Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月15日

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行はメガバンクの1つで、大変多くの方が利用しています。みずほ銀行カードローンは、他金融機関のカードローンと比較しても金利が低く、お得感のあるサービスが魅力だといえます。こちらの記事では、みずほ銀行カードローンでの増額に関する情報をご紹介します。

みずほ銀行カードローンの増額審査の基準

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行はメガバンクの1つで、大変多くの方が利用しています。みずほ銀行カードローンは、他金融機関のカードローンと比較しても金利が低く、お得感のあるサービスが魅力だといえます。

また、みずほ銀行カードローンで増額ができると、その金額によって金利が下がる可能性があります。まずは、みずほ銀行カードローンの利用限度額に応じた金利から見ていきましょう。

利用限度額金利
10万円以上100万円未満14.0%
100万円以上200万円未満12.0%
200万円以上300万円未満9.0%
300万円以上400万円未満7.0%
400万円以上500万円未満6.0%
500万円以上600万円未満5.0%
600万円以上800万円未満4.5%
800万円2.0%

増額審査に通るための3つのポイント

みずほ銀行カードローンでの増額審査を通すためには、いくつかのポイントがありますが、特に重要視されているポイントを3つご紹介します。

①みずほ銀行カードローンの契約後、6ヶ月以上が経過していること
②みずほ銀行カードローンの契約後、一度も返済延滞したことがないこと
③初回審査時から昇給または昇進していること

上記の全てを満たしている方はみずほ銀行カードローン増額審査が通る可能性が高いのですが、1つでも危ない方は審査が通らない可能性があります。また、審査に落ちるだけでなく、限度額が下げられてしまう恐れもありますので、増額申請が慎重に行いましょう。

利用実績が評価されれば増額案内がくることも

みずほ銀行カードローンでの増額審査を通すためのポイントでご紹介した3項目にプラスし、さらに他社からの借り入れがないまたは増えていない方は、みずほ銀行からダイレクトに増額案内が届く場合があります。

増額案内があったとしても必ず増額審査が通るとは限りませんが、利用実績が評価されていることが前提なので、総額審査に通る見込みが高いといえます。

みずほ銀行のATMに増額案内が表示された場合や自宅に増額案内の郵送物が届いた場合には、増額を検討してみるのも良いでしょう。

増額のリスク

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行カードローンの増額審査に通ると、金利が下がる可能性があるというメリットがある一方で、審査から落ちると限度額が減らされてしまうというデメリットもあります。

審査結果で起こり得るデメリットは?

冒頭でもご紹介しましたが、増額審査で利用限度額を上げられれば金利を下げられる可能性が高くなります。たとえば、利用限度額を50万円(年利率14.0%)から300万円(年利率7.0%)にまで増額できると、金利の下がり幅は7.0%になります。

利用額が増えるということは、同時に利息支払い額も増えることになりますが、他金融機関のカードローンから新たに借りるよりも大変お得な利息だといえます。だたし、増額審査に落ちると、利用上限額を減額されたり、場合によってはカードローンの利用停止になるというデメリットも伴います。

しかし、新規契約後に何度も返済延滞している方は、増額審査で限度額を見直されかねません。少しでも思い当たるふしのある方は、新規でカードローンの申し込みをした方が減額される心配は要りません。

みずほ銀行カードローン増額審査の流れ

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行カードローンの増額審査手順は必要書類の提出、保証会社による審査、職場への在籍確認の電話となります。次項からよる詳しく見ていきましょう。

①必要書類の提出

初回契約時に本人確認ができているため、本人確認書類は必要ありません。ただし、利用限度額が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要です。

また、増額審査申請には下記の書類のうち1つが必要となります。
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・課税証明書
・納税証明書

みずほ銀行カードローンでは、確定申告書や給与明細は収入証明書として認めていませんので、ご注意ください。

②保証会社による審査

申し込み時に申告した情報や提出書類を基に、保証会社のオリコが増額審査を行います。審査基準は前述したもので、初回審査よりも強化してチェックされるのは「返済能力」と「返済実績」「収入状況」の3つです。この3つを満たしている方は、増額審査に通る見込みが非常に高くなります。

③職場への在籍確認の電話

みずほ銀行カードローンの増額審査の際は、職場への在籍確認電話が必ずあります。

みずほ銀行カードローンの増額審査にかかる時間

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行カードローンの増額審査は、スムーズに終了するとは限りません。初回契約時とは異なる条件で審査が進められるので、申し込みから結果通知までに最短でも2~3営業日が必要で、長い場合だと1週間以上の時間を要する可能性もあります。「明日までにまとまったお金が必要」という場合には、増額が最適な手段と言えないことも多々あります。

みずほ銀行カードローン増額審査に電話はあるのか

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行カードローンの増額審査には、職場への在籍確認の電話が必ずあります。みずほ銀行カードローンとしては、申請者が「本当に申告した会社で働いているのか」「転職などで収入が減っていないか」を入念に確認する必要があり、書類のみでの在籍確認は原則認めていません。

そのため、増額審査に申し込んだ場合には、勤務先への電話確認に対応できるよう準備を整えておきましょう。

増額審査の限度額の決まり方

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行カードローンでの最大限度額は800万円と記載されていますが、必ずしも申請者全員が800万円まで利用できる訳ではなく、実際に利用できる金額は客観的視点による厳正な審査により決められます。

この審査とは、個人の信用情報や収入状況を基に返済能力を判断する手続きのことです。つまり、限度額は「個人の返済能力に合わせた額」を基に決定されます。

増額審査前に知っておきたいこと

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

増額審査で落とされてしまう方には、5つの特徴があることがわかっています。増額申請をする前に、下記の項目に該当していないかを確認しましょう。

①返済が遅延しがち
みずほ銀行カードローンの返済が遅延しがちな方は増額審査が不利になります。

②他社の借入金額が増えている
他社からの借入金額の増加は返済能力が低いまたは低下していることを意味します。

③収入状況が改善されていない
転職などで年収や雇用形態が悪化したり、勤続期間が短い方は、返済能力が低いまたは低下しているとされます。

④金融事故で信用情報が悪化
他社ローン商品やクレジットカードで、支払いや返済の長期延滞が記録されている方は、審査落ちする可能性が極めて高いです。利用状況が金融事故化し信用情報に登録されるためです。

⑤増額申込時に虚偽申告
収入状況などを故意的に偽ると、増額審査が通過することはありません。

増額に申し込む際は注意も必要

前述した5項目への心当たりがない方も、みずほ銀行カードローンの増額申請をする場合には、申込時に注意すべきことが3つあります。

①希望増額を高く設定しすぎない
増額申請が収入に対して高すぎると、希望の増額をすることができません。場合によっては審査落ちに繋がる可能性さえもあります。

②収入証明書の提出を求められる
50万円超の限度額の増額を申請する場合は、収入証明書を提出することが必須です。

③在籍確認がある
勤務先が変更したり、収入状況が大きく変化した場合などは、会社への在籍確認が生じる可能性が極めて高くなります。

信用されている人だけが増額できる

みずほ銀行カードローンでの増額審査の基準・時間・電話|限度額

みずほ銀行カードローンの増額をする場合には「初回契約から6ヶ月経過していなければ審査に通る見込みはない」「増額するため申し込みから最短で2~3営業日が必要」「昇給や昇進などの収入改善がない場合には審査通過は厳しい」「審査落ちすると限度額が下がるリスクが伴う」ということを理解しておく必要があります。

みずほ銀行カードローンを増額できる方は、正に「選ばれし人の特権」だと言えるでしょう。増額審査という関門さえ通過できれば、低金利で必要なお金を借りることが可能になります。「絶対に大丈夫」という自信がある方は、増額を申し込んで低金利で返済をしていくことをおすすめします。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事