Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月15日

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

皆さんこんにちは、今回は「大手キャッシングサービスの金利比較表|カードローン利息計算方法」と題して、「大手キャッシングサービスの金利比較表」についての詳細情報をご紹介します。金融機関により大きく金利や利息が変わる場合があるので、ぜひご参考にしてみてください。

大手キャッシングサービスの金利比較表

一般的に「キャッシング」というのは、「キャッシュカードから現金を引き出すことや、デジタル通貨をそのまま現金化することなど」を言い、多くの場合は「キャッシング機能を利用して、金融店頭窓口やATM、また他にもさまざまな金融メディアから現金を引き出すこと」を意味します。

大手キャッシングサービスの金利比較表をする場合、このキャッシュカードやATMなどからお金を引き出す際や、またローン組み立てなどによって金利や利息の比較を他社金融機関と見比べることによってわかります。

金利比較のポイント

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

先述に引き続く形になりますが、多くの場合、金利比較をする際には「返済ローンにおける金利・利息の比較」によってどの金融機関が「お得」なのかを比較していくこととなり、少しでも返済時の金利比率が安い金融機関が「利用者にとってお得な金融機関」となります。

特に「キャッシングサービスにおける金利比較のポイント」は、銀行カードローンを利用した返済額に見られる金利とその限度額との比率によって割り出され、その「限度額に該当する金利比較」によって「お得な金融機関」を見つけることができます。

最高金利

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

いわゆる「最高金利」というのは「上限金利」と言われ、これは法律で決められている最高限度額における金利比率のことを言います。利息制限法によって各限度額にいける金利があらかじめ決められており、その金利比率に見合った金利(利息)が各金融機関によって設定されています。

一般的にこの上限金利というのは、借入金の限度額に比較される形で付けられるもので、たとえば借入金が10万円(もしくは10万円未満)の場合は「年間の上限金利は20%まで」と決められており、また借入金が100万円以上の場合であれば「年間の上限金利は15%まで」とあらかじめ決められています。

この上限金利を比較する際にも、各金融機関によってさらに安く設定されている場合もあるため、その最高限度額を借入金とした場合の金利比較を見積もった上で、「少しでも返済時にお得な金融機関を利用すること」が利用者にとって効率の良い借入となります。

利率の計算方法

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

特定の金融機関から借入を行なう場合、その場合の金利比較をする際には「各金融機関によって設定されているキャッシング先と金利比率、そしてその金利に該当する限度額との比較」によって正確な比較をすることができます。

まずプロミスの場合であれば、限度額が500万円の場合であればその上限金利は「17.8%」となり、またノーローンバンク(ノンバンク)の場合では限度額が300万円の際にはその上限金利は「18.0%」となります。

この上限金利をまず念頭に置く上で、借入金を限度額として金利比較をし、さらに「何日間借入を行なうか」という形でその日数が加算されます。金利(利息)は「利用残高金額に実質年率を掛け合わせ、その掛け合わせた数字を365日で割り、さらにその割った数字に利用日数を掛け合わせた数字」に相当します。

大手と消費者金融の比較

「大手消費者金融機関と中小消費者金融機関とでは、その金利比較を行なう際にどの点が最も違うのか」という疑問は、金融機関を利用する際に最も気になる点でしょうか。この場合もキャッシングに関する金利比較となるため、特に返済時に相当する金利が注目されることになります。

大手消費者金融であるアコムの場合は年間金利率が「3.0%から18.0%」で、同じくプロミスの場合は「4.5%から17.8%」となり、いずれの金利も各金融機関によって設定されています。これに比べて中小消費者金融の場合は、ダイレクトワンの場合は年間金利率が「4.9%から20.0%」で、ライフティの場合は「8.0%から20.0%」となります。

中小消費者金融の場合はキャッシング機関が少ない

多くの場合、キャッシングに関する年間金利率を見比べると「中小消費者金融の方がやや上限金利が高額」となりますが、それ以上に違う点は「キャッシングする際の金融機関が大手消費者金融と比較する上で遥かに少ない」という点です。

大手消費者金融の場合は主に銀行が提携していることもあり、ATMをはじめインターネットやあらゆる銀行窓口でもキャッシング(返済)することができます。

しかし中小消費者金融の場合は、ダイレクトワンは比較的キャッシング機関が充実しているものの、他の金融機関では「自社のみ」や「セブン銀行のATMのみ」などと、そのキャッシング窓口が遥かに狭まれる傾向が見られます。

限度額ごとの金利表

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

金融機関を利用する場合には、この限度額ごとによる金利比較が重要です。楽天銀行スーパーローンの場合であれば「限度額が100万円以上」の場合、適用金利は9.6%から14.5%となり、月ごとの返済額は2千円から3万円ていどになります。

