Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月09日

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードは公共料金の支払いやショッピングでの利用など、とても役立つアイテムです。しかし、計画的に利用せず支払いが多くなると滞納してしまうことがあります。クレジットカードを滞納した場合、どのような事になるのか考えてみましょう。

クレジットカードの滞納は1ヶ月でもアウトになる!

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードの滞納は、うっかり入金を忘れてしまうことや少額の残高不足で振替できないことがあります。クレジットカードの支払が遅れると、どのような事になるのでしょうか。

電話をする

クレジットカードの支払いを滞納してしまうと印象が悪くなります。入金を忘れてしまったら、まずはカード会社に連絡をしましょう。支払の方法を教えてくれるでしょう。そして、少額の残高不足で引き落とされない場合もあります。その場合は気が付くのが遅くなるケースが多いので、案内状が送られてきたら早めに入金をしましょう。

再引き落とし日

クレジットカードの支払いを滞納してしまうと、再引き落としがかかります。案内状に記載されていますので、その期日まで入金を済ませましょう。カード会社によっては、即日引き落としをしてくれる所もあります。毎日引き落としを行っており、指定の時間までに入れればその日のうちに処理されます。

配偶者などへの影響

クレジットカードの支払いを滞納しても家族への影響はありません。あくまでカードの名義になっている契約者に宛てて通知がきます。信用情報に傷が付くのは本人のみなので安心しましょう。

ただし、未成年の人が滞納をすると親権者同意の下作成しているので、親権者宛に通知が送られるでしょう。学生や大学生の人は気を付けましょう。配偶者の場合は直接的に影響はありませんが、家族カードを作る時には審査がとおらなくなる可能性があります。結婚前に金融事故をおこしていたら、必ず前もって報告をして情報を共有しておきましょう。

クレジットカードの支払いを滞納した時の対処法

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードの支払いを滞納した時は、そのまま放置せず速やかに対応をしましょう。慌てないために、対応のやり方を覚えておきましょう。

銀行振り込み

うっかり入金を忘れてしまった時は、カード会社に連絡をしてから銀行振り込みをすることができます。少しでも早く入金をしたい人は、この方法がベストでしょう。電話で振込口座を確認してから窓口やATMで振込みます。

コンビニ等で支払い

カード会社の中には、コンビニや銀行窓口で支払える用紙を送ってくる所もあります。その用紙に書かれている期日まで入金すれば問題ないでしょう。好きな時間に振り込みができるのでとても便利です。

クレジットカードを滞納するとどうなる?

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードの支払いを、長期的に滞納しているとどうなのるのでしょうか。金銭的に余裕が無くなった時は、どのようになるのか見ていきましょう。

差し押さえまでの流れ

クレジットカードの支払いを滞納して1~3日で利用制限がかかります。しばらくすると、カード会社からハガキなどの通知が送らて来ます。案内を受け取って、10~14日後に再度引き落としを行います。この時、口座にお金があると自動的に支払いが済まされ再度使用可能になるでしょう。しかし、残高が不足していると督促状などのお知らせを受け取ることになるでしょう。

3週間から1か月位すると電話連絡があり、この頃から強制解約期間に入ります。その後、支払いができない状態になると、約2か月ほどで自宅に債権回収業者がやってきます。

クレジットカード強制解約の通知

滞納期間が長いと自宅に督促状が届きます。それでも支払えない時は、強制解約通知が届きます。これは、カードの会員資格の取り消しで金融事故として扱われることを示したものです。手持ちのカードは使用することができなくなり、しばらく他のカード会社とも契約ができません。

信用情報機関には「異動」というマイナスな記録が残ってしまいます。今後、何かしらのローンを組むときには、最低でも5年は審査にとおらなくなり強制解約になったローン会社とは二度とローンを組めないでしょう。

また、各クレジットカード会社には、信用情報機関のデータとは別に社内だけのデータ管理システムがあります。そのデータには長期的に記録される事になるでしょう。

裁判になることも

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードを強制解約された後も滞納を続けていると、未払い金はカード会社から債権管理回収に委託・譲渡されます。この時点で回収会社とのやり取りに変わり、電話や訪問で督促してきます。

最悪の場合、裁判になるケースもありますが、これはよっぽど悪質でない限りあり得ません。口座凍結や財産差し押さえなど、多くの情報を目にしますが一般的には考えにくいでしょう。裁判になる前に、任意整理や特定調停を行うケースがほとんどなので、長期的に滞納をしている人は、専門家に相談をしてみましょう。

万が一、裁判などで法的措置がとられると、銀行口座の差し押さえになるので会社に影響がおよびます。このような事を防ぐには、強制解約になる前に支払いを済ませることです。早めに支払うことで会社に知られる事は無いでしょう。

信用情報にどんな影響があるのか

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードの支払いを滞納すると、信用情報に影響を及ぼします。信用情報に残る金融事故のケースをご紹介します。

滞納の履歴

クレジットカードの滞納記録はCICに5年間残ります。この期間に、車のローンを考えたり住宅購入を考えると審査にとおらない可能性が出てきます。

ブラックリスト

金融業界にはブラックリストと呼ばれるものは存在しません。クレジットカードなどの滞納を一定期間してしまうと、金融事故として扱われ信用機関に記録されます。このような金融事故の情報をブラックリストと呼ばれています。

