Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月25日

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

SMBCモビットで借入ができない状態になる原因は、いくつか存在します。その原因は、いずれも理屈的なことですので、利用者側に問題があるケースがほとんどです。そのため、早めに気付いて対処をすれば、SMBCモビットで借入できない状態を解消できる可能性があります。

SMBCモビットで借入ができないケースと対処法!

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

SMBCモビットで、どうして借入ができない状態になってしまうのか。そのケースと、ケースごとの対処法を確認しておきましょう。

限度額上限

借入は「限度額上限に達すると、借入不可状態」になります。これはSMBCモビットに限らず、どの貸金サービスでも起こります、「限度額上限に達する」の意味は「借入金額が予め指定した借入限度額になっていること」で、契約の際に「この金額まで借りることができますよ」と提示されたの金額分(限度額)を既に借入しているということです。

「自分がどのくらい借入をしているのか・あとどのくらい借入できるのか・限度額」は、会員ページにて確認することができます。確認をした結果「限度額は残っているけど借入ができない」場合には、磁気不良の可能性があります。

磁気不良が原因であれば、SMBCモビット担当者に電話をすることで改善してもらえます。ただし、限度額まで借入していないはずなのに「限度額の表示が0円」になっている場合は、原因推測をする必要かあるため、改善までに時間を要します。

返済の遅れ

返済が遅れると、SMBCモビット側は「貸したお金が帰ってこないかもしれない」という不信感を抱きます。返済の遅れによる借り入れ提示に関係しているのはSMBCモビットの利用状況と返済状況だけでなく、他者の返済状況も関係します。

利用状況に特別な問題がなく、返済が少しの遅れたくらいであれば、「返済できない」旨を伝える連絡をすることで、対応はしてくれるでしょう。返済状況と利用状況に問題が見られた場合には、利用停止の措置が取られる可能性が高くなります。

返済の遅れで借入できない状態になった場合、解除する方法は「返済する」その1つだけです。不要な物を売ったり、日給のバイトをするなどを行う必要があります。「返済できない」から「借入できない」ことに悩むよりも、今できる対処を考えましょう。

ブラック化

ブラック化は「借入に関する信用情報が良くない内容であるために、借入できない状態」を意味します。ブラック化に至るまでには、金融事故と呼ばれるトラブルを起こしているはずです。

金融事故に当てはまるトラブルは、「他会社で長期的な返済の遅れがあった・スマートフォンやクレジットサービスの強制解約・賃貸の強制退去・自己破産」です。いずれかの金融事故を起こしているとブラック化しますので、SMBCモビットの借入できない状態になります。

金融事故の情報が信用情報から消えるまでには、5年かかります。つまり、金融事故を起こしてから5年以上経っていれば、ブラック化にならない可能性が高いということです。

属性変更

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

属性変化とは、「お金の動きに関した情報(属性)の変化」を指すことが多いです。収入・就職先・勤務形態などの収入に関した情報や、他者の借入状況が含まれます。「契約時は勤務していたけど今は無職」などの属性変化は、仕事をしていない=収入がない=支払い能力が低下するとみなされるため、借入できない状態になることがあります。

書類不備

SMBCモビットに申し込みをする際は、書類の提出が必要になります。インターネット上で入力する場合は、その入力内容が書類と同じ扱いになりますが、書類を提出する申し込み方法もあります。

どちらにしても、誤った内容になっている場合は、SMBCモビットでの借入ができない状態になります。故意的なものでなかったとしても、審査に必要な情報に誤りがあれば、信用性が失われてしまいます。入力・記入の内容は嘘偽りなく、よく確認してから提出しましょう。

契約書類

SMBCモビットは、審査の終了と同時に借入可能になりますが、契約手続きが省かれるわけではありません。契約が完了しないと限度額0円のままになるため、借入できない状態になります。そして、契約完了まで借入できない状態が続きます。

審査が終了した後日に、郵送で契約内容確認書類が届くため、内容を確認する→サインをする→返送するといった流れを行います。返送してから約2日以内には、契約手続きが完了します。契約手続き完了の通知が来た時点で、限度額までの借入を行えるようになります。

SMBCモビットが借入不可!具体的なケースと対策

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

SMBCモビットは、借入に関する判断をリアルタイムで行っています。借入に関する判断に含まれることは、借入停止と利用停止についてです。

リアルタイムで行うことで、借入に際して問題が起きた時に、すぐ対処されるようになっています。つまり、SMBCモビットが提示する問題に触れた場合には、すぐに借入停止・利用停止になり得るということです。

SMBCモビットが提示する問題に触れないこと、すなわち普通に利用していれば借入停止・利用停止になることはありません。では、借入停止・利用停止になってしまう理由はなんでしょうか。故意的ではなくても、SMBCモビット側としては問題になることを起こしてしまう可能性もあるため、確認しておきましょう。

債務不履行

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

債務不履行、すなわち「長期滞納」のことです。債務不履行になる期間の目安は「数か月」で、数ヶ月も滞納状態が続くと債務不履行と判断されて、借入できない状態になります。

