Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月26日

Amazonの代引き料金が支払えない!!いますぐ知っておきたい3つの対処法!

インターネットの通販サイトで買い物をする際、「代引き」を利用する方も多いと思います。しかし、中には「代引きの料金が支払えない」「注文した商品がいらなくなった」という方も少なくありません。そこで今回は、代引き料金が支払えない場合のリスクや対処法について解説します

最近では、Amazonやzozotownなどインターネットで買い物をする方が老若男女問わず多くいますが、そんなネットショッピングには「代引き(代金引換)」という支払い方法があります。

荷物が届いてから現金で直接支払いができる便利さから「代引き」を利用する方が多くいますが、中には「お金を使いすぎて代引き料金が支払えなくなった」「注文した商品がいらなくなった」という事態に陥ってしまう方も少なくありません。

もし、代引き料金が支払えない時は配達員の方に後日改めて配達してもらうか、カードローンなどを利用する方法をおすすめいたしますが、「面倒くさいから居留守を使おう、、、」「受け取りを拒否しちゃえばいいや」と考える方もいます。

しかし、受け取り拒否や無視は絶対にやってはいけません。

では、代引き商品を拒否してしまった場合はどうなってしまうのでしょうか。今回は、代引き料金が支払えない場合のリスクや対処法について徹底解説していきます!

1分でわかるこの記事の概要
  • 荷物の受取拒否や無視をしてしまうとブラックリストに登録・最悪の場合裁判に発展する可能性も
  • 身に覚えのない商品が届いたら「代引き詐欺」の可能性があるので注意!
  • 代引き料金が支払えない場合は、「配達業者と相談する」「支払い方法を変更する」「カードローンを利用する」などしよう!
  • 代引きで注文する際は、当日にしっかり料金が払えるかどうか確認しよう!

\ 1番人気のアコムの詳細を見る /

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

代引き商品の受け取りを拒否した時のリスクやデメリットは?

代引き商品の受け取りを拒否した時のリスクやデメリットは?

代引き料金の支払いができないとわかった際に、「商品が届いても受け取らずに無視しとけば大丈夫だろう」と思う方も少なくありません。

実際、「配達の際に外出をしていて荷物を受け取れなかった」というケースもあるので、その際は不在票や配達業者からの電話連絡に対応することができれば大丈夫です。

ですが、なんの連絡もなしに受け取り拒否や無視をし続けてしまうと、配達業者から「悪質な客である」と判断されてしまいますので、無視だけは絶対にやめましょう。

ブラックリストに載ってしまう

もし、代引き料金を支払わなかったり、宅配便の催促を無視し続けた場合、販売元会社、Amazonやzozotownなどのショップに「ブラックリスト」として登録されてしまう可能性があります。

各ショップやサイトによっても対応が異なりますが、一度ブラックリストに登録されれば、そのショップを利用することができなってしまいます。

そうなる前に、しっかりと支払いができる状況を作っておくことが重要です。

裁判になってしまう可能性もある

受取拒否や無視をし続けると、場合によっては販売元の会社から裁判を起こされてしまう可能性があります。

もし注文した商品が食品であった場合、受取拒否から販売者の元に送り返す間に賞味期限や消費期限が切れてしまい、再度販売が不可能になってしまうこともあります。

その場合、販売者側は損失を与えられたとして商品の弁償や損害を理由に裁判を起こすことがあるので、代引き料金が支払えないとわかった時点で、早急に配達業者・販売者に相談をしておきましょう。

身に覚えのない荷物には注意!代引き詐欺には気をつけよう!

ここまで、購入者が受け取り拒否をし続けた場合のリスクについてご紹介しましたが、他にも購入者が気をつけておくべきことに「代引き詐欺・送りつけ商法」があります。

代引き詐欺とは、被害者に代引きで商品を無断で送りつけ、その商品の料金を払わせるという詐欺行為です。

家族で住んでいる方などが狙われやすく、「注文した覚えのない商品が代引きで届いた」「つい支払いを済ませて開封してしまった」という方は、すぐにショップのカスタマーセンターに連絡して対応してもらいましょう。

\ 1番人気のアコムの詳細を見る /

代引き料金が支払えない時の対処法3つ!