クレジットカードの滞納をすると、信用情報機関にデータとして残り5年間保存されます。5年のうちに車のローンを組んだり、他のクレジットカードを発行する時は審査がとりいにくくなるでしょう。

あくまで信用情報機関に記録されるのは、長期的滞納や滞納常習者なので、一度だけ入金を忘れたくらいでは残りませんから安心しましょう。

滞納してしまった時の対処法

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードの支払いを滞納してしまった時は、早めに対処すると良いでしょう。対処法は多くありますから一番ベストな方法を行いまいましょう。

カード会社に連絡

クレジットカードの支払いを滞納してしまったら、まずはカード会社に連絡をしましょう。特に、手元にあるお金が不足している時はすぐに支払ないので、その事をカード会社に伝えると良いでしょう。悪質なカード会社でない限り、今後の支払いについて相談に乗ってくれるでしょう。

そして、支払額に無理がある場合は、内容を見直してもらいましょう。月々の返済金額を下げてもらうとか、一括請求で無理な金額は分割やリボ払いに変更してもらいましょう。確実に支払える返済方法を考えることで、今度の滞納は防げるでしょう。

知り合いに借りて返済

クレジットカードの支払いを滞納してしまったら、返せる目途があるなら知り合いに相談をしてみても良いでしょう。親や親族に相談できるなら、借りて支払いをする考え方もあります。

知り合いや頼れる身内がいない時は、自力で何とかするしかないので、働く時間を増やして収入をアップさせることです。収入を増やすことで返済能力が上がりますから、滞納することがなくなるでしょう、

弁護士に相談

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

多くのクレジットカードやローンカードを利用していると、ある時支払いが困難になる時があります。滞納が続くととても危険な状態になり、借金で借金を返すことになります。手遅れになる前に弁護士に相談をすると良いでしょう。

弁護士に相談するのは、金銭に困っている場合は無料で相談できる所がほとんどです。着手金などの心配もありますが、手元にお金が無いことを知っているので無理の無い方法で考えてくれます。

そして、支払い能力が無い人でも利用できる法テラスが利用できるケースもあるので、一度弁護士事務所に相談してみましょう。

債務整理

クレジットカードの支払いなど、多くの借金があると支払いが困難になってきます。滞納が続くと精神的にも負担になりますから、早めに弁護士に相談をして債務整理をしたほうが良いでしょう。

任意整理や自己破産といった債務整理で、一度リセットして再スタートすることができます。特に自己破産は多くの情報によって、自己破産をすると人生が終わると勘違いしている人がいます。自己破産は簡単に考えることではありませんが、多くの財産を所有していたり、贅沢三昧の暮らしをしている人でない限り、大きく生活を変えることなく再スタートができます。

闇金で借金をするよりもはるかに良い方法なので、クレジットカードで多重債務に苦しんでいる人は債務整理を考えてみましょう。近くに弁護士事務所が無い人は、市役所などで行われている弁護士さんに相談してみると良いです。第三者の目線でアドバイスをしてくれるので利用しやすいでしょう。

カードローンで一本化

カードローンで一本化する方法は、おまとめローンと呼ばれる商品を利用して借り換えする方法です。おまとめローンは、銀行系と消費者金融系があり多重債務者に人が多く検討しています。

おまとめローンのメリットは、よく検討をしてから利用すれば、毎月の返済額を抑えられて、総支払額も減ることがあります。シンプルな返済計画になるので、先行きの見通しが良くなって返済意識が高まる効果もあります。複数のクレジットカード支払いをしている人は、一本化する方法もあるでしょう。

一本化するのにおすすめのカードローン

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

一本化できるカードはとても多くの種類があり悩みます。正直な所、全員が満足するカードローンはありません。自分にあったカードローンは限度額や、借入方法、近所にATMがあるかなど、利便性も重視する必要があります。生活スタイルに合ったカードで、金利負担が減って総支払額が減るのかなど、よく考えてから申し込むと良いでしょう。

一本化できるカードローンは、都市銀行の他に地方銀行やネット銀行、郵貯、イオン、消費者金融系があります。例えば、土日の審査を求めるなら、三菱UFJ銀行の「バンクイック」があります。口座不要で申し込めますから比較的利用しやすいでしょう。

また、融資のスピードを重視するなら、消費者金融系の「アコム」です。融資までの時間が短くクレジットカード兼用のローンカードがあります。早い人は1時間ほどで融資ができるカードです。

クレジットカードの支払いは遅れずに

クレジットカードを滞納するとどうなる?|差し押さえや裁判の実情

クレジットカードの支払いを滞納してしまうと、1回くらいなら大きなダメージはありませんが、常習化するととても大きなペナルティになることがわかりました。クレジットカードは計画的に使い、キャッシングを利用する時は支払う能力があるのかを検討してから借り入れをしましょう。

滞納金が支払えなくなると、カードローンを作ることになり一気に借金が増えてしまいます。お金を借りる時はしっかり計画を立てて、返済シュミレーションをしてから行動しましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事