また三菱UFJ銀行(バンクイック)の場合では、限度額が100万円以上の場合で適用金利は10.6%から13.6%となり、月ごとの返済額は2千円から4万円ていどになります。このように、各金融機関によって設定された金利表(金利比較)によって返済額が異なるため、自分のペースに見合った金融機関を利用することが効率的となります。

金利が決まる仕組み

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

各金融機関によって設定される金利を比較する場合、その金利の決定方式にはまず「固定金利型」と「変動金利型」の2種類の仕組みがあります。固定金利型というのは短期金利と長期金利とに分けられ、あらかじめ「この期間内であれば金利は変化しないこと」を裏付けています。

変動金利型の場合は固定金利型とは違い、一般的に「日本銀行の金融政策によって金利比較において変動型」となり、たとえば「銀行が政策金利によって金利率を引き上げれば金利も上がる」となります。

先述でも触れましたが、金利(利息)の算出方法は基本的に、「利用残高額に実質年率を掛け合わせた数字を年間日数(365日)で割り、その割った数字に利用日数を掛け合わせた数字」に相当します。そのため上記の固定金利型・変動金利型をまず念頭に置き、キャッシング時には金利の算出方法を把握することが大切です。

10万円の場合

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

キャッシング時に課せられる金利は当然「限度額と利用残高額、それに加えて利用日数と設定された金利率」によって算出されます。

10万円を借入金とする場合、たとえばバンクイックでは上限金利の14.6%を適用する上で、「10万円×14.6%」で算出された数字に30日を掛け合わせ、その数字をさらに365日で割りますから「1,200円」の金利となります。

50万円の場合

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

借入金が50万円の場合ですが、この場合も10万円のときと同じく「限度額に適用される金利率と利用日数など」によってその金利が算出されます。キャッシング時の金利比較の場合には特に「利用残高額」を念頭に置く形で金利が加算されるため、しっかりと金利(利息)の仕組みを覚えておきましょう。

たとえばアコムで50万円を借入金とした場合、年間上限金利は18%となるため、先述の算出方法と同じく「50万円×18%」で算出された数字に30日を掛け合わせ、その数字を365日で割りますから「7.397円」となり、合計返済額は「507,397円」となります(返済回数が1回の場合)。

100万円の場合

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

100万円の借入をした場合でも先述と同じ金利の算出方法が採用され、キャッシング時の金利比較を見積もる際でもじゅうぶんこの計算方法で間に合います。

またアコムで借入をする場合として、100万円の場合の上限金利は15%となるため、先述と同じ計算方法によって「1回で返済する場合は金利が12,328円、合計返済額が1,012,328円」となり、「最高返済回数の24回払いの場合は金利が160,961円、合計返済額が1,160,961円」となります。

返済を踏まえたカードローン業者の選び方

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

返済を踏まえたカードローン業者の選び方に臨む場合、まず最大の注目点は「金利の比較」です。必ず金利というのは「限度額に見合った設定」となるため、「この借入金の限度額でどれくらいの金利になるか」を確認しておくことが大切です。

さらに重要な点は「返済ローンの組み方」であり、これは少々先述しましたが、「1回払い」から「24回払い」などと、あらかじめ各金融機関によって設定された返済期間と返済回数があります。この返済回数(返済期間)によって金利が加算されていくので、「自分がどのペースで完済できるか」を把握しておくことも大切です。

返済期間

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

キャッシング時の金利比較と同じく、そのキャッシングの返済期間にも各金融機関によって設定されたタームというものがあります。つまり、「○回払いで完済することによって、その返済期間が金融利用日数に加算される」という仕組みになっており、その金融利用日数の間は必ず「金利が加算される」という方式になっています。

そのため、「なるべく早期に完済すること」が必要で、早期に返済できればできた分だけ、キャッシング(返済時)に支払う金利も安くなります。多くの金融機関ではこの返済期間を「1回返済」から「24回返済」として期間を設け、その返済プランは利用者に任されます。

利息をシミュレーションしてみよう

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

一般的に多くの大手金融機関では、「キャッシング時(借入時)の限度額に相当する金利(利息)をシミュレーションできるソフト」を各ホームページに用意してくれており、そのシミュレーションソフトを利用して「自分が実際に借入する場合の金利を計算すること」ができます。

借入金額/ボーナス返済時の割合(○%)/金利(○%)/返済方法/金融機関利用日数(返済期間)

上記の項目がまず用意されており、借入金額を入力し、「計算する」というアイコンをクリックするだけで「自分が実際に返済するべき金利と合計返済額」が算出されます。この機能を利用することによって「限度額(借入金)」と金利の比較を行なうことができ、さらに他社金融とのキャッシング時の金利比較も可能となります。

