Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月18日

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ・審査の基準・申込方法

横浜銀行のカードローンの増額方法をご存知でしょうか。横浜銀行は横浜周辺で人気の銀行です。カードローンの増額方法はとても簡単なのですが、その審査方法の全貌は明らかになっていません。今回は分かる限りの審査の流れをご紹介します。

横浜銀行カードローンの増額の申込方法

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ・審査の基準・申込方法

横浜銀行カードローンの増額の申込方法がしれたら、増額をして横浜銀行のカードローンをもっとうまく使いこなせるのに、とおもっているかたもおおいことでしょう。

横浜銀行のカードローンの増額方法は、あまり知られていません。なぜなら、横浜銀行のカードローンは、名前のとおり、横浜近辺でしかほとんど使用されていないからです。そのため、横浜銀行のカードローンは持っていても、その増額方法までは知らない、というかたがおおいです。今回は、そんな横浜銀行のカードローン増額方法を中心に、ご紹介します。

フリーコール

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ・審査の基準・申込方法

横浜銀行のカードローンの増額は、フリーコールで申し込み可能です。

横浜銀行カードローン受付センター・0120-458-014・平日9~20時、土日祝日9~17時(12/31~1/3は休業)

こちらに電話をして、増額したい旨をつたえます。担当者に変わってくれますので、増額したい旨を話しましょう。2018年現在のところ、フリーダイヤル以外での増額方法はありません。

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ・審査の基準・申込方法

それでは、実際の横浜銀行カードローンの、増額審査の流れに添ってご紹介していきましょう。基本的には、とってもシンプルで、かんたんな申し込みで、増額の審査は申し込むことができます。

とくに横浜銀行は、フリーダイヤルで直接担当者と会話をしながら手続きを進めていくことが出きるので、安心して疑問を投げかけたり、説明を聞くことが出きます。それも安心して増額審査を依頼することが出きる理由のひとつでしょう。

担当者に増額申し込み

先にご紹介したフリーダイヤルに電話をします。増額したい旨を伝えると、担当者に変わってくれますので、増額審査を依頼してください。

すると、再度本人確認があります。そして、希望する限度額を伝えて、増額の申し込みをします。

すると審査に必要な事項を再度聞かれたり、提出書類がある場合は、その提出方法などが案内されます。これで審査へとはいっていきます。

審査

申し込みがあると、再度カードローンの審査が行なわれます。もちろん、カードローンの審査なので、詳しい審査状況や、内容は教えてもらえませんが、直近6ヶ月程度の支払いがスムーズだったか、や、収入力など、さまざまな面から借り入れ状況などを審査されます。

電話での結果通知

審査結果は、一定の審査期間をおかれたあと、電話でかかってきます。このとき、増額出きる場合は増額の金額を提示されますので、それで成功したか、審査が通らなかったかどうかが分かります。この電話で、増額が出きたかどうかが、わかるようになっています。

そして、最後に「利用限度額の設定」をおこないます。提示された金額を利用限度額に設定するのかどうかを決めて、担当者に依頼をします。それが完了したら、横浜銀行のカードローンの増額の手続きは終了です。

横浜銀行カードローンの増額審査の基準

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ・審査の基準・申込方法

横浜銀行カードローンの増額審査の基準は、いったいどのような審査基準なのでしょうか。おおやけにされることがまずない審査基準ですが、一般的に考えたとき、どこの借り入れ業者や銀行でも同じ審査基準である場合があることがあります。

今回は、それらをかんたんにご紹介していきます。少しでも参考にしてみてください。以下の条件をクリアしていれば、いくらかは、カードローンが借り入れしやすい状況になることでしょう。

信用度

まずは、信用度です。カードローンの審査基準なので詳しくは公にされていませんが、まず、大切なのは、おくれること無く返済をしていっているか、ということです。これは収入に関係なく、とても大切なことです。

何度か遅れて返済をしていると、横浜銀行のカードローンの増額に、大変フリになってきます。また、カードローンを作ったばかりでは、その実績がないため、カードローンを作ってすぐの増額申請は、非常に通りにくいです。

利用状況

続いて、返済能力とおなじくらい大切なのが、利用状況です。よく言われているのは、直近約6ヶ月(半年程度)の利用状況を見直しされるということです。

どの程度の頻度で、何円程借りていくのかなどによっても、増額をする基準がもうけられています。横浜銀行は審査が厳しいので、どのような利用状況だったら通りやすいのかは公表されていませんが、使い過ぎていてもダメだし、使っていなさすぎても、増額の必要性は無いと判断されてしまいます。

他社借入状況

他社借入状況も横浜銀行のカードローンの審査の大切な審査基準となってきます。

他社借り入れが二社以上あると。「多重ローン」といってどこの会社でも銀行でも、借り入れることがむずかしくなってきます。そのため、横浜銀行も例外ではないでしょう。これも公表されていることではありませんが、銀行系カードローンという時点で、多重ローンは審査の足を引っ張る物だと意識しておいた方が良いでしょう。

また、他社借り入れがある人は、返済能力の低下を意味しているとされ、「返済能力が無いため貸し付けも出きない。」とみなされます。

横浜銀行カードローンの増額審査に通らなかった時

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ・審査の基準・申込方法

横浜銀行のカードローン増額手続き審査に通らなかった場合、どうすればいいのか、戸惑う方や困ってしまう方もいらっしゃることでしょう。そんなとき、いったいどうすればいいのか、逃げ道をご紹介します。

おすすめのカードローン

三井住友銀行グループのSMBCモビットであれば、「三井住友銀行」のATMで借入すればATM手数料無料で借り入れることが出きます。つまり増額審査に申し込むのではなく、他社からあたらしく借り入れると即日融資が可能になる、ということです。

これは画期的です。増額審査には長ければ一週間から二週間の期間がかかり、横浜銀行の場合は電話で結果がわかるので、その電話がかかってくるまで気が気きではありません。しかし新しく申し込む方法なら、すぐに借り入れることが可能です。

借り過ぎにはご注意を

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ・審査の基準・申込方法

増額が通ったからといって、カードローンを使い込みすぎるのは注意が必要です。借金は借金です。「首が回らない」なんていう状況に追い込まれるのが、いつか分かりません。そして安易に増額審査を申し込むのもよくありません。

増額が出きてしまったら、いままで使っていなかったのに高額な買い物を楽しんだり、貢ぐことに気軽に使用してしまったりします。それはとても危険なことです。なにか必要が合って増額がしたい、返済能力もきちんとある、返済計画もある、というときは良い手ですが、銀行からの融資だからといって調子に乗ってしまわないようにしてください。

安定して安全に横浜銀行のカードローンを使用してください。きっとステキなカードライフが送ることが出きるでしょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事