Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月02日

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

クレジットカードが払えない、そんな状況に陥ったらどうしますか。クレジットカードでショッピングをしていて、つい自分が考えていた以上の額を使っていた、そんな時クレジットカードが払えないことになります。クレジットカードが払えないとどうなってしまうのでしょうか。

クレジットカードが払えない!?どうなる?

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

社会人なら1枚か2枚はクレジットカードを持っていることでしょう。現金主義だ、と言って持っていない人もいます。

ただ、銀行の口座を作る際に一緒にクレジットカードを作りませんかという勧誘などもあり、クレジットカードが手元にあるというケースも珍しくありません。

クレジットカードは手元に現金がなくてもショッピングができる大変便利なカードです。しかしクレジットカードで使ったお金は、引き落とし日に口座から引き落とされます。

この際、クレジットカードの金額が払えない場合どうなるのでしょうか。クレジットカードをよく使う人は必見の記事です。

信用情報に傷がつく

口座の残高不足によりクレジットカードのお金が引き落としできなければ、翌日にはクレジットカードの機能が停止します。つまりクレジットカードが使えなくなります。

その後、支払い遅延期間が長引けば、信用情報というものに傷がつきます。この信用情報に傷がつくと、住宅ローンや自動車ローンの審査にとおらなくなります。

身近なところでいえば新しいスマートフォンに買い替えようと考えても割賦購入できません。

信用情報がブラックになる

クレジットカードの金額を払えず、一定期間滞納した場合、信用情報に傷がつくだけでなく、ブラック化してしまいます。俗に言うブラックリストに載ってしまいます。

このブラックリストに載ってしまうと、およそ10年前後は消えませんから、将来的なリスクがあるということを覚えておきましょう。

クレジットカード利用額が払えない場合すべきこと

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

では信用情報に傷がつかず、ブラックリストに載らないためにも、クレジットカードの利用額が払えない場合にするべきことはあるのでしょうか。

何か手段があるのであれば、最善策をとっておきたいところです。考えてみましょう。

クレジットカードの請求額はいくら?

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

まずクレジットカードの請求額を明らかにすることが先決です。クレジットカード会社によっては、いつ払ってもらえるのか、という催促の電話をする事態まで状況悪化した場合には、クレジットカードを利用停止、そして即強制解約することもあります。

ですからまずは自分からクレジットカード会社に連絡を取り、いくらの請求額があるのかを知ることが第1です。

クレジットカードをあとからボーナス払いにできるか

クレジットカードの利用額が払えない場合、あとからボーナス払いにできないかどうか確認しましょう。そしてボーナス払いにできるのなら、変更してもらいましょう。

ボーナス払いにはボーナス一括払いとボーナス二括払いという2種類の方法があります。一括払いの場合、基本的に手数料はかかりません。

ボーナス二括払いとは

ボーナス二括払いの場合、手数料がかかり、実質購入金額の1.5%の手数料がかかると考えておいたほうが良いでしょう。ボーナス二括払いは夏のボーナスと冬のボーナスを使って返済する方法です。

クレジットカードの利用額を払えない場合に、あとからボーナス払いで対応してもらえるのであれば、ボーナス時に返済していくことができますから、ぜひ頼んでみましょう。

クレジットカードが払えない場合分割払いへ変更は?

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

クレジットカードの利用額が払えない場合、あとから分割払いとして払えない分を払うことはできるのでしょうか。その変更を確認しておきましょう。

払えない場合ブラックリストに載ってしまう前に、クレジットカード会社に連絡をして、あとから分割で払えない分を分割払いできるかどうか確認しましょう。

手数料が高い分割払い

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

しかし分割払いにも注意が必要です。クレジットカードの分割払いは金利手数料が非常に高いです。払えない分を払おうと考えていても、安いカードでも8%の手数料がかかり、高い場合は18%も金利手数料がかかります。

ただ、払えない利用額をそのまま延滞してしまうより、分割でもよいのでコツコツ払っていくほうが良いので、あとから分割払いにできるのであれば、分割払いにしてもらうほうが賢いです。

払えない分はあとからリボ払いに変更可能?

支払えないクレジットカードの利用額を、そのまま延滞してしまうと大変なことになります。では払えない分の金額はどう払えばよいのでしょうか。

クレジットカード会社に連絡をして、あとからリボ払いにできないかどうか確認してみましょう。

クレジットカードのリボ払いにすると、払えない額も、少額ながらも払っていくことができます。リボ払いの特徴とはどのようなものがあるでしょうか。

払えない時に使おう!リボ払い!でも手数料に注意

払えない時に使いたいのがリボ払いです。しかしリボ払いは手数料が必要になります。クレジットカード会社によりますが、標準では年に15%もかかります。

適応される利率方式は元利定額リボ払いというものが基本となっており、その方式はクレジットカード会社が決めています。

クレジットカードを使い過ぎて今月払えないという状況に陥った払い、自分の会社はボーナスも出ない、でもこのまま延滞すると差し押さえなど大変なことになるのなら、払えない状況をなんとかしたい、そう考えるのが人間の常です。

そんな時は手数料がかかっても良いのでリボ払いで払えないかクレジットカード会社に連絡を取りましょう。音信不通になってしまうのが最もいけないことです。

それでも払えない!そんな場合はお金を借りよう!

