Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月06日

カードローンの返済ができないときの対処法・リスク・相談先

借り入れの際には返済計画を立てますが、中にはその返済計画通りに返済ができない状況になってしまう人もいます。ですが、返済するお金がないからといって、返済しないわけにはいきません。では、返済ができない状況に陥ってしまった場合はどのような対処をすれば良いのでしょか?

カードローンの返済ができないときの対処法

カードローンの返済ができないときの対処法・リスク・相談先

カードローンで借り入れを行うと、当然ながらそのお金に対して返済を行わないといけません。しかし、借り入れを行う際には返済計画を立てますが、中にはその返済計画通りに返済ができない状況になってしまう人もいます。

ですが、返済するお金がないからといって、返済しないわけにはいきません。では、返済ができない状況に陥ってしまった場合はどのような対処をすれば良いのでしょうか。また、返済できない状況にときにはカードローン会社は土嚢ような対応をしてくれるのでしょうか。

電話で相談

返済日にどうしても返済することができない事情ができてしまったり、転職などによって今月は無収入になってしまうために返済ができないなどの理由で返済を少し待って欲しいという状況が発生してしまうことがあります。

このような場合はまず、利用しているカードローン会社に電話をして相談しましょう。返済を少し待って欲しいというだけの状態であれば、返済日を延長してもらったり、数ヶ月間は利息のみの支払いだけにするなどの対応を取ってもらうことができることがあります。

返済できないからと、カードローン会社からの連絡などを放置してしまうと信用を落としてしまう可能性があるので、なるべく早くに相談するようにしましょう。

借り換え

返済の件数が複数あったり、その借り入れの額が大きくなってしまって返済ができなくなってしまうという人もいます。このような場合には、早急に返済計画を見直す必要があります。

返済計画を立て直す必要があります。返済計画を立て直す方法の1つとして、借り換えをするという方法があります。アコムやアイフルなど、カードローン会社によっては借り換え専用のローンが用意されているところがあります。

条件によっては、これらのサービスに借り換えをした方が良い場合もあります。ただし、審査や借り換えをしない方が良い場合などもあるので、まずはカードローン会社に問い合わせをして、相談してみると良いでしょう。

カードローンの返済ができないときのリスク

カードローンの返済ができないときの対処法・リスク・相談先

カードローンの返済ができない状況に陥ったときは上記などの方法で対処しないといけません。しかし、中には返済することができないからと、カードローン会社からの連絡などを避けたりして何の対処もしないという人もいます。返済ができないことに対して何も対処しなければ、相応のリスクを負うことになります。

遅延損害金

カードローンの返済ができないときの対処法・リスク・相談先

返済日までに返済ができないことを電話でカードローン会社に相談しておけば、何らかの対処をしてもらえる場合があります。しかし、相談せずにカードローン会社からの連絡にもオプジなかった場合には、返済が遅れた分だけ遅延損害金が発生してしまう可能性があります。カードローンの遅延損害金利率では20%の金利が付くことが多いです。

なので、返済を放置すればするほど、本来の返済額よりも支払う金額が大きくなっていってしまいます。

金融事故・ブラックリスト

返済をせずに放置するということは、返済の延滞をしている状況になります。この延滞が2、3ヶ月を超えてくると、長期延滞として信用情報機関に金融事故の記録が残ってしまいます。いわゆるブラックという状態です。

ブラックリストとして記録が残ってしまうと、カードローンなどの審査の際に著しく不利な状況となってしまいます。

督促

返済日に返済が行われていないと、返済の確認を兼ねて、カードローン会社から連絡などによる督促が始まります。まずは電話で返済日のことを忘れていないかを確認されたり、返済できるのであればいつまでに返済をするのかなどの確認をされることになります。もし、カードローン会社からの連絡を無視し続けると督促状が郵送されてくるようになります。

法的手続き

督促も無視し続けると、カードローン会社から法的手続きを取られてしまう可能性があります。まずは裁判の続きが行われます。明らかに返済をしない方が不利であるため、たいていは裁判所から返済するように命じられることになります。

このあとも返済をしなければ強制執行によって、財産や給与などが差し押さえられてしまいます。

カードローンの返済ができないときの相談先

カードローンの返済ができないときの対処法・リスク・相談先

カードローンの返済ができなくなってしまったときには返済計画を見直す必要があります。しかし、本人だけで返済計画を見直すことには限界があります。本人の返済能力が明らかに不足しているような状況では、自分だけは解決できないため、必ずどこかに相談する必要があります。

借入をした会社

先に述べた通り、返済ができない状況になってしまった場合はすぐに利用しているカードローン会社に連絡をする必要があります。カードローン会社に相談することで、しばらく利息の支払いだけで対応してくれたり、借り換えなどの関する返済に対する情報をもらったりすることができます。

弁護士

カードローンの返済ができないときの対処法・リスク・相談先

カードローン会社に返済を待ってもらっても、返済できる状況に至らず、どうしても返済ができないという状況に陥ってしまう人もいます。そのような場合は、弁護士に相談するという方法もあります。

弁護士に相談することで、債務整理を行うことができます。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産があります。どの方法が適切であるかを判断して実行することができます。

それぞれリスクを背負う必要はありますが、返済の負担を減らすために非常に有効な手段の1つとなります。

弁護士への相談の仕方

弁護士に相談しようとしても、どのようにすれば良いかわからないという人は多いです。また、弁護士に相談するにもお金がかかってしまいます。相談だけであればそれほど高額な費用は発生しませんが、返済ができない状況に陥っている人にとっては、大きな負担となってしまうこともあります。

そのような場合には、まず近くの法律事務所のホームページを見てみましょう。法律事務所によっては初回相談無料や、相談内容によっては相談無料などと記載されていることがあります。

また、住んでいる地域の市役所のホームページなどでも法律無料相談について記載されている場合もあるので、これらの無料相談を利用してみると良いでしょう。

無理をせずにまずは相談する

カードローンの返済ができないときの対処法・リスク・相談先

返済計画通りに返済できなかったり、収入の環境が変わってしまうことで返済できない状況になってしまったりすることがあります。このような場合には、自分だけで解決しようとせずに、まずはカードローン会社に相談するようにしましょう。

返済できない状態になっていることを伝えると、いろいろと対処をしてもらえる場合があります。対処してもらっているうちに、返済計画や環境を整えることができます。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事