キャッシングサービス比較

キャッシングサービス比較を検討する場合には、一般的に「カードローンとキャッシング時の金利比較」や「ナビキャッシング」で検討できる金利比較などがよく利用されていますが、つまりキャッシングサービスの比較を行なう際にも、「借入金と金利の比較」と「キャッシング(借入時と返済時)のスムーズさ」が注目されることになります。

「入用のときにすみやかにお金を借りたい」というのが一般的に求められる希望であるため、まずキャッシング時に必要なのは「金融機関の利便性」となります。たとえばカードローンとキャッシングの場合では「返済方法」が違い、そのため実際の金利比較も異なります。

海外でも使える

海外旅行をするときなどには「行った先でキャッシング(借入や現金化)ができるか」という疑問をふと湧くことがあります。この場合でもVISAカードやクレジットカードを持参することでキャッシング化することがスムーズにでき、どこへ行っても日本で住む場合と同じように快適な旅行をすることができるようになります。

一般的に海外旅行時に持参するおすすめのクレジットカードとしては、楽天プレミアムカード、MUFGカード、学生専用ライフカード、三井住友VISAカードなどであり、特にキャッシング時のキャッシュバックが優れている点や、どこでもスムーズにキャッシングできる全国共通のキャッシュカードである点が強みになります。

審査が早い

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

金融機関を利用する場合には一般的に「信用審査」というものがあり、これは「その利用者にお金を貸してもきちんと返済してくれるかどうか」という信用に関する書類と、「その利用者が間違いなく手続き書類に記載された本人かどうか」を確認する本人情報に関する書類の手続きが必要になります。

最近の金融機関ではほとんどがこの審査を迅速に行なってくれますが、その審査のスピードにもそれぞれの金融機関同士で差があります。

アコムやアイフル、プロミスの場合は最短で30分ていど、モビットの場合は10秒簡易審査があるのでそれに見合ったスピード、レイクALSAでは近日中など、それぞれの金融機関によって異なります。

自分がキャッシングする場合は、まず各金融機関によって設定された金利を比較して把握しておき、その上でこの審査のスピードも視野に入れておくとよいでしょう。

キャッシングと金利比較を正確に把握しましょう

大手キャッシングサービスの金利比較表と利息計算方法を紹介!

いかがでしたか。今回は「大手キャッシングサービスの金利比較表|カードローン利息計算方法」と題して、「大手キャッシングサービスの金利比較表」についての詳細情報をご紹介しました。

キャッシング(借入・返済)というのは各金融機関によって設定された金利によって変動し、その金融機関の利用日数や残高額などによっても、その後の返済額が大きく変わる場合があります。そのため、自分に無理のない返済プランを立てることが大切で、その上で各金融機関によって設定された金利の比較をすることが必要です。

どこのカードローンを利用しようか悩んでる方に!

ここまで記事を読んんでも結局どこを利用しようかまだ悩んでいるあなたに編集部からのおすすめをご紹介します。大まかにどこを利用するかの判断基準は金利か審査スピードになるかと思いますので、この2つでおすすめを紹介していきます。

金利で選ぶなら楽天銀行

金利で選ぶなら楽天銀行がおすすめです。まずは金利の比較表を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

ご覧のように、楽天銀行の上限金利が一番安くなっています。借入金額にもよりますが、100万以下であれば14.5%が適応されます。

30日以内に返済できるという方

仮に、「30日以内で返済できてしまうよ」という方にはアコムがおすすめです。アコムは初回のお客様に限って無利息期間を設けています。なので30日間以内であれば金利が0%になります。

無利息期間はプロミスなどにもありますが、アコムは即日振込も対応しているので評価が上がっています。

審査スピードで選ぶならアコム!

アコムの審査スピードは最短30分です。プロミスも最短30分ですが、アコムの方が評価が高い理由としては即日振込がある点です。審査が通っても融資までの時間が長ければあまり意味がないと考えるからです。そこできになるのがアコムの振込までのスピードですが、インターネットからの申し込みの場合、最短1分でお振込が完了します。それではいつ申し込みしたら良いのでしょうか?下記をご覧ください。

金融機関曜日受付時間振込目安
楽天銀行の口座月曜 〜 日曜・祝日0:10 〜 23:50申し込み後、約1分
ゆうちょ銀行以外の銀行口座月曜 〜 金曜9:00 〜 14:30申し込み後、約1分

楽天銀行の口座をお持ちの方は基本的にはいつ申し込んでも約1分後には振込をしてもらえます。ゆうちょ銀行以外の口座をお持ちの方であれば、9:00 〜 14:30の間に申し込みをすれば1分後には振り込んでもらえる可能性があります。

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方に関しては1分後に振込みされない可能性が高いです。ゆうちょ銀行の口座に対する振込実施目安は下記を参照してください。

曜日受付時間振込目安
月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃

関連記事

最新の記事