Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

車のローンが払えない時はどうなる?絶対に知っておくべき対処法を徹底解説!

車を購入する方の多くは、購入時ローンを組むことでしょう。しかし、中には車のローンが払えなくなってしまう方も多くいます。ローンの支払いをしないと車の引き上げや最悪売却されてしまうこともあります。そこで今回は、車のローンが払えない時の対象法について解説していきます

自動車は家と同様、人生において最も重要な買い物の一つです。また、長く使用するものであるため自動車を購入する際はローンを組む方がほとんどです。

しかし、中には「車のローンが払えなくなった」「車を引き上げられそう」などといった人も少なくありません。

自動車ローンを滞納し続けてしまうと、車を引き上げられ、最終的には売却させられてしまう可能性があります。

そこで今回は、自動車のローンが払えない時の対処法について解説していきますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

1分でわかるこの記事の要約
  • 車のローンが払えない場合、最悪車の引き上げや売却がされてしまうことがある。
  • 車のローンが払えないとわかったら、まずはローン会社に相談しよう。
  • ローンの引き落とし日には間に合わないけど、すぐに収入が入るという方はカードローンがおすすめ。
  • 自動車ローンを組む時は必ず自分の返済プランにあったものを選ぼう。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

\ 1番人気のアコムの詳細を見る /

車のローンが払えなくなったらどうなる?

車のローンが払えなくなったらどうなる?

まずは早速、自動車のローンが払えなくなり、滞納し続けてしまうとどうなってしまうのかを解説していきます。

催促の電話やハガキが来る

車のローンが引き落とされなかった場合、引き落とし日から数日以内に催促のハガキが郵送されます。引き落とし日に口座の残高がないという事態は珍しくはないので、この段階であればさほど問題にはなりません。

しかし、催促のハガキが届いてから数週間経っても引き落としがされなかった場合は、電話で再度されることになります。深刻な事態を避けたいのであれば、この段階で支払いを済ませておくことをおすすめいたします。

車が引き上げられる

2回目の催促を受けてもなお、引き落としがされなかった場合、電話での催促が来るのに加えて引き上げの勧告がされるようになります。引き上げとは、ローン会社に一時的に車を預かられることを言います。

この勧告を無視してしまうと、引き上げの日程を約束させられてしまいます。この勧告までの期間は、引き落とし日から約1ヶ月後とされていますが、「◯◯日までには確実に振込ができます」と言い切ることができれば引き上げの日程を引き伸ばしてくれることもあります。

引き上げの日程までにお金をできなかった場合は、その時点で車を差し押さえられます。

最終的に車の売却がされる

先ほども言いましたが、引き上げはローン会社が一時的に車を預かっている状態です。つまり、完全に車を売却される前に延滞した分のお金を払うことができれば、車を取り戻すことができます。

しかし、引き上げから売却までの猶予は10日ほどとなっており、それまでにお金を用意できなければ車は売却されてしまい二度と車が戻って来ることはありません。

また多くの場合、売却された金額がローンの全額に達することがなく、車がなくなってからも借金を返さなければならない事態に陥り、返済する金額も延滞金が付与されることによって膨大な金額になってしまいます。

さらに、自動車ローンも他のローン同様、支払いを滞納し続ければ信用情報に傷がついてしまう可能性があります。信用情報に傷がつけば、今後ほかのローン審査に影響を及ぼします。

このような事態を避けるためにも、支払い期限はしっかりと守る、もしくは最初の催促の時点で支払いを済ませておくことが重要です。

\ 1番人気のアコムの詳細を見る /

車のローンが払えない時の対処法

ここまで、車のローンが払えないと最悪車を売却されてしまうため、早めに支払いを済ませておくことを言いましたが、「そもそもお金がないんだからどうしようもない!」と考える方もいることでしょう。

そこで続いては、車のローンが払えない時の対処法について解説していきます。

ローン会社に相談する

車のローンが払えない場合、まずは払えないとわかった時点でローン会社に相談することをおすすめいたします。

車の引き上げは、ローン会社にとっても最終手段として行われます。人手や費用が必要になる方法よりもほかの方法で支配を済ませる方が双方に取っても都合がいいです。

そのため、ローン会社では「ローンの組み直し」の相談を受け付けています。現時点でローンの支払いが厳しいと感じたら、返済期間を引き延ばし少しづつ支払えるようなプランにできないか掛け合ってみましょう。