債務不履行の情報は、SMBCモビットだけでなく、他社も含まれます。つまり、他社で債務不履行があった場合には、SMBCモビットの借入できない状態になる可能性があるということです。

債務不履行が解消されていも、事実の程度が重い場合には、ブラック化になり、5年以上は金融機関から借入できない状態になります。長期滞納をしないように、計画的な借入を行いましょう。

総量規制

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

総量規制とは「貸金業から利用者が借りられる分(借入総額)は利用者本人の年収3分の1以内に制限する」という、貸金業法による原則規制のことです。総量規制の対象は「個人向けの貸付」であり、「借入した個人」が対象者になります。

1つの会社ではなく、借入を行っている会社全てを含めて計算します。ただし、ショッピング利用のキャッシングは割賦販売法が適用されるため、総量規制は対象外です。

計算をした結果に借入総額が年収の3分の1を超えた場合、SMBCモビットでは法令違反として借入できない状態になります。しかも法的な話が関わることから、モビット側も対応が早く、即日借入停止対応で法令順守をしてきます。

この件に関しての通知義務は、SMBCモビットにはありません。利用者が借入をしようとした時に初めて、できない状態になっていることに気付きます。早いうちに、キャッシング枠の減額申出や解約を行いましょう。

虚偽申告

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

虚偽申告は、「申込内容(本人確認書類や収入証明書などの情報)が事実とは違っている」ことを言います。事実と違う情報があると、借入できない状態になります。情報内容に変化があった時には、忘れずに変更をしましょう。故意的なものではなく、単に忘れていただけでも、虚偽申告になってしまう場合があります。

年齢

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

SMBCモビットは、満70歳になると新規借り入れができなくなります。このような年齢による借入の決まり事は、SMBCモビットだけでなく、ほぼ全ての消費者金融が定めているものです。

申込前に読むことができる資料にも、満70歳からは新規借入ができなくなる旨が書かれています。「貸金業からの借り入れは満69歳まで使用可能、満70歳からは使用できない」ということを踏まえて、利用しましょう。

SMBCモビットで不可の時におすすめカードローン

借入できない状態になる前に対処法を行えば、解決できることがほとんどですが、「既に借入ができない状態でどうしようもない」場合もあります。その時には、「借り換え」を行う人が多いです。借り換えとは「他社から借り入れして、別の借り入れの返済資金にすること」です。

SMBCモビットであれば、「他社から借入したお金をSMBCモビットの返済にあてる」ということになります。借り換え時は、金利引き下げの相談が可能な金融機関もあります。また、大手では無利息期間を提供していることもあります。無利息期間を利用すれば、借り換え時の負担が少し減ります。

また、借入できない状態になる前に、借り換えを検討する人もいるそうです。それでは、SMBCモビットが借り入れできない状態になり、借り換えを考える時におすすめなカードローンをご紹介していきます。

SMBCモビット借入できないなら!アコム

アコムは大手であり、広く知られている消費者金融会社と言えます。最大金利に関しては、SMBCモビットも変わりなく18.0%ですが、無利息期間・即日融資・審査などの面で利点があります。

無利息期間は、契約日から30日間です。即日融資には条件がありますが、即日融資できる可能性は低いものではありません。審査は最短30分で、土日も対応してくれます。

借り入れを必要としている中で、SMBCモビットの借り入れできない状態が発覚した時、それが土日であってもアコムなら審査可能です。また、即日融資もありますし、契約日から30日間は無利息で借り入れができるため、借り換えの際にも助かるでしょう。

最大金利が少し低い!プロミス

プロミスもアコムと同様、大手の消費者金融会社です。SMBCモビットと比較すると、プロミスはかなり規模が大きく、それほどの利用者がいるということになります。

最大金利は17.8%で、SMBCモビットやアコムよりも低めです。無利息期間や審査に関してはアコムと似たり寄ったりで、プロミスには30日間の無利息期間があり、即日融資できる可能性があります。無人契約機を利用すれば、土日でも即日融資できます。

SMBCモビットが借入不可?正しい契約・利用を!

SMBCモビットで借り入れができない原因と対処法|限度額上限/返済の遅れ

SMBCモビットが借り入れできない状態になる原因は、限度額上限・返済の滞納・債務不履行・総量規制・虚偽申告・属性変更をしていない・書類不足・契約書類を返送していない・ブラック化など、理屈が通る内容となっています。

返送していない・限度額上限に達している・磁気不良などはブラック化につながることではありませんが、返済の滞納(長期滞納なら債務不履行)・属性変更をしていない(虚偽申告になり得る)・総量規制などで問題があると、ブラック化する可能性があり、5年間は金融機関のどこからも借り入れできない状態となります。

正しい使い方をしていれば、借り入れできない状態になることはありません。SMBCモビットは「お金を貸してくれるサービス」ですので、信用性がないと取引は打ち切られます。偽りなく、正しく、無理なく利用しましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事