Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月13日

おまとめローンの仕組み・メリット・デメリット|借り換えとの違い

複数から借り入れを行っている人、毎月の返済がきつくなってきた人は一度は「おまとめローン」の利用をおすすめされたり、利用しようと考えたことがあるのではないでしょうか?おまとめローンの仕組みやメリットデメリット、審査で重視されるポイントを紹介!

おまとめローンの仕組みはどうなってる?

おまとめローンの仕組みはどうなってる?

消費者金融などが実施しているおまとろローンという仕組み、どんなものかご存じですか。今回の記事では、このおまとめローンの仕組みやメリット、デメリットについて紹介します。複数からの借り入れで返済に困っている方、おまとめローンの利用を悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

借入先を1社にする

複数の借り入れ先からお金を借りている人は、返済先が複数で期日も複数なため、管理が大変だったりします。しかも、返済が万が一遅延すると信頼情報が悪化する可能性もあります。おまとめローンの仕組みは、そういった複数の借り入れ先を1社にまとめてしまうことで返済しやすくする、といった仕組みになっています。

金利が安いところから借りて、他のは返済する

おまとめローンをする場合、多くのケースで金利が安くなるようになっています。これは、借り入れ金額が多ければ多いほど金利が低くなるという仕組みによるもので、1社にまとめるおまとめローンでもこの仕組みが適用されます。金利が低くなれば、実際に返済する金額も減らすことが可能です。

おまとめローンを選ぶときは、金利がいくらになるか計算してもらって安いところから借りるようにすると利用者の得になる仕組みになっています。

おまとめローンの仕組みから分かるメリットは?

おまとめローンの仕組みから分かるメリットは?

では実際に、おまとめローンの仕組みを利用することで得られるメリットについて紹介します。

返済額を減らすことができる

複数から借り入れを行っている場合、例えば10万円を4社から借りていると10万円の最低返済額×4社分となります。しかしおまとめローンの仕組みを利用してまとめると、40万円借り入れの最低返済額での返済として計算し直されます。

10万円の借り入れの返済と40万円の借り入れの返済では10万円の方が月の最低返済額は少ないですが、10万円×4社分と40万円では40万円1つの方が最低返済額は少なくなるという仕組みになっています。このため、おまとめローンの仕組みを利用することで毎月の返済額を減らすことが可能となっています。

返済日が統一される

上でも紹介したように、複数からの借り入れでは返済日も複数存在します。遅延することは個人の信用情報が悪くなるという仕組みがありますので、そのような危険をなくすためにも、返済日を忘れないためにも返済日を統一することは意味があります。

利率が下がる

消費者金融や銀行のカードローンでは、少額の借り入れよりも多額の借り入れの方が金利は低いという仕組みになっています。そのため、少額の借り入れを複数返済するよりも、おまとめローンを利用して多額の借り入れ1つにした方が、利率は下がる仕組みです。利率が下がることで、全体の返済額も減らすことに繋がります。

おまとめローンの仕組みから分かるデメリット

おまとめローンの仕組みから分かるデメリット

おまとめローンの仕組みや、そこから確認できるメリットについて紹介してきました。しかし、おまとめローンの仕組みにはまったくデメリットがないということではありません。おまとめローンを利用することでデメリットが起こるケースもあるため、そのことについて紹介します。

金利が安くならないこともある

複数から少額の借り入れを行うよりも、おまとめローンで1つで多額の借り入れを行った方が金利は安くなる仕組みがあるという紹介をしました。しかし、おまとめローンをした時に金利がそれほど安くはならないといったケースも存在しています。それは「貸し倒れリスクの高さ」に由来しています。

複数の会社から借り入れを行い、その返済に困っているという人は「多重債務者」と呼ばれます。この多重債務者は返済が滞ることもあるため、貸倒れのリスクが高いと判断されることがあるためです。そうなると、金利は高めに設定される可能性が高くなります。

おまとめローンでは金利が安くなるという仕組みだと聞いていたのに、思ったよりも安くならなかった、という人は貸し倒れになる危険があると判断されたため、高い金利で貸し出されているのだと考えられます。

おまとめローンの利用をした方がよい人とは?

おまとめローンの利用をした方がよい人とは?

おまとめローンのメリットやデメリットについて紹介してきました。実際におまとめローンを利用した方がよい人というのはどういう人なのか、解説します。

消費者金融を複数利用している人

貸金業法の消費者金融で少額の借り入れを繰り返し、複数を利用していて自分でも全体像をよく把握していない人です。こういった人は返済日も忘れることがあってトラブルになったりすることもあり、また複数を少額で利用していることで無駄に高い金利を支払っている可能性があります。おまとめローンを利用することで、返済額を減らすことができる可能性が高い人です。

複数からの借り入れの返済が厳しい人

複数の消費者金融などから借り入れを行い、その毎月の支払いが厳しく難しくなっている人です。複数からの借り入れをおまとめローンで1社にまとめることで、毎月の最低返済額を下げることができるため、結果的に月々の返済額を減らすことができる可能性が高いです。しかし本当に楽になるのかどうか、おまとめローンを申し込む前に相談してみましょう。

おまとめローンの審査は通りにくい?

おまとめローンの審査は通りにくい?

おまとめローンを利用したくても、審査に落ちてしまえば意味がありません。おまとめローンの審査ではどのようなことが重視されるのでしょうか。

安定した収入のある人

おまとめローンの場合、その性質から借り入れ額は多くなりがちです。そのため毎月の安定した収入のない人は審査に落ちやすいと言われています。給与収入や事業収入はそのまま安定した収入となりますが、不動産収入やアフィリエイト、投資による収入や不安定なアルバイトなどは安定した収入とはみなされないことがあります。

返済をきっちり行っているかどうか

これまでの借り入れの返済の期日をしっかりと守り、毎月の支払いを滞りなく行っていると信用度は高いと判断され、審査に通過しやすいとされています。1度も支払い遅延などを起こしたことがないことが理想で、さらに半年以上の返済履歴があるとよいでしょう。できれば1年くらいは欲しいところです。

勤続年数1年以上

勤続年数が短い人は、安定した収入があってもそれが続くかどうかは分からないといった判断をされることになります。そのため、おまとめローンの場合は最低でも1年は勤続年数があった方がよいでしょう。

おまとめローンと借り換えの違い

おまとめローンと借り換えには違いがあります。それはおまとめローンが複数社からの借り入れを1つの会社にまとめるのに対して、借り換えは1つの会社から借りている場合でも金利の安いローンに借り換える、というように使うことができます。借り換えの目的やメリットは、金利を安くすることでありおまとめローンとは少し違います。

メリット、デメリットを考慮して利用しよう

メリット、デメリットを考慮して利用しよう

おまとめローンにはメリットだけがある訳ではありません。デメリットの部分も理解した上で、きちんと確認してから利用するようにしましょう。また、おまとめローンの審査で重視される項目についても紹介しています。これから申し込みたいという方は、こちらのポイントを参考にして申し込んでみてください。

おまとめローンは、その仕組みをしっかりと把握することでお得に利用することができます。上手く利用できれば毎月の返済額を減らせることもあるので、生活が楽になることもあります。計画的に利用していきましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  即日融資希望で /

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事