Search

検索したいワードを入力してください

みずほ銀行のおうち口座の特徴・名義・開設方法|必要書類/支店指定

初回公開日:2018年07月03日

更新日:2020年01月30日

記載されている内容は2018年07月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「みずほ銀行のおうち口座の特徴・名義・開設方法|必要書類/支店指定」と題して、「みずほ銀行のおうち口座の特徴・名義・開設方法」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「みずほ銀行カードローン利用時」の「お役立ち情報」をご紹介します。

みずほ銀行のおうち口座の特徴

みずほ銀行のおうち口座の特徴についてですが、これは「おうち口座」そのものの特徴と言うよりも、まずはみずほ銀行そのものの特徴を把握ことになるでしょう。

みずほ銀行ではまず「普通預金」、「定期預金」、「積立定期預金」、「総合口座貸越(自動融資機能)」などの普通口座から定期積立預金の部類が設けられており、「おうち口座」はこの内の「定期預金」と「普通預金」とが合わさった口座の形となります。

そのため「おうち口座」の特徴としては「普通に預金すること」と「その後の将来設計を立てるための積立預金」とを大きく視野に入れる形となり、つまり夫婦であれば「夫婦それぞれが共同で積立預金をしていく」という共有的な預金の形となります。

パートナー口座

先述の続きとなりますが、「おうち口座」の大きな特徴はまず「複数の人が共同で預金していき、それぞれの将来設計を共有する形で預金をしていく」という単独預金の形ではない、共同預金の形となります。

そのため、「パートナー口座」と呼ばれる「共同して預金をしていける口座の開設」となるため、一人用の口座ではなく二人ないし複数の人が一緒に預金をしていけるという「大きな財布」のような口座の形になるでしょう。

この「パートナー口座」はいわゆる「カップル向けの口座」としてよく知られていますが、この場合はなにも夫婦であることだけに限らず、友人や知人同士で開設する口座としても共有できます。

その際にはそれぞれのキャッシュカードを持ち、証券総合取引口座をそれぞれが持ち合せ、互いの都合によって預金できるシステムになります。

2人で貯金するのに有効

先述では「おうち口座」や「カップル向けの口座」などの「友人・知人などとも共有できる口座の開設」についてご紹介しましたが、「複数人で開設し、預金を続けていける口座」であるにしてもその共同人数はやはり「2人」がベストとされる傾向もあります。

つまり、口座預金というのは「貯蓄する上で必要な手続き」をそれぞれの口座利用者によって履行されることとなるため、あまり預金者数が多い場合には手続きがかなり多くなる場合が認められるためです。

たとえば2人でおうち口座を開設しておき、その際に共同で預金する人が5人から6人いる場合でも、その2人のキャッシュカードを使用し、暗証番号も共同で利用する形を取ることによって、「2人以上の複数の預金システム」は構築できるようになります。

結婚費用

この「おうち口座」の特徴・利点としては「結婚費用」や「将来設計をする上で必要な経費を賄うための口座」として使うことが広く認められているため、共同で預金する場合にはまず「何を目的として口座開設するか」について検討しておくことが必要となるでしょう。

証券総合取引口座をそれぞれの利用者が持ち、また預金するためのキャッシュカードもそれぞれの利用者が持つことになるため、おうち口座開設者はそれぞれの都合に合わせて預金することが可能になります。

そして「おうち口座」にはまた、それぞれが所有する別の銀行口座からの送金も可能であるため、結婚費用や共同費用として使う預金の場合でも非常にスムーズに預金していくことが可能となるでしょう。

急いでお金が必要なあなたにはカードローンもおすすめです。

みずほ銀行のおうち口座の名義

みずほ銀行のおうち口座の名義についてですが、これは「おうち口座を開設した者のどちらかの名義」という形になります。夫婦である場合は「夫の名義」でも「妻の名義」でもいずれの名義でもかまわず、とにかく「おうち口座の名義人が一人いる」という形でその開設は可能となります。

みずほ銀行のおうち口座の開設方法

みずほ銀行のおうち口座の開設方法についてですが、まず口座開設する場合には「店頭窓口からの開設」と「インターネット経由での開設」との二つの方法による開設が可能となります。

一般的に多く利用されているのは「店頭窓口での開設」となるため、その場合に必要な手続きをご紹介します。まず口座開設には「あらかじめ預金しておく金額として1,000円以上」が必要となります。そして「普通預金」、「定期預金」、「積立預金」の種別を検討しておき、口座の性質をあらかじめ検討しておきましょう。

運転免許証、住民基本台帳カード、マイナンバー、(所有する場合は)パスポート、結婚証明書、住民票のコピー、印鑑(実印)などの(それぞれの)本人情報が必要となるため、まずはこれらの必要書類を準備しておきましょう。

