Search

検索したいワードを入力してください

楽天カードのキャッシングが使えない原因・対処法|ATM/限度額

初回公開日:2018年07月07日

更新日:2018年07月07日

記載されている内容は2018年07月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

楽天カードのキャッシングが使えない場合があることをご存知ですか。この記事では、キャッシングが使えない原因と、その対処法について詳しくご説明します。現在楽天カードのキャッシングが使えない方や、これから利用しようとしている方はぜひご覧ください。

楽天カードのキャッシングが使えない原因は?

楽天カードのキャッシングが使えない原因は?

楽天カードのキャッシングを使おうと思った時に、使えなくて慌ててしまった経験はありませんか。そんなことにならないために、どのような場合に使えないのかを知っておきましょう。

その主な原因は以下のとおりです。

・キャッシング枠の設定ができていない。
・引き落とし口座の登録がされていない。
・限度額いっぱいまで使っている。
・これ以上貸せないと判断されてしまった。
・追加審査で引っかかった。
・使おうとしたATMに不具合があった。
・カードの磁気不良。


ご自身の楽天カードは、このどれかに当てはまってしまっていませんか。

次に楽天カードのキャッシングが使えない主な原因について詳しくご説明していきます。

キャッシング枠の設定!

そもそもクレジットカードというものは、キャッシングの設定がされてなければキャッシングが使えない仕組みになっています。楽天カードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が設けられていて、キャッシング枠が0円になっている場合は利用できません。

ショッピングはできるけど、キャッシングでは使えないというクレジットカードも少なくありませんので、以下の要領で一度確認をしてみましょう。

(1)お持ちの楽天カードに、キャッシングの設定がされているかどうか確認する。
(2)キャッシング枠がなかった場合は申し込みをする。
(3)審査を通過できていればキャッシングの利用が可能。

引き落とし口座の登録!

実は、楽天カードは利用料金の引き落とし口座の設定がされてないとキャッシングが使えないようになっています。

引き落とし口座の設定をしていなくても、楽天カードをショッピングに使うことは可能ですが、引き落とし口座を設定していない場合にはキャッシングは使えない仕組みになっています。

したがって、キャッシング枠があるのに使えない場合は、引き落とし口座が登録されているかどうかを確認をしましょう。インターネットの会員ページから登録状況を確認することができます。

限度額がいっぱいになってる!

楽天カードには「利用可能枠(限度額)」というのがあり、ショッピングとキャッシングを合わせた総合計金額の上限のことで、その金額の中でしか使えない仕組みになっています。たとえば、利用可能枠が50万円だった場合、ショッピングとキャッシングを合わせて50万円まで使えるということです。

限度額がいっぱいになってしまうと、利用分の支払いをしないとキャッシングが使えないようになってますので、キャッシングが使えない時は、一度ご自身が利用した額と限度額を照らし合わせてみてください。

これ以上貸せないと判断された!

「もうこれ以上は貸せない」と楽天カード側が判断することが、キャッシングが使えない原因になることもあります。

「総量規制」と言って、貸金業者はその人の年収の3分の1までしか貸すことができません。もしも他社からも借り入れをしていて、楽天カードのキャッシングと合わせた総合計の金額が年収の3分の1を超えてしまうなら、法律に抵触してしまうのでキャッシングは利用できません。

したがって、楽天カードと他社を含めたキャッシングのトータルの利用額がいくらになるのかを計算し、ご自身の年収と照らし合わせてみましょう。もし3分の1を超えてしまってるなら、早めに返済するのが得策です。

追加審査で引っかかった!

「途上与信」というものをご存知でしょうか。実は、楽天カードなどのカード会社は年に数回、以下のような信用情報のチェックをしています。

・他社クレジットの支払いに遅延、延滞がないかどうか。
・他社でのローンの返済が滞っていないか。
・他社を含めた借り入れ金額の合計はどれぐらいか。

申し込み時には信用情報に問題はなかったとしても、月日の経過とともに上記のような変化がないかを定期的にチェックしていて、もし信用情報に何かしらの変化がある場合には、早めに対処するため、楽天カードも含めてカード会社は年に数回、信用情報をもとにして追加で審査をしています。

もしも、キャッシング枠は空いてるのに急に使えないような場合には、キャッシングが使えない原因の一つとして追加審査(途上与信)が通らなかったことが考えられます。

楽天カードのキャッシングが使えない時の対処法は?

次に、楽天カードのキャッシングが使えない時の対処法は以下のとおりです。

・原因を解決する。
・返済が遅れている場合は早めに入金する。


まずは、キャッシングが使えない原因を探してその問題解決を図ってください。どうしても分からない場合は、カード会社に電話して直接聞いてみるのも良いでしょう。

原因を解決する!

キャッシングが使えない時の一番の対処法は、原因を究明してその問題を解決することです。キャッシングが使えない原因について上述しましたが、これらの原因・問題を解決してキャッシングが使えるようにしていきましょう。

まずは、キャッシング枠や引き落とし口座の設定を済ませることです。次にショッピング枠とキャッシング枠の合計でどのくらい使っているのかをチェックします。

遅れている場合は返済!

上述したように、楽天カードの限度額いっぱいまで使ってしまってる場合や、総量規制に抵触していたりしているような場合には、返済をすることで枠が空いたり、借り入れ総量が年収の3分の1未満になるので、またキャッシングができるようになります。

ただ、返済遅延が続いていた場合には、信用情報にチェックが入っている可能性が高いので、返済をしてもキャッシングが使えないケースもあるのでご注意ください。

ATMでキャッシングが使えない時の原因は?

ATMで楽天カードのキャッシングが使えない場合の原因は以下のとおりです。

・ATMの不具合
・カードの磁気不良。


このような場合は、ATMを移動して他のATMで利用してみてください。また、実店舗でショッピングをする際に磁気不良かどうか確認してもらうのも良いでしょう。

ATMの不具合!

ATMに不具合が起こってるような場合は、残念ながらキャッシングの利用ができません。ATMに不具合が起こったら、画面に「係員までお申し付けください」や「ただいま取り扱いできません」などの表示がされるため、比較的分かりやすいでしょう。

したがって、ATMに不具合が起こってるような場合には、他のATMで利用してみましょう。他のATMで利用できたなら、ATMに不具合があったことに間違いはありませんし、他のATMでも使えないようならATMの不具合ではなく、他の何らかの原因が考えられますので、上述した原因を参考にしてみてください。

カードの磁気不良!

それほど頻繁に起きる現象ではありませんが、カードの磁気不良によりキャッシングが使えないことがあります。このような場合は、ATMでの利用ができないだけでなく、お店でショッピングする際のクレジット利用時にもカードが通らないため、その楽天カードはショッピングにもキャッシングにも使えないということになります。

複数のATMやお店で楽天カードの読み込みができない場合には、カードの磁気不良が考えられるので、カード会社へ連絡して再発行手続きをしましょう。キャッシングを急いでいる場合には、カード会社に連絡して口座振込にしてもらうという手もあります。

楽天カードのキャッシングが使えない原因を解決!

楽天カードのキャッシングが使えない原因を箇条書きにします。

・キャッシングの設定ができていない。
・引き落とし口座の登録がされていない。
・限度額いっぱいまで使っている。
・総量規制に抵触している。
・追加審査で引っかかった。


このように、実にさまざまな原因が考えられます。これらの原因を究明し解決することが一番の解決策です。

しかし、いくら考えても分からない、心当たりがないこともあります。そのような場合は、カード会社へ連絡して直接聞き、問題解決を図りましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み


アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

関連記事