Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

手元にお金がないと言う状況になることはよくあります。このときに、プロミスなどを利用して、その場を乗り切ると言う人もいます。しかし、すでに利用限度額がいっぱいの場合は、増額申請をしないといけません。ですが、当然ながら限度額を増額するには審査があります。

プロミスの増額審査に通るコツ

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

予定よりも出費が多かったときや、急にまとまったお金が必要になったときなどに、手元にお金がないと言う状況になることはよくあります。このようなときに、プロミスなどを利用して、その場を乗り切ると言う人もいます。

しかし、すでに利用限度額がいっぱいの場合は、増額申請をしないといけません。しかし、限度額を増額するには、当然ながら審査があります。審査なので条件を満たしていないと通らないこともあります。

では、プロミスの増額審査を通るためには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?また、増額審査が通らないときはどのようなことが原因となるのでしょうか。

プロミスでの増額審査の基準とは?

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

プロミスに限らず、審査で重要視されるのは信用です。そのため、増額審査の基準は信用を確認するための内容が多いです。

実績

まずはプロミス自体を利用して、延滞せずに返済がスムーズにできている必要があります。返済の延滞があると著しく信用を落としてしまうため、審査が通らなくなってしまう可能性があります。

また、この返済実績を確認するためには半年分ほどの情報が必要になります。そのため、直近の半年の期間のうちに返済の延滞があれば、増額審査が厳しくなります。また、プロミスを利用し始めて半年が経過していない場合も判断材料が少ないという理由から、増額審査が厳しくなることがあります。

返済能力

限度額を増額するということは、それだけの額を借り入れする可能性があるということです。その増額する分だけ、契約時よりも高い返済能力が問われます。プロミスから増額分を補うだけの返済能力がないと判断されてしまうと、増額審査は通りません。

他社からの借り入れ

他社からも借り入れがあった場合は、そちらの返済もしないといけません。なので、プロミスへの返済に延滞がなくスムーズであったとしても、増額することでプロミスの返済にも延滞が起こる可能性が出てくると判断されると増額審査が通らなくなります。

また、他社であっても返済の延滞があれば、それは信用を落とすことになります。単純に複数社からの借り入れがあるということが、信用を低下させているという場合もあります。信用がなければ増額申請を通ることはできません。

総量規制

複数社から借り入れがあったとしても、スムーズに返済ができていれば増額申請が通ることがあります。しかし、スムーズに返済ができていても、総量規制によって増額審査が通らないことがあります。

賃金業法の総量規制によって、個人向けに年収の3分の1を超えて貸付をしてはいけないということが法律によって定められています。年収の3分の1の判断は、プロミスからの1社ではなく、借り入れが複数社ある場合はその合計金額で判断されます。

そのため、プロミスからの借り入れが少額であっても、他社からの借り入れの合計が年収の3分の1を超えている場合は、増額審査に通ることができません。

また、年収の3分の1を超えて貸付を行った業者は違法となるため行政処分の対象となってしまうことがあります。

プロミスで増額できないケース

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

限度額が増額できないということは、上記の増額審査の基準を満たすことができていないと言うことです。では、プロミスでは増額審査の基準を満たすことができないのは、どのような人や場合があるのでしょうか。

増額できない人の特徴

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

限度額が増額できない人は、審査基準を満たすことができない人です。審査基準を満たすことができない人は、信用を得られていない人ということでもあります。では、どのようなことがあると信用が落ちてしまうのでしょうか?

返済実績

先に述べた通り、返済の延滞は信用を落としてしまう定番の行為です。たとえ1日でも返済が遅れてしまうと、記録として残ってしまうので増額審査を考えている人は返済実績に注意するようにしましょう。

金融事故

金融事故を起こしていると、増額審査はかなり厳しくなります。金融事故には債務整理や、強制解約、代位弁済などがあります。これら金融事故の記録は5年から10年は残ることになります。

複数社からの借り入れ

プロミス以外に複数社からの借り入れがある人も審査が通らないことが多いです。先に述べた総量規制が原因となることもありますが、単純に多くの会社からの借り入れがあるという事実が信用を落としているという場合も多いです。

学生の場合

プロミスは学生であっても20歳以上であれば利用することができます。そのため、増額申請をすることもできます。増額申請の審査基準には返済能力があります。

返済能力と言っても、毎月ある程度の決まった額の安定した収入があれば良いのでアルバイトさえしていれば審査が通る可能性はあります。ただし、そのアルバイトで得られる収入に合わせた判断をされるため、審査が厳しくなったり、増額できても少額である可能性があります。

また、アルバイトでも短期バイトや、日雇いのバイトなどでは安定した収入とみなされない場合もあります。

主婦

主婦の場合も学生と同様です。主婦には会社に勤めたりなどしている人もいますが、アルバイトやパートなどをしている人が多いです。増額審査をした場合、このアルバイトやパートの収入によって判断されます。

あくまでも、これらの審査は本人の収入を判断材料とされるため、夫に十分な収入があったとしても審査が通ることはありません。

プロミスの増額申請の方法・流れ・注意点

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

当然ながら、増額申請はプロミスに増額申請を希望していることを伝えないと、その手続きがきません。では、増額申請はどのような方法で行うことができるのでしょうか。また、注意点などはあるのでしょうか。

電話

プロミスの増額申請はフリーコールに電話をすることで行うことができます。電話番号はホームページや資料、チラシなどに記載されています。

電話をかけて限度額の増額を希望していることを担当者に伝えると、その手続きの方法を教えてもらったり、そのまま増額申請の手続きを行ってくれたりします。わからないことがあっても、その場で質問できるので安心です。

ATM

プロミスの自動契約機を使って増額申請を行うこともできます。基本的には手順に従って操作や入力を進めるだけです。しかし、必要書類をスキャンしたりすることもあるので、わからないことがあれば、事前に電話で問い合わせをしたり、店頭にスタッフがいる場合は聞いてみると良いでしょう。

その他

電話や自動契約機以外にも増額申請をする方法はあります。店頭窓口に担当者に増額を希望していることを伝えると、対応してもらえます。わからないこともその場で解決することができるのでおすすめです。

また、店頭窓口に行く時間がないという人はネットを使って会員ページから増額申請をすることもできます。

審査にかかる時間

増額審査は最短で1時間ほどで終わることがあります。しかし、これは条件に問題なく、スムーズに審査が進んだ場合です。また、人によって条件が異なるため、審査に時間がかかることもあります。

また、必要書類が用意できていなかったり、在籍確認が取れなかったりなどすると時間がかかることもあります。なので、ゆとりを持って3日から7日ほどはかかると思っておくようにしましょう。

土日

仕事などをしていると、なかなか時間が取れないという人も多いです。しかし、プロミスのコールセンターや、店頭窓口は平日しか開いていないため、土日に行くことができません。

そのような人は、無人契約機やネットから増額申請しましょう。無人契約機であれば年末年始を除いて、9:00〜21:30まで利用することができます。また、ネットであれば申請は24時間可能です。

他のおすすめのカードローン

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

カードローンはプロミス以外にもいくつか種類があります。プロミス以外でおすすめなのはSMBCモビットです。SMBCモビットは三井住友銀行グループのカードローン会社なので安心感があります。

また、条件さえ整っていれば審査も最短で30分とスピーディーに終わります。また、三井住友銀行、三菱UFJ銀行の口座を持っていて、その他の条件を満たすことができるのであれば、申し込みをWeb完結させることもできます。

信用を意識する

プロミスの増額手続きの流れを解説|審査基準・必要書類・在籍確認

増額申請をしても、審査が通らなければ意味がありません。なので、普段からの返済実績は非常に重要です。しっかりした返済実績を残すためには、無理のない返済計画と、お金の使い方が必要です。お金は賢く使って、必要なときに手元に用意できるように賢く回しましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事