みずほ銀行のおうち口座は複数持てるのか

「みずほ銀行のおうち口座は複数持てるのか」についてですが、これはみずほ銀行の普通口座を開設する場合と同じになるため、複数のおうち口座を同時に持つことは可能です。

特に「1,000万円以上の預金をする場合」には複数の口座に分けて持っておくことが勧められるため、あらかじめその辺りの情報についてはしっかり把握しておきましょう。

複数の口座を持つメリットとしてはまず、銀行側のシステム不良などによって「1つの口座からの引き出しができない場合」などの回避策となることがあげられ、この場合でも複数の口座開設をしておくことによって、そのようなシステムトラブルを回避することが可能となります。

みずほ銀行のおうち口座の開設は土日もできるのか

次に「みずほ銀行のおうち口座の開設は土日もできるのか」についてですが、これはみずほ銀行カードローンを利用する場合と同じで、「土日祝日でも営業している店舗」である場合であれば口座開設手続きは可能になります。

特に店頭窓口での口座開設用の手続きをする場合なら上記のように「土日祝日でも営業している店舗」にて開設手続きを行なう形になりますが、インターネットからの口座開設手続きも現在では可能であるため、自宅からの口座開設手続きも視野に入れて検討することができます。

みずほ銀行のおうち口座は支店を指定できるのか

「みずほ銀行のおうち口座は支店を指定できるのか」についてですが、これは基本的に「口座の利用登録」の範囲に含まれます。そのため、口座開設手続きの際に「支点登録用の手続き」を行なっていれば自分が使いやすいように指定口座の開設をすることは可能になります。

この支店登録の手続きを行なう際には必ず「店頭窓口での口座開設手続き」を行なうことになるため、インターネットからの利用は不可能です。店頭窓口にて「支店登録用の口座開設手続き」について情報取得することも可能であるため、じっくりとその辺りの情報を確認しておくとよいでしょう。

みずほ銀行のおうち口座の開設に必要な書類

「みずほ銀行のおうち口座の開設に必要な書類」についてですが、これは先述しましたように「本人情報」をしっかり確認できる書類が必要となります。

身分証明書(運転免許証など)、(所有している場合は)パスポート、マイナンバー、住民基本台帳カード、住民票のコピー、結婚証明書(あればよい)、などがまず必要となるため早期に準備しておきましょう。

身分証明書

身分証明書についてですが、この「身分証明書」というのは本来「銀行口座を開設する際のその時点で必要となる身分証明書」となります。そのため、「すでに結婚している場合」や「これから結婚する場合(まだ未婚の場合)」などを含め、口座を開設する現時点での「身分証明書」が必要となります。

そのため、婚姻証明書・結婚証明書の区別も必要となるため、口座開設手続きを行なう際に必要となる「現時点での開設者の本人情報を証明する書類」を用意しておくことが大切です。

みずほ銀行のおうち口座のメリット

先述でもご紹介しましたように、「おうち口座」のメリットは「共同で預金していくこと」がまず前提にあるため、「2人ないし複数人で口座開設をして預金していく際の、はっきりした目的のために行なう預金」の達成がまず大きなメリットとなるでしょう。

さらに複数の口座を所有している場合と比較してみるとわかりやすいですが、多数の銀行口座を所有している場合では「それぞれの口座利用に掛かる手数料」や「それぞれの銀行を利用する際の労力」などへの懸念がなくなります。

手数料にしても他行に行って預金を引き出すことも必要なく、「1つの銀行口座だけを利用する形で預金・引き出しが可能」となるため、手続きの手間が大幅に甲地される点がメリットとなるでしょう。預金管理の点で非常に有利となります。

「おうち口座」を有利に活用しましょう

いかがでしたか。今回は「みずほ銀行のおうち口座の特徴・名義・開設方法|必要書類/支店指定」と題して、「みずほ銀行のおうち口座の特徴・名義・開設方法」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「みずほ銀行カードローン利用時」の「お役立ち情報」をご紹介しました。

「おうち口座」はいわゆる「カップル向け口座」として人気を博しており、「1つの銀行口座に掛かる手続きだけで預金・引き出しなどもすべて完了するため、複数の口座利用の際に掛かる手数料や手続きに関する労力が大幅に軽減されます。

「おうち口座」の本来の利用目的は「2人ないし複数人の将来設計のための貯蓄・預金管理」となるため、使い方によっては「共同で利用するための大きなお財布」の働きも見込まれることになり、将来の土台を設計するために有効な足掛かりとすることができるでしょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み


アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

関連記事