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

上記述べてきた対策で、それでも払えない、払えない額だ、という場合はお金を借りるしか手段はありません。払えなければ自分の信用にも傷がつきますし、払えないままだと今後日常生活で困ることになりかねません。

そこで最終手段としてお金を借りるという方法を取りましょう。では誰からどうやってお金を借りれば良いのでしょうか。

知人からお金を借りるとどうなる?

知人や友人からお金を借りるという方法があります。ですが、この場合の知人や友人は本当に仲の良い、信頼のできる知人や友人でなければお金を貸してもらうことはできないでしょう。

信頼のおける、親友と呼べる知人や友人に連絡を取ってお金を工面してもらえないかどうか頼んでみましょう。ただし親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、借りたお金はしっかり返すことが前提です。

踏み倒しなどはもってのほかです。借用書を作り、返済が終わるまで知人に預けておきましょう。

あまり返済が遅れるのも知人や友人関係の間にひびが入る原因の1つになりますから、借りたお金は早めに返すように、借りる際にいつまでに返すということもしっかり伝えておいたほうが良いでしょう。

カードローンを使うとどうなる?

クレジットカードの利用額が払えない、そんな場合はカードローンを使うという手段もありです。カードローンは安定した収入がある人ならキャッシングが可能なので、ぜひ活用しましょう。

それでとりあえずのクレジットカードの支払いを済ませましょう。クレジットカードの支払いが終われば、今度はカードローンでキャッシングした額を返済していくことになります。

初めてカードローンを使う人は、大手のカードローン会社なら無利息期間というものを設けている場合も多いため、それを利用して無利息期間内に返済してしまうと良いでしょう。

難しければ返済期間を延ばすことも可能です。なるべく金利の低いカードローンでお金を借りて、月々の返済金額も低めに設定すれば生活していけないことはないでしょう。

今月だけ!金欠回避のための金利の低いカードローン

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

今月だけ払えない、今月だけピンチだ、そんな場合は金利の低いカードローンがおすすめです。友人や知人に気を使ってお金を借りるよりはずっと気楽にキャッシングすることができます。

払えないなら借りて払いましょう。しかし借りた分はしっかり返済もしましょう。そのためには金利が低いカードローンを選ぶのが正解です。

今月少し足りない、払えない場合に味方になってくれるのがカードローンです。実はカードローンを利用している人の多くは、生活費が払えない、足りない場合に少額借り入れていると言います。

年率18%のカードローンで例えば1万円キャッシングしたとしても利子は月に150円程度です。そう考えるとイメージしているよりは借りやすいでしょう。

払えない状況を何とかしたいのなら、金利の低いカードローンを利用するのも1つの手段です。

継続的に払えない!と感じたらどうする?

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

月々の返済もできない、継続的な返済が難しい、そんな時はどうすれば良いのでしょうか。切羽詰まってカードローンでキャッシングし、その返済に他のカードローンでキャッシングしたお金を返済にあてるなど、借金地獄に陥る前になんとか回避したいところです。

継続的に支払いをすることができない場合はどのような対策があるでしょうか。

まずは弁護士に相談すること

継続的に払うことができない、そう感じたら、すぐに弁護士に相談をしましょう。弁護士費用が払えない、という人もいますが、弁護士はそれは承知で話を聞いてくれます。

弁護士は長年払い続けてきた借金の過払い金の有無を調べてくれますし、専門的なことは全て引き受けてくれますから、とりいそぎ弁護士に相談すれば、催促の電話はストップします。

あとは弁護士をつうじてのやり取りになりますから、非常に精神面でも負担がなくなります。過払い金が出れば、そこから弁護士費用を払うことができますし、プラスになる可能性もあります。

月々の返済がどうにも工面できないのであれば、まずは専門家へ相談してみましょう。

最終的には債務整理を

借金が手の付けようがなくなってしまった場合、弁護士に依頼して債務整理をしてもらいましょう。債務整理は借金問題を解決することが可能です。

合法なので、こそこそ生活する必要もありませんし、職場にも堂々と出勤することができます。家族に全く迷惑をかけないわけではありませんが、かける迷惑は最小限です。

債務整理をすると完全に借金問題を解決できます。

債務整理の種類

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあります。それぞれメリットやデメリットがありますが、最後に触れた自己破産では完全に借金がなくなります。

自己破産では必要最低限のもの以外全て失ってしまいますが、99万円までなら財産を持ったまま破産でき、その後得た財産は自分のものになります。

自己破産は世間一般でイメージされているよりデメリットは少ないです。

クレジットカードが払えない場合は緊急処置を!

今月のクレジットカード請求が払えない!?払えない際の対処法

いかがでしたか。さまざまなケースをあげてきましたが、あなたはクレジットカードを使い過ぎてピンチに陥ったことはありませんか。

そんな時にはカードローンに頼るのも良いでしょう。毎月のお給料で返済できる金額しか借りないのであれば、それほど返済に苦しむことはないでしょう。

それよりも払えないからといって音信不通、逃げてしまう方がもっとたちが悪いです。使った分はしっかり払い、借りた分はしっかり返済することを覚えておくと、お金の流れもスムーズになります。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事