードローンですし、アコムを選んでもプロミスを選んでも間違いということはありません。

わずかな差だがプロミス

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

ネット社会の昨今では、何でもwebで済ませることが多いです。その点において、プロミスはweb登録ができたり、提携ATMが多かったりと、便利なサービスが取り入れられています。

この利便性を考慮すると、プロミスの方がおすすめ度が高いといえます。

金利が低い

やはり金利の面でも、少しでもお得に借入したいという状況から判断すると、0.2%金利の低いプロミスが選ばれる理由でもあります。

初カードローンはプロミスとアコムどちらがいいのか

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

では、はじめてカードローンを検討中の初心者さんには、プロミスとアコムどちらがおすすめできるかご紹介します。

アコム

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

カードローンとしておすすめはプロミスですが、はじめてのカードローンとなると、アコムがおすすめです。「はじめてのアコム」のキャッチフレーズのとおり、アコムははじめて利用する方でも安心して利用できるサービスが充実のカードローンです。

昔からのある大手消費者金融として有名なアコムは、現在でもなおその人気が衰えないカードローンとして新規申込者が絶えません。大手の消費者金融の中でも、一番審査通過率が高く、初心者の方でも簡単に審査に通ることができるのでおすすめです。

利用者数も多い

アコムは、2016年時点で全国に約140万人の利用者がいて、業界ナンバーワンです。1日に約1400人の申し込みがあるとも言われています。利用者数が多いのも、初心者さんが安心して利用できる判断材料の1つです。

新規貸付率が低い

アコムの新規貸付率は約48%となっています。新規貸付率というのは新規カードローン申込者のうち、審査を通過して契約をした割合のことです。

他社の消費者金融と比べると新規貸付率は低いですが、収入のない専業主婦や、年金のみで生活をしている高齢者などはアコムの貸付条件を満たすことができず借入することができないため、新規の貸付率が低いとされています。

少しの差が大きな差に

プロミスとアコム徹底比較・どちらがおすすめか|初めて/金利

いかがでしたでしょうか。プロミスとアコムの徹底比較であなたにピッタリの金融会社が見つかりましたか。

大きな差はないプロミスとアコムですが、ライフスタイルの違いにより、その少しの差は大きな差へと変化します。金融会社選びは、とても大切です。あなたに合ったもの見極めて利用してください。

どこのカードローンを利用しようか悩んでる方に!

ここまで記事を読んんでも結局どこを利用しようかまだ悩んでいるあなたに編集部からのおすすめをご紹介します。大まかにどこを利用するかの判断基準は金利か審査スピードになるかと思いますので、この2つでおすすめを紹介していきます。

金利で選ぶなら楽天銀行

金利で選ぶなら楽天銀行がおすすめです。まずは金利の比較表を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

ご覧のように、楽天銀行の上限金利が一番安くなっています。借入金額にもよりますが、100万以下であれば14.5%が適応されます。

30日以内に返済できるという方

仮に、「30日以内で返済できてしまうよ」という方にはアコムがおすすめです。アコムは初回のお客様に限って無利息期間を設けています。なので30日間以内であれば金利が0%になります。

無利息期間はプロミスなどにもありますが、アコムは即日振込も対応しているので評価が上がっています。

審査スピードで選ぶならアコム!

アコムの審査スピードは最短30分です。プロミスも最短30分ですが、アコムの方が評価が高い理由としては即日振込がある点です。審査が通っても融資までの時間が長ければあまり意味がないと考えるからです。そこできになるのがアコムの振込までのスピードですが、インターネットからの申し込みの場合、最短1分でお振込が完了します。それではいつ申し込みしたら良いのでしょうか?下記をご覧ください。

金融機関曜日受付時間振込目安
楽天銀行の口座月曜 〜 日曜・祝日0:10 〜 23:50申し込み後、約1分
ゆうちょ銀行以外の銀行口座月曜 〜 金曜9:00 〜 14:30申し込み後、約1分

楽天銀行の口座をお持ちの方は基本的にはいつ申し込んでも約1分後には振込をしてもらえます。ゆうちょ銀行以外の口座をお持ちの方であれば、9:00 〜 14:30の間に申し込みをすれば1分後には振り込んでもらえる可能性があります。

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方に関しては1分後に振込みされない可能性が高いです。ゆうちょ銀行の口座に対する振込実施目安は下記を参照してください。

曜日受付時間振込目安
月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃

関連記事

最新の記事