返済期間が伸びれば、当然それだけ関西までの期間が延び、払わなければいけない利子も増えます。ですが、無理のない返済計画を立てることが第一です。今後のためにも催促を無視することは絶対にせずに相談することを心がけましょう。

車を売却する

もしローン会社に相談しても支払いの目処が立たない場合、引き上げられる前に早めに車を売却してしまうのも検討すべき一つの手です。

当然ですが、車は使用すればするほどその価値や売却時の値段が下がってしまいます。結局売却されてしまうのであれば少しでも高い値段で売却をしてしまう方が良いでしょう。

カードローンで払う

「ローン引き落とし日には間に合わない、けどカードローンの返済期限には収入が入る」「とりあえずその場を凌ぎたい」と考えている方は、カードローンで一時的にお金を借りて支払いを済ませてしまう方法をおすすめいたします。

大手消費者金融のカードローンであれば、条件次第で即日融資を受けることも可能なので、お急ぎの方でも利用しやすいです。

おすすめはアコム

大手消費者金融の中でも、おすすめするのが「アコム」です。トップのシェア率を誇り、さまざまな層から支持されているので、初めて消費者金融で不安な方も安心して利用することができます。

またアコムでは、初回利用の方を対象に最大30日間無利息キャンペーンを実施しているので、「ローン引き落とし日に間に合わないけど、すぐにお金を返すことができる」という方は金利を抑えて利用することができます。

他にも、スマホやパソコンでいつでも申し込みができたり、女性専用のカードローンがあったりと、多くの方が利用しやすいサービスを提供しています。

最短30分で審査を完了することもできるので、「いますぐ申し込みを済ませたい」という方は以下の公式ホームページから申し込みを行いましょう。

\ 1番人気のアコムの詳細を見る /

自動車ローンの種類について

ここまで、車のローンが払えない時の対処法について解説してきましたが、そもそも車というものは決して小さな買い物ではありません。

払えなくなる状況になる前に、ローンを組む際は、必ず自分に合ったものを慎重に選ぶ必要があります。

そこで続いては、車のローンの種類について解説していきますので、これから車の購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

銀行の自動車ローン

自動車ローンの中でも多くの方が利用しているのが、銀行系の自動車ローンです。メガバンクや地方銀行など幅広い銀行が自動車ローンを提供していることから、多くの方が利用しやすいのが特徴です。

また、他の自動車ローンよりも比較的金利が安い傾向にあり、条件次第では金利優遇を受けられるメリットもあります。

しかし、銀行系の自動車ローンは審査が厳しく、保証料やその他手数料がかかることもあるので「時間や手間がかかっても金利をお抑えたい」という方には銀行系の自動車ローンをおすすめいたします。

信販会社の自動車ローン

もう一つ、自動車ローンとして主流なのが、信販会社の自動車ローンです。信販会社は車の販売業者と提携している場合も多く、銀行系よりも柔軟な対応ができるケースがあります。

また、銀行系の自動車ローンよりも審査通過率が高い傾向にあり、手続きの手間も少ないので、勤続年数など審査項目に自信がない方は信販会社の自動車ローンをおすすめいたします。

信販会社の自動車ローンはローンが組みやすいことが特徴ですが、その反面、比較的金利が高目に設定されていることが多いです。

その他のローン

車を購入する方の中には、フリーローンを利用する方もいます。フリーローンは銀行、信販会社、消費者金融などでも提供しており、それぞれで金利の額も異なるので利用の際は必ず確認しておきましょう。

また、銀行系のフリーローンの中には、金利が比較的低く、審査通過率も高いものもあるので、一つの選択肢として検討しておくのも良いでしょう。

\ 1番人気のアコムの詳細を見る /

車のローンが払えない事態にならないよう、購入は慎重に

いかがでしたでしょうか。今回は車のローンが払えない時の対象法などについて詳しく解説してきました。

車のローンが払えないと、車の引き上げや、最終的には売却されてしまう可能性があります。対処法としては、車のローンが払えなくなるとわかった時点で、「まずはローン会社に相談をする」「早めに車を売却してしまう」「アコムなどのカードローンを利用して一時的に支払いを済ませる」などがあります。

どちらにせよ、一度組んだローンは最後まで完済しなければなりません。これから車の購入を検討する方は、必ず返済に無理のない範囲でローンを組むようにしましょう。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

関連記事