Search

検索したいワードを入力してください

福岡銀行カードローンの増額方法・審査基準・審査にかかる時間

初回公開日:2018年05月25日

更新日:2018年05月25日

記載されている内容は2018年05月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

福岡銀行は地方銀行でもカードローンの申し込みにもメリットがある銀行です。誰にでもまとまった金額が必要なときがあります。福岡銀行のカードローンは頼りになりますが、必要なとき増額ができるのでしょうか。カードローンの増額など知りたいことをご紹介していきます。

福岡銀行カードローンの増額方法

福岡銀行は地元密着型の地方銀行として親しまれています。基本的に福岡銀行では、借り入れ側からの増額希望は受け付けていません。福岡銀行では、銀行から「借り入れ限度額の増額をしませんか」とお知らせが来た人だけに増額が許されます。

福岡銀行だけではなくどこの金融機関でも、定期的にカードローンを利用している人の利用頻度や返済状況を見て見直しを行なっています。見直しを行なったうえで、信用できると判断した人に対して増額のお知らせをしています。

電話

福岡銀行内でカードローン利用者の利用状況と、頻度また返済状況によって限度額の増減を決めます。銀行が信用できると判断した利用者だけに、増額の知らせが電話で行なわれます。電話でカードローン増額の知らせがきたら、すでに審査が終わっていますから即日借り入れができます。

ATM

福岡銀行カードローンの返済をATMで行なっている人には、画面上でログイン後借入額の増額のお知らせ画面がでます。電話でのお知らせと同じで審査が終わっていますから、カードローンの限度額が引き上げられて即日借り入れできます。

福岡銀行のカードローンの増額審査基準

福岡銀行のカードローンの増額審査基準

福岡銀行に限らず銀行は、お客様からお預かりしたお金を融資に使用し利子でもうけをだしています。お客様の貴重なお金を使用しますから、誰でも簡単にカードローンを利用できるわけではなく審査で落ちる人もいます。

初めて福岡銀行のカードローンを利用する人への審査も厳格に行なわれています。経済的に金利を含めた返済が滞りなくできるのか、きちんと審査して決められます。同じようにカードローンの増額も、銀行において承認された人だけにお知らせが届きます。

半年以上経過

福岡銀行のカードローンでも他のカードローンでも、借り入れから半年位一定の期間は増額を行なうことができません。まだ信用できる程の材料に乏しい事もあり、半年はお試し期間と考えてください。その間銀行に対して、誠実にきちんと返済して信用されるようにしてください。

銀行はこの期間に利用者の使用頻度や、返済など情報の蓄積を行なう重要な時期と考えています。増額を考えている人も気にしていない人にとっても、重要な時期ですから気を付けてください。

遅れがない

一番銀行が注視しているのは、返済が滞りなく返済日に行なわれているかということです。福岡銀行にとって一番の問題は、増額して返済がきちんとできる人かどうかです。一度も延滞がなく、返済に問題のない人であることが増額するかしないかの目安となります。

銀行では返済日が一日でも過ぎると延滞とされます。返済日を間違えないように気を付けましょう。

他社借入

延滞せずきちんと返済してくれることに加え、他の金融機関からどのくらいの借り入れをしているかも重要な要素になります。他社からの借り入れ金額が多ければ増額した時に、いずれ返済ができなくなり滞納してしまうといけないからです。

銀行が信頼して貸し付けを行なっていますから、どうしても審査を厳しくする事になります。銀行は慈善事業ではありませんから、貸し付けたら返済してもらわなければ利益がでません。他の金融機関からの借入額も考慮して増額できるかを決めています。

福岡銀行カードローンで増額するデメリット

福岡銀行では、カードローンの増額申し込みを受け付けてはいません。銀行内で今までの信用から、増額できるかどうかの審査を行なって銀行から知らせる方法をとっています。しかし、それを受けてカードローンの増額を申し込んだときメリットもデメリットもあります。では、デメリットはどのようなものがあるのしょうか。