ここまで、代引き料金を支払うことができなかった場合のリスクについてご紹介してきましたが、中には「ブラックリストや裁判は嫌だけど、どうしても支払うことができない、、、」という方もいるでしょう。

そこで次では、代引き料金が支払えない際の対処法についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

対処法1:配達員と相談して後日配送をしてもらう

もし代引き料金の支払いが困難になってしまった場合は、受取拒否や無視はせずに配達業者に後日改めて配達してもらうように相談をしましょう。

配達業者には「保管期間」というものがあり、その期間中であればいつでも再配達を行ってくれますので、それまでには商品の代金を用意しておきましょう。

また、配達業者によっては「保管期間」を数日間延長することが可能なので、もしお金を用意するのに時間がかかってしまう場合は、事前に連絡をしておきましょう。

保管期間について

配達業者と言えば、「ヤマト運輸(クロネコヤマト)」や「佐川急便」、「日本郵便」などさまざまですが、保管期間に関しては、どの配達業者も初回配達日から最大7日間に設定されています。

・佐川急便

第7条(保管期間)
営業所における荷物の保管期間は、初回配達日から起算して7日間とします。

2 営業所における保管期間を超えた場合、営業所で荷物を保管していたとしても、お客様に荷物をお渡しできないことがあります。
3 営業所における保管期間の延長はできません。前項の保管期間を経過した荷物は、佐川急便(飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便)約款第十三条の規定に基づき、荷送人様の指示に従い処分します。

出典: http://www.sagawa-exp.co.jp/ouketori/ |

・ヤマト運輸(クロネコヤマト)

第8条(保管期間)
受取指定場所における荷物の保管期間は、次の各号に掲げるとおりとします。
(1)受取指定場所が営業所の場合:受取可能日から1週間
ただし、宅急便コレクトについては、荷物が送り状に記載されたお届け先住所を担当する営業所に到着した日から1週間とします。
(2)受取指定場所が受取窓口店又は指定ロッカーの場合:受取可能日から3日間
2.前項の保管期間は、納品完了通知メール等でお知らせします。なお、保管期間を延長することはできません。

出典: http://www.kuronekoyamato.co.jp/webservice_guide/kiyaku_u... |

・日本郵便

7日間になります。7日間以内に受取人に配達できない場合は、差出人に返送されます。

出典: https://www.post.japanpost.jp/question/620.html |

対処法2:支払い方法を変える

代引き料金の支払いができなくなってしまった場合「支払い方法を代引き以外に変える」という対処法もあります。

支払い方法はショップやECサイトによっても異なりますが、代引き以外にも「クレジットカード払い」「コンビニ支払い」などがあります。

クレジットや、コンビニ支払いであれば配達日当日に現金で支払う必要がなくなるので、手持ちにお金があるときに支払いをしやすくなります。

ECサイトは数多く存在しますが、今回はその中でも業界トップのサイト「Amazon」、学生をはじめとした若い世代に支持されている「zozotown」の支払い方法についてご紹介していきます。

Amazonの支払い方法について

Amazonを利用する際に選択できる支払い方法は以下の通りになります。

・コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
・代金引換
・クレジットカード
・分割払い・リボ払い

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?no... |

Amazonでは、代引き以外にもコンビニ支払い、クレジットカードでの支払いが選択できるので、もし代引きでの料金が支払えないようでしたら、これらの方法で支払いを済ませるのが良いでしょう。

ただしコンビニ支払いの場合、お支払い番号が発行されてから6日間の間に支払いを済ませないとご注文が自動的にキャンセルになってしまうので注意しておきましょう。

zozotownの支払い方法について

zozotownと言えば、ファッション通販サイトの中でも業界トップの実績があり特に若い世代に人気のサイトですが、お支払いには以下の方法があります。

・代金引換
・クレジットカード
・デビットカード
・コンビニ決済
・ツケ払い
・LINE Pay・Amazon Pay

出典: https://zozo.jp/_help/default.html?cid=9 |

zozotownには、代引き以外にもさまざまな支払い方法がありますが、その中でもzozotown特有の支払い方法として「ツケ払い」があります。

ツケ払いは、商品注文後から2ヶ月以内であればいつでも支払いをすることができるサービスで、「今月お金を使いすぎて金欠、、、」「欲しい服があるけど来月まで待てない!」という方におすすめできます。

対処法3:カードローンを利用する

代引き料金が支払えない際の対処法の一つとして「カードローンを利用する」という方法があります。

「金融機関からお金を借りるのは気が引ける、、、」という方もいると思いますが、これからご紹介する消費者金融は、どれも賃金業法のもと運営をしている大手なので、初めて消費者金融を利用する方でも安心してお金を借りることができます。

おすすめカードローン1: 「アコム」

初めてカードローンを利用する方であれば、まず「アコム」をおすすめいたします。

アコムは、148万人の顧客を抱えており、現状で国内最大手の消費者金融であると言われています。

また、アコムでは初めて利用する方を対象に最大30日間の無利息サービスを展開しているので「金利が不安」という方でも、すぐにお金を用意することができれば金利なしで利用することができます。

申し込みもWEB完結で簡単に行うことができ、審査も最短30分・早ければ即日融資も可能なので急な出費にも対応することができます。

定期的な収入があれば学生や主婦の方でも利用することができるので、「Amazonの代引きで商品を注文したけど支払えなくなってしまった」という方はぜひ一度アコムの利用を検討してみてください。

おすすめカードローン2:「プロミス」

「プロミス」は、アコムやアイフルと並ぶ大手消費者金融です。利用者数は100万人とこちらも安心・信用して利用できる金融であることが伺えます。

プロミスの最大の特徴として。最大金利17.8%と他と比べて低いことが挙げられます。消費者金融を初めて利用される方の場合、基本的に最大金利が適用されることが多いので、「少しても金利を抑えたい、、」という方にはプロミスをおすすめすることができます。

また、プロミスの審査時間は最短30分で、三井住友銀行かジャンパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば審査通過後、最短10秒で融資を受けることができる「瞬フリ」といサービスを利用することができます。

おすすめカードローン3:「アイフル」

テレビCMでもおなじみの「アイフル」ですが、こちらもアコムやプロミス同様、最短30分で審査を終わらせることができ、初めての利用を対象に最大30日間の無利息サービスを展開している大手消費者金融です。

また、条件を満たすことができれば即日融資も可能なので、「明日商品が届くけど代引き料金が支払えない、、、」という場合にも利用しやすいです。

さらに、アイフルは女性向けの商品「SuLaLi」を提供しており、借入限度額は10万円、毎月返済金額は4,000円と無理のない返済プランを立てることができます。

女性専用のカードローンでオペレーターも全て女性で構成されているので「男性の対応が苦手」「小口の融資を受けたい」という方におすすめすることができます。

\ 1番人気のアコムの詳細を見る /

代引き料金の支払いは計画的に!

いかがでしたでしょうか。今回は、代引き料金が支払えない場合の対処法などについて解説を行ってきました。

お金が払えないからといって受取拒否や無視をしてしまうと、ショップのブラックリストに登録され、最悪の場合裁判に発展する可能性があります。

ですので、料金を支払えないとわかった段階で配達業者に連絡して配達日を遅らせてもらうか、カードローンを利用して一時的にお金を借りるなどの方法を取りましょう。

また、代引きを利用する際は、商品を注文する前にしっかりと支払いができるかどうかを確認し、安心して商品を受け取れるようにしておきましょう。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

関連記事