カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月10日

【特徴別】銀行系カードローンの比較・おすすめの銀行系カードローン

銀行系カードローンを申込む時に金利や条件などを比較する時、実は各社ホームページだけではわからない違いがあります。こちらの記事では各社の違いについて、消費者金融のカードローンも含めて比較します。カードローン選びの参考にしてみてください。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

銀行系カードローンの比較

銀行系カードローンの比較

消費者金融と比較すると金利が低く安心感があり、総量規制などの法律上制限に縛られないという点から高い人気のある銀行系カードローンですが、現在日本に存在している銀行は金融庁発表によると約100行といわれています。「銀行系カードローン」と言ってもどのように比較し、どの銀行系カードローンを選ぶべきかを悩む方は多くいらっしゃることでしょう。

こちらの記事では銀行系カードローンの特徴や重視したいポイントごとにご紹介してまいります。

銀行系カードローンの特徴とは?

銀行系カードローンには消費者金融カードローンにない特徴があります。その中でも銀行系カードローンの大きな特徴は3つ挙げることができます。
①消費者金融カードローンと比較すると金利が低い傾向にある
②総量規制の対象外
③審査は比較的厳しい傾向にある

金利が低ければ返済金として支払わなければならない利息が少なくなり、総量規制の対象外とされていることで消費者金融カードローンと比較すると大きな金額の融資を受けられる可能性もあります。しかし、これらの特徴があるからこそ、保証人や収入に対しての条件が厳しくなることを理解しましょう。

消費者金融のカードローンとの大きな違い

銀行系カードローンと消費者金融カードローンにはそれぞれの長所と短所があります。これらの特徴はご自身に適したカードローン選びのポイントになりますので、しっかりと比較し理解しておきましょう。

銀行カードローン消費者金融カードローン
金利金利の傾向高金利
審査時間即日審査はないスピード審査がある
総量規制対象外対象
店舗数全国に数百店舗を展開展開が少ない

銀行系カードローンは総量規制の対象外

銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融カードローンと比較すると大きな金額の借入れが可能です。消費者金融カードローンは他社借入状況を確認した上で、総量規制以内の借入れ金額になるよう調整されますが、銀行系カードローンは総量規制の調整が不要なので、銀行の審査にさえ通過すれば金額に縛られることはありません。

銀行系カードローンの貸出競争が過熱し、返済能力を超えた無謀な融資も見受けらるようになってきました。銀行は「無理な貸し出しをしない」という信用の下で総量規制の対象外にされてきましたが、やりすぎだと思わざるを得ない銀行が出てきているのも事実ですので、銀行系カードローンを契約する際には、返済できるか否かを検討する必要があります。

総量規制とは?

総量規制は過剰な借入れを予防するための制度で、返済しきれない金額の借入れをしたり、多重債務に陥るなどのケースを避けるための重要な制度です。

家族や職場にバレずに即日融資を申し込む方法

銀行系カードローン口コミでの比較

銀行系カードローン口コミでの比較

価格.comでは各銀行の金利情報やサービスの比較、審査に関する口コミを多数掲載しています。さまざまな条件から銀行系カードローンを比較検討できます。

家族や職場にバレずに即日融資を申し込む方法

特徴別おすすめの銀行系カードローン

特徴別おすすめの銀行系カードローン

ここでは各特徴別のおすすめ銀行系カードローンについてご紹介します。

申し込めるエリアい規制はある?

返済する講座やATM、または各銀行の取扱いのあるATMなどがある場合には、全国各地から申込みをすることが可能です。

金利・難易度・時間を比較

金利・難易度・時間を比較

各銀行系カードローンを金利、審査難易度、融資スピードについて、比較しやすいようにリスト化しています。

■審査難易度
高め:融資の対象は会社員や公務員、または年収200万円以上の方
低め:融資の対象は年収200万円未満のアルバイトでも可能
中程度:上記2つの中間

銀行系カードローンの一般上限金利は14.5%程度なので、14%を下回ると「金利」とされる傾向にあります。

金利 審査難易度目安融資スピード
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%高め3営業日程度
三菱UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6%低め最短翌営業日
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.05%高め最短翌営業日
住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」 0.99%~7.99% 高め2~3週間
りそな銀行クイックカードローン9.0% ~12.475%中程度2週間
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%低め最短翌営業日
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%高め1週間~10日
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%低め2~3営業日
セブン銀行カードローン 15%低め2週間
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%低め1週間程度
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5%低め最短翌営業日
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%~18.0%低め1週間~(非公表)

限度額の設定はどの程度?

他社でカードローンでの借入をしていない、勤続年数や居住年数が2年以上ある、会社員または公務員の場合、都市銀行では年収の1/4~1/3程度が限度額と設定され、インターネット銀行では年収の1/3~1/2程度を限度額と設定されるが多いとされています。ただし、限度額の設定方法や考え方は各金融機関で大きく異なるので、あくまでも比較参考程度にお考え下さい。

多くの都市銀行が融資自粛の傾向にあるので、大口融資を必要としている場合にはインターネット銀行を検討する方が審査が通過しやすいといえるでしょう。特に住信SBIネット銀行の場合には、年収の1/2程度の限度額を設定してもらえることも珍しくありません。

専業主婦でも申し込めるか

専業主婦でも申し込めるか

基本的に銀行系カードローンは満20歳以上で65歳未満の国内居住、かつ安定収入がある個人の方が申込対象者とされていますので、専業主婦の申込みは難しいといえますので、どうしても融資が必要な場合にはノンバンクがおすすめです。

年収低めでも申し込めるものか?

銀行系カードローンは金利ですが、消費者金融カードローンと比較すると審査は厳しめに設定されているので、公務員や大企業などの安定かつ高めの収入の方向けだといえます。年収が低い方はノンバンクがおすすめです。

家族や職場にバレずに即日融資を申し込む方法

ライフスタイルに適した銀行系カードローンを選ぶ

ライフスタイルに適した銀行系カードローンを選ぶ

銀行系カードローンには、消費者金融カードローンと比較すると金利なのが魅力、総量規制対象外で法的上限が決められていない、上限金利相場が14%~17%と魅力的なポイントがありますが、銀行カードローンの審査は消費者金融と比較すると厳しい傾向にあります。

審査を通過するためには、年齢制限や年収条件など抑えるべきポイントが多数ありますが、少額融資の場合には在籍確認を省略する銀行もあるほどなので、必ずしも消費者金融と比較して利用するのが難しいとは限りません。

上記の点をしっかり理解していただくことで、ご自身のライフスタイルに適した銀行系カードローンを選んでください。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

アコムならバレずに即日融資

アコムなら最短審査時間30分、審査通過語の融資は最短1分です。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアコムからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  家族や職場にばれない方法で /

目次に戻る

関連記事

最新の記事