再審査は厳しい

一般的にカードローン増額のための審査には、時間が掛かると言われています。それは、カードローンの増額をしても返済ができるかを厳しく審査するためです。今までの実績を時間をかけて調べ、雇用形態や勤務状態などもう一度考慮して審査します。そのために、カードローンの増額審査は時間が掛かり審査基準も厳しくなります。

収入証明書の提出が必要

基本的に福岡銀行では、利用者からのカードローンの増額申請を受け付けてはいません。ですが、申請のタイミングや担当者との話し合いから増額申請を受けてくれる場合もあります。その際、まず収入証明書の提出を求められます。

増額での限度額にもよりますが、カードローンの限度額が50万円を超えていたら収入証明書類が必要となります。

減額のデメリット

減額のデメリット

カードローンの利用者が、増額申請をして収入の見直しが行なわれた時に減額される危険もあります。年収が増えていたら問題はありませんが、逆に減っていた時には福岡銀行ではカードローンの限度額を減額する事もあります。増額申請を行なう時は気を付けてください。

審査中は追加借り入れができない

福岡銀行だけではありませんが、増額申請中に追加の借り入れをする事はできません。審査が終了して増額が決まった時点で、追加の借り入れができるようになります。審査が終わるまで待ってください。

また、他社からの借り入れを審査中に行なうと記録が残ります。何社も同時に借り入れるのは審査に影響しますから、絶対に知られないとは言いがたいのでやめた方が賢明です。

福岡銀行カードローンで審査に落ちる人の特徴

福岡銀行カードローンで審査に落ちる人の特徴

福岡銀行は大手の都市銀行とは違って、年収ではなく前月のお給料額で審査を行ないます。福岡銀行に口座がなくてもカードローンの申し込みはできます。福岡銀行は意外と甘いと感じる人もいますが、だからと言ってそんなに審査は甘くはありません。

福岡銀行のカードローン審査はSMBCモビットが行なっています。現在そして過去に、モビットとの信頼関係を損なう事があれば審査に落ちる事があります。その他、審査に落ちる人の特徴がいくつかあります。

返済に遅れてた

福岡銀行のカードローン審査に落ちる人の特徴の一つに、返済が遅れがちな人や過去に返済が遅れた事がある人は審査に落ちる確率が高くなります。やはり返済を延滞していると、経済的にも困窮していてカードローンの返済にも困ると銀行は考えます。

過去に延滞期間があっても、ある一定期間きちんと返済できていたら問題はないです。しかし、延滞がちな人は銀行にとって信用が持てない人ということになります。

他社借入金額が多い

借り入れ審査の時に他社からの借り入れが多くある人も銀行の審査に落ちることがあります。金融機関3~4社からの借り入れがある人も銀行のカードローン審査に落ちる可能性が高いです。収入の三分の一が貸し付け額と決められていますが、他社への借り入れが多い人は支払う能力を疑われます。

他社の借り入れが多い人は、福岡銀行のカードローンを申し込む時までにできるだけ精算しておいた方がいいです。

収入状況が改善されていない

福岡銀行カードローンの増額するための審査基準として、返済が滞る事なく行なわれるかが重要な要素となります。収入額に応じて借り入れ限度額が設定されていますので、収入面で不安定な要素があった場合は審査に落ちることもあります。

また、収入が月によって不安定でも今後他の要素で改善されるのであれば審査はとおります。しかし、収入状況が改善されることが見込めなければ審査にはとおりません。限度額を増額しても、返済できなければ銀行にとっては痛手となります。

借り入れ額の増額は慎重に

銀行のカードローンに助けられるときが誰にでもあります。福岡銀行では、無理のない返済プランを奨励していて審査でも重要な項目としています。そのため審査も厳しく行なわれていて、それが利用者にとっても長い目でみたら良い結果をもたらすと考えています。

福岡銀行だけではなくどこのカードローンの申し込みでも、収入面を考えて無理のない返済を心がけてください。後々返済のために生活が苦しくなって、結局返済も滞ることにもなりかねません。くれぐれもお借り入れは慎重に行なってください。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み


アